第36回戦争と平和を考える資料展(高知)

2014年07月02日 テーマ:ピースウェーブ

第36回戦争と平和を考える資料展が開かれます。


期間:2014年7/2~7/8 ※7/7(月)のみ休み

時間:9:30~17:00(最終日のみ16:30)

場所:高知市自由民権記念館(高知市桟橋通り4丁)

入場無料(駐車場あり)







資料展は、館内1F入って左奥の『自由ギャラリー』です。




今年の重点テーマは『原発・核問題』です。

そして『原爆』

『戦中の暮らし』

『高知空襲』

『高知戦争遺跡』

(順不同)

『ぜいたく夫婦よさようなら』





『高知空襲と戦災』






『原爆と人間』





『ビキニ水爆実験で放射能被災船』

幡多ゼミナールの高校生が

高知県土佐清水市で調査し発掘した『住吉丸』



『住吉丸』船体一部の展示

この木は、今でも生きています。











『高知の戦争遺跡』






日本海軍二号電波探信儀(電探:レーダー)シャーシ

(高知県須崎市山中での発掘品)展示

資料・情報提供:横浜旧軍無線通信資料館



九三式中間練習機「赤とんぼ」羽布実物

零戦燃料タンク固定バンドの実物展示






『原発問題』





『フクシマの今』


道路に大きくかかる看板『原子力明るい未来のエネルギー…』

赤ちゃんの目に全ての「こたえ」がある様な気がします…。

ペタしてね

今回も大変貴重な学習資料などがあります。

是非、多くの方に見て頂きたいたいと思います。








Amは制服の仕事で、Pmはこちらで

今日も全力で働き活動させていただきました。

関係者皆様の優しさに支えられての自分があります。

とても感謝しております。有難うございます。



AD

第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会1日目

2014年06月26日 テーマ:戦争遺跡保存四国シンポジウム

第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム高知大会(2014年5月31日、6月1日)が開催されました。

大会1日目の様子です。




場所は、旧高知海軍航空隊、航空機用掩体群の中心に位置する高知県南国市の前浜公民館で行われました。

(同じカマボコ型、古今の構造物が並んでいます。左手前から5号掩体、右は4号掩体、その奥に南国市スポーツセンター体育館)



1日目のプログラムは、基調報告と、四国各県の事例発表でした

大会挨拶からはじまり、次は基調講演




小幡 尚先生(高知大学准教授)

『高知県における戦没者慰霊・研究の成果と課題』でした。




つづいて四国各県の事例発表です。


○愛媛県発表

『愛媛県内に残る奉安殿について』

岡崎 直司氏(産業考古学評議員)




○香川県発表

『オーラルヒストリーとアーカイブス-戦争体験聴き取り調査と高松飛行場資料の活用・普及事業を中心として』

嶋田典人氏(香川近代史研究会)




○徳島県発表

『坂東俘虜収容所跡』

下田智隆氏(鳴門教育委員会)




○高知県発表

『高知海軍航空隊施設〈掩体〉と〈通信所跡〉の発掘調査』

由利 崇氏(南国市教育委員会)



高知海軍航空隊耐弾式通信壕発掘物の展示もありました。



発表後

質疑応答、意見交換、連絡会があり、大会1日目は無事に終了しました。




外に出ると、暗くなりはじめていました。

(3号掩体)

その後は、場所を変えて

今後の大会の方向性など真面目な話から、楽しい話など、いい雰囲気での懇親会が行われ、交流を深めました。


ペタしてね

貴重な発表、意見を聴かせていただき、今回も大変勉強になりました。


次は、2日目のフィールドワークの様子をアップしたいと思います。





AD

2014ピースウエイブinこうち

2014年06月21日 テーマ:ピースウェーブ

『2014ピースウエイブinこうち』


毎年恒例のイベントが、はじまります。

期間:2014.6/29(日)~8/24(日)


平和への思い…

数多くの(13イベント)催しが予定されています。




今年で、36回目を迎えるイベントもあり歴史を感じます。

ペタしてね

高知で、この様な催しがあるとは、素晴らしいことだと思います。




AD

高知空襲を経験した建物.2

2014年06月11日 テーマ:『高知戦争遺跡』 空襲爪痕、建物など

高知空襲を経験した建物.2

2012年8月24日にアップした『高知空襲を経験した建物.1』

先日、この建物が(2014年6月9日より)改修工事に入るとの情報をいただき記録調査に出向きました。


大正初期に造られた建物だそうです。
築100年前後となります。

現在は周囲を背の高い大きな建物に囲まれています。



ここは、高知空襲(1945年7月4日)の中心地に位置しています。

1945年7月4日、午前1時52分から、約1時間にわたっての米軍機による無差別爆撃の高知空襲…

この、一夜にして、高知市街の48%が焼失してしまいました。



空襲直後の写真。はりまや橋付近より、中央公園を見る。




地図上、赤斜線部分が、火災により焦土化した部分です。

左上が高知城(赤字で6月7日と書かれた箇所)、この建物は、赤斜線内(地図中央やや上に位置し)の真ん中にあり、その場所は、はりまや橋と高知城間で、ほぼ電車通沿いとなります。



高知市が受けた空襲は

1945年1月19日

〃3月7日

〃6月1日

〃6月7日

〃6月19日

〃6月26日

〃7月4日

〃7月24日

計8回となり、犠牲者は少なくとも441名といわれています。







改修工事用の足場が組まれている最中でした。






1階部分の縦長窓 です。

ジャロジー窓がいい感じをだしています。




東外壁の1~2階間にある、この円形模様、なんてモダンな造りでしょう…驚きました。お洒落で目立ってた事だと思います。

ザラザラ感の地肌は昔のままではないでしょうか。



2階東面の窓。

この形状の窓、全てに鉄板扉が備わっていた跡が残っていますが、鉄板扉が残っているのは、この窓だけとなります(向かって左側枠には、モルタルで改修した跡が残っています)





同じ2階の東面で、鉄板窓と並列した窓です。こちらは鉄板窓の蝶番らしき物が残っています。
鉄板窓以外の窓枠全てがアルミのサッシに改装されています。




室内から、その鉄板窓を観察しようとしましたが、現在は窓自体が潰されて壁紙が貼られていました。しかし、窓をつぶしたお蔭で、鉄板を開閉する必要が無くなった…その結果、あの閉まったままの貴重な鉄板扉が残ったのではと推測します。




○高知空襲で投下された焼夷弾の説明:

1945年7月4日深夜の高知空襲で、B-29が125機飛来し、このE46収束焼夷弾が投下されました。

焼夷弾とは、爆弾、砲弾、銃弾に発火性の薬剤(油等)を充填したものをいい、使用目的は、主に火災を発生(焼き払う)させるためのものです。







B-29の1機につき、このE46は40発搭載可能。


仮に高知に飛来した、B-29(125機)全機に、E46をMAX搭載したならば5千発。

そして、E46内部には、M69焼夷弾が38本が束ねられているので、単純計算で、高知に降り注いだM69の最大数は19万発にものぼります。

(飛来125機中に、実際はパスファインダー(目標誘導機)などが含まれていると思われますので、数値は前後します。)





高知空襲で投下されたE46頭部(写真左)、尾部(右)実物

頭部はとても重たいです。頭部より安定落下させるために、錘の役目があったのでしょう。尾部はとても軽いです。

この頭部が落ちてきて屋根に当たると大穴が開いてしまう。人に当たると即死だと思います。




『桜花』  四国高知発 戦争遺跡調査・研究

高知空襲、M69発火済み実物

発火前、重量1発=2.6kg





M69製造ライン。女性工員が目立ちます。




この高知のM69も、写真の様子ならば、女性工員が作ったかもしれません。力強い眼差し…工員は、どの様な気持ちであったのでしょう、想像もつきません。





M69を38本が束ねられています。


チェーンブロック使用で移動中の様子。



B-29に、E46を積みこむ準備中写真。




(E46レプリカ)


一方で

日本では焼夷弾対応マニュアルがつくられました。



一生懸命、消火訓練が行われました。



NHKの取材があり、その様子がニュースで放映されました。




Fさんが、鉄板扉の説明をして下さいました。

鉄板扉が備わっていたお蔭で、空襲火災から、逃れることができたと推測。その可能性は大きいと思います。

一方で、もし、猛火を直接浴びていたならば、なんらかの曲りや歪がでるはずですので、この状態からすると、それらを回避できた…若しくは戦後に交換されたかもしれません。






今回の改修工事で取り外される予定の鉄板…長い間、建物を守ったという大役を果たし、近日中に、その役割を終えようとしています…。





写真右上に高知城


上の写真、左側のアップ
写真左端中央やや上の明るい色の構造物が、この建物です。

(建物大きさや、窓の形状や数だけでなく、特徴のある壁構造の一致をみました)






窓枠や、一部の壁にはモルタルで改修した跡や増築部分もありますが、基本構造体に大きな変化はないようです。


ペタしてね

大正初期の時代に建てられ、約一世紀経過…

高知空襲中心点で、戦争を体験し、翌年の昭和南海地震にも耐えた、戦争と地震を語る大変貴重な建物です。

改修されつつ、現存しているだけでも大きな意味、価値があると思われますが、それ以上に、人の住まい、現役であり続けていることが、本当に素晴らしいことです。


こらから先も、歴史を語り続けていただきたいと思います。







第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会終了

2014年06月01日 テーマ:戦争遺跡保存四国シンポジウム

2014年5月31日、6月1日と、2日間にわたって開催されました第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム高知大会が無事に終了致しました。


1日目、大会挨拶の様子

この後、基礎講演、四国各4県での事例発表がありました。



2日目、フィールドワークの様子(上岡空襲、爆弾破片跡など説明様子)

戦争遺跡の見学だけではなく、戦争体験者の語り部の方の、熱心な説明と一緒に回ることができました。



私自身、全く知らなかった戦跡分野の勉強と、アメブロで知り合った仲間との初めてのアイボール(直接会って話しをすること)が、出来てとても嬉しかったです。



ご参加、協力、関係者の皆様、大変暑い中でご苦労様でした。

この場をお借り致しまして、お礼申し上げます。
ペタしてね


詳細は後日アップさせて頂きます。






第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会のご案内です

2014年05月09日 テーマ:戦争遺跡保存四国シンポジウム

「第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会」を開催します。


第1回戦争遺跡保存四国シンポジウムを高知の南国市で開いたのは2010年5月でした。第2回は愛媛、第3回香川、第4回愛媛と毎年5月に開いて参りました。

 アジア・太平洋戦争の体験者は高齢化し、戦争体験の「語りべ」は減少するばかりです。戦争の記憶の継承は「人」から「もの」へ移行しつつあり、戦争遺跡の重要性はこれまで以上に増しています。

 四国内に散在する戦争遺跡の現状の調査、研究について交流し、関係者が友好を深めることはきわめて有意義なことと思います。関係者各位の沢山の参加をよろしくお願いします。


『平和資料館・草の家だより』 No.112 第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム実行委員会 代表岡村正弘氏案内より抜粋














大会会場の前浜公民館は旧高知海軍航空隊、航空機用掩体群の中心にあります。


2日目のフィールドワーク案内








 


今回の1日目の事例発表も興味深く、また、2日目は、この機会でないと見学が困難な場所へのフィールドワークも予定されており、大変勉強になると思います(耐弾式通信壕見学には各自、長靴、懐中電灯の用意が必要となります)。


次世代へ語り継ぐため、特に小中高生のご参加をお待ちしております。

また、お一人でも多くのご参加を宜しく願いします。

ペタしてね

※参加はどちらか1日だけでも可能となっています。


申込み、参加費などの問い合わせは、戦争遺跡保存ネットワーク高知まで

(草の家内:088-875-1275)


高知県須崎市 『トーチカ5号』 Vol.1

2014年05月08日 テーマ:『高知戦争遺跡』 須崎市トーチカ

高知県須崎市 『トーチカ5号』 Vol.1


2014年4月

高知県須崎市の山中で、大型トーチカを発見しました。


いつもの様に、道なき道を探索していると、ある斜面にコンクリート(トーチカ側面の一部)が少しだけ見えました。近寄り正面に立つと、まずはその大きさ…なんとも言えない凄い迫力に驚かされました。



(少し掃除をして撮影)

一瞬、迷彩柄のペイントが施されている様に感じましたが自然が作った柄の様です。


開口部上辺には、25センチφの丸太が、その身はやせながらも、しっかりと残っています。それにしても、とても特徴的な銃眼、大きい開口は射撃手で、狭い方は観測手と思われます。


この様に複雑な異形銃眼は、今まで北海道から沖縄まで、かなりの数のトーチカを見てきましたが初めてとなります。銃眼前のクボミ形式は、南国市でも時々見かけますが…

ここ須崎市のトーチカは前回紹介アップした須崎トーチカ4号の双銃眼といい特徴的な型が多いと思います。


見方を変えると、大変失礼ながら芸術性を感じてしまいました。何かをモデルにしているのでしょうか…



トーチカ上部に、土に埋もれた空気穴を発見しました。信じられないことに、戦後70年近く経過したのにもかかわらず、角材の1本が朽ちながらも、いまだに蓋の役割を担っていました。



その空気穴にカメラを入れて撮影、空気穴は室内と屋根を真っ直ぐにつないでいるのではなく、クランクしています。馬乗攻撃の、手榴弾の室内投下や、銃使用の直接攻撃を回避するためや、雨水の直接滴下防止に、この様な構造になっていると推測します。



トーチカの上部(屋根)外観構造は、偽装のため土砂で埋め戻され、解りずらい状態ですが、発掘してみると不等ピッチ3段式の階段型(写真の右上に写っているのが2段目)となっていました。


横幅、高さ、奥行等から、高知県内の山中残存トーチカ中(無破損部類)、1番の大きさとなります。

ペタしてね

次回は内部へ…



高知県須崎市 『トーチカ4号』 Vol.3

2014年05月04日 テーマ:『高知戦争遺跡』 須崎市トーチカ
戦争遺跡:高知県須崎市 

須崎市トーチカ4号 Vol.3



2014年4月14日

高知県須崎市で新たにトーチカ(須崎市4号トーチカ)を発見しました。


この高知県須崎市にある戦争遺跡、トーチカはアジア・太平洋戦争末期、本土決戦時期に構築されたものです。






木製型枠も、しっかり残っています。


上段の銃眼(外観)



下段の銃眼(外観)




銃眼から中の様子を探ろうとアプローチしますが、照明がないと全く見えませんでした。


銃眼から内部へ…掩蔽壕内壁は素掘り状態でした。

中に入った途端、コウモリがブンブン飛び回り始めました。顔の横もかすめ飛び、風が頬にモロに当たりますが、超音波を利用した反響定位機能のおかげで、今まで一度も当たったことはありません。




壕の分岐は一箇所…(よく見ると、コウモリがぶら下がってます。飛んでいるのは一部で、目の前に行って、ちょこんと突っついても平気な強者もいます)



その分岐方向を見ると急斜面で上方より土砂が流れ込んでいます。少しの風を感じますが外光は見えません。

この先は、外から石を投げいれて深さをはかっていた最初に発見した天井が崩落した急斜面、アリ地獄状態の掩蔽壕入口となります。



コンクリート、トーチカ内部壁です。外面と違って内面はとてもシンプルでした。


上段銃眼の外側は菱升目模様に、線引きで仕上げられた地肌。


一方、下段銃眼は線引きなしの状態。両者の違いが興味深いです。また、前部のエプロンには、コンクリ打設時期の違いが解る特徴が見られました。


構造体に大きなクラックもない、良い状態のトーチカでした。この先も何十年も大丈夫な印象をうけました。


そして、前回も書きましたが、縦2段式(2階建て方式)の銃眼をもつトーチカを未だかつて見たことがありません。この点においても興味深く、大変貴重なトーチカだと思います。

ペタしてね


須崎4号トーチカ記事 おわり






トーチカ発掘

2014年05月01日 テーマ:『高知戦争遺跡』 香南市トーチカ

2014年4月30日 13時すぎ


高知県の山中で

新たなトーチカを発見しました。


本業の始業時間前より、山を歩き探索。休憩もなく、お昼も食べずに行動して発見に至りましたそして、終業時間より遅くに無時に下山しました。


その後、今月末に開催される、第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会実行委員会の話し合いに、少し参加しました。

ペタしてね

この山は急斜面が多くよく転び、蚊もいっぱい!

詳細は後日アップさせて頂きます。

高知県須崎市 『トーチカ4号』 Vol.2

2014年04月29日 テーマ:『高知戦争遺跡』 須崎市トーチカ

戦争遺跡:高知県須崎市 

須崎市トーチカ4号 Vol.2


2014年4月14日

高知県須崎市で新たにトーチカ(須崎市4号トーチカ)を発見しました。


この高知県須崎市にある戦争遺跡、トーチカはアジア・太平洋戦争末期、本土決戦時期に構築されたものです。


須崎市では合計5基(2014年4月29日現在)のトーチカを確認しています。


(発掘前)

かなりの量の堆積物があります。

恐らく戦後の70年ちかく放置された状態だと思います。

発見時、このままでは構造がよく解らない状態でした。



(発掘後)
なんと、驚きました!銃眼が2箇所もありました。

掘ってみるまで、全く解りませんでした。

銃眼からの照射角度は意図的にずらされ、死角を減らしています。このことから、ターゲット重要範囲が2ポイントあったと思われます。現在は残念ながらトーチカ前に樹木生い茂り、それらポイントの目視は不可能な状態となっていますが、須崎市の地理関係から紐解くと、おおよその目標地点が推測できました。



今まで、多くのトーチカを見てきましたが、この様な縦2段形式(2階建て方式)銃眼をもつトーチカを、自分が知る限り、高知県においては確認されておらず

、全国でもお目にかかったことがありません。

もしかすると大発見かもしれません。



(サイドからのショット)

十数メーター離れるとトーチカは見えなくなる様に造られています。

本土決戦準備下の当時は、さらに植物などで隠され、近寄っても全く解らない状態であったはずです。





銃眼以外の前部エプロン側構造も大変複雑です。

構築にあたっては設計図を引かないと、行き当たりばったり現物合わせの型枠では無理だと思います。もしくは、かなりの腕前の職人がいた可能性も考えられます。



縦2段式(2階建て構造)の銃眼をもつトーチカの情報を、どなたかご存知ないでしょうか?一報下さいましたら幸いです。
ペタしてね



つづきます…




[PR]気になるキーワード