21日午後5時35分ごろ、東京都西東京市保谷町の市道で、近くに住む市立小2年、田上瑞己君(7)が歩行中、乗用車にはねられ、全身を強く打ち間もなく死亡した。警視庁田無署は自動車運転過失致死の現行犯で三鷹市中原、会社員、本間哲夫容疑者(83)を逮捕した。

 同署によると、本間容疑者は「子供と衝突したことはまちがいない」と供述しているという。田上君は学校帰りで、本間容疑者は会社帰りだった。現場は押しボタン式の信号がある横断歩道で、事故当時の状況を調べている。

【関連記事】
2歳児死亡ひき逃げで実刑 学校法人元理事長に、横浜地裁
「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕
駐車場で幼稚園児ひかれ死亡 埼玉・三郷のホームセンター 
常磐道引きずり死事故 水戸地検が控訴
ひき逃げ容疑で58歳男逮捕 徳島の国道、被害者は死亡

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故(産経新聞)
鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)
<中央防災会議>3地震同時発生を想定 防災の日に訓練(毎日新聞)
放鳥トキ、巣外に卵捨てる=残り2個はふ化の可能性-環境省(時事通信)
AD