Herbな時間 yasuのブログ

宇都宮の中心部からも近い閑静な自宅の1室でこころゆくまで癒される隠れ家サロン

植物の癒しの力を使い心と体を癒すフィトサロンです
ハーブボール、アロマセラピー、リフレクソロジーなどのボディケア
ハーブ・アロマ・薬膳教室を行っています


テーマ:

桜の草木染め


桜の枝を煮出し、染液を作ってから 2ヶ月半

やっと、染色する素材を見つけました


今回染めるのは、リネン(麻)100%の 薄手のリネンガーゼ







草木染には、繊維によって染まりやすいものと、そうでないものがあります


●染まりやすい素材

  シルク(絹)・ウール ・・・ 動物性のタンパク質繊維


●染まりにくい素材

  コットン(綿)・リネン(麻)など

     ・・・ 植物性繊維は、染まりにくいが豆乳などに浸けて下処理をすることにより

        ある程度染めつきがよくなる



≪ 精錬(せいれん) ≫

素材の汚れや不純物を取り除く作業、染める前に素材をキレイに洗います


中性洗剤でしっかり洗い、乾かす




≪ 下処理 ≫

コットンやリネンなどの植物性繊維は、染まりにくいため下処理を行います

精錬した素材を「無調整豆乳」に1~2時間浸け込む


※染まりやすいタンパク質を繊維に染み込ませるため 豆乳や牛乳に漬け込む

 

牛乳は臭いが気になるので、豆乳に浸けこみました

(4時間程浸け混んだ)

よく絞り、乾かす






≪ 媒染(ばいせん) ≫

植物から抽出した色素と繊維を結びつけ、色素を定着させます


媒染剤を使用しなくても染められるが、媒染することで繊維に染めた色素の色止め効果や

化学反応による発色効果があります


媒染剤の種類や濃度、染液に浸す時間によって、染まる色が変わってきます


●媒染剤

 みょうばん媒染、鉄媒染、アルミ媒染、銅媒染など





桜の草木染めに適している媒染剤は 『椿灰』


植物を燃やした灰は、最も古くから使われている媒染剤

中でも、椿は燃やした灰にアリミナ(酸化アルミニウム)が多く含まれるため

赤や黄色の色をより鮮やかに発色する効果があるそうです



Herbな時間 yasuのブログ


椿灰を作るには、8月から9月頃 枝葉を切り 生のまま燃やします

できるだけよく燃やし、白灰にする


今回は、我が家の剪定した椿 (3月)を灰にしてもらいました




火を着けると、とにかく煙がすごい・・・

父が七厘を使い、少しづつ灰にしてくれました

(ありがとう・・・)




椿灰に水を入れ、一晩置き

その上澄み液を 媒染剤として使用します




≪ 媒染の順番 ≫

媒染は、素材によって順番が変わってきます


●先媒染(さきばいせん) 染る前に媒染を行う   → ウール

●後媒染(あとばいせん) 染めた後に焙煎を行う  → 絹・綿・麻






下処理をした 素材を1時間程水に浸けたら・・・

いよいよ染色開始です!




大きめの鍋に湯を沸かし、原液を入れます



染液が60℃になったら、素材を入れて・・・

60℃の温度を保ち 20分間 煮込む

どんな色に染まるか、ドキドキです




Herbな時間 yasuのブログ-1338382047968.jpg

媒染をし、水で洗い乾燥させる


さて・・・染め上がり♪

きれいなピンクに染まりました♪♪






3パターンの媒染方法を試してみました


↓ 左から

①後媒染 (椿灰) : 原液 お玉4.5杯


②後媒染 (椿灰) : 原液 お玉3杯


③先媒染 (椿灰) : 原液 お玉3杯




Herbな時間 yasuのブログ



初めての 『桜染め』

きれいで、やさしい ピンクに染まりました


自分の生まれ育った土地に育った 桜

我が家の庭の 椿 を使っての 『桜染め』



染液作りから染色まで とっても時間と手間がかかったけど・・・

その分 とっても愛おしい ♪




文句1つ言わずに、手伝ってくれた家族に感謝です

ありがとう・・・


来年もまた、キレイな桜染めできたらいいな(^^)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード