JAMESの映画ブログ 勇往邁進

映画だけ語ります。


テーマ:
こんばんは

一足先に観てきました!「黄金のアデーレ 名画の帰還」です


2015年公開、本編109分
監督 サイモン・カーティス

ストーリー↓
アメリカ在住のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、クリムトが描いた名画の所在を知る。
ナチスに奪われた伯母の肖像画を取り戻そうとオーストリア政府に訴訟を起こす。
新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借りながら、自分の半生を振り返り・・・


はい!
マリリン 7日間の恋」 ← などのサイモン・カーティスが監督

ヘレン・ミレン演じるマリアの家に飾られていた叔母がモデルの名画。
オーストリアの美術館に飾られていることを知る。

“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる程の傑作を、政府が簡単に返す訳はありません。

現地に赴いたマリアと弁護士のランディ。
オーストリアでの活動をサポートするジャーナリスト役には、ダニエル・ブリュール。

申請も突き返され、聞く余地を持たないオーストリア政府。
何度もやり取りを重ね、諦めかけるマリア。

思い出したくない過去の出来事と封印していた思い。

しかし、オーストリア訪問や絵画への調査で、解きほぐされていく
楽しかった日々や両親との思い出

結婚式の幸せシーンには頬も緩む↓

絵画だけでなく首飾りやお父様の愛する楽器など、観ているこちらも思い入れが深まる。

ヘレン・ミレンの頑固でユーモアを交えた軽快なトーク!

二つの時代の描き方が素晴らしい。
ナチス侵攻を、マリアの家族の身辺から、徐々に迫ってくる恐怖へとうまく表現されている。

マリアとタッグを組む新米弁護士にはライアン・レイノルズ。

母の頼みで相談に乗るだけと、まったく関心の無かった絵画とマリアの過去。

自分の一族の関わる真実を知り、マリア以上に名画を取り戻したい気持ちが強まる。

正直始めは、レイノルズ大丈夫か?と心配で、少し疑ってましたが(笑)

使命感に燃え、次第に顔つきも変わり。
弁護士として素晴らしい仕事をしてくれました!あっぱれです

ヘレン・ミレンを代表する「クイーン」を超える新たな名作が誕生しました!!

感動の作品、是非劇場でご覧ください☆

※名画は、現在NYのノイエ・ギャラリーで展示されています

日本公開は2015年11月27日です!

ではまた、ciao!!!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

先日観ました、「カリフォルニア・ダウン」です

2015年公開、本編114分
監督 ブラッド・ペイトン

ストーリー↓
巨大地震が発生し、猛烈な揺れに襲われたカリフォルニア。
救難活動に奔走するレスキュー隊のパイロット、レイ(ドウェイン・ジョンソン)
連絡を受け、サンフランシスコに残された娘(アレクサンドラ・ダダリオ)の救出に向かうが…

はい!
久しぶりのディザスタームービー

ご存知の通り、地震と津波に襲われる中
ザ・ロック様ことドウェイン・ジョンソンが娘の救出に奔走するお話。

自然災害の描写のリアリティーにはビビりまくり
逃げ場のない津波の映像には、日本人として直視出来ないシーンです


アメリカ西部カリフォルニア州。
太平洋岸に1300キロにもわたるサン・アンドレアス断層がズレ、巨大地震が発生。

冒頭での救助映像で、さすがプロフェッショナル!という救助を見せつけられます。

ドウェイン・ジョンソンの存在感、それはもう素晴らしいの一言

そんなレスキュー隊員レイが、別居中の妻が取り残されたことを知りヘリで駆けつけます。

えー!!!?隊員が民間の救助完全無視で!!??
奥さんの救助に行っちゃうの・・・??

突っ込みどころ満載すぎるんですけど(笑)

と思ったら、今度は娘ブレイクも被災地に居ると知り
乗り物を駆使して助けに行くのです。

この父に、この娘あり。
強く育ったブレイク(アレクサンドラ・ダダリオ)、正直心配いらない??と思うほど。

一緒に行動することになった兄弟の存在も良かった。
知識があれば、自分たちの身は守れると証明してくれました


地震学者役のポール・ジアマッティも迫真の演技。
学生たちと協力し、西海岸に避難を呼びかけます。

はちゃめちゃですが、真摯な作りです。

何が起きても、ドウェイン・ジョンソンが居るし謎の安心感に包まれます。



興味のある方は是非、劇場でご覧ください!

ではまた、ciao!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

かなり前に観たのに感想が遅くなってしまいました。
今日は「アントマン」です☆


2015年公開、本編117分
監督 ペイトン・リード

ストーリー↓
娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちのスコット・ラング(ポール・ラッド)。
肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、アントマンになる仕事が舞い込む。
スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが…

はい、MARVEL待望の新作。
MCUにも絡んでくることになる、アントマン。最高の始まりです

ぐだぐだ男、スコット。
ひょんな事から、謎のスーツを発見↓

なんだこれ!?

うーん、なんともいえないダサさ(笑)

仕事も家庭も失い、娘の養育費も払えない・・・大ピンチ。

科学者ハンク・ピム(マイケル・ダグラス)に、アントマンにならないか?と誘われる↓

パパ、娘のためにヒーローになることを決意。

この娘への愛だけが、アントマンの支えとなる。
娘さんかわいい。

アントマンになる!と決めたものの、簡単には行きません。

体長1.5センチのヒーローですから。

スーツを着こなし、実際に戦えるようになるまでの
訓練もなかなか面白く、いちいち笑わせてくれます

アントマンの仲間、アリ。
協力して戦います!


博士の娘、アントマンのトレーナー、ホープ(エヴァンジェリン・リリー)


博士と母親との素敵なエピソードに和む。
彼女が微妙な立場なのですが、アントマンの味方となるのか!?ご期待ください。

今回のヴィラン、コリー・ストール演じるイエロージャケット!!



当たり前なんですが、悪役って性格悪くて本当嫌になる
ピム博士の研究を、悪に応用しようと企んでいます。

アントマンとのバトルシーン
派手に暴れますが、コメディ部分も多く、トーマスも登場。


パパの頑張る姿、新しいヒーローに大注目です。
親友役でマイケル・ペーニャも出てますよ。



アントマンの向かい側には。
久々の登場!ファルコン!!!!!!マーベルファンにはたまらない演出です。
さすがです。



「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が楽しめた人はきっと気に入る。
コメディ色の強いアメコミ作品となっています。




観た後は、誰もが地面を観察し、アントマンを探してしまう。
そんなワクワクが詰まっています。

アベンジャーズ関連を見ていなくても、すんなり楽しめる作品です。
是非、劇場でご覧ください!

日本公開は、2015年9月19日

ではまた、ciao!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

先日観てきました「マジックマイクXXL」です


2015年公開、本編115分
監督 グレゴリー・ジェイコブズ

ストーリー↓
3年前に男性ストリップのパフォーマーを引退したマイク(チャニング・テイタム)。
かつての仲間たちと再会し、最後にもう一発ド派手なショーを決めようと盛り上がる。
ダンスコンテストを目指す道中、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも、女性たちを魅了し・・・


はい!「マジックマイク」 ←の続編という事で張り切って観に行きました。
劇場は9割女性でした、予想通り(笑)

引退したマイク。どういう展開か知らず。

ダンスはまだ?と思っていたら
好きな曲が流れ、ガレージで突然踊り始めます。

やっぱりカッコいい、チャニング!!!

今回は、マコノヒー兄さんが出ていません。
それだけで少し悲しい。

マイクの元へ、他のメンバーが。
引退するけど、最後に一緒にショーで踊らないか?と

盛り上がり、記念にダンスコンテストへ出ることになる。

そこからが長い。
なぜか男たちのロードムービー始まる

しかし、売店でのi want it that way にはウケた(笑)

1ではチャニングをメインにダンスパフォーマンスでしたが
今回は、あんまりチャニングのダンスが見れず

鏡の演出などは良かった

もっとエンターテイメントを期待していただけに悔しいです

しかしながら、前作よりも艶やか
そして更に大人の世界の作品になっています。

日本公開は、2015年10月16日です。

ではまた、ciao!!!




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは

感想が遅くなってしましました。
「ターミネーター:新起動/ジェニシス」です

2015年公開、本編126分
監督 アラン・テイラー

ストーリー↓
2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍がAIによる機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願が叶う時が目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーを生んだ母を亡き者にすべく、84年にターミネーターを送り・・・


はい!

「ターミネーター」の映画では第5作。
そして今作は、リブートの3部作の第1弾です

出演シーン少しかなーと勝手に思っていたんですが
シュワちゃん演じるT-800が大活躍!!!

この笑顔で劇場の笑いをすべて持っていきました(笑)



ジョン・コナーの母親、
説明するまでもありませんが、サラ・コナー抹殺を止めるため。

カイル・リースが未来から過去へとワープ。
ジェイ・コートニー、とっても存在感があり素敵でした。



サラ・コナー役のエミリア・クラーク。



撃ちまくって大暴れです。
でも、昔のシリーズのサラ・コナー役の女優さんがやっぱり印象強い。
あれには勝てないよな~。

J・K・シモンズが、ターミネーター周辺を嗅ぎまわる男。
最近ひっぱりだこ。



ジョン・コナー役のジェイソン・クラーク。

心配していましたが、やっぱり少しオーラに欠ける部分があります。
そして性格の悪い役で嫌になりました。



シュワちゃんが大ピンチになります。

T-1000役はイ・ビョンホン。

T-800のシュワちゃんがサラを育てたとかいうストーリーですが
サラとの思い出をしっかり刻んでいるあたり、ジーンとしました。




普通に楽しめました!
公開初日に行きましたが、フランスでは満席でした。

日本ではどうなるでしょうか。
個人的には、やっぱりターミネーターは2が一番好きだし、あれを超えることは無いでしょう。

日本公開は2015年7月11日

ではまた、Ciao!!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。