サランヘ韓国 ~Kanpo Life~ 韓国のからだにいいこと・韓方・漢方・韓国伝統茶・韓国茶の会・韓国旅行

韓国旅行、韓国のお茶、韓方のことを中心に韓国にまつわるお話と活動中の薬膳茶講座などなどセルフメディケーションについてもご紹介しています。


テーマ:
~2010年3月・4月に慶州・大邱を旅した時のレポです~

前回の仏国寺日記の続きです。

修学旅行の小学生の大群に出くわし

仏国寺・修学旅行生

とっても賑やかな雰囲気の中、境内へ向かいます。

~仏国寺の境内図~
Wikipediaさんから拝借した図です。
仏国寺の境内図

まずは紫霞門から見て行きます。

仏国寺(青雲橋・白雲橋)

写真の石段の上の16石段が白雲橋、その下の17石段が青雲橋です。
合わせて33段ある二つの橋は仏教でいう33天を意味し、お釈迦様の彼岸世界である仏の国を表現する仏国寺の境内に通じるという意味があるので階段を「橋」と呼んでいるそうです。

青雲橋・白雲橋は国宝第23号に指定されています。

仏国寺(青雲橋) 仏国寺(蓮華橋・七宝橋)

隣りに並ぶ安養門の前の石段、蓮華橋・七宝橋は国宝第22号です。


階段を上がり、大雄殿(釈迦如来の彼岸世界)へ。

仏国寺(大雄殿)2

門をくぐると回廊が続いているのが目に入ります。

仏国寺(大雄殿)1

仏国寺の本殿です。この大雄殿前にふたつの塔があります。

仏国寺(多宝塔)
多宝塔・国宝第21号

仏国寺(釈迦塔)
釈迦塔・国宝第20号

国宝だらけで緊張します~あせる
仏国寺の中には7つの国宝と1つの文化財があるようですが、全部はチェックできませんでした。

仏国寺5

大雄殿の裏手に行くと無説殿があります。

仏国寺(無説伝)

無説殿は仏国寺の中でもっとも早く作られた建物であり、華厳経の講義を行う学校のようなところだったそうです。

無説殿の裏手から長く急な階段を上ると次は観音殿です。

仏国寺(観音殿)

ここには慈悲の菩薩である観音菩薩がまつられています。

仏国寺10

観音殿からみた無説殿と回廊の屋根。


同じく無説殿の裏手、観音殿の横にある毘盧殿です。

仏国寺(毘盧殿)1

中には本尊として国宝第26号に指定されている金銅毘盧遮那仏座像が置かれています。

仏国寺6 仏国寺(毘盧殿)2
国宝26号は撮影禁止でしたので他サイトさまから拝借した画像です。

帰って来てから気がついたのですが、極楽殿を見るのを忘れて帰ってきてしまったようです。
どうやら修学旅行生を避けて、後で見ようと思いながら廻っていたら、寄るのを忘れてしまったみたい。
ここには、国宝第27号、金銅阿弥陀如来坐像がいらしたようです。

金銅阿弥陀如来坐像(国宝第27号)
他サイトさまから画像を拝借いたしました。

仏国寺めぐりでは、あまり何も考えずにとにかく目に入った素敵な風景をカメラにおさめてきました。そのため、写真日記みたいになってしまってますね。

次回は、あと少し残った仏国寺のことと、もうひとつの世界遺産・石窟庵(ソックラム)のお話です。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

韓方茶セラピストEmikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。