編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:
 6月3日にご報告したとおり、三栄書房から、現在日本で正規に販売されているトラックを紹介する『最新トラックのすべて』を発行しますが、その制作がやっと終了しました。
 前回は日野プロフィアと、UDトラックスの大型トラック・クオンと中型トラック・コンドルの試乗を報告しましたが、その後も、スカニアが今月に新設定した単車カーゴ系を富士スピードウェイのショートコースで試乗チェック。試乗車は前後長1,990mmのセミショートのロールーフタイプで、室内高は1,500mm。25t車のボディに、12.7リットル、最高出力410ps、最大トルク220kWと余裕のパワーを確保。
 試乗エリアにはトラクターも展示されており、キャブ内の比較も取材してきました。
 このほかには、いすゞギガ、ボルボFHなどの大型車をはじめ、中型車、小型車まですべて紹介しています。
 発売は6月30日。乞うご期待!


富士スピードウェイのショートコースを走る単車のG16低床シャシー。総輪エアサス仕様だがフロントのロールスピードも抑えられていて運転しやすい

 また三菱ふそうの栃木県にある喜連川研究所では、5台のトラックを約7時間かけてみっちり取材。各種のテストコースでTEST&CHECKをしてきました。高速周回路での全開テスト、直線路でのゼロヨン計測、0-80kim/h計測、登坂路、汎用路でのフリー走行などなど。
 しかも、ポルトガルで製造され、実用供試された電気トラック「E-CELL」を日本初試乗!

高速周回路を疾走中のE-CELL。余裕の走りを体感できた。0-80km/h到達タイムは約18.59秒、ゼロヨン到達タイムは約25.35秒。フル積載のトラックによる発進加速テストでは信じられないような光景を披露した


北海道鵡川町にあるワーカム北海道のテストコースを走るギガGVW25tの単車カーゴ6×2後輪エアサスに、ドライウイングを架装したメーカー完成車「Gカーゴ省燃費パッケージ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 廃線の危機に瀕していた和歌山電鐵の救世主といっても過言ではない同社の社長代理でもある貴志駅の「たま駅長」が22日、この世を去りました。
 和歌山電鐵によると、「たま」は鼻炎のため、先月から療養中だったが、22日夜急性心不全のため、死んだという。
 2007年、猫として日本で初めて駅長に就任。2009年には「たま電車」も登場。国内外で人気者になり、和歌山県に11億円の経済効果をもたらせたと査定されたこともあり、地方で増える動物駅長の元祖となった。和歌山県からは「ナイト」の称号も与えられた。14年にはウルトラ駅長に任命されました。
 私も昨年たま駅長に会いに行きましたが、その愛くるしい表情に、癒されました。
 和歌山電鐵では、功績をたたえ、たまを「名誉永久駅長」とし、28日午後に、社葬を執り行なうということです。
(レポート/新川栄一)


これまで毎週火・水・木・金曜日に貴志駅に出勤していた
(写真/中嶋茂夫)



2009年に登場した「たま電車」。「101匹たまちゃん」と銘打ち、車内を101匹の「たま駅長」が走りまわっている。
(写真/中嶋茂夫)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 1970年代後半、洗練されたスケルトンボディが登場します。とはいえ、80年代に入ってもバスボディの主流はモノコックバスで、ボンネットバスも最後の活躍をしていました。バスライフ1号では、東急バス(当時は東京急行電鉄)で82年末まで見ることができた三菱ふそうMR470の2つのボディを紹介しています。
 2つのボディとは、三菱ボディとと呉羽ボディです。
 東急バスに在籍したMR470の67年式は、前頭部(おでこ部)が丸型の最終年式です。翌年から方向幕を組み込んだひさし付きのスタイになりました。 
 呉羽ボディは大きな曲線を描いていた独特な後部が67年式で終わり、角型に進化しました。

67年式三菱ボディのMR470。社番1615、品川2う905。最後部の開口部が大きいのも特徴。


こちらは呉羽ボディの67年式MR470。社番A1578、品川2う1071。呉羽ボディはこの後も前頭部の丸型にこだわったと思われ、ひさし付きとなるのは73年です。


ブルーのビニールレザー張りシートがまさに昭和のバス車内の光景。社番A1612、品川2う697。

このほか、MR470のプロフィールや東急バスの社番の付け方も解説。リアスタイルの写真も掲載しています!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バスライフ1号の23ページにてバス事業者名を「常磐交通」と記載していますが、正しくは「新常磐交通」です。またその下の写真解説文中に「日野ノンステップ車(右)」と記載しましたが、掲載している右の写真は三菱ふそうKC-MP747Kです。
関係各位ならびに読者各位には多大なご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。お詫びして訂正いたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 6月下旬、三栄書房から働く自動車シリーズ『最新トラックのすべて』を発行します。本書では現在、日本で販売されているトラックすべてを紹介します。
 先週5月26日には、日野の大型トラック「プロフィア」を公道で試乗してきました。日野本社・工場で借り、圏央道から東名高速道を走り、御殿場ICでおり、富士スピードウェイへ。


試乗車はFW8×4にトランテックス製電動冷凍車を架装しているCOOL Hybrid。加速・定常走行時や回生時の発電エネルギーや、冷凍機用コンプレッサーの駆動のみに使用。ハイブリッドシステムの電力を用い、走行状態に関係なくインバーター制御で最適に電動コンプレッサーを駆動させる。そのため安定した冷凍冷蔵品質、冷凍用燃料の低減、低騒音を実現している。

 今週6月1日には、埼玉県上尾市のUDトラックスの本社・工場にあるテストコースで、大型トラック「クオン」と中型トラック「コンドル」を試乗チェックしてきました。

6×2のパーフェクトクオンCDウィング。

こちらは中型トラックのパーフェクトコンドルMKバン。

『最新トラックのすべて』では、メカニズム、インプレッション、安全性能など詳細なレポートをします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。