編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

2015年3月27日発売開始
発行所:株式会社三栄書房
定価:本体2,000円+税

日本全国の火災・災害現場で活躍する消防自動車の全車種完全ガイド

 働く自動車は多種多様です。それらを「働く自動車シリーズ」として『建設機械のすべて』、『大型特殊車両のすべて』、『大型特装トラック』の3冊を発行。同シリーズ4冊目となる本書では、消防車を取り上げます。
 火事現場、災害現場で私たちと私たちの町を守ってくれる消防車。ポンプ車、ハシゴ車、化学消防ポンプ車など消火時に活躍する車両、あらゆる災害に立ち向かう救助工作車をはじめとする特殊車両、最前線の防災活動をバックアップするサポート車両など、カテゴリー別に消防車のすべてを詳細な写真と文章で紹介します。

●極限の消防救助の備えるために……東京ハイパーレスキュー20年の装備変遷
 阪神・淡路大震災での救助活動から得た教訓をふまえ、組織された東京消防庁消防救助機動部隊。阪神・淡路大震災、東日本大震災に出動した第二本部ハイパー部隊長である下山正敏消防指令にインタビューし、装備の変遷を聞きました。

東京消防庁消防救助機動部隊第二本部の隊員。中央にいるのが下山正敏消部隊長

●ハイパーレスキュー・スペシャルビークルAll Line Up
 震災、NBC災害、都市型災害、大規模災害など、特殊さ以外に対応するために発隊されたハイパーレスキューに配置されている専用車両をすべて紹介。

遠距離大量送水車・ホース延長車2台1組のスーパーポンパー。大災害で消火栓などの水道網が破壊された場合、海や川などの水を吸い上げて、延長ホースでポンプへ送水する

●総務省消防庁無償使用の消防車両カタログ
 総務省消防庁は時代に即した専用車両を開発し、全国の消防機関へ配備している無償使用車両を詳細に解説するとともに、配備先もすべて紹介。

全地形対応車。荒れ地、不整地、段差、溝、土砂、がれき、大きな水溜り、ぬかるみなど、一般的な車両では走行不可能な場所を走破できる性能を持った車両

●タイプ別はしご付き消防自動車徹底ガイド
 火災・災害の多様化により、はしご車には、直進式、先端屈折型、屈折型、屈折放水塔車など様々なタイプがあります。国内最大地上高54.7mのはしご車をはじめ、各種はしご車の紹介、構造、制作工場、変遷まで徹底ガイド。

石川県の金沢市消防局が所有しているはしご車。左から国内最大地上高54.7mを誇る直進式、35m先端屈折が2台あるがシャシーは異なる。一番右が25mの屈折はしご車(大型高所放水車使用)

●タイプ別消防ポンプ自動車徹底ガイド
 火災の最前線に立ち向かうのがポンプ車で、地域性、使用方法により様々なタイプがあります。各種ポンプ車の紹介、構造、変遷まで徹底ガイド。

モリタが新開発した13mブーム付き多目的消防ポンプ車MVF。900リットルの水槽にCAFSを装備して高性能な消火能力を実現。資機材の収納スペースも確保され、地上5階のビルに届くブームも持つ。バスケットも装備し、救助活動もできる

●空港用化学消防車が凄い!
 成田国際空港を守る消防車を、NAAファイアー&セキュリティーの全面協力のもと、徹底取材。
 また航空大国U.S.Aのオシュコシュ社製空港用化学消防車「ストライカー」も紹介する。

射程距離85m。ルーフターレット、バンパーターレットから放水するローゼンバウアー社製空港用化学消防車

●救助工作車全タイプ徹底解剖
 災害や事故現場に急行して人命救助にあたる救助工作車。積載する救助資機材によってⅠ型~Ⅳ型までの規格があります。資機材は追加することが可能で、各消防署の地域性が出る。ここでは全タイプを徹底解剖。

救助工作車は収納スペースの工夫と、搭載されている資機材、そしてボディスタイルに注目

●消火・災害時の活動を支える! サポート車両オールカタログ
はしご車、ポンプ車、救助工作車など最前線で働く車両だけが消防車ではありません。それらをバックアップする車両も、消火・災害時に欠かせない重要な消防車。サポート車両、特殊車両をすべて紹介します。

排煙、窒素消火、ポンプ消火、照明、電源供給の1台5役を誇る名古屋市消防局の排煙照明車

●在日横田空軍基地を守る! 消防車両と装備
基地内には約12,000人がおり、消防隊員80人が勤務する消防署もある。在籍する消防車はすべてアメリカ製。注目のアメリカ製消防車を取材してきました。

現在は予備車となっている1987年導入の航空機用化学車。クラシカルなデザインがいい
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年3月24日発売開始
発行所:株式会社三栄書房
定価:本体2,500円+税

完全保存版 歴代ブルートレイン徹底ガイド

 3月14日のダイヤ改正で寝台特急列車“ブルートレイン”は運命の時を迎えました。本書では、「北斗星」、「トワイライトエクスプレス」のラストデーの模様から、1958年に誕生したブルートレインの歴史を様々な角度からレポートします。
●ラストランドキュメント1:「北斗星」最終定期運行
 「北斗星」は臨時列車化され、13日に定期列車としてはラストランを迎えました。上野駅13番ホームの「下り・北斗星」の出発シーン、「上り・北斗星」走行シーンなど、定期「北斗星」の最後の1日を追いました。
●ラストランドキュメント2:「トワイライトエクスプレス」最終日
 「トワイライトエクスプレス」は12日にラストランとなりました。札幌駅での上り出発シーン、大阪駅での下り出発シーン、上り便の走行シーンなど、「トワイライトエクスプレス」最終日を追いました。
●惜別! 「北斗星」&「トワイライトエクスプレス」
 1988年運行開始の「北斗星」、1989年運行開始のトワイライトエクスプレス」の歴史を、美しい写真とともに綴ります。
●“最後のブルートレイン”、“最後の定期夜行列車”、“最後の定期急行列車”など、最後づくしの「はまなす」
 夜行急行をブルートレインと呼ぶべきかどうかは世代によってはっきり意見が分かれていますが、3月14日以降も毎日走る夜行急行である「はまなす」を紹介します。
●20系、14系、24系……3系列による「思い出のブルートレインを振り返る」
 20系固定編成で運行した最初のブルートレイン「あさかぜ」の写真をはじめ、懐かしいエポックメイクな写真で綴るグラビアページです。
●ブルートレイン全列車図鑑
 1958年、20系客車がデビューすると、ブルートレインは年ごとに運行列車が新設され、運行便数も増やしていった。しかし、1980年代に入り運行便数を減らし、廃止となる列車も出てきました。ここでは、過去華々しい活躍をしてきた急行を含めたブルートレイン全列車の生い立ちから廃止までの歴史を振り返ります。
●ブルートレインの全設備ガイド
「走るホテル」といわれた20系の登場、ブルトレブームの到来、「北斗星」にはじまる豪華夜行列車時代、そして個室時代と、ブルトレの設備は時代の流れによって変化してきました。そんなブルトレの設備の歴史を年代順に紹介します。
●20系、14系、24系……全形式完全ガイド
ブルートレインの各形式、各区分番代を紹介します。
●ブルートレイン牽引機列伝
「あさかぜ」にブルー色の20系客車がEF58、C59、EF10、C59に牽引され、東京~博多間を運行し、ブルートレインの歴史が始まると同時に、牽引機の歴史もスタートしました。数々のブルトレが姿を消していったように、牽引機である機関車も廃車になっていきました。ここでは、ブルトレの歴史を語るうえで、忘れてならないブルトレを牽引してきたすべての機関車を振り返ります。
●選ばれし機関車に装備されたブルトレ牽引専用装備
 ブルートレインの中には、牽引する機関車に特別な装備が必要なケースが存在しました。ここではそれらの特別装備をレポートします。
●所属区別編成表
ブルートレインが最初に配置された名門客車区である品川客車区をはじめ、客車が所属していた客車区(運転区・運転所・車両所・車両センター)の編成表をすべて見せます。
●20系、14系、24系……ブルートレイン車歴表
ブルートレインとよばれた3系列の車歴を出入るかぎり紹介します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
浜松市博物館では、30年前まで浜松市で運行していた浜松市営バスの特別展示を開催します。同市営バスは昭和11(1936)年に営業開始。以来、昭和61(86)年11月30日に遠州鉄道にその業務を移管するまで、浜松市民の足として親しまれてきました。
主な展示資料は、浜松市博物館及び浜松市所蔵資料のうち、昭和30~40年代頃の市営バスの写真、市営バスの座席、バス停、運賃幕、運賃箱、両替器付運賃箱、両替器、回数券販売機、時刻表、路線図など。また、市内の資料の収集家の協力により、昭和50~61(1986)年までの市営バスの写真、最終走行日にバスに付けた前掛け・前幕、市営バスの図面など。
展示会開催期間:平成27年5月23日(土)~7月12日(日)
展示会開催場所:浜松市博物館内 特別展示室(静岡県浜松市中区蜆塚4-22-1)
観覧料:大人300円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方及び障害者手帳をお持ちの方は無料

浜松駅前の風景(絵はがきより)



昭和38年撮影


昭和40年撮影


昭和42年撮影
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。