若鷹ひろしのスポーツ評論スタジアム

野球・サッカーを中心に評論するスポーツ評論ブログで原則として1ヶ月から2ヶ月に1度の周期で若手芸能人を中心に芸能評論についても取り上げるブログ

NEW !
テーマ:

 女子プロ野球の今シーズンのリーグ戦開幕へ向けてのプレシーズンゲームとなる女子プロ野球ウインターカップが愛知県一宮市の一宮市営球場で今日開催されました。

 

 この大会は支配下選手登録チームの3チームによるトーナメント戦での開催となり、組み合わせの関係から埼玉アストライアは決勝戦からの登場となり、初戦の対戦カードは京都フローラvs兵庫ディオーネに決まりました。午前中に1回戦が開催され、試合は6回裏に京都フローラは、この回の先頭打者の三浦伊織がセンター前へのヒットで出塁してノーアウト・ランナー1塁となった泉有希菜の打席の場面で三浦伊織が2塁へと盗塁してノーアウト・ランナー2塁となった場面で泉有希菜がセカンドゴロで1塁塁上でアウトとなる間に三浦伊織は3塁へと進塁して1アウト・ランナー3塁となった場面で中村茜の内野ゴロの打球の処理をしたファーストの太田あゆみがファンブルする間に三浦伊織が生還となり1点を先制すると、7回表に兵庫ディオーネの反撃を6回からリリーフ登板した塩谷(しおや)千晶が無得点に抑えて1-0で京都フローラが勝利となり決勝戦進出となりました。

 

 

 午後から開催された決勝戦は京都フローラvs埼玉アストライアの対戦カードとなり、試合は3回表に京都フローラは2アウト・ランナー2塁の小西つどいの打席の場面で埼玉アストライアの先発投手の海老悠(えび・はるか)のワイルドピッチで2塁ランナーが3塁へと進塁して2アウト・ランナー3塁となった場面で小西つどいがレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで1点を先制すると、次の打者の三浦伊織が左中間方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に2点を先制すると、6回表には1アウト・ランナー2塁の場面で前田桜茄(はるか)がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れて3-0とすると、2アウト・ランナー2塁の場面で金山(かなやま)亜莉紗がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に2点を追加点を入れて4-0としましたが、その裏に埼玉アストライアは2アウト・ランナー2塁3塁の場面で加藤優がライト方向への2点タイムリー3ベースヒットで4-2と2点差に詰め寄りましたが、7回表には京都フローラは1アウト・ランナーなしの場面で三浦伊織がフォアボールを選んで出塁して1アウト・ランナー1塁となった泉有希菜の打席の場面で三浦伊織が2塁へと盗塁して1アウト・ランナー2塁となった場面で泉有希菜はショートゴロでアウトとなり2アウト・ランナー2塁となった場面で中村茜がライト前へのタイムリーヒットで追加点を入れて5-2としましたが、その裏に埼玉アストライアは2アウト・ランナー満塁の奥村奈未の打席の場面で6回からリリーフ登板した塩谷(しおや)千晶のワイルドピッチで3塁ランナーが生還して1点を返して5-3と2点差に詰め寄ると、2点差に詰め寄って以降の2アウト・ランナー2塁3塁の場面で奥村奈未はフォアボールを選んで出塁となり2アウト・ランナー満塁となった場面で加藤優はセカンドゴロでアウトとなりゲームセット。5-3で京都フローラが勝利となりウインターカップを制しました。

 

 

 女子プロ野球ウインターカップの結果はこちらのリンクをクリック

 

 京都フローラvs兵庫ディオーネ

 

 https://www.jwbl.jp/sokuhou/game/report/459/

 

 

 埼玉アストライアvs京都フローラ

 

 https://www.jwbl.jp/sokuhou/game/report/460/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 アジアチャンピオンズリーグ2017の1次グループリーグが今週開幕となりました。今大会には日本からはガンバ大阪、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、浦和レッズの4チームが出場。過去に優勝経験のあるガンバ大阪と浦和レッズの2チームのうち、11年ぶり2度目の優勝を目指す浦和レッズは日本時間の火曜日の夕方に豪州・シドニーのキャンベルタウン・スタジアムで豪州のウェスタン・シドニーと対戦となり、試合は前半の45分を終了してスコアレスで後半戦へと折り返すと、後半11分に興梠(こうろき)慎三のゴールで浦和レッズが先制すると、後半13分に李忠成(り・ただなり)のゴールで浦和レッズが追加点を入れると、後半23分に槙野智章(ともあき)のゴールで浦和レッズが更に追加点を入れて3-0とすると、後半41分にラファエル・シルバのゴールでダメ押しの追加点を入れた浦和レッズが4-0で圧勝となり11年ぶり2度目のアジアチャンピオンへ向けて圧勝となりました。一方、9年ぶり2度目のアジアチャンピオンを目指すガンバ大阪は日本時間の水曜日の夕方に豪州・アデレードのハインドマーシュ・スタジアムで豪州のアデレードと対戦となり、試合は前半21分に長沢駿のゴールでガンバ大阪が先制すると、前半45分過ぎて1分後のアディショナルタイムに今野(こんの)泰幸のゴールでガンバ大阪が追加点を入れ、前半を終了して2-0でガンバ大阪のリードで後半戦へと折り返すと、後半36分にマクゴーワンのゴールでガンバ大阪が追加点をもらって3-0とすると、それ以降は3点のリードの貯金を生かしたガンバ大阪が3-0で勝利となりました。日本から出場の残り2チームのうち、鹿島アントラーズは火曜日にカシマスタジアムで韓国の蔚山現代(ウルサンヒュンデ)で対戦となり、試合は前半の45分を終了してスコアレスで後半戦へと折り返すと、後半19分に金崎夢生(かなざき・むう)のゴールで鹿島アントラーズが先制すると、後半37分に鈴木優磨のゴールで追加点を入れた鹿島アントラーズが2-0で勝利となりました。川崎フロンターレは水曜日に等々力競技場で韓国の水原三星(スウォンサムスン)と対戦となり、試合は前半10分に小林悠のゴールで川崎フロンターレが先制しましたが、前半23分に谷口彰悟のオウンゴールで水原三星(スウォンサムスン)が1-1の同点に追いつき、前半の45分を終了して1-1の同点で後半戦へと折り返すと、後半戦に突入して以降は試合終了まで両チーム共に勝ち越し点が入らず1-1の引き分けに終わりました。

 

 川崎フロンターレが入っているグループGの残り1試合の中国の広州恒大と香港の東方SCとの対戦の試合が日本時間の水曜日の深夜に中国・広州の天河スタジアムで開催され、試合は前半2分に東方SCの黃梓浩(Wong Tsz Ho)の自陣のペナルティエリア内でのハンドの反則で広州恒大がPK獲得となり、このプレーで黃梓浩(Wong Tsz Ho)はレッドカードで退場処分となり東方SCは相手より1人少ない数的不利な状況へと変化すると、直後のPKをグラールが落ち着いて決めて先制点が入ると、前半22分に王上源(ワン・シャンユェン)のゴールで広州恒大が追加点を入れると、前半33分に寥力生(リャオ・リーシェン)のゴールで広州恒大が更に追加点を入れると、その1分後に黄志聴(Wong Chi Chung)が1試合2度目のイエローカードでレッドカードで退場処分となり東方SCは2人目の退場者を出して更に数的不利な状況へと変化。前半の45分を終了して3-0で広州恒大のリードで後半戦へと折り返すと、後半2分に寥力生(リャオ・リーシェン)のゴールで広州恒大が追加点を入れて4-0とすると、後半20分にアラン・カルバーリョのゴールで広州恒大がダメ押しの追加点を入れて5-0とすると、後半38分にジョゼ・パウリーニョのゴールで広州恒大が更にダメ押しの追加点を入れて6-0とすると、後半40分に王上源(ワン・シャンユェン)のゴールでゴールショーの締めくくりとなる追加点を入れた広州恒大が7-0で圧勝となり2年ぶり3度目のアジアチャンピオンへの初戦は7得点のゴールショーでの幕開けとなりました。一方の東方SCは女性監督の陳婉婷(Chan Yuen Ting)の下での采配でのアジアチャンピオンズリーグへの出場となり、香港では昨シーズンの香港プレミアリーグでのリーグ優勝で話題をさらいましたが、アジアチャンピオンズリーグ初戦は7失点での惨敗劇となり、過去に2度のアジアチャンピオンの経験がある広州恒大の強さに圧倒される結果となりました。

 

 

 アジアチャンピオンズリーグ1次グループリーグの結果はこちらのリンクをクリック

 

 http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?acl&2017&170221#61

 

 http://www.fuoriclasse2.com/leagues/acl/2017/r170222.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 欧州チャンピオンズリーグ2016-2017決勝トーナメント1回戦第1戦の残り2試合が日本時間の今日の早朝に開催されました。

 

 スペインのマラガ以来4年ぶりに初出場での決勝トーナメント進出となったイングランドのレスターはスペインのエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピジュアンでスペインのセビージャと対戦となり、試合は前半13分にレスターのウェズ・モーガンの自陣のペナルティエリア内でのパブロ・サラビーアに対する反則でセビージャがPK獲得となると、直後のPKをパブロ・サラビーアが蹴りましたがゴールキーパーのシュマイケルが止めて一度は先制点の絶好のチャンスを逃がしましたが、前半25分にパブロ・サラビーアのゴールでセビージャが先制。前半の45分を終了して0-1でセビージャのリードで後半戦へと折り返すと、後半17分にホアキン・コレアのゴールでセビージャが追加点を入れましたが、後半28分にジェイミー・ヴァーディーのゴールでレスターが1点を返して1-2と1点差に詰め寄りましたが、それ以降は1点のリードを守り切ったセビージャが1-2で振り切りましたが、敗れたレスターは大会名が欧州チャンピオンズリーグとなって以降では初となる初出場初優勝へ向けて貴重なアウェーゴール1点獲得となりました。

 

 

 イタリアのユベントスはポルトガルのエスタディオ・ド・ドラゴンでポルトガルのFCポルトと対戦となり、試合は前半27分にアレックス・テレスが1試合2度目のイエローカードでレッドカードで退場処分となりFCポルトは相手より1人少ない数的不利な状況へと変化。前半の45分を終了して0-1でスコアレスで後半戦へと折り返すと、後半27分にマルコ・ピアッツァのゴールでユベントスが先制すると、後半29分にダニエウ・アウヴェスのゴールで追加点を入れたユベントスが2-0で勝利となりました。

 

 

 欧州チャンピオンズリーグ2016-2017決勝トーナメント1回戦第1戦の結果

 

 2月22日(日付は現地時間)

 

 エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピジュアン(スペイン)

 

 セビージャ(スペイン)2-1レスター(イングランド)

 【得点者】

 (セビージャ)

 前半25分 パブロ・サラビーア

 後半17分 ホアキン・コレア

 (レスター)

 後半28分 ジェイミー・ヴァーディー

 

 

 エスタディオ・ド・ドラゴン(ポルトガル)

 

 ユベントス(イタリア)2-0FCポルト(ポルトガル)

 【得点者】

 (ユベントス)

 後半27分 マルコ・ピアッツァ

 後半29分 ダニエウ・アウヴェス

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。