安らぎ

翠水舎展&翠水(すいすい)個展 に御来場ありがとうございました

今回は 墨とハーブのある暮らし と題して 水墨画会場のロビー中心に

ハーブティといつもよりたくさんのハーブの展示をさせていただきました

いつも重たいたくさんの鉢植えを運び入れていただいております

湯山春峰堂のみなさまのおかげさまで

たくさんの方々に関心もって喜んでいただいております。

今回は陶芸家の瀬川賀寿子さまよりいただいた鉢植えのものが

多く、カメラに収めてくださる方もたくさんおられて、ハーブたちも

ひときわうれしそうに活き活きしておりました。

そして、ハーブにも関心をお寄せになる方がたくさんいらしたことが何より

うれしい収穫でした。

タイム・オレンジミント・ローズマリーの寄せ植え 和の鉢にハーブがよく合っているでしょ?

ステビアとレモングラス

もう、10年も前の専門学校の卒業生男性2人でひょこり会場に 来てくれました。

思いがけない再会でした。現在も介護の施設で働いているけれど、利用者の方に

自分ではなく他の人に介護をしてもらいたいといわれるのが一番つらくて

そういわれるとその人の事を許せなくなる・・とおもいがけない話しをしました。

相手を許す そして自分もたくさんの人から許されてこうしているのだと

ハーブはこの時も囁いていたけれど

私はまだ私の言葉では語れなかった

私は このごろすっかりいろんなことがわからなくなってきた母に

ハーブに話すように語りかける

母はハーブが風にゆれるようにやさしく頷いて

私の話を聴いている

心から人を許すというのは

難しいことなんだと思う

けれど、それができなければ

本当の安らぎというものは 来ないのだろうか

母はすべてを信じて受け入れているように

優しく 穏やかで

昔のきれいだった頃の母の顔よりきれいだと思うことがある

あぁ 本当の安らぎ求めて

ハーブの声が 私の言葉として

伝えることが出来るようになりたい

そんなまだまだ未熟な私ですが 

一緒にハーブを学んでみませんか?

ハーブ教室

 予約受付中です http// www.heruba.net 

 

 

 

 

 

 

AD

風の散歩道 ハーブ教室                                    2016.9月7日~9月13日

ご予約お待ちしています!             翠水個展会場ロビーにて ハーブのある暮らし展示予定

                              手作りブレンドハーブティの販売も 予定しています

                              お出かけください 

                                    

以下の日程で コースがはじまります。

月に1度の6回コース(検定プラス合格パーティを入れると8ヶ月となります)のため

タイミングが合わないとずいぶんお待たせしてしまい

申し訳ありません。

次回は (12月)(1月)からのスタートなりますが

お早めに ご予約ください。

なお、通常の教室以外にも

季節のフレッシュハーブティなど 楽しむことができますので

お気軽に メールなどでお問い合わせの上、お出かけください。

ハーブ教室は

日本ハーブ協会検定に準拠した内容となっていますが、

毎回、庭のハーブを使ったハーブティやハーブな手作りおやつ付きで楽しく行っています。

月1回の6回コース 6回目は ハーブたっぷりランチを作ります。

4名様までの 小さな 教室です 


今のところ 教室は土曜日のみの開講のため

いったんスタートすると 次回は 9ヶ月後の開講となってしまいます。

ご希望の方は どうぞご予約ください

詳しくは http://www.heruba.net

      ハーブの庭  ハーブ教室のページを ご覧ください

     e-mail heruba_no_kaze@yahoo.co.jp




       


AD

シルバーウィークの大切な1日だったのに たくさんの方に 御来場いただきありがとうございました。

社中展&翠水個展という 水墨の世界にハーブ?と

思いつつ来られたという、日本ハーブ協会事務局長の八木様が 一番めのお客様でしたが

とても、熱心に観ていただき、さっそく自身のブログでも紹介いただきありがとうございました。


水墨とハーブに 自然に納得されたということ・・うれしい限りです。




この魔女修行は 私の詩を翠水が書にしたものです。

これを読んだ方から、魔女さんと握手させてくださいとの申し出があり、いいえまだまだ修行中の身ですからといいながら、お互いに手をにぎりあったり

魔女になるのはいいわ!

私も魔女になれば、なんだか吹っ切れるかもしれないきがする・・と言って魔女の小さな落款を買っていかれる方もあり、

この詩は、私が実際に経験したことがモチーフですが、今回は同じように 年齢を重ねていく方への

エールのつもりで出展したので、感謝と感動と安心でした。

詩としても「 瑠璃色の朝に」 の出版以来の作品で 

師の菊池貞三先生に読んでいただきたかったものでした。20年もまえに最初の詩集を出版した時の

1ページに その頃、買ってきてぶらさげたばかりの魔女の人形が 

「あなたがどんな風に年を取っていくのか、ここでみていてあげましょう」

という1行がある。

今その古ぼけた魔女をモデルに翠水が描いてくれたことも

なんとも不思議なことですし

その魔女の人形は 本当に 20年もの間私のことを見ていてくれたのですね・・・・   ありがとう

やっぱり、こんどは私が魔女修行するしかない!のだろう・・・


魔女の居る庭1

秋の長雨と 展覧会の間にすっかり荒れ果ててしまった庭の手入れが 昨日ようやく少しできて

私は またいつもの体と心をとりもどしつつあるけれど

ハーブたちは なんだかいつもの秋の元気がないような気がする


魔女の居る庭2
なんて嘆いていてもはじまらない!

それにしても体は正直だ

1週間の生活スタイルの乱れはテキメン表れる

なんでもなく続けていた体と心にあった生活習慣、これを続けることは

なんと大切なことだったんだと改めて気づかされた

きっとハーブたちも同じだ。

みなさまも どうぞ 自分の心と体にあった 生活習慣をみつけて

健やかに お過ごしくださいませ。

御来場ありがとうございました!!

AD