「海と毒薬」などで知られる作家、遠藤周作(1923~96)の未発表とみられる小説の草稿が、長崎市の市遠藤周作文学館で見つかった。「われら此處(ここ)より遠きものへ」と題し、B5判のノートに約80ページにわたって書かれていた。

【関連記事】ものがたりに出会う旅 遠藤周作の傑作「沈黙」

 文学館所蔵の資料の中で、学芸員が08年3月に発見した。第二次大戦後のフランスのリヨンを舞台に、日本人留学生と、秘密警察に迫害された黒人学生の物語が展開される。

 「海と毒薬」(57年発表)と「沈黙」(66年発表)との間に当たる58年に書かれ、遠藤が日記に「サディズムを現代の悲劇にうかびあがらせる」と記していたことも分かった。

 遠藤の元弟子で、文芸雑誌「三田文学」の加藤宗哉編集長は「遠藤氏の問題意識の出発点を探ることができるのでは。貴重な研究資料になると思う」と話している。草稿は5月22日から文学館で展示される。【釣田祐喜】

【関連ニュース】
ネスカフェ:24年ぶり「違いがわかる男」は誰? 3人に賞金100万円キャンペーン
<貴重な発見>長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
<貴重な発見>小林多喜二:18歳の短編発見 新聞に投稿の最初期作品
<貴重な発見>ボルネオ:「恋のヤリ」突き刺すナメクジなど発見…WWF

<化石>アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
大阪母子殺害 裁判員裁判念頭に指針(産経新聞)
<新党改革>6人で旗揚げ 政策・理念先送り(毎日新聞)
全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
米兵家族の少年ら3人逮捕=タクシー強盗容疑-沖縄県警(時事通信)
AD