『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 10

2014年12月05日 テーマ:『高知戦争遺跡』 聴音壕

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 10


高知県香土佐市 防空監視哨:聴音壕 其の4 

前回のつづきです

入口の開口部側縁は、補修されている様子?




明らかに、目地のモルタルはみ出し感が異なっています




なんと、壁は二重構造であり、隙間を詰めています




反対側に詰めレンガはありません

この隙間のおかげで、壁面内部構造が解りそうです




グッと隙間にカメラを入れて撮りましたが、やはり空洞です



半枚積み、中空洞二重構造壁であることが解りました

ペタしてね

半枚積みで、この高さまで…しかもアーチ状にレンガを積む技術は凄いです

とても、素人には真似できません

AD

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 9

2014年12月01日 テーマ:『高知戦争遺跡』 聴音壕

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 9


高知県香土佐市 防空監視哨:聴音壕 其の3

前回のつづきです


聴音壕に向かうことを阻むように、通路に自生した木


内壁は見事なカーブを描いています


垂直な立ち上がりに、くるいはありません

外周の土圧にも、しっかりと耐えています


開口部は、補修された様です



天板もよく残っています



天板直下(2段分)のレンガは意図的に外されたのでしょうか?

壕内部には、それらのレンガは見当(埋もれている?)りません


戦争遺跡の話は別としても

構造物としての技術者の腕も素晴らしいですが、築約70年オーバーでしょうか、恐らくノーメンテナンスで、これほどの状態で残っているのも凄いと思います

ペタしてね

つづきます…




AD

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 8

2014年11月27日 テーマ:『高知戦争遺跡』 聴音壕

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 8


高知県香土佐市 防空監視哨:聴音壕 其の2 外観

前回のつづきです



音壕とは…

戦時中のものであり、在所は、山頂など見張りに適し、周囲に邪魔になるようなものがない所に造られた防空監視哨付帯施設となります。


構造は、半地下式などで、円形で上部のみに開口部を有する穴上(直径2~3m、深さ2m前後)の施設。


用途は、敵航空機飛来をいち早く察知するもの。

運用は、内部に人が入り、その上部のみにの開口形状にて、周囲の雑音の影響を極力回避する状態で、飛来する機体がどの方向から来たのか、機種は何かなどの、主に耳と目から情報を得て、軍に報告することでした。

見張り聴音係は、交代制で24時間防空監視に従事していました。


入口開口部



はじめて見た方は、破損した古い貯水槽?に見えるかもしれませんね。



久しぶりに直射日光が当たったのではないでしょうか



底の状態は、比較的乾燥していて、足が埋まりこむことは殆どありません。



立ち上がり、天板については、部分的な破損がありも、高知県で確認されている他の聴音壕よりは、よく残っています。




大変綺麗な円を描いています。




外周直径:約3.2mです

高岡郡四万十町の聴音壕の外周直径は約3.7mですので、それよりは一回り小さくなりますが、外周地盤面立ち上がり(高さ)は県下一となります。


ペタしてね つづきます…




AD

高知海軍施設、発掘調査・講師

2014年11月22日 テーマ:『高知戦争遺物』

高知海軍施設の遺物発掘調査


H26年11/22

午前:高知県の山中にある、旧海軍施設で遺物を発掘しました。

午後:高知市にある、医療施設の新人教育研修の講師をさせて頂きました。


午前の発掘様子

シダで隠れた壕



取り除くと…



内部は、比較的横幅、高さ共に狭い壕(観測壕?)でした。

この山には、このタイプの壕が数基確認されています。



直進すると、10m程でゆるやかに左折し、また左折して別の出口へ

こちらの開口部は、爆風避けにもなる、湾曲した立ち上がり側壁(外から内部の様子が全く見えない)をもっています。



別の壕内部


日本海軍規格の壕です。


内部では電球基部、よじられた電線他も発掘

この壕には電気が引かれていたのでしょう。




結構な大きさのボルトも




チス?:横長:約270㎜、太さ最大25㎜の先の尖ったチス(コンクリート用タガネ?)


ボルト:六角頭30㎜、長さ50㎜ かなり力が、かかるものを留める。

 

カスガイ:壕中では、木材どうしをつなぐ為の、両端の尖ったカスガイが多く落ちていますが、平型のカスガイはあまり見たことがありません。


青銅?:スチールと比べると、ズッシリと重みを感じます。発見時は全体が真っ青でした。この金属はその断面が鋭利なことから、爆破などで裂けたことが推測されます。青銅は昔、砲身に使われたことが…




今回の発掘作業には、親友MASARUが参加してくれました!

お陰様で、新発見ありの作業がとてもはかどりました、有難うBB!

また、たのみます!!


午前の発掘作業を無事に終えて、身支度を整えてから大急ぎで移動



午後は、『戦争遺跡を通じての平和を考える』と題してフィールドを活用しての、某医療施設の新人教育研修講師をさせていただきました。参加者の方々は真剣な表情で話を聴いて下さいました。




ペタしてね  

大変多忙でしたが、とても充実した一日となりました。
皆様、有難うございました。

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 7

2014年11月19日 テーマ:『高知戦争遺跡』 聴音壕

『高知県戦争遺跡』 防空監視哨:聴音壕 7

高知県香土佐市 防空監視哨:聴音壕 其の1



仙台出張帰りの、次の日のH26.11/18

土佐市の山にある聴音壕(情報提供者、越知町在住O氏)を目指し、計3回目の探索で、ようやくこの防空監視哨・聴音壕を発見、無事にたどりつけました。


音壕とは…

戦時中のものであり、在所は、山頂など見張りに適し、周囲に邪魔になるようなものがない所に造られた防空監視哨付帯施設となります。


構造は、半地下式などで、円形で上部のみに開口部を有する穴上(直径2~3m、深さ2m前後)の施設。


用途は、敵航空機飛来をいち早く察知するもの。

運用は、内部に人が入り、その上部のみにの開口形状にて、周囲の雑音の影響を極力回避する状態で、飛来する機体がどの方向から来たのか、機種は何かなどの、主に耳と目から情報を得て、軍に報告することでした。

見張り聴音係は、交代制で24時間防空監視に従事していました。




(一番最初の状態)木々、ツタ、雑草、枯葉に埋もれて、すごいことになっていました。



かろうじて、コンクリートの縁が見えているアングルもあり…




『before』



『after』


ペタしてね
高知県内において

しっかりと円形型(レンガやコンクリート製のみ)で残る聴音壕は今回、ここ土佐市の分で5基目の確認となりました。

大変、貴重な戦争遺跡だと思います。


其の2に、つづきます…



仙台出張

2014年11月17日 テーマ:出張
仙台出張

H26.11/12、高知から仙台直通はないので、大阪伊丹空港でトランジット、仙台空港着→電車で仙台駅着
{13E90132-1100-47C1-AD2E-3ECE442F3D89:01}
仙台市内を拠点にフル活動

{9290FDE1-8F6D-4875-A815-6DA0AFCF61DD:01}
石巻市へ

{1F3DD35F-B55C-4966-85D0-66926E2B2618:01}
オフには、絵に描いた様な紅葉にも出会えました。


{9FDB6501-D495-49E2-82EB-50184CA194D9:01}
まるで砲台

{A2A979F2-5D4E-4217-B5D2-ADE0CD7E2560:01}
11/16、仙台から「はやぶさ&こまち」に乗って東京へ移動

{4AEB75E5-6C0B-44C0-9A18-09E96D67F221:01}
夜の浅草寺は初めて

{E8B54E4E-C344-421A-8787-B33529929C93:01}
誰もいない仲見世通りに感動

 
もうすぐ高知に帰ります。
今回の様子を、また後日レポートさせて頂きます。





高知県南国市の戦争遺跡調査

2014年11月05日 テーマ:『高知戦争遺跡』 地下壕・施設など

高知県南国市の戦争遺跡調査


先日は、昼までの仕事を終えて高知県南国市の山中にある

旧日本陸軍歩兵第12連隊、43連隊の陣地跡を調査に行きました。




この山には、尾根を挟んで南側(太平洋側)斜面に、また反対の北斜面に陸軍が構築した横穴壕や塹壕が、たくさんあります。


壕手前10メートル近くは、天井が潰れて、落ちています。



しかし、戦後70年近く経ちますが、よく残っていると思います。



(内部の高さ約2メートル、横幅1.5メートル)

地元の方に聴き取り調査をすると、これら壕は崩落防止のため杉や檜丸太や板などで櫓状に組まれていたそうです。戦後その木材を利用するために、多数取り出したそうです。



今回確認した壕は全て、山を貫通していませんでした。


周辺には、入口が潰れた壕も多数あります。



半日の調査で、潰れた壕を含めると10基近い壕を確認しました。

これらは、全て本土決戦用の大規模な陣地内に存在しています。


いったい、この高知県南国市の山には、どれくらいの横穴壕が存在するのか…潰れた壕を含めると自分が確認したでけでも50基近くあると思います。状況証拠より、ここ高知の南地区には、かなりの兵力が集中していたことが、推測されます。



遠く故郷を離れたこの土地で、本土決戦準備下に、この壕を構築した当時の兵員の気持ちは、どんなものであったのでしょう…

ペタしてね

壕の中で静かに目を閉じて考えてみました…

「特攻70年・高知」ドキュメンタリー映画

2014年11月02日 テーマ:特攻隊関連

「特攻70年・高知」企画展


企画展はH26年10/28~11/3まで

高知市桟橋通りにある「自由民権記念館」で(入場400円)開かれています。


そして、先日はドキュメンタリー映画を視てきました。



・暗き南溟の彼方に

・最初の特攻、最後の特攻

・遺すことは

・ドキュメント「特攻」

13:00~18:00まで全部見せて頂きました。



『特攻資料展示』



主に高知県の特攻員の資料がメインですが、とても解りやすかったです。

よくここまで調べられていると、驚きもありました。


映画上映での座席は満席となり、補助椅子が出ましたが、それでも足りずに一時立ち見にもなり関心の高さがうかがえました。そして年齢層ではご年配の方達が一番多く来られていました。



オープニングから強烈な投げかけ…

航空機での体当たりの瞬間、その機体には人が乗ったまま、そして人が乗っている艦船に…特攻で敵味方関係なく多くの人々が犠牲となりました。


「特攻」頭で理解をしていても、数多くの実際の映像を見ると、改めてその恐ろしさ、悲しさに大変胸が…涙が…
ペタしてね

自分たちは過去の出来事を、もっと深く考え、これから先のために行動すべきと痛感致しました。

高知県南国市のスケアクロウ

2014年10月30日 テーマ:高知県のこと

高知県南国市の『スケアクロウ』


先日、南国市の戦跡調査山で泥んこの帰りの道ぶちで

突然自分の視界に飛び込んできたスケアクロウさん!

一瞬ビックリしました。

結構な高さで空中ホバー中!表情もすごい!


周囲を見回すと、あっちにもこっちにも!




柿を守るという、立派なお仕事中です!



かなり遠くでも、夫婦で大活躍中!




ちょうど木陰で休憩中の方がいらっしゃたので、すかさずインタビュー(写真右)してみました。



なんてお洒落なコーデ、この風景にベストマッチング!

こちらの質問には終始ノーコメントでしたが、赤いドレスの方は、明らかに恥ずかしそうにしていました。

それにしても、この南国市のカカシさん『ハウルの動く城』のカカシ王子より、だんぜんカッコイイし、あの戦争の世界とは全くちがう時代での、ご活躍です。


もう何年も、戦跡を探してますが、その途中でこんなに、びっくりして笑ったことはありません。おかげ様で疲れが吹っ飛びました。

ペタしてね

カメラを向けて、つくづく平和だなーって思いました。

「特攻70年・高知」講演

2014年10月25日 テーマ:特攻隊関連

2014年10月25日

高知市中心部の高知城ホールで開かれた

「特攻70年・高知」特別講演会に行きました。



次は10/28~11/3

高知市桟橋の自由民権記念館で開かれる企画展に行きます。




傍聴参加者多数、年齢層はとても幅広く10代~80歳後半位でした。本で学ぶのとは入りが違う、途中何度か胸が痛くなることあり、また全く知らないことも多くありました。



特攻(特別攻撃隊)とは:航空機、海上、水中など爆弾爆薬で武装した専用の兵器を用いて、敵に体当たり自爆する戦死を前提とした攻撃方法。

この高知出身の特攻任務参加者(戦死)の特集冊子には、主に航空機使用にての特攻員のことが書かれており、大変解りやすく勉強になりました。


ペタしてね

戦争を経験していない世代の私達は、この終戦間際の出来事を、どの位学習し認知できているのでしょう。

今回の参加で、主に20歳前後の若者の命が失われた攻撃はもちろんのこと、先の戦争全てにおいて、何があったのかを語り継ぐ大切さを、再認識致しました。

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇