編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:



2014927日発売開始 
発売所:株式会社講談社/株式会社講談社ビーシー
定価:本体1,430円+税

今号最大のニュースは、三菱ふそうトラックバスが大型路線バス・エアロスター発売に続いて87日に大型観光バス・エアロエース・ショートタイプMMを発売。さらに912日にエアロクィーン&エアロエースを発売したことである。特集では、3車種の変更点をレポート。また、前号の続報として三菱ふそう新型エアロスターノンステップバスの実車取材を敢行し、完全ガイド。併せて導入事業者も紹介。

2特集は「エアロスターKの系譜 その軌跡を追う」。1993年にモデル統合で生産終了となった呉羽ボディのエアロスターK。そのスタイルの変化を中心に軌跡を追った。また今も現役で活躍しているエアロスターKを現地取材した。

「秋のバス旅スペシャル」企画は、好評の「終点までのバス散歩」の特別編。九州産交バス「椎原診療所」と名阪近鉄バス「時」の豪華2本立て。

大人気の連載企画「おじゃまします バス会社潜入レポート」では沖縄バスを取り上げている。沖縄本島でバス事業を展開する主要4社のうちの1社である沖縄バス。戦後、沖縄の政治や社会体制が激変する時代を経験しつつも、現在まで変わらない体制で沖縄本島の交通を支えている。ほとんどのバスが三菱ふそうの車両を導入しているので、まるで三菱車の博物館のような事業者である。また、現役でエアロスターKを導入しているので今回のバスマガは三菱ふそうの古い車体から最新のバスまで見ることができる三菱ふそうバスファンにはたまらない一冊となっている。

今号から不定期連載のバス社会経済学がスタート。第1回はバス会社を作るにはいくらかかるかという素朴な疑問にメスを入れている。 

そのほか、「日野次世代ハイブリッドバス、試験運用スタート」や2014年上期直木賞候補作「ミッドナイトバス」の作者である伊吹有喜さんのインタビューなどまだまだ興味津々の記事満載!


912日に発売されたエアロクィーン観光・貸切車



帝産湖南交通で活躍中のエアロスターK。「呉羽博物館」の名がふさわしい多様な車両群に注目!


沖縄バスで定期路線バスとして現役で走っている730車

九州最後の秘境五家荘のひとつ椎原集落の入口にある、まだ新しい診療所の敷地内に立つ椎原診療所バス停

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2014916日発売開始  
発行所:株式会社笠倉出版社
定価:本体690円+税


1964年。高度成長期のまっただ中、新幹線は産声を上げ急成長時代の後押しを果たしました。そんな新幹線も2014101日で開業50年を迎えました。本書では、新幹線開業50年の歴史をいろいろな角度から紐解き、さらに現在、運行中の新幹線を詳細に解説していきます。


●「定点観測 新幹線50年……今・昔」

移り行く時代とともに日本の大動脈となった新幹線。新幹線によって、経済はダイナミックに動き、街は新しくなり、そして人も変わりました。新幹線とともに変貌を遂げたニッポン。ここでは、駅や沿線風景をとらえた貴重な写真を用いて定点観測。50年の様変わりを見ていきます。


1964101日、東海道新幹線が開通した。東京駅では19番ホームで出発式が行なわれ、当時の国鉄総裁、石田禮助がテープカットした。


●「新幹線車窓ウォッチング」

300km/hオーバーで走る新幹線から見える車窓風景をウォッチング!今回は、東海道新幹線で見ることができる車窓風景を中心に紹介します。「あれ、なに?」と驚く不思議な建物や有名スポット。さらに、新幹線から見える城、観覧車、看板も紹介。新幹線の車窓を見る楽しみが増えるはずです。 


米原駅到着直前に見える滋賀県米原市にある鉄道総合技術研究所の風洞技術センター。建物を通過すると、保存されている高速試験電車(左から300X-955-1STAR21-952WIN350-500-901)が見えてくる。


●「年表・系図で見る……新幹線50年の足跡」 

1964101日に東海道新幹線が感動の開業を果たしました。車両は、専用に開発された0系新幹線が使用されました。その20余年前、すでに新幹線構想は始まっていました。実に戦時中のことです。終戦後、日本の高度経済成長期時代を後押しするかのように、新幹線は日本の大動脈となり発展していきました。その足取りはひと時も止まることなく、21世紀へ突入します。文字どおり大動脈は日本列島を張り巡ります。偉大なる世界最高峰の列車は、いかに50年を歩んでいったのでしょうか。その歴史を日本で起こった出来事とともに振り返ります。


●「半世紀にわたる新幹線テクノロジーの進化」

日進月歩のペースで進化を遂げる新幹線テクノロジーの進化の歴史(台車/制御装置/ブレーキ/モータ/サスペンション/パンタグラフ/車体/コクピット/ATC)を図解・写真付きでわかりやすく解説します。

N700系に使用されるTDT205型台車


●「現役新幹線全方位ガイド」

青森から鹿児島まで現役で走っている新幹線11形式の運行路線から編成、ボディデザイン、走行機器、車内装備まで日本で走っている新幹線を徹底解説。


東海道・山陽新幹線のエースとして君臨するN700系新幹線


●「元0系運転士が語る……新幹線の進化」

50年前、0系新幹線は高度な技術で安全で確実な運行を目指し生まれました。しかし200km/hオーバーでの走行・停止は運転手の手腕が試されるものでした。そこで、かつて0系運転士であったにわあつし氏に新幹線運転の基本、そして今日に至るまでの新幹線の進化の様子を語っていただきました。

0系運転士であった当時に撮影した0系新幹線とにわあつし氏


●「新幹線グッズコレクション」

乗るのも見るのも楽しい新幹線ですが、楽しみはそれだけではありません。新幹線グッズの収集も楽しみ方のひとつです。50年にわたり走り続ける新幹線の関連アイテムの中には歴史的価値や希少価値があるグッズもあります。今回は、マニアが絶対に欲しがる貴重なグッズを紹介します。


●そのほか、新幹線の主治医であるドクターイエローの50年の歴史や、ドアやヘッドライト・テールライト、シート、空調、トイレに至る新幹線装備品の歴史も紹介。さらに、現役引退した0系や100系新幹線などの保存車両が展示されている公園や博物館を紹介など新幹線に関する興味深い記事盛りだくさんです。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。