地球が喜ぶ仲間を作る! at 東京・関東で自然な生き方の追求と普及

社会起業家を中心に『深くて永い繋がり』を作り相乗効果を生むための活動記録とメッセージ。


テーマ:

2010年3月26日(金)弱雨。

以前、友人に紹介もらい、

一度僕が開催していたセミナーで講師までして頂き、


昨年4月には

神社人の発足記念パーティーにも参加させて頂いた東條さんに


約1年ぶりにコンタクトをとり、

王子にある喫茶店にて2時間半もお話を聴かせて頂きました。




★ プロフィール

ヒーローへの近道 ~日本人で世界を救う~-東條英利さん

東條 英利 さん

株式会社カルチャージ 代表取締役
株式会社エコビジョンブレインズ 東京分室 室長
第40代日本国内閣総理大臣 東條英機 直系曾孫

大学卒業後、東証一部上場企業で金融職を担当し、その代表として香港にて金融会社の設立・運営に携わる。同時に、その長き海外生活の中から日本人としての意識の覚醒とグローバル化に対応出来ない日本の将来に不安を抱き始め、帰国後、改めて、日本社会に何か貢献出来る社会起業家を目指す決意をする。
2006年8月に株式会社アセント戦略ネットワークスを設立し、「人と社会と企業が繋がるグランド・デザイン作り」をコンセプトに企業の人材育成から社会事業プロジェクトの企画/運営やCSR事業に取り組む。翌年、ひょんなきっかけから神社のゆるぎない重要性に気付き、2009年4月には株式会社カルチャージを設立し、今後の日本を守るために神社のポータル&SNSサイト『神社人 』のブランディングと普及活動に注力している。



★ インタビュー内容

Q.神社のポータルサイトというのは珍しいですよね。

  これを始めたきっかけは何だったんですか?

「松ちゃんに、東国三社に連れて行かれたから。」

あ、松ちゃんとは僕との共通の知り合いのことです(笑)


2年くらい前に、松ちゃんに誘われて

特に信仰の篤い東国三社(鹿島神宮、香取神宮、息栖神社)を回ったときに

単純に気持ち良かったと思ったのがきっかけなんだそうです。


それまでは神社のことはあまり知らなかったのだとか。

↓東国三社
ヒーローへの近道 ~日本人で世界を救う~-東国三社




Q.それで神社の可能性を感じたのですか?

「それもあるけど、HISの澤田会長に教えてもらった経営の7か条の1つに~・・・」

東條さんは大手旅行会社HISの澤田会長にお話を聞かせて頂いた事があるらしく、

いろいろとご教授頂いたそうです。


澤田会長の経営の7か条の1つに

『戦略・戦術がものすごく大事』というものがあり、


「大手とかぶる仕事はやめなさい。ニッチな市場でNo.1を目指しなさい」

と言われたそうです。


それが根底にあり、


神社巡りから帰ってきた東條さんは

その事をみんなに話すと神社好きの人が多かったので、

それからいろいろ調べてみたそうです。

警視庁の発表によると初詣に行く人は

1/1~1/3にかけて、延べ9,900万人、


何度も行く人や一神教(特定の宗教信者)を除いても約6,000万人くらい・・・

日本人口の半数の人が年に1回は神社に関わっている事になります。


それなのに神社を探す良いサイトが1つもなかったというのが、

事業として捉えた決定的な理由だったようです。


Q.神社に対する想いみたいなものもあるのでしょうか?

「このままにしておくと、日本は将来、日本じゃなくなるよ。」

元々東條さんは海外で仕事をしていたために、

外国人から“日本人”というレッテルを張られるという事を体感し、


『多くの日本人が、話しかけられることに対する返答・応対を出来ていない』

と思ったそうなんです。


そこで更に思ったのは、

『日本には良いものが沢山あるはずなのに、何で活かさないんだろう?』という事。


そうした想いが以前からあり、神社を知っていくほど、

このままではヤバイなと思ったそうなんです。
※詳しくは、番外編にて記します。

そういう心の底からの想いが、

活発に活動していく上でとても重要なのだと思います。


僕も最近気付いたのですが、

頭で考えた目的・想いは原動力としては弱く、


深刻な問題という情報を知れば知るほど

その想いが強くなっていくのです。


番外編に記す想い・現状を知って、

更に心が熱くなりました。


Q.今、収益はどこから上げているのですか?

「まだ無いよ。収益は考えながらなんだよね。」

定期的に経営陣でミーティングをしているらしく、

今後は3つの柱を軸に、収益化を考えているそうです。

1.出版
 ⇒30~40代女性向けの神社マニュアル(縁結び・縁切り・安産・病気など)を5月・6月頃に出版予定。また、雑誌のコラム等

2.有料のサポーター会員
 ⇒月1,000円でバナーを貼る等

3.地域活性プロジェクト
 ⇒地元の神社を知ってもらうようなイベントや商品開発、メディアも絡めてその地域を活性化させていく。

収益を上げていないと言いつつも、

現状では合コン会社から依頼を受けてイベントやツアーを組んだり、


講演などで知識などの情報を

アウトプットしたりしているのだそうです。


他にも顧問的な仕事と、デザインが少し出来るとの事で、

それで生計が立っているとの事です。

『長期的に考えながら、無理に焦らず、

その中で出来ることをやっていく』という感覚は、


大きなプロジェクトを着実に進めていくために

大切なのだなと感じました。


Q.かなり着々と進んでいるように感じるのですが、

 計画の確実性は高いのでしょうか?

「さあ、分からないけど、まずは3年というスパンで見てるんだよね。」

澤田会長から教わったことの1つに、

『短期・中期・長期でみる』というのがあるそうです。


『まずは3年』。


メディアを作るというのは一般的には時間がかかるものですし、

3年やってみないうちにはそれがどうなのかも分からないとの事です。


もし3年経って芽が出なければ、

そこで「何か問題があるのでは」と考えれば良いという事です。


Q.よく、どんな会社に入っても石の上に3年は~って、言いますしね。

「うん。でも、会社員経験はなくてもいいと思うけどね。」

船井財産コンサルタンツの

平林元社長から聞いたそうなんですが、


大手一流コンサル会社の船井総研での経験を経て独立した人のうち、

8割が失敗しているそうなんです。

なぜか?

収益を生む循環と構造を作ったのは

創業・経営をしているその人だけだからです。


そこにいた会社員はコンサルタントであっても、

効率を高めるとかしかできないそうなんです。

「会社員として吸収するのも1つだけど、

 アイディアと決断次第でどうにでもなる。」

成功者の話を聞くのも、

多くは参考にならないそうです。


なぜなら、

それを聞いて同じ事をやれと言われてもできないから。


ただ、澤田会長は失敗談をベースに使える事を話してくれるので

別だと言われていました。


Q.他に、澤田会長から教わった事で重要なことはありますか?

「継続は、力なり。やり続ける事が第一条件」

諦めない事。


よく聞く言葉ですが、

これには「どんな状況でも」という意味が込められている事を、

僕らは忘れがちかもしれません。


HISも、最初は半年間お客さんがゼロだったそうです。


成功している人の共通点・・・


それは、みんな苦しい時期を経験していて、

諦めなかったという事です。


辛いときに「諦めなかったけどダメだった」と言ってやめるのか、

何があっても諦めないのか。


その違いは大きいのだと思います。


まずは3年、それでダメなら見直しましょう。


Q.最後に、“好きな事”はどうすれば見つかると思いますか?

「分からなければ、動けばいい。」

好きな事というのは結果として見つかるものであって、

行動しないと分からないという事です。


世の中には分からない事の方が多いわけですから、

やってみないと分からないですよね。


ノーリスクな経営なんてどこにも無いですし、

結局物事は経験則でしか語れないのです。


思い描くだけの人はたくさんいる。


どうせならそれを実際にやってみて、

失敗して、何かを得て、自分が出来ることと出来ない事を見極め、

出来ないところは任せて・・・


そうして始めて形になっていくのだと思います。

「趣味があるなら、そこからいろんな人と会えばいい。」

なるほど、と思いました。


どう動けばい良いのか分からない人も多いと思います。


趣味から行動を始めるのは、

きっかけとしても方向性としても的確かもしれませんね^^


神社人は、

東條さんが現段階で最終的に行き着いた

好きな事かつ最も信念を持ってできることであると感じました。

そして、誰もが、今はまだ発展途中でも

希望さえ持っていれば「今も豊か、未来はもっと豊か」であるのかなと思います。

自分の天命のために、


そして、


みんなでもっと豊かになって

日本そして世界を幸せだらけにするために


どんどん相乗効果を生んでいきたいものですね。




ところで、

神社は日本に8万社以上あります。


そのうち、神社人では現状3,200社を登録しているのだそうで、

4,000社になってやっと5%なのだそうです。

それでも東京は既にコンプリート(全社登録)しているそうです。

ただ、写真はまだ集まっていなく

募集中だそうですので、

遊び心で写真を撮って送ってあげるという貢献も

してみてはいかがでしょうか^^

神社には、それぞれに個性があるそうです。

しかし今まではほぼアナログだけだった事もあり、
細々とやっていてそれがみんなに伝わっていないのだそうです

今後ITを活用してデジタルにも対応させていくために、


そして日本の、日本としての未来のために、

みんなで神社人を創っていきましょう!


↓さらにこんな事まで聞いちゃいました。


・普及が難しい神社人を、どうやって広げていこうとしているのか
・CSR事業をやってみて出た結論
・元から、経営者とそうでない人がいるのではない
・HISの面接で「運気が強いと思いますか?」と聞く深い理由
・東條さんが感じる、人生で一番大切なこと
・ご利益(ごりやく)は現実にあるのか


⇒ぜひこちらから読んでみてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

つながりん村 ほっしー村長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。