編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:
 西東京バスでは同社のキャラクター「にしちゅん」をテーマにしたLINEスタンプ(1セット40種)を、LINEクリエイターズマーケットより120円(税込)で、9月1日より発売開始。バス会社らしくバス停、降車ボタンなどバスにまつわるイラストや、懐かしいボンネットバス、同社バス車両のリアルなイラストも多く、バスファンには楽しいでしょう。
 イラストのデザインからスタンプの製作まで、すべてのスタンプは同社の社員が担当しているそうです。バス好き(?)の社員ならではのアイデア満載のLINEスタンプ、一度同社HPをチェックしてみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 日野自動車は日野レンジャーに低燃費を追求した新型ダウンサイジングエンジンを搭載し、車両安定制御システムであるVSC(Vehicle Stability Control)を標準装備した新車型「レンジャーFE」を追加設定することを8月31日発表しました。発売は10月1日とのこと。
 新型エンジンはA05C型で、排気量5.1L。小排気量でありながら低回転から高トルクを発揮し、十分な動力を確保。新型7速トランスミッションとの組み合わせで重量車燃費基準+5%の低燃費を達成。これにより、エコカー減税の対象となり、所得税が60%、重量税が50%の減税となります。
 VSCは横転や滑りやすい路面でのドリフトアウトやスピンを抑制するために、警報音やエンジンの出力制御、ブレーキを作動させることでドライバーの危険回避操作を支援するというものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年8月31日発売開始
発行所:株式会社三栄書房
定価:本体2,000円+税

モーターファン別冊「働く自動車シリーズ」第6弾は、その名もズバリ「働くクルマのすべて」。取り上げているのは、町でよく見かけるクルマ達。日本を「作り・守り・維持する」ために、町で活躍する全車種を完全ガイドします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 いすゞ自動車大型路線バス・エルガに続いて、日野自動車も大型路線バス・フルーリボンIIをモデルチェンジ。ご存知の通り、この2台は、いすゞと日野の統合モデル、つまり基本設計、ボディはまったく同じ車両。モデルチェンジ前はヘッドライトのデザインが異なっていたため、見分けられたが、今回は同じデザインで登場。ちょっとがっかりです。
 また日野自動車だけが販売しているハイブリッドバスは、これまでボディデザインが異なっていたが、これもエルガ/ブルーリボンIIと同じに。さらにがっかりです。
 どんどんバス車体の種類が減っていくのは、バスファンにとっては寂しいですね。
 ちなみにフルーリボンIIの発売日は9月1日、日野ブルーリボンシティハイブリッドバスの発売日は12月1日です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『BUS Life』2号で特集する西日本ジェイアールバスを取材しに、石川県金沢市に行ってきました。新しい一般路線バスカラー、国鉄時代のツバメマークを掲げた青いボディの車両、新車導入時から中扉を締め切られた3扉車など、興味深い車両を撮影してきました。
 おすすめ路線は山の上行きの循環系統。金沢の観光スポットにくまなく停車します。
 2号の発行日は10月22日(予定)。西日本ジェイアールバス以外の取材も着々と進んでいます。乞うご期待!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 7月、8月の2か月間は猛暑の中、働くクルマの取材に駆けずり回りました。「働く自動車シリーズ」はこれで6冊目です。今回は、町で活躍する「働くクルマ」をターゲットにしました。
 パトカー、消防車、路線バス、タクシー、宅配便配送車、ゴミ収集車、バキュームカー、コンクリートミキサー車、タンクローリー、移動採血車、移動検診車、移動販売車、JAF車両、高所作業車などなど。よく見かける車両ばかりですが、その内部構造はどうなっているのか? その仕組みはどうなっているのか?
 普段見られない奥の奥まで探ってみました。
 乞うご期待!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 本日、いすゞ自動車が15年ぶりに大型路線バス「エルガ」をフルモデルチェンジしました。昨年から一般道を走っているヘッドライトの違うエルガの目撃情報が頻繁に寄せられていたが、ついにその正体が明らかになりました。
 ボディフォルムに大きな変更はないが、エルガのシンボルでもあった縦2列に並ぶヘッドライトデザインから決別し、大型1灯式のヘッドライトデザインに変更。この1点だけで新車であることがはっきりわかる。

 外観ではもう1点、運転席側の側面窓が注目ポイントです。従来型は固定窓が2ユニットだけだったが、固定窓スペースが拡大し、逆T字窓が1ユニットだけになりました。


 さらに大きな変更ポイントはワンステップバスが廃止され、ノンステップバスに統一されたことでしょう。そのため、前後のオーバーハング短縮・アプローチ角度を拡大。前扉幅も短縮。さらに全長をそのままにホイールベース長を拡大、すなわちノンステップエリアが拡大されました。そのほか軽量化なども行なわれたことと併せて乗車定員の増加を実現しています。


トランスミッションには、燃費重視の自動クラッチマニュアルミッションのAMTと、走行性能重視のオートマチックミッションのATを設定。マニュアルトランスミッションMTの設定がなくなりました。


ホイールベース拡大の関係で、燃料タンクは左最前列もしくは右最前列に移設されました。


車いす乗降用のスロープ板は、三菱ふそうエアロスター同様の反転式スロープ板を採用。なぜこれまでこの形式が採用されなかったのかと不思議に思うほど便利仕様です。


まだまだ変更点はありますが、詳しくは10月22日(木)発売予定の『BUS Life』2号でレポートします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。