東京を中心に活躍中のクラリネット奏者谷口英治さん率いるNewカルテットのライブを聴きに西明石Overtimeさんへセカンドセットに駆け込みセーフ。

谷口さんの演奏は昨年5月にギターの畑ひろしさんとのデュオで聴いて以来(ちなみに今年の5月5日もありますよ、このデュオが!もちろんこちらのお店で!)、Newカルテットとしての演奏は初めてとなります。

谷口さんのカルテットメンバーは…

田窪寛之さん(p)

楠井五月さん(b)

岡田朋之さん(ds)

という面々。
ベテラン若手のバランスが取れたメンバー構成です。

“Begin the Beguine”からライブスタート。
まさにスウィングの王道ナンバーの一つですが、それを一筋縄二筋縄では聴かせないのが谷口さん流。
これだけアレンジするのは余程のセンスと研究が必要だと感じました。
続く“Be My Love”はバップスタイルで楽しく跳ねるように演奏。
田窪さんのピアノプレイについつい耳目がいきます。
彼の指が鍵盤から離れた瞬間に生まれる煌びやかで優雅な音色。
それに加えて整合性もあるのだから、ずっと聴いていたくなる。

“Amapola”での谷口さんのクラリネットの音色のなんと気持ち良いことか。
楽器の鳴りを大事にして美しくふくよかに吹かれていました。

この日最もヒネリが効いていたのは“Two Close for Comfort”。
次々に切り替わる曲展開の度に、ニヤニヤ、ニヤニヤ。
おそらくその時の私はなんともいえない笑顔になっていたことでしょう。笑

楠井さんは強靭なベースラインで難曲でも軽々ビートを提供していく。
また、“Star Dust”における詩情(ここでいう「詩」とは本当に言葉が見えてきそうだという意味です)溢れるソロはまさにお見事!の一言!

岡田さんのドラミングは各人の動き、音をよく観察しながら、流れによって絶妙にリズムコントロール。
キメの部分でしっかり受け止めてくれる役割を果たされているので、これはフロントの方は居心地が良いのは間違いない。

次から次に練達の技を繰り出してくるまさに谷口社長(谷口さんすいません)率いる“ネオスウィングの総合商社”の演奏の楽しさに思わずリズムに乗っていた私。
Newカルテットの新規顧客となりました。笑
締めは“After You've Gone”で大団円!!

“今時のジャズ”でなぜか忘れられる事の多い“スウィング”を現代にキチンと消化し、さらに進化するこのバンド。
まさに“スウィング”が本来現代に求めていた進化の最良な形が実を結ぼうとしているのではないでしょうか!

{F9F50D5B-2786-4405-B7DD-040B3798906F}

{ED6B17B0-6F7E-40F9-A39A-8EBC4D887D7E}



※写真撮影掲載許可を得ております
AD

「Akane Matsumoto Memories of You release Tour2016」

と銘打ち私が企画した兵庫県三ヶ所のライブツアー。
西明石、姫路と演奏してきて、いよいよラストは1月24日、神戸三宮グッドマンへ!
二年前に今回と同メンバーで私の企画でライブして以来のグッドマン凱旋ライブともいえます。
お越しいただきましたお客様、主催者として厚く御礼申し上げますm(_ _)m笑

とても寒い夜となりましたが、三人の熱い演奏と超満員のお客様の熱気で店内の暑いこと暑いこと。

このツアーの集大成としてファーストセットから容赦なし!
アルバムタイトル曲である“Memories of You”はCDの1.5倍速か!?というぶっ飛びぶり。
“In A sentimental Mood”で中盤空気を締めてからの“Harlem Blues”で再び爆進するトリオの躍動に、私の中で三日間の万感の想いが込み上げてきました…

それでもまだまだグッドマンのお客様は物足りない…もっともっとと求めてくる…欲張りやなぁ笑

えぇい、それならもう一押しとばかりにセカンドセットからバップ度をトップギアに入れて畳み掛けてくる!!
ベースフューチャーの“Alone Together~Danny Boy~茜さんオリジナル超超高速チューン、JJ”とMCなしに三曲続いた部分が昨晩のハイライトか!?
特に“Danny Boy”でのブルージーな味わいは大地からの熱を地表に噴出させるかのごときスケールの大きさを伴ってお客様を飲み込んでいった…

辛口のグッドマンマスターも、

「ブルージーでええねぇ~」

としみじみと感嘆の一言。
率先してイェイイェイと威勢の良い声を出すマスターを見て、このライブが真の意味で成功した事を私は確信しました!
もちろんご来店いただきました皆様の声援もさらにトリオの演奏を後押ししてくれたのは言うまでもありません!
硬軟織り交ぜた構成で飽きさせずに走り抜けたライブは名残惜しくも無事終了。

来ていただきました皆様、並びにグッドマンマスター、スタッフの方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m

松本茜さん、三日間本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
茜さんのピアノの魅力が兵庫県各地に存分に伝わったと思います!!

荒玉さんと竹田さん!
お二人のおかげで本当に良いツアーとなりました!
改めてお二人の凄さにしびれっぱなしであります!笑

三日間あっという間、一番贅沢な思いをしたのは、

やはり、、、、

私でしょう。笑

三夜連続タップリ聴けて幸せでした、はい^_^

皆様次回の機会ありましたら、是非よろしくお願いしま~す♫

※写真掲載許可を得ております
  提供の皆様ありがとうございます
{5E9986C4-AD7F-48E7-8C3C-FE3723D4975A}

{2D4031B8-F779-4865-8B86-0027E05E74C4}

{306C9746-B051-420F-9ACB-5B314C762F38}

{8438A83A-64E2-408B-9F78-98CBB02F54DD}

{F6A576CC-DEDA-4E4B-9444-56C4C4D9A5DA}


AD
1月23日土曜日、ツアー2日目は姫路のジョージアダムスさんにて。
この日からドラムに竹田達彦さんが加わりトリオ編成に。
初日とはまた違う、トリオならではの迫力あるサウンドが客席の温度を上げていきました!

補助席も出るほどの超満員のため、何かとお客様にはご迷惑おかけしましたm(_ _)m
来ていただいたお客様本当にありがとうございます!!

用意していた姫路での販売用CDはなんと完売!!
大盛況のうちに終了する事ができました^_^

松本さん、荒玉さん、竹田さん素晴らしい演奏ありがとうございました!
ジョージアダムスマスター中嶋さん始め、スタッフの方々の御協力で無事終える事ができました。
大変感謝しております!
{5DAF8EDD-E383-4F67-9768-74688BF63CB1}

{3E16802F-22D6-47FA-8F16-42885FF0C37C}

{3F77640D-2189-4919-94B8-3203FEB1AC64}

{EFA6349B-B2F9-486A-A0FE-9E3D9BA6EAC3}


AD
昨年、アルバムライナーノーツを書かせていただいたご縁で東京で活躍中のジャズピアニスト、松本茜さんのライブを企画させてもらいました。

1月22日金曜日、初日は西明石Overtimeさんで松本茜さん(p)と荒玉哲郎さん(b)によるデュオライブ。
満員御礼!大盛況で終える事ができました!
ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました!
遠方からの方もチラホラ、本当に嬉しいです。

こうさかマスターお疲れ様でした!
御協力のおかげで大変良いスタートを切ることができました!
{FAB6A60F-5F22-426B-A70E-DA2299DD7898}

{1F647C1B-EA66-4F14-8D7B-DB3A27332F82}

{D2ADBC8D-3F49-477F-A9B4-B1312119CDBC}

{EC134F44-BAEA-48A4-952B-F35D9DD5268B}



今年最初のジャズライブはラグタイム大阪へ!
2016年1月10日、ドラマー星子ヒロミチさんがストレートアヘッドなジャズサウンドを求めて集めた豪華布陣による企画ライブ、「quartetto」を聴きに行ってきました。

星子さん以外のメンバーは…

関西ジャズシーンのまさに「ボス」!!
先日のギネス認定も記憶に新しい重鎮(この言葉がまさにピッタリ)、宮本直介さん。

テナーサックスの西の横綱と言っても過言ではない河村英樹さん。

箕面が生んだ100%バップピアニスト、進境著しい志水愛さん。

という面々。

さてさて、肝心のライブはと言うと序盤の“Hush Bye”と“Lover Man”で抵抗する気もなかったですが即KO。
河村さん今宵も絶好調!
セカンドセットの“My Funny Valentine”のテナーの音色が気持ち良すぎて、イスから2センチ浮きました。笑

宮本さんはもうそこにいらっしゃるだけで“ジャズ”。
先述のMy Funny~は最初サックスとベースのみで始まったのですがその音選びが渋い!
大いなるジャズの息吹を感じさせていただきました。

ピアノの志水さんもメンバーのフィーリングを捉えて、持ち味のバップスタイルがより活きて好フレーズ連発。
特に“Lover Man”のソロ、あとボサノヴァ“Corcovado”も心地良いサウンドメイキング。
ボサノヴァちょっと上手くなった?←すいません、上から目線

そしてこの日のリーダーの星子さん、ツワモノ達のサウンドをしっかり支え、時にバンドの流れをプッシュ。タイトなリズムで縁の下の力持ちとしてドラマーとしての理想的な立ち位置を体現されていました!

アンコールは“Candy”でリラックスしたムードで終了。
新年一発目から、これぞジャズと言える骨太のサウンドでライブ初めを迎える事ができました。

このメンバー、神戸でも聴きたい!


{ACE63C21-ACA3-4F93-A09F-D284782369D4}

{73A5AFFD-76A4-4591-9589-4FDF9226F7E6}

{5357B103-117D-49A4-A1A0-3C13B7B0A3D0}

{91EAE02E-01A7-4FFE-B85B-FBE33FD941C4}

※写真撮影掲載許可を得ております