【ニューヨーク錦織祐一】核拡散防止条約(NPT)再検討会議が開催中の当地の国連本部で6日、日韓のNGOによる北東アジア非核兵器地帯創設を目指す会議が開かれた。82年に国内初の非核宣言を制定した神奈川県藤沢市の海老根靖典市長(54)が出席。「20年までの核廃絶のため、具体的な行動を起こすべきだ」と力説した。広島原爆の惨状を目の当たりにした父の思いを受け継ぐ。

【関連写真特集】長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影

 市長は会議で、(1)すべての国から平和市長会議加盟を目指す(2)今年8月6日に広島市で国際会議を開催(3)NGOとともに各国に核兵器廃絶を要請する統一行動--を提案。「帰国後、神奈川の他の市長と連携し、輪を広げたい」と述べた。

 市長の父保久さん(98年に73歳で死去)は海軍兵学校卒業後、山口県徳山市(現・周南市)の海軍燃料廠(しょう)に勤務。広島原爆投下6日後に原子野を訪れたが、市内に住んでいた友人全員が死亡していた。戦後は検事を務めたが、「ショックを受けていて戦争のことは語りたがらなかった」という。

 市長は08年に初当選。今回のNPT再検討会議には、こうした父への思いから自ら参加。車椅子に乗り被爆体験を語る下平作江さん(75)ら被爆者の姿を見て改めて「時間はないのに、被爆国であることすらどんどん風化している」と痛感したという。

 日本非核宣言自治体協議会長を務める田上富久・長崎市長は「非常に心強い。多くの市民が連携して核廃絶の包囲網を築きたい」と話した。

【関連ニュース】
【関連写真特集】広島原爆の日:平和への誓い新たに
<関連記事>NPT会議2010:惨状、今もまぶたに 被爆者5人、シンポで体験証言 /広島
<関連記事>NPT会議:紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生
<関連記事>NPT会議:国連本部で原爆展 今も残るケロイド見せ訴え

ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
不要欄付き子ども手当て申請書、仙台市作り直し(読売新聞)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
AD