抹茶味ガレットデロワを作りました。

何層にもなったパイに抹茶味のアーモンドクリームが詰まった、バターの香り豊かなフランス菓子。

{F3206FAE-49F0-4C37-9FC3-A91C5056A657}

{CC099F59-A387-460E-B9AC-B7D7F6B82AF5}
ルリジューズのフェーブと王冠

{D2F28E75-75A9-4559-BA84-FC8CE47A9C26}
カットすると、抹茶の緑が鮮やか。

AD
カカオパウダーを入れて、フィナンシェを焼きました。
カカオの香りがして少しビター。
{B6FE89EA-2422-424A-BAFF-FBA312420E7A}

このお菓子は、シャープで洗練されたフィナンシェ型がぴったり。

AD
「カカオ70%以上のチョコレートを毎日25g1ヶ月食べると、脳の若返りに効果がある」お発表されました。

昨日たまたま買ったmeijiのカカオ70%チョコレート、今流行りのBEAN to BARはパッケージも素敵です。
{42C34772-FF76-48AA-BCE2-9C52571C62F1}

時季も重なって、売れ切れてしまうかもしれませんね。
AD
紅茶レッスン「美味しいミルクティーとバリエーション」をしました。

茶葉を変えて作ったミルクティーのティスティング。並べてみると色合いにも違いが。
{B1A17FAF-CA87-4FB8-B911-3307315D62DD}

ロイヤルミルクティーを作り方を変えてみると、色合い・味わいともに違いが出ました。
{8C9D507E-9B64-46EF-9342-9A239CCFADC8}

なかなか自宅では試せないティスティングですが、レッスンでは同時に作ってティスティングができるので、その違いがよく分かります。

バリエーションは、それぞれに合う茶葉を使い
「メイプルミルクティー」「マサラチャイ」
「柚子ロイヤルミルクティー」
を作りました。
{E20D13A2-C497-4A16-AE20-B4A3D1215CCA}

寒い冬は、身体が温まるミルクティーはより美味しく感じますね。


洋梨のタルトを作りました。

タルトを作る時は、まずタルト生地を空焼きします。こうすることで、サクサクしたタルトになります。
アーモンドクリームと洋梨をのせて焼きます。

{14BC19C7-1662-4404-81AC-6FA7902DE434}
焼きたてはサクサクタルト、数日後は少ししっとりして全体が馴染み、どちらも美味しい。

{2F1BB1D9-EECA-48F0-AE2B-937E4AA5CFBE}

小さなタルトレットに焼いても。
レモンケーキを差し上げたら、気に入ってくださり、ご注文いただきました。

国産レモンを使って作っています。
3年前に何度も試作して納得のいくレシピに仕上げた自信作です。
{E01D0AF8-792A-42EC-A297-ABAAE7932F80}

昨年からケーキ屋さんやパンメーカーでも販売されていますが、どこよりも美味しいと喜んでいただいて、とても嬉しいです。
{59364DCA-5691-4B0B-961A-138EB0EBE71E}


時間がある時に、焼き菓子を作り置き。

冷凍しておいたサブレ生地を焼きました。
トワイニング・アールグレイ紅茶を入れたサブレと、クランベリーとピスタチオを入れたサブレの2種類。
{6E6A445E-19D9-49F2-88A5-4E4F79F95297}

{0E1BE800-6D7C-45C2-8820-C8BA5E23B0E6}

紅茶のおともに、ついつい手が伸びます。
久々のマカロンは、「アルデュール」

{DA9E411E-EA22-482E-A9AD-DDB2BA02CDF0}

右上から、
ジャンドゥジャ、ポムアールグレイ、マロングラッセ、バニラ、柚子

左上から
フランボワーズ、苺ミルク、フロマージュフレイズ、塩キャラメル、リモーネ

カラフルなマカロンは幸せな色です。
朝ドラ「べっぴんさん」の中で、靴屋の麻田さんが淹れてくれるシナモンティー。

私も小さい頃こんな光景を見たことあり、憧れていました。
セイロンティーを淹れて、シナモンスティックでかき混ぜる。それだけでオシャレでエレガントに思えました。

{21CADE72-F74D-42E3-B23C-B01A2B7C9391}

{F87FB67C-3A38-49ED-B665-CCBA811E4EF0}

シナモンスティックでかき混ぜるだけではシナモンの香りは薄いので、お好みで紅茶と砕いたシナモンを一緒に入れて蒸らすと、よりシナモンの香りが出て、甘みも感じられます。

シナモンと紅茶は身体を温める効果があるので、寒い冬にお勧めです。