へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(10歳♂)と過ごす日々。

20161231カレンダーウェブギャラリー「茜音-AKANE-」では毎月、花や植物の壁紙カレンダーを更新しています。1月は水仙です。

デジタル素材集「ぱんだ雑貨店」では花や植物などの壁紙を配布しています。1月はサザンカ、水仙などの壁紙28点追加しました。(flickrからもダウンロードできます)
NEW !
テーマ:
梅が咲き始めてるというのに、写真を撮りに行く余裕がない…。グループ展の案内ハガキを投函するために、いつもあまり通らないお散歩コースを歩いたら、途中にある白梅が3分咲きくらい。やばい…。

20170122チワワの小太郎

梅まつりは今週の土曜日から1ヶ月くらいですが、今年はまつりが終わる頃にはだいぶ花が終わってしまいそうです。…その間にグループ展「怪作展」があるのですけど、それが終わったころには梅も終わってそう。見に来る方達はちょうど梅の見頃の時期になってると、いいのですけどね。

今回、なんだか(自分の作品の)準備が押していて、それでいてマイペースにやっているもので、いろいろとてんやわんや。部屋の中も、描き途中の絵とか、ファイルとか額とかがとっちらかってます。片付けたいよう。でも展覧会の搬入までは片付かないよう。と、気持ちが落ち着かないです。

やっぱり、ちょっと気分転換に梅の写真でも撮りに行った方がいいですね(それを現実逃避という)。



20170108怪作展

怪作展
2017年2月8日(水)〜13日(月)
10:00〜18:00(初日は14:00から/最終日は16:00まで)
アオキ画廊 2階(小田原駅から徒歩5分)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まだまだ寒いけれど、確実に春に近付いている感じ。日差しはなんとなく、暖かです。

20170121チワワの小太郎

チワワの小太郎もひなたぼっこ…。でも夏のようにずっとそこにいることはなく、しばらくするといつのまにか、暖房入りのハウスに入って寝てます。やっぱり暖かいのはハウスなのね。

昨日、漢方の病院で、そろそろ花粉の季節ですねぇって言ったら、もう飛んでいるとのこと。漢方薬は花粉症仕様にしてもらいました。私はステロイドもそれなりの量(プレドニン10mg/日)を飲んでいるので、それほど強い症状は今は出ないのですが、漢方薬でフォローしてほとんど押さえられてます。

とはいえ、かなり花粉の飛散量が多い地域なので、家族全員が花粉症。普段は大丈夫だけど、ちょっと疲れてる時とか、花粉の量がすごく多いときには、目がしょぼしょぼしたりはします。なんで杉の木、あんなに植えちゃったんでしょうねぇ、日本は。

20170121チワワの小太郎

ちょっとおでかけ続きでお疲れ気味。今日は、移転オープンしたばかりの「ギャラリーNEW新九郎」さんに行ってみました。一昨年まで、グループ展「怪作展」でお世話になっていたギャラリーなのですが、一度閉鎖となり、今回、場所と経営会社が変わって新装オープン。感慨深いものがあります。

とてもよい空間で、展示もしやすそうでした。交通アクセスが、車を運転しない私にはちょっと不便(乗り換え多し)なところが難点ですが、ショッピングモールの中なのでお客さまはとても多いそう。今後の展示も楽しみです。



20170108怪作展

怪作展」もあと2週間ちょっとに迫ってきました。やばいー。準備に、制作に、アワアワしているところです。

怪作展
2017年2月8日(水)〜13日(月)
10:00〜18:00(初日は14:00から/最終日は16:00まで)
アオキ画廊 2階(小田原駅から徒歩5分)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東京の病院に行ったついでに、友人が出品している展示を見に、六本木の国立新美術館へ。午後から雪の予報だったし、低気圧でちょっとダルいしでどうしようかと思ったのだけど、病院終わってからちょっと元気あって行けそうだったので、行って来ました。

20170120国立新美術館

目的は企画展の「19th DOMANI・明日展」だったのだけど、入口に、次回の企画展の「草間彌生 わが永遠の魂」の看板が出ていて、インパクト大。そして、木々にも草間彌生チックな水玉の布が巻いてあって、新美術館の本気を見ました…。

「DOMANI・明日展」は、文化庁の「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」で海外留学した作家の中からピックアップして1998 年から毎年開催されているようです。私は今回初めて見に行ったのですが、30代、40代の作家さんたちの作品が展示されていて、同年代だけに、いろいろと刺激を受けました。

美大予備校時代の友人の岡田葉さんの展示を見たくて行ったのだけど、他の方の作品も(もちろん)とてもよかったです。海外を中心に活動している若手の作家さん達の作品をひとつの大きな会場でまとめて見られる機会ってなかなかないと思うので、こういう展示はいいなぁと思いました。


看板にもなっていたけど、松井えり菜さんの作品の顔のインパクトも、草間彌生さんに負けてません。キモカワイイ題材も折り込んだ作品、好きです。岡田葉さんの作品は、記憶の断片を切り取って絵にしている感じで、なんかこう、巨大な絵日記のような作品群でした。面白かったなぁ。

どうでもいいんですが、私も油彩の絵の具をゆるく溶いて画面に流してしまうのが好きで、よく、そこを指摘されるんですけど、葉ちゃんの絵も絵の具が流れていて、個人的に、そこに反応してしまいました。私の場合は「なんで?」って聞かれても、「いや、なんとなく…」としか言いようがないのですよねー。理由を説明できたら絵にする必要もないし…。

案外、会場が広くて歩き回って疲れて、帰宅してから雪っぽい雨がちらつく中、チワワの小太郎の散歩。いつも通りにすぐに帰るつもりだったのに、いつもと時間が違うせいか、やる気満々な小太郎。

珍しく、広場を走って、そのまま奥の公園まで行きました。で、せっかく走ってるから写真でも撮ろうかと思ったら、iPhoneの充電切れ。ポケモンで電池使い果たしてましたわ。残念。


ってことで、数日前の、ストーブの温風にとろけてる小太郎を載せておきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)