編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

 国際ロボット展注目出展作品第2弾は、消防庁消防研究センターの元、三菱重工業(株)、三菱電機特機システム(株)、ヒロボー(株)、東北大学が開発を進められている消防ロボットシステムです。プラン火災やトンネル災害、高放射線量下など、消防隊員が立ち入れない大規模火災現場での迅速な初期消火活動を行なうものです。

 消火活動の流れは、

1:消防隊員が消防ロボットシステム搬送車両を運転し、火災現場に近い安全なエリアへ出動。

2:搬送車両からロボットを搬出し、稼動準備。

3:偵察・監視ロボットが出動。

4:偵察・監視ロボットからの情報を元に、放水砲ロボット・ホース延長ロボットが連結して火災現場近くの放水位置まで自律移動。

5:放水砲ロボットを設置し、ホース延長ロボットがホースを自動敷設。完了後、ホースとポンプを接続し放水を始めます。

 

右/放水砲ロボット、左/ホース延長ロボット。この2台はお互いが消防用ホースで接続された状態で、自動運転により火元にむけて走行。ホース延長ロボットは内径150mmの消防用ホースを300mまで搭載できる。放水砲ロボットは供給圧力1MPa時に4,000リットル/minの放水が可能な放水銃を搭載している。

放水砲ロボットサイズ:全長2.1×幅1.4×全高1.9メートル(参考値)

ホース延長ロボット:全長2.4×幅1.75×全高2.150メートル(参考値)

 

偵察・監視ロボット。消防としては世界初となる自律移動機能を備えている。放水砲ロボットが走行する経路を先に走行し、経路や災害の状況を偵察。放水開始後は、放水軌跡を横から撮影し、目的の場所に放水できているかを監視。

また走行経路に障害物が飛散していることも考えられるため、車輪とクローラーの2つの走行方式を備えている。

サイズ:全長1.3×幅1.0×全高1.8メートルで、段差乗り越え高さは40センチ。

 

偵察・監視ロボットには、飛行型の電動無人ヘリコプターHX-2もある。

サイズ:ブレード全長2.5、ボディ全長1.497×ボディ幅0.512×全高982メートル

 

このシステムは、2019年3月までに、完成予定だそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2017年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイトで開催された「2017国際ロボット展」。昨今のAIの進化で、急速に開発が進むロボット。当然はたらく乗りものの出展も多数ありました。そのなかで、気になった出展作品を何回かに分けて紹介します。

 今回は、ファナック社の大型ロボットFANUC Robot M-1700iAです。世界最大の搬送能力をもっており、可搬質量はなんと1,700kg! 動作範囲は水平4,683mm、垂直6,209mmです。会場では、軽々と乗用車を持ち上げるデモンストレーションが行なわれていました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日産自動車とDeNAは無人運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」を共同開発中ですが、2018年3月5日(月)から18日(日)までの2週間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺にて、一般モニターが参加する実証実験を実施します。

 「Easy Ride」はだれでもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる交通サービスで、各地域の既存の交通サービスを補完するものとして開発を進めています。

 専用のモバイルアプリによって、目的地の設定、配車、支払いまでが行なえます。さらに遠隔管制システムによって、無人運転時でも安心して利用できます。訪日外国人でも利用できるように多言語にも対応する予定です。

 一般モニター募集を、本日2017年12月5日(火)より公式サイト(https://easy-ride.com)で開始し、2018年1月15日(月)まで受け付けます。

 興味のある方は募集してみてはいかがでしょうか。

 

実証実験で使用するモバイルアプリの画面イメージ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 新明和工業は東京モーターショー2017に、新型のGVW20トン車級テレスコ式リヤダンプトラック(土砂運搬用)を出展しました。日本のダンプトラックはリンク式ダンプ機構で荷台を持ち上げるのが主流ですが、同社では新開発の3段伸縮テレスコピックシリンダーを採用。新機構にすることで、重量を軽減。さらにハーフパイプボディを装備することで、最大積載量10トン以上を実現しました。

 ボディサイズは全長7,510×全幅2,490×全高3,180mm、荷台サイズは長さ4,800×幅2,200×高さ730mmで、荷台容積は6.5立方メートル。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 トミーテックの2017春〜秋の新製品サンプル展示には、もちろん鉄道、バス以外の乗りものをたくさん展示されていました。

 

 なかでもシニア世代にとってなつかしいモデルを紹介します。

TOMICA LIMITED VINTAGEの「トヨタ・パトロール 59年式」(警視庁)と「トヨタ・パトロール移動電話車 59年式」(黒)。初代クラウンをベースにしたパトカー仕様車、トヨタパトロールF20型を製品化しています。移動電話車は覆面パトカー的な用途で使用されており、エンブレムもパトカーとわからないようにクラウン用が装着されていました。昭和40年代初頭まで活躍し、メディアにもたくさん登場していました。パトカーファンのみならず、怪獣ものなど昭和の映画ファンも、なつかしいのではないでしょうか。8月発売予定、各2,500円

 

TOMICA LIMITED VINTAGEの「西部警察VOL.21 ガゼール(小暮課長仕様)」。ベースとなったS110型シルビア/ガゼールはテレビドラマ『西部警察』が始まった1979年春にデビュー。オープン仕様はガゼール・ハードトップをベースに改造が施され、第1話から小暮課長である石原裕次郎さん専用車として登場していました。8月発売予定、4,800円(税抜)

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 UDトラックスは4月11日、大型トラック「クオン」をフルモデルチェンジした新型車を発表しました。

 運転性能では、コクピットを刷新するとともに、電子制御式オートマチックトランスミッション「エスコット・シックス」をストレート式シフトレバーに変更。ドライバーの操作性がさらに進化。また全車にディスクブレーキを設定しました。

 燃費・環境性能では、11リッター「GH11エンジン」を採用し、今年9月から適用される「平成28年排出ガス規制」(ポストポスト新長期規制)に適合するとともに、全車平成27年度重量車燃費基準+5%を達成しました。「エスコット・シックス」のGPSを駆使した先読み機能「フォアトラック」と、省燃費運転アドバイス機能「燃費コーチ」により、省燃費運転をサポートします。

 安全性では、トラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)や、ドライバーアラートサポート(ふらつき注意喚起装置)をはじめ先進のシステムを搭載。「安全運転の支援」、「危険の予測」、「被害を最小限に抑える」という3つの観点から安全性能を強化しました。

UDトラックスの会長、社長、開発陣が勢ぞろい

エクステリアも一新。強烈なインパクトを与えるヘキサゴングリル。

 

ミリ波レーダーで検知した前方車両との車間距離を一定に保つ。

 

ドライバーの操作性、視認性を考慮したダッシュボート、ステアリングホイール。

エスコット・シックスと、GH11エンジン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

エスカレーターで2階に上がると、トラックの構造や仕組み、トラックができるまでを紹介しています。写真は生産ラインの20分の1スケールの模型です。

 

その先には、歴代の名車が展示されています。全車、いすゞ社内でレストアされ、実際に走行できる状態で保存されています。117クーペをはじめ、懐かしいいすゞ乗用車も展示されています。

 

歴代の名車を精巧な43分の1スケールモデルで、いすゞの歴史を一望できます。


  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


エントランスでは、いすゞが最初に作ったトラック「ウーズレーCP型」が出迎えてくれます。

 

その先には、トラックやバスが走る日本最大級のジオラマがあります。

 

いすゞの最新車両が展示されており、運転席に座ることがきます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いすゞ自動車はいすゞ藤沢工場の隣接地に「いすゞプラザ」を4月11日オープンします。商用車の役割やクルマづくり、いすゞの歴史などを紹介するミュージアムエリアのほかに、ものづくり教室や施設のガイドツアーなどを開催します。

開館時間:月〜金《完全予約制》9:00〜17:00、土・祝日《自由見学日》10:00〜17:00(受付16:00まで)

休館日:日曜、ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始

入館料:無料

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 4月5日、日野自動車はモデルチェンジした大型トラック「プロフィア」と、中型トラック「レンジャー」の発表会を、さいたまスーパーアリーナ「コミュニティアリーナ」で行なわれました。

「プロフィア」は5月22日発売予定、「レンジャー」は4月5日に発売しました。

 今回のモデルチェンジでは、両車共に、エクステリアとインテリアのデザインを一新。「プロフィア」はシャシーから刷新し、トラックとしての基本性能を大幅に向上。「レンジャー」は「プロフィア」と同等の安全装備を標準装備として設定。

 衝突被害軽減ブレーキは機能を向上させ、停止車両や歩行者も検知して、衝突回避を支援することが可能になりました。

 エンジンはダウンサイジングで燃費向上や軽量化を実現し、今年9月から適用される「平成28年排出ガス規制」(ポストポスト新長期規制)に適合しています。

 

大型トラックのプロフィア。フロントパネルのデザインが大きく変更され、ドアのデザインは若干の変更にとどまっている。

大型と統一デザインを採用した中型トラックのレンジャー。

 

プロフィアのコクピット。ブラウン系のカラーを採用し、落ち着いた空間を演出している。ステアリングスイッチによって、各種の操作が可能に。

 

レンジャーも同じカラーリングを採用。

 

プロフィアに搭載される最高出力300ps〜360psを発生するA09C型エンジン。最高出力410psのE13C型エンジンの設定されている。

 

レンジャーに搭載されるA05C型エンジン。190ps〜260psの5タイプの設定がある。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。