若鷹ひろしのスポーツ評論スタジアム

野球・サッカーを中心に評論するスポーツ評論ブログで原則として1ヶ月から2ヶ月に1度の周期で若手芸能人を中心に芸能評論についても取り上げるブログ

NEW !
テーマ:

 春のセンバツ4日目が兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で今日開催されました。

 

 東北勢の悲願となっている甲子園全国制覇への期待が大きい宮城県の仙台育英は第1試合で福井工大福井と対戦となり、試合は1回裏に仙台育英は1アウト・ランナー1塁3塁の場面で佐川光明がセンター前へのタイムリーヒットで1点を先制すると、2アウト・ランナー3塁の場面で杉山拓海がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に2点を先制しましたが、4回表に福井工大福井は2アウト・ランナー1塁の場面で山岸旭がレフトスタンドへの大会第10号の2ランホームランで2-2の同点に追いつきましたが、6回裏に仙台育英はノーアウト・ランナー1塁3塁の場面で山田利輝がセンターフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を勝ち越して3-2とすると、2アウト・ランナー2塁の場面で杉山拓海がレフト前へのタイムリーヒットで追加点を入れ、この回に2点を勝ち越して4-2としましたが、8回表に福井工大福井は2アウト・ランナー満塁の場面で島谷元貴がレフト前への2点タイムリーヒットで4-4の同点に追いつくと、9回表には1アウト・ランナーなしの場面で山内貴文がセンター前へのヒットで出塁して1アウト・ランナー1塁となった摺石達哉の打席の場面で山内貴文が2塁へと盗塁して1アウト・ランナー2塁となった摺石達哉の打席の場面で仙台育英のエースの長谷川拓帆の2塁への牽制球が悪送球となり山内貴文は3塁へと進塁して1アウト・ランナー3塁となった摺石達哉の打席の場面で長谷川拓帆のワイルドピッチで3塁ランナーが生還して1点を勝ち越して4-5とすると、勝ち越し点が入って以降の1アウト・ランナーなしの場面で摺石達哉はファーストゴロでアウトとなり2アウト・ランナーなしとなった場面で北川智也がフォアボールを選んで出塁となり2アウト・ランナー1塁となった吉田有哉の打席の場面で北川智也が2塁へと盗塁して2アウト・ランナー2塁となった場面で吉田有哉がレフト前へのタイムリーヒットで追加点を入れ、この回に2点を勝ち越して4-6とすると、その裏の仙台育英の反撃を福井工大福井のエースの摺石達哉が三者凡退に抑えてゲームセットとなり4-6で福井工大福井が勝利して2回戦進出となり、仙台育英は初戦敗退に終わりました。

 

 

 徳島県立池田以来となる史上5校目の夏春連覇を目指す栃木県の作新学院は第3試合で48年ぶり2度目の甲子園出場で古豪復活を果たした愛媛県の帝京第五と対戦となり、試合は1回表に作新学院は2アウト・ランナー1塁の場面で中島淳がライト方向へのタイムリー3ベースヒットで1点を先制すると、次の打者の相原光星がセンター前へのタイムリーヒットで追加点を入れて2-0とすると、追加点が入って以降の2アウト・ランナー1塁の場面で加藤翼がセンター方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に3点を先制すると、3回表には2アウト・ランナー1塁3塁の場面で大久保湧史がショートへのタイムリー内野安打で1点を追加して4-0とすると、追加点が入って以降の2アウト・ランナー1塁2塁の場面で大関秀太郎がライト前へのタイムリーヒットで1点を追加となり、この回に2点を追加して5-0とすると、4回表には1アウト・ランナー1塁の場面で中島淳がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れて6-0とすると、追加点が入って以降の1アウト・ランナー2塁の場面で相原光星がライト方向へのタイムリー2ベースヒットで追加点を入れ、この回に2点を追加して7-0とすると、6回表には2アウト・ランナー2塁3塁の七井祐吏の打席の場面で3回途中からリリーフ登板した佐藤蒼介のワイルドピッチで3塁ランナーが生還して1点を追加して8-0とすると、7回表には1アウト・ランナー満塁の場面で中島淳がフォアボールを選んで押し出しとなり3塁ランナーが生還して1点を追加して9-0としましたが、9回裏に帝京第五は2アウト・ランナー3塁の場面で堀内大暉がレフト方向へのタイムリー2ベースヒットで1点を返して9-1と8点差に詰め寄りましたが、次の打者の川本虎大はセカンドゴロでアウトとなりゲームセットとなり9-1で作新学院が勝利して2回戦進出となり、48年ぶりの甲子園出場となった帝京第五は初戦敗退に終わりました。なお、今日の第2試合の熊本県の秀岳館と奈良県の市立高田商業との対戦の試合は11-1で秀岳館が勝利して2回戦進出となりました。

 

 

 春のセンバツの結果(23日)

 

 福井工大福井6-4仙台育英(宮城)

 

 秀岳館(熊本)11-1高田商業(奈良)

 

 作新学院(栃木)9-1帝京第五(愛媛)

 

 

 

 本日の試合のハイライトはこちら

 

 第1試合  福井工大福井vs仙台育英

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0401/

 

 

 第2試合  秀岳館vs市立高田商業

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0402/

 

 

 第3試合  作新学院vs帝京第五

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0403/

 

 

 

 NHK高校野球サイトはこちら

 

 http://www9.nhk.or.jp/koushien/#/2017-03-23/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 春のセンバツ3日目が兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で今日開催されました。

 

 近畿勢で唯一全国制覇の経験がない滋賀県勢の滋賀学園が第2試合で千葉県の東海大市原望洋と対戦となり、試合は1回表に滋賀学園は2アウト・ランナー1塁3塁の場面で知念良智がサードへのタイムリー内野安打で1点を先制しましたが、3回裏に東海大市原望洋は1アウト・ランナー2塁の場面で藤本誠啓がセンター前へのヒットで出塁となるとセンターの真藤司のバックホームが悪送球となり2塁ランナーが生還して1-1の同点に追いつきましたが、4回表に滋賀学園は1アウト・ランナー満塁の場面で棚原孝太がライトフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を勝ち越して2-1としましたが、5回裏に東海大市原望洋は1アウト・ランナー2塁の場面で藤本誠啓がセンター前へのタイムリーヒットで2-2の同点に追いつきましたが、6回以降は両チーム共に点が入らず2-2の同点で9回を終了して延長戦に突入となると、14回表に滋賀学園はノーアウト・ランナー1塁2塁の場面で中西亮太のファーストゴロ併殺崩れとなるとバッターランナーの中西亮太を1塁塁上でアウトにした後のファーストの大野太一の2塁への送球が悪送球となると、その間に2塁ランナーが生還して1点を勝ち越して3-2とすると、1アウト・ランナー2塁の場面で真藤司がセンター前へのタイムリーヒットで追加点を入れて4-2とすると、追加点が入って以降の1アウト・ランナー1塁2塁の場面で後藤克基がライト前へのタイムリーヒットで1点を追加して5-2となり、1塁ランナーは3塁まで進塁して1アウト・ランナー1塁3塁となった場面で武井琉之がライト方向へのタイムリー2ベースヒットで1点を追加となり、この回に4点を勝ち越して6-2とすると、その裏の東海大市原望洋の反撃を滋賀学園の先発投手の棚原孝太が三者凡退に抑えてゲームセットとなり6-2で滋賀学園が延長14回の末での勝利で2回戦進出となりました。

 

 

 26年ぶり4度目の春のセンバツ出場となった福岡県の福岡大大濠は第1試合で岡山県の創志学園と対戦となり、試合は2回裏に福岡大大濠は2アウト・ランナー2塁の場面で樺嶋竜太郎がレフトスタンドへの大会第6号の2ランホームランで2点を先制すると、3回裏には2アウト・ランナー1塁2塁の場面で稲本侑星がライト方向への2点タイムリー3ベースヒットで追加点を入れて4-0とすると、4回裏には1アウト・ランナーなしの場面で樺嶋竜太郎がレフトスタンドへの大会第7号の2打席連続のソロホームランで1点を追加して5-0としましたが、6回表に創志学園は2アウト・ランナー2塁3塁の場面で金山昌平がセンター方向への2点タイムリー2ベースヒットで5-2と3点差に詰め寄ると、8回表には1アウト・ランナー満塁の場面で金山昌平が深めのセカンドフライでアウトとなった直後に3塁ランナーがタッチアップからホームへと突入して生還となり1点を返して5-3と2点差に詰め寄りましたが、その裏に福岡大大濠は2アウト・ランナー満塁の場面で三浦銀二がデッドボールを受けて押し出しとなり3塁ランナーが生還して1点を追加して6-3とすると、9回表の創志学園の反撃を福岡大大濠のエースの三浦銀二が無得点に抑えて6-3で福岡大大濠が勝利して2回戦進出となりました。なお、今日の第3試合の群馬県の健康福祉大高崎と北海道の札幌第一との対戦の試合は11-1で健康福祉大高崎が勝利して2回戦進出となりました。

 

 

 春のセンバツの結果(22日)

 

 福岡大大濠(福岡)6-3創志学園(岡山)

 

 滋賀学園6-2東海大市原望洋(千葉)

    (延長14回)

 

 健康福祉大高崎(群馬)11-1札幌第一(北海道)

 

 

 

 本日の試合のハイライトはこちら

 

 第1試合  福岡大大濠vs創志学園

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0301/

 

 

 第2試合  滋賀学園vs東海大市原望洋

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0302/

 

 

 第3試合  健康福祉大高崎vs札幌第一

 

 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2017/games/g0303/

 

 

 

 NHK高校野球サイトはこちら

 

 http://www9.nhk.or.jp/koushien/#/2017-03-22/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ワールドベースボールクラシック(WBC)のベスト4の残り1試合の日本代表(侍ジャパン)vs米国代表の試合が日本時間の今日の昼に米国・ロサンゼルスのドジャースタジアムで開催されました。

 

 試合は4回表に米国代表は2アウト・ランナー1塁2塁の場面でマカチャンがレフト前へのタイムリーヒットで1点を先制しましたが、6回裏に日本代表(侍ジャパン)は1アウト・ランナーなしの場面で菊池涼介がセンターバックスクリーンへ今大会第1号のソロホームランで1-1の同点に追いつきましたが、8回表に米国代表は1アウト・ランナー2塁3塁の場面でアダム・ジョーンズがサードゴロで1塁塁上でアウトとなる間に3塁ランナーが生還して1点を勝ち越して1-2とすると、9回裏の日本代表(侍ジャパン)の反撃を9回からリリーフ登板したグレガーソンが三者凡退に抑えてゲームセットとなり1-2で米国代表が勝利して初の決勝戦進出となり、2大会ぶり3度目の優勝を目指しての世界一奪還を目指しての日本代表(侍ジャパン)のワールドベースボールクラシック(WBC)は前回大会に続いてベスト4で終わることとなりました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。