編集長日記!

日常のことや趣味の事をネチネチ書いてます。


エアガンレビューやってます。右下のリンクからどうぞ


テーマ:
Vz61 スコーピオンはチェコスロバキアにて、今から50年ほど前に開発されて以来、
銃が近代化する中でひっそりテロリストとかの中で現役だったりする銃である。
Vz61というのは略称で、略さずに言うとVzor 61(61年式)、正式名称はSamopal vzor 61(61年式短機関銃)と言う。
なぜ「61」かと言うと、チェコスロバキア軍にて1961年に制式採用された事に由来するそうな。


Vz61はMGSPWの「Uz61」の説明にもあるように、軍用トラック運転手、戦車兵、通信兵等の
人間をあまり相手しない兵士向けに開発された自衛、護衛用のサブマシンガンである。
Vz61は特徴だらけで、「スコーピオン」という愛称の由来である、サソリのように前へたたむストックや、
非常に小さく、ストックを折りたたんだ状態で27㎝と非常に小さい。
使用弾薬が.32ACP弾と近代普及している9㎜パラベラム弾と比べて非力ではあるが、
それ故に小型化でき、フルオートの制御もしやすいという利点もある。
CoDのようなデュアルも夢ではないかもしれない。できたらカッチョいいなぁ…
しかしさすがに非力だと特殊部隊もテロリストも困っちゃうので、開発されてから
技術と時代が進歩するにつれて、.380ACP弾モデル(Vz.64)や9mmマカロフ弾モデル(Vz.65)が
開発されており、9㎜パラベラム弾モデル(Vz.68)も開発されている。

今回はそんなVz61を東京マルイが結構前にモデルアップ、ロングセラー商品ということで、
10歳以上用サブマシンガンもそう沢山ないので購入、レビューします!

Vz61 スコーピオン(10歳以上対象)スペック
価格:4500円 スペアマガジン(10歳・18歳共用):950円
全長:284mm(ストック展開時545㎜) 身長:178㎜

$編集長日記!
箱は少し青みがかったグレーとブラックの今ではちょっと古い感じのデザイン。
ちょいと昔のエアーハンドガンもこんな感じだったと思います。
ロングセラーといわれるからには昔ながらという事なのだろうか…。
$編集長日記!
箱はこのようになっており、本体は白い発泡スチロールに入っている。
内容物は、本体、マガジン(装着済み)、コッキングレバー、クリーニングロッド、BB弾少々が入っている。
コッキングレバーは実銃のようにつまむ形でコッキングしない。よってコッキングをしやすくするために
左を長くしているので、外した状態で箱に納まっている。
$編集長日記!
箱には「ラピッドファイア搭載」という記述とサソリのイラストがあるステッカーが貼られている。
$編集長日記! $編集長日記!
左が説明書、弾込めから発射、ラピッドファイアの説明が書かれている。
右は、発泡スチロール箱の本体の裏に入っている紙で、10歳以上には珍しくクリーニングロッドが
入っている。なのでそれの説明を書いた紙である。BOYsや電ブロにはない同梱品である。

$編集長日記! $編集長日記!
本体。グリップは木目の入ったプラ製でマルイのAK47同様本物に近い仕上げである。
CoDやMGSのスコーピオンはグリップが黒い樹脂製であるがこれは木目。
マルイの電動ガン、マルゼンのガスも黒いグリップである。黒か木かは好みが分かれるところ。
アッパー、ロアフレームの表面仕上げは安っぽい仕上げな訳なく、電動蠍のような加工ではないが
つや消しのそこそこ渋い仕上げだ。しかしマガジンがテカってしまう…。うぅん
しかしこのグリップはひねるとギシギシ言ってしまう。ここは残念な所。
$編集長日記!
裏面。コッキングレバーを付けた状態だとこのように浮く。こちら側のコッキングレバーは実銃同様。
これはモールドではなく、コッキングするとライブで動く!これはテンションが上がる。
マガジンが特殊な構造で、マグの反りに沿って溝が見えてしまう。ここはちょっと残念な所。
マガジンは電動ガンと同じようなU字スプリングでも良かったと思うが…古いから仕方ないね。
$編集長日記! $編集長日記!
スコーピオンの特筆すべきところはやはりその小ささ。SOCOMは大型ピストルだけあってコンパクトな
マシンピストルに追いついてしまうのは仕方ないが(もしやMicroUZIを越すかも)、スコーピオンの
小ささが分かる。それにこれはハンドガン並みに薄く、幅はコッキングレバーを除けば3㎝と
かなり薄い。弾薬が小さいからこそ成し得る薄さである。
$編集長日記! $編集長日記!
ストックはスコーピオンの愛称を固定付けた物ではあるが正直見た感じその耐久性はどうかなと考えてしまう。
$編集長日記! $編集長日記!
ストックは27.7㎝。エアコキSMG、ARは1/1サイズであり、一応ストックも実物大。
実はBOYsG36Cストックよりも長かったり…
$編集長日記! $編集長日記!
サイトは2種類あり、近距離用(左)と近距離用(右)がある。といっても上下の高さと切り欠きの深さの違いのみ。
サイトは一応クラウンのELEX-9のようなアバウトな感じではないが…。ストックがサイトをまたぐので
マウントもどちらか一択にしない限り付け辛い。ここはガマン。
フロントサイトは左右調節可能。電動ガンにはない左右調節である。調整しにくいのでラジオペンチを
使用して調整しよう。といってもあまり調整する機会はないが…

付属のマガジンは2列装弾と珍しい構造。電動蠍のようにドラムマグはない。
$編集長日記! $編集長日記!
マグの裏面は特殊な装填方法により溝からスプリングが見えてしまう。
まだBBローダーもない頃に発売されたものなので右のようにジャラジャラ入れやすくするための器っぽい
奴が付属している。スペアマグを買うとついてくるのでたくさん買うとこいつも比例して増える。困る。
友人が所持しているMP5A3のマグにはこれの収納スペースがあるがこれにはない。
よってこれはハッキリ言って邪魔なのでBBローダーを使おう。
マガジンの装填方法はちょいと特殊なので説明を。
$編集長日記!
写真のように溝のツマミを一番下まで「カチッ」というまで下げる。
$編集長日記! $編集長日記!
そのあと左のように例の器を取り付け、BB弾を入れる。しかしこの状態だとBB弾は入らないので
ロック解除レバーノブを押しながらジャラッとBB弾を入れていく。
さすがにこれを外でやるのはいろいろ面倒なのでBBローダーで入れた方が早いだろう。
$編集長日記! $編集長日記!
そして本体にまっすぐ挿入♂するとマグの一列目のロックが解除されステンバーイオーケーとなる。
一列目は残弾確認ができるのでいいが、2列目は確認できない。ここは残念な所。

いざマグを入れて射撃。この銃にはラピッドファイアシステムが搭載されており、
トリガーを引きながらコッキングレバーを引き切り、押し切るを連続することで連射するシステムである。
しかしこれはイマイチ実用性がなく、サイトを除きながらやると盛大にズレる。
しっかり一発ずつ狙っていく方が面白いだろう。
エアコキはよく「バイーン」という安っぽい音で嫌悪されることがあるがこの機種は
「バン」と「バイーン」の中間といった感じである。そう気にならないレベルである。
$編集長日記!
標準の0.12gBB弾で3m離れて射撃。60mm×27mmに集中。
$編集長日記!
同じく0.12gBB弾で5m離れて射撃。44㎜×53㎜に集中。
$編集長日記!
SⅡSの0.15gBB弾を使用、5m離れて射撃。47㎜×55㎜に集中。0.12より散らばってしまった。
$編集長日記!
マルイのベアリングバイオ0.2gBB弾を使用、3m離れて射撃。48㎜×16mmに集中。下に集まってしまった。
総評すると、3m、5mしかないが十分良い命中精度といえる。実はエアーハンドガンや電ブロ、
BOYsよりも弾が早く見える。おそらく初速は若干早めだろう。
射撃体勢は実銃同様、マガジンをフォアグリップ代わりにして射撃しても問題ない。
コッキングもしやすい。弾道はフラットで伸びが良く、やはり東京マルイの性能といえる。

$編集長日記!
サバゲーで電動ガンやガスブローバックが主流となる今では、エアコキは不利である。
しかし、エアコキはエアコキの味があるし、中身も複雑ではないのでカスタムにも向いているかもしれない。
故にこれは価格も安く、子供にとってはちょっと高いけどDSのソフトを買う感覚で買えて、
リアルで高性能な銃と言える。スコーピオンは小さいので収納にも困らないと思う。
発売の古いものではあるが、面白いところはいっぱいあるので一丁いかがだろうか。
PR
いいね!した人  |  コメント(6)

[PR]気になるキーワード