編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

 株式会社ディ・エヌ・エー(DeNA)と横浜市は、両者で取り組む「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」と、本プロジェクトの最初の取り組みとして実施する金沢動物園における自動運転バス「Rpbot Shuttle」(ロボットシャトル)の一般向け試乗イベントに関する共同発表会を4月24日(月)に行ないました。

 「Rpbot Shuttle」一般向け試乗イベントは、4月27日(木)、28日(金)10時〜15時(※雨天中止)に金沢動物園で行なわれます。乗車料は無料(動物園ヘの入場料は必要)

 本プロジェクトは高齢化やニュータウンの老朽化などにより交通弱者の増加が予測される地域交通の課題を、無人運転やAIなどの先端技術の活用によって中長期的に解決することを目的にしています。横浜市内で自動運転車を用いてデモンストレーションや実証実験を進めていき、まずは私有地などにおける実用化を目指しています。また、地域の交通事業者と連携し、効率的な地域交通のあり方について研究を進めていきます。

 

 自動運転バス「Rpbot Shuttle」は運転席がない電気自動車で、乗車定員12人(座席6、立席6)。あらかじめ作成した地図データに設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPSを用いて自車両の場所を測定しながら自動で走行します。

 

車両の四隅にあるセンサーが自車両の近くやルート上に障害物を検知した場合は、その障害物との距離に応じて自動的に減速・停車して危険を回避します。

ベビーカーや車いす利用者のための可動式スロープも備えています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 宮崎県で路線バスを運行する宮崎交通とヤマト運輸は2015年10月から同県西都市〜西米良村、2016年6月から同県延岡市〜高千穂町、同県日向市〜諸塚村を結ぶ3路線の路線バスで「客貨混載」を開始。過疎化や高齢化が進む山間地域のバス路線網が維持されるとともに、ヤマト運輸のセールスドライバーが地域に滞在する時間が増え、集荷締め切り時間が延長したことで、地域のお客さまから好評。
 そんななか、農水産品などの温度管理が必要な荷物が増えてきたため、保冷専用の荷台スペースが必要となっていました。
 そこで、1月16日から、宮崎交通とヤマト運輸は、西都市〜西米良村を結ぶ路線バスに保冷専用BOXを搭載し、「クール宅急便」の大量輸送にも対応する「客貨混載」を開始しました。

【客貨混載とは…】
 人と貨物を同じ車両で一緒に運ぶことや乗客の輸送に付随して貨物を運ぶことを意味します。現行の制度※では、トラックは荷物を運ぶ業務、バスは人を運ぶ業務と明確化されていますが、一定の条件下でバス事業者などが少量の郵便物や新聞、そのほかの貨物を運ぶことができます。
※道路運送法第82条=一般乗合旅客自動車運送事業者は、旅客の輸送に付随して、少量の郵便物・新聞紙そのほかの貨物を運送することができる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 東京都台東区の浅草地域には、年間約4,500万人の観光客が来訪。そのうち約300万人は観光バスを移動手段として利用しています。

 その割に、この地域のバス駐車場は少なく、浅草寺に近い乗降場では観光客待ちによる長時間停車が原因の交通渋滞や、周辺道路での路上待機による騒音・排出ガスなど、観光バスに起因する交通問題が発生しています。

 台東区が運営するバス駐車場・乗降場における「観光バス予約システム構築及び駐車場・乗降場所管理運営業務」をタイムズ24株式会社に委託。タイムズ24株式会社はこれらの問題を解決するため、駐車場運営ノウハウやグループ会社のリソース及び独自のASPサービスを活用した、観光バスの来訪から出発までを一括してオペレーションするサービスを実施。11月30日よりバス駐車場の利用予約受付を開始します。

 台東区が運営するバス駐車場・乗降場は、台東区民会館駐車場(12台)、浅草文化観光センター今戸駐車場(23台)、浅草文化観光センター清川駐車場(18台)の計3か所、53台分のスペース。

 この予約サービスがスタートし、多少の改善は予想されるが、元々駐車台数が少なく、しかも浅草文化観光センター2か所の駐車場は遠いため、結局乗降はこれまで通り、浅草寺を囲む路上で行なわれることに変わりはなく、その間1車線を通行できません。

 とはいえ、浅草寺の近くに駐車場を作るスペースはなく、このままの状態が続くことが予想されます。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 タイムズ24株式会社は11月15日より国土交通省中部地方整備局が実施する「高速バス&カーシェアリング社会実験」にカーシェアリング事業者に参加。

 この社会実験は観光振興など地域活性化を促進するため、 高速バスとカーシェアリングの新たな連携を実現するために静岡県浜松市で実施するもの。

 高速バスを利用して浜松を訪れた人がバス降車後の移動手段としてカーシェアリングを利用できるように、 浜松インター駐車場にカーシェアリング車両を配備。 利用予約があった際に近隣の店舗から該当駐車場に配車する「ピッとGoデリバリー」サービスとして提供するため、24時間いつでも貸出・返却が可能です。

 実施期間は2016年11月15日(火)~2017年10月31日(火)。配備場所は浜松インター駐車場 第2駐車場(浜松市東区白鳥町172)、配備車両は日産ノート3台 、利用対象はタイムズカープラス会員。

 もちろん、高速バス到着後、路線バスを利用して観光スポット巡りをしてもらいたい気持ちも大きいですが、なかなか興味深い社会実験です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
平成28年度熊本地震でお亡くなりになりました方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一早い復興をお祈り申し上げます。
                              有限会社編集会議スタッフ一同
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 さいたま市にある鉄道博物館で3月19日(土)、20日(日・祝)、21日(月・休)の3日間、「JRバス展」が開催されます。これは3月26日北海道新幹線が開業することを記念して、JR北海道バスの車両を迎え、東京~新函館北斗間の沿線のJRバスがてっぱくひろばで一堂に会する企画です。
 国鉄時代から鉄道と共に発展してきた国鉄バス・JRバスの歴史と今を、実物車両と資料展示で紹介します。
 展示車両は、JR北海道バスの「北海道新幹線H5系ラッピング路線バス」と「路線バス仕様訓練車」、JRバス関東の「2階建て高速バス」と「高速線対応訓練車・緑のつばめ」、JRバス東北の「東北新幹線E5系・はやぶさカラーバス」の5台。
 訓練車の車内も一般に初公開(各車各日20組、各日12時15分に希望の訓練車横にて抽選。対象年齢は小学校4年生以上)
 コレクションゾーン2Fのライブラリーでは、期間中「自動車形式図」「国鉄北海道自動車50年史」など、バスに関連する図書を特別に閲覧室に配架します。普段なかなか見ることのない貴重な資料を閲覧できる貴重な機会です。
 また、19日には展示車両で来館できるバスツアーも実施されます。詳しくは、JRバス関東ホームページ(http://www.jrbuskanto.co.jp/)にて確認ください。
 

JRバス関東の高速線対応訓練車
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 12月28日(月)発売するBUS Life 3号の「The バス会社」では京都市交通局を取り上げます。京都市交通局はバス事業の拠点として市内に6営業所と1出張所を置き、798台のバスを保有し、京都市一帯に路線網を広げる公営事業者です。日本を代表する観光都市である京都の公共交通の牽引役として重要な役割を担う「京都市バス」をレポートします。
 
局章の由来は線路の横断面3つをつなげて、京都市のマークに似た形にデザインしたものといわれている。

 おすすめ路線ガイドでは、人気観光地を回る「洛バス」、今年誕生した新路線「京都岡崎ループ」、京都市北西部、紅葉の名所・高雄を目指す「8号系統」などを紹介します。

一番新しい市バスの路線。岡崎エリアを15分ごとに循環運行している。


京都市北西部、紅葉の名所・高尾を目指す8号系統。写真は終点の高尾に到着した8号系統のバスで、この先の広場で転回して四条烏丸行きになる。

 事業者TOPICSでは、近年の京都市交通局の出来事をレポートします。2014年は「大快革」と銘打ったダイヤ改正を実施。35年ぶりの増車を実現し、経営健全化計画を4年で達成するなど、動きの多い年になりました。乗りやすいダイヤ設定だけでなくバス停周辺の環境整備にも積極的で、地方公営事業者として注目していい点も多い。

路上での停車時間を短縮するため、地上で専門スタッフによる運賃収受を実施する時間帯も見られる。

大快革に合わせ、ラインカラー別方向幕を導入した。方向幕装置のLED化が進む中、字幕式方向幕により案内表示を一新した例は近年では珍しく、バスファンや他事業者から注目が集まった。写真は北大路バスターミナルを発車する204号系統。向って左のバスは西大路通の黄色、右は白川通の白色のラインカラーを掲出している。

 保有車両All Guideでは、京都市交通局の全型式をボディ別にすべて紹介します。いすゞ、日野、日産ディーゼル、三菱ふそう、4メーカーのシャシーがそろう。低床バスの割合も高いが、最新バスばかりではなく、1990年後半のバリアフリー対策車も所有しています。90年代のツーステップバスもまだ活躍を続けています。



1995年に導入されたKC-規制のいすゞLV280Lは純正ボディのキュービックと、西工ボディの両方を保有。97年導入車の6412~6414の3台は前ドアにリフトを装備し、車いすを収納できるようにしている。



1997年に導入された西工ボディの三菱ふそう・ワンステップバスKC-MP717K改。こちらの車両にも前ドアにリフトを装備している。

BUS Life 3号は全国の大型書店で販売します。あなたがお住まいの近くの書店で販売していない場合、その書店で注文すれば取り寄せてくれます。もしくはアマゾンや楽天などの通信販売サイトでご購入ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 バスライフ2号で箱根登山観光バスのバスガイドさんをインタビューしていることをお伝えしましたら、1号ではどのバス会社のガイドさんを紹介しているのかという問い合わせがありました。
 1号では東京で定期観光バス、企画旅行、貸切バスを運行しているはとバスのガイドさんにインタビューしています。テキパキとしていて、撮影中笑顔がたえず、好感度抜群でした。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:








バスマガジンMOOK『バスマガジン61号』発売中です。








バスマガ61


2013年9月27日

発行所:講談社
講談社ビーシー


定価:1500円(税込)













































拡大版バス会社潜入レポート・東京都交通局●都道府県別・地域別 路線バス全方位レポートスペシャルバージョン・沖縄県沖縄本島編●日野&いすゞハイブリッドバス導入事業者カタログ●終点までのバス散歩「福島交通・二岐」●離島に生きるバスたち・宮古列島●横浜市営バスの低床化元年となった1975年度車●昭和の車保存会・保存車両公開●定期観光バス「八重のゆかり号」&再生をめざす会津バス現状レポート









 











いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。