北海道出張 2日目

2014年08月10日 テーマ:出張
69年前の昨日8月9日は、長崎に原子爆弾が投下された日でした。

今年も平和祈念式典が開かれて、長崎市長は平和宣言で、安倍政権が7月に閣議決定した集団的自衛権の行使容認を巡る議論に言及し「戦争をしないという誓い、平和の原点が揺らぐことに対する不安と懸念の声に真摯に向き合い、耳を傾けることを強く求める。」と政府に呼び掛け、全くその通りだと共感しました。


昨日は、午後から北海道南岸の、本土決戦用陣地、戦争遺跡のトーチカ6基を巡りました。
photo:01


後日、その時の模様をアップします。


その後
photo:02


札幌に戻りました。

photo:03


すすきの祭り最終日とのことで
photo:04



沢山の人が集まり盛り上がっていました。(写真ずーっと奥まで人が座ってます。)皆さん笑って飲んでます。

こういう姿を見ると、改めて今の日本は平和と実感し、と同時に本当に、その事に心から感謝します。この平和が不変でいつまでも続く様に…。

さて、台風11号、このままでは四国、高知県を直撃します。心配です。

iPhoneからの投稿
AD

北海道出張 1日目

2014年08月08日 テーマ:出張
台風11号から、逃げる様に
高知県から、北海道に出張してます。

photo:01


只今
サッポロ園で飲んみです。

明日は、レンタカーで
苫小牧方面の
戦跡調査に行く予定です。
はたして
無事に辿りつけるのでしょうか?
[みんな:02]

高知のことも
大変心配しております。
[みんな:02]
どうぞ、何事も、ありません様に
iPhoneからの投稿
AD

『毎日新聞』掲載:高知県香南市夜須町『手結砲台』記事

2014年08月03日 テーマ:新聞掲載など

2014年8月3日、先日からの高知は台風12号の影響で、雨がドシャ―と降ったり、ピタリと止んだりと、メリハリのきいた断続的な大雨にみまわれ、普段の静かな小川が、水面が沸騰するかのごとく、また高知市の中心部を流れる鏡川は氾濫寸前と言われており、危険な状態となっています。鏡ダムの放水サイレンが時折り聞こえます。

もし、堤防を越流するとなると、この付近は海抜マイナス地帯であり大変なことになります。



役知町から九反田方面を見た写真

(2014年8月3日11:30頃)


雑喉場橋


遠くに見えるのは、路面電車が走る潮江橋です。

濁流が桁橋に当たる寸前です。

水面は既に堤防沿いをはしる道路より高くなっています。
そして、先程の12:30頃、南国市の山間地区に避難指示がでました。


大事に至らないように、願うばかりです。




ここからは、戦争遺跡

高知県香南市夜須町『手結砲台』の記事です。


2014年7月29日

毎日新聞社朝刊の新聞半面

『四国見聞録』に掲載されました。








とても大きく取り上げて下さいました。

大変感謝しています。


この高知に、この様な戦争の爪痕『遺跡遺跡』が残っていることを

一人でも多くの方が知り、関心をもっていただきたいです。
ペタしてね

そして…

過去の戦争を考える、きっかけにして下さいましたら幸いです。





AD

高知県須崎市法印山『旧日本海軍第23突撃隊・電探基盤』新聞掲載

2014年07月31日 テーマ:新聞掲載など

高知県須崎市法印山

『旧日本海軍第23突撃隊・電探基盤』新聞掲載


2014年7月24日

高知新聞朝刊に、先日行われた現地発表の様子が、掲載されました。



横浜旧軍無線通信資料館の鑑定に結果より

現在のところ、この旧海軍の22号系電探基盤(レーダー)の所蔵例は無いとのことで、大変貴重な物との回答を頂き驚きました。

ペタしてね


高知県はもとより、多くの方々に今回のことを知って頂きたいです。


また、この『戦争遺物』を活用することにこそ意味があると信じ、これからも利用していきたく思います。


現物確認に関しましては、事前に高知『平和資料館・草の家』に、ご連絡を下されば幸いです。

旧日本海軍第23突撃隊・電探基地発掘品発表

2014年07月23日 テーマ:TV、新聞取材・放送

『旧日本海軍第23突撃隊・電探基地発掘品現地発表の様子』


H26.7/23

今年の春に、高知県須崎市の法印山で発掘した2号電波探信儀2型(22号電探・海軍水上レーダー)の残骸シャーシを用いて、現地発表を行いました。



この基盤は発掘当初、旧日本軍の物かもしれないが、何のシャーシ(基盤)であるのか、無線機?と全く見当がつきませんでした。知り合いや、無線機屋さんに見て頂きましたが、恐らく軍のものであると思われるが、何を構成していた部品かわからないとのことでした。


『22号系電探シャーシと同じ場所で発掘した筐体(ボディー)』


ネットで色々と旧軍の無線機を探し、類似物はないかと検索をするも、ヒットせず途方に暮れかけていたところ『横浜旧軍無線資料館』を見つけて、現物写真と、現地の様子の写真を送り、お訪ねしました。すると直ぐに返信があり、結局計2回のメールのやり取り、数時間でこのシャーシが何であるのかと、大変丁寧で親切な対応をして下さり、回答を頂きました。



戦争遺跡『電探施設基礎』(法院山)旧海軍の資料によると、ここは忍岡電探基地との記述があります。


その結果は、横浜旧軍無線資料館:館長の鑑定によると、シャーシは、22号系電探受信機の一部であることが確定致しました。そして、貴重な写真や、情報を提供下さいました。詳細は下記ページをご参照下さい。

http://www.yokohamaradiomuseum.com/cgi-bin/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&page=1&blood=20140709144119&parent=7770


そして、現地聴き取りや新たな発掘調査も行い、ようやく本日、現地発表を行うことができました。

参加報道TV関係:テレビ高知(KUTV)、NHK

新聞:高知新聞社

テレビ高知(早速、夕方のニュースで放送されました)


NHK


高知新聞:H26.7/24朝刊に今回の内容が掲載されました。



報道関係者皆様、蒸し暑い中での足場の悪い道で重い器材を運ばれるなど、大変ご苦労様でした。入山から下山、そして少しの現地聴き取り調査にて、3時間を越す発表となりましたが皆様、誰一怪我もなく無事に終了することができて感謝しております。

同じ研究員のFさんお疲れさまでした。




発表終了後は、その須崎電探基地(第23突撃隊)関連の、施設跡や人間魚雷『回天』を格納していた壕へ向かいました。




(写真左下の石柱は旧海軍のもの)

海岸線の回天基地跡の一部にアプローチするためには、私有地を通るため許可を頂きました。



『海軍水準点標柱』




御影石に掘られた『海軍水準』の文字ですが、戦後70年近くの経過でかなり字が読み辛くなっています。あと70年も経つと見えなくなる恐れ大です。なんとか保護できないものでしょうか…



『海軍水準点標柱、直ぐ近く、波打ち際にある回天壕』

写真では解りずらいですが、奥行きは真っ直ぐに20メートルを超えて、横幅と高さは、ともに3メートルほどあり大型です。当時は『回天』格納のためのレールなどが敷かれていたと推測しますが、その様な跡は現状では確認できませんでしたが、入口開口サイドの床岩盤に四角の穴(一辺15センチメートル弱)が掘りこまれており何か立てる目的か、基礎立ち上げなどの用途に使用されたかもしれない跡が残っています。他、写真中央のコンクリートの塊はかなりの大きさがあり、壕の上部から落下した形跡がありました。




帰り道の山側に、新たな壕を発見しました。当時の資料と照合してみると、ポンプ所であることが解りました。壕開口上部をコンクリートで巻いています。その上に、ミツバチハウスがありました。




(内部に入り、入口を振り返った写真)

内部は直進型で奥行は15メートル程、横幅や高さは、回天壕と同じほどありました。この付近にある壕は、自然崩落等や人工的に塞がれているものが多く、また開口していても、多量のゴミの不法投入が目立ちますが、ここに関しては、ゴミなどが少なく、崩落も入口天井のみでした。

そして、何より印象的なのが、開口部に、このアーチ型コンクリートを打設したも、そのさらに上部が崩落し、結果、上下二段構えの開口となり、大変特徴的なものになっています。


第23突撃隊回天基地付近では、30を超える回天格納壕や魚雷格納壕、他施設設備などを収容する横穴型壕があったと、旧日本海軍資料に記載されています。これ程の数があると、今回の様な特徴をもつ壕が、他にもあるかもしれません。また、次回に調査に行きたいと思います。

ペタしてね
話しは戻りますが、今回の須崎法院山にあった、電探基地付近で発掘された戦争遺物発表の成功の鍵は、神奈川県横浜市にある、横浜旧軍無線資料館鑑定、情報提供と、その後の協力があってこそ実現したものでした。

大変感謝しております。有難うございました。

オラフとエルサに〜

2014年07月18日 テーマ:

『東京ディズニーシー』
夢の様な、ひと時
美しい景色に魅了されて…


photo:03

さて

お昼になると『ミニーのトロピカルスプラッシュ』放水開始です!


さすがです!

半端でない想像以上の放水量に驚きました。

皆さん全身びしょぬれになってはじけてました!


う~ん、隠れミッキーには…

日が落ちて、薄暗くなると

『ファンタズミック』が始まりました。







photo:02
TDSのファンタズミックを鑑賞してから



TDLに移動して
『ワンス・アポン・タイム』



photo:01
幸運にも、中央鑑賞エリア座席指定券が当たり、オラフとエルサに会えました。

シンデレラ城に映し出されるプロジェクションマッピング!圧倒される映像力はもとより、音響や次々に繰り出される仕掛け…そして、心温まる素晴らしい物語りにて、その空間を異次元にする技術に、気が付けば感動の連続でした。そして最後には、不思議なことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
人が作ったもので、こういう感覚は今までの暮らしの中で、数回しかないと記憶しています。

本当に感謝!有難うございました。



iPhoneからの投稿

戦争遺跡保存ネットワーク高知 第8号

2014年07月14日 テーマ:戦争遺跡保存ネットワーク高知

『戦争遺跡保存ネットワーク高知 第8号』




先月開催されました

第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム特集でした。

ペタしてね

第36回戦争と平和を考える資料展(高知)

2014年07月02日 テーマ:ピースウェーブ

第36回戦争と平和を考える資料展が開かれます。


期間:2014年7/2~7/8 ※7/7(月)のみ休み

時間:9:30~17:00(最終日のみ16:30)

場所:高知市自由民権記念館(高知市桟橋通り4丁)

入場無料(駐車場あり)







資料展は、館内1F入って左奥の『自由ギャラリー』です。




今年の重点テーマは『原発・核問題』です。

そして『原爆』

『戦中の暮らし』

『高知空襲』

『高知戦争遺跡』

(順不同)

『ぜいたく夫婦よさようなら』





『高知空襲と戦災』






『原爆と人間』





『ビキニ水爆実験で放射能被災船』

幡多ゼミナールの高校生が

高知県土佐清水市で調査し発掘した『住吉丸』



『住吉丸』船体一部の展示

この木は、今でも生きています。











『高知の戦争遺跡』






日本海軍二号電波探信儀(電探:レーダー)シャーシ

(高知県須崎市山中での発掘品)展示

資料・情報提供:横浜旧軍無線通信資料館



九三式中間練習機「赤とんぼ」羽布実物

零戦燃料タンク固定バンドの実物展示






『原発問題』





『フクシマの今』


道路に大きくかかる看板『原子力明るい未来のエネルギー…』

赤ちゃんの目に全ての「こたえ」がある様な気がします…。

ペタしてね

今回も大変貴重な学習資料などがあります。

是非、多くの方に見て頂きたいたいと思います。








Amは制服の仕事で、Pmはこちらで

今日も全力で働き活動させていただきました。

関係者皆様の優しさに支えられての自分があります。

とても感謝しております。有難うございます。



第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム 高知大会1日目

2014年06月26日 テーマ:戦争遺跡保存四国シンポジウム

第5回戦争遺跡保存四国シンポジウム高知大会(2014年5月31日、6月1日)が開催されました。

大会1日目の様子です。




場所は、旧高知海軍航空隊、航空機用掩体群の中心に位置する高知県南国市の前浜公民館で行われました。

(同じカマボコ型、古今の構造物が並んでいます。左手前から5号掩体、右は4号掩体、その奥に南国市スポーツセンター体育館)



1日目のプログラムは、基調報告と、四国各県の事例発表でした

大会挨拶からはじまり、次は基調講演




小幡 尚先生(高知大学准教授)

『高知県における戦没者慰霊・研究の成果と課題』でした。




つづいて四国各県の事例発表です。


○愛媛県発表

『愛媛県内に残る奉安殿について』

岡崎 直司氏(産業考古学評議員)




○香川県発表

『オーラルヒストリーとアーカイブス-戦争体験聴き取り調査と高松飛行場資料の活用・普及事業を中心として』

嶋田典人氏(香川近代史研究会)




○徳島県発表

『坂東俘虜収容所跡』

下田智隆氏(鳴門教育委員会)




○高知県発表

『高知海軍航空隊施設〈掩体〉と〈通信所跡〉の発掘調査』

由利 崇氏(南国市教育委員会)



高知海軍航空隊耐弾式通信壕発掘物の展示もありました。



発表後

質疑応答、意見交換、連絡会があり、大会1日目は無事に終了しました。




外に出ると、暗くなりはじめていました。

(3号掩体)

その後は、場所を変えて

今後の大会の方向性など真面目な話から、楽しい話など、いい雰囲気での懇親会が行われ、交流を深めました。


ペタしてね

貴重な発表、意見を聴かせていただき、今回も大変勉強になりました。


次は、2日目のフィールドワークの様子をアップしたいと思います。





2014ピースウエイブinこうち

2014年06月21日 テーマ:ピースウェーブ

『2014ピースウエイブinこうち』


毎年恒例のイベントが、はじまります。

期間:2014.6/29(日)~8/24(日)


平和への思い…

数多くの(13イベント)催しが予定されています。




今年で、36回目を迎えるイベントもあり歴史を感じます。

ペタしてね

高知で、この様な催しがあるとは、素晴らしいことだと思います。




[PR]気になるキーワード