脱肛(だっこう)という病気はご存知でしょうか?
脱肛を簡単に言うと、痔が進行した状態のことです。



痔とは、肛門周囲における病気の総称で、大きく分けて、痔核(イボ痔)、
切れ痔、痔ろうの 3つのタイプがあります。
この中でもっとも多いのが痔核であり、
痔の半数以上は痔核であると言われています。



痔核は、肛門の静脈がうっ血して起こります。
肛門の内側にできるものを内痔核、外側にできるものを外痔核といいます。


内痔核は、痛みはありませんが、残便感や出血があります。
この症状が進むにつれて 排便時に内痔核が肛門の外へ出るようになってきます。



外へ出た内痔核は、始めのうちは自然に肛門の中へ戻りますが、
次第に手で押し込まないと戻らなくなってきます。
さらに、症状が進行すると常に内痔核が 肛門の外へ出ている状態となります。


このように肛門の外に内痔核が出てしまっている状態を脱肛と言います。




脱肛の原因はさまざまですが、次のような場合に起こりやすいとされています。

・便秘が常習化している
・排便時の力み
・出産時の力み
・力仕事
・過度の飲酒



あなたは、脱肛の治療について、次のように思っていませんか?

※脱肛は、手術をしなければ治らない。
※脱肛は、塗り薬や座薬を使わないと治らない。
※脱肛は、自分で治療することは難しい




もしそうなら、あなたの脱肛の常識は間違っています。


手術や薬など一切使わず、
短期間で脱肛を治療する方法があるんです。


そして、この方法のすごいところは、
1日たった1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。


その方法を開発したのは、蓑田 知幸(みのだ ともゆき)さんと言います。


現在、東京の品川で整体院を構え、お客様のさまざまな悩みを解決しています。
整体師の国家資格でもある柔道整復師の資格も持っています。
基本的な整体の施術はもちろん、脱肛(痔)を治療するための施術もしています。



今の日本では昔からのイメージで、
「脱肛(痔)=手術」という考え方がまだまだ見受けられます。

実は、手術によって治した脱肛は、再発する可能性が高いのです。



最近ではたくさんの痔に効くと言われる薬が出ていますね。
実は、薬は使い方を一歩間違えると大変危険なのです。



あまり知られていませんが、
脱肛(痔)の薬には「依存性」というものがあります。
痛む時に薬を使えば、確かに一時的に痛みはやわらぎます。

しかし、それで脱肛(痔)治療することはできません。


使い続けるうちにだんだん効果が出なくなり、
薬の量が増え、それでも痛みが消えないから、また薬を使う。
という悪循環にはまってしまう可能性があるのです。



薬はその場しのぎの物であって、
本当の意味での脱肛(痔)の治療にはなりません。


「手術もダメ・・・薬もダメ・・・」
「じゃあ、どうやって脱肛(痔)を治療するの?」
と、あなたは思うことでしょう。



手術も薬もダメなら、自分の力で脱肛(痔)を治療するしかありません。

そして、改善するためには「脱肛(痔)の最大の原因」を取り除けば良いのです。


「脱肛(痔)の最大の原因」とは、
お尻を不潔にしていたり、家系や体質のことでもありません。



実は、脱肛になってしまう最大の原因とは、「うっ血」なのです。
「うっ血」とは、血液の流れが悪くなり、
体の細部にまで血液がいき渡らない状態のことです。


つまり、座りっぱなしなどで血液の流れが悪くなると、
脱肛(痔)になってしまうということです。



この「うっ血」は、実は日常生活で改善することはほとんどできません。
うっ血に効果的なトレーニングをすることによって、はじめて解消されるのです。



もうお分かりかと思いますが、
蓑田さんの脱肛(痔)治療法とは、この「うっ血」を主に解消するトレーニングなのです。


蓑田さんの脱肛(痔)解消法は、この「うっ血」を効果的に解消し、
人間の持つ治癒能力を最大限に活用し、脱肛(痔)を治療するものです。

しかも、このトレーニングはとても簡単で、1日1分でできるものです。



蓑田さんは、すでに多くの方にこのトレーニングを
実践していただき、 98.7%の方がその効果を実感しています。



あなたもこの方法で、今すぐ脱肛(痔)の悩みとサヨナラしませんか?



脱肛(痔)の治療をしたい方は、
今すぐ・・・
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】



AD
千葉県 仲井裕司さん 31歳

私は普段はサラリーマンをしていますが、 極度の上がり性で、
プレゼンなどで前に出るとガチガチになってしまいます。


それが原因かは分かりませんが、 肛門に違和感が出始め、
イボのようなものができ、痛みも出てきました。


自分がイボ痔であると気づいたのは、その時からです。

緊張やストレスを感じるたびに痛みが走り、
トイレに行くことも嫌になっていました。

病院に行く気にもなれなかったので、
思い切ってこのマニュアルを購入してみました。

1日1分でできる方法を毎日実践し、
一週間後にはかなり症状は改善していました。

今ではキレイさっぱり痔もなくなり、
ストレスも無く快適に仕事をしています。





痔で悩んでいる方は、下記サイトをご覧になってください。
参考になると思います。
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】



石川県 藤沢みゆきさん 27歳


私が痔になったのは、出産がきっかけでした。

妊婦が痔になってしまう話は聞いていたのですが、
産後に痛みが激しくなり、本当に悩んでいました・・・。

旦那にも相談できず、病院にも行けなかったため、
このマニュアルを購入しました。


産後の痔は切れ痔が多いと聞いていたので、
自分も切れ痔だと思い込んでいましたが、
マニュアルを読んでみて、初めて自分が内痔核であることを知りました。


それからは毎日マニュアルの内容を実行し、
今ではほとんど痔は治ってきていて、
気にならない程まで改善しました!


今でも毎日続けています。

こんな素晴らしいマニュアルを提供していただき、ありがとうございました。






痔で悩んでいる方は、下記サイトをご覧になってください。
参考になると思います。
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】




脱肛治療の誤解とは?

テーマ:
脱肛とは?



脱肛(だっこう)という病気はご存知でしょうか?
脱肛を簡単に言うと、痔が進行した状態のことです。



痔とは、肛門周囲における病気の総称で、大きく分けて、痔核(イボ痔)、
切れ痔、痔ろうの 3つのタイプがあります。
この中でもっとも多いのが痔核であり、
痔の半数以上は痔核であると言われています。



痔核は、肛門の静脈がうっ血して起こります。
肛門の内側にできるものを内痔核、外側にできるものを外痔核といいます。


内痔核は、痛みはありませんが、残便感や出血があります。
この症状が進むにつれて 排便時に内痔核が肛門の外へ出るようになってきます。



外へ出た内痔核は、始めのうちは自然に肛門の中へ戻りますが、
次第に手で押し込まないと戻らなくなってきます。
さらに、症状が進行すると常に内痔核が 肛門の外へ出ている状態となります。


このように肛門の外に内痔核が出てしまっている状態を脱肛と言います。





脱肛の原因



脱肛の原因はさまざまですが、次のような場合に起こりやすいとされています。

・便秘が常習化している
・排便時の力み
・出産時の力み
・力仕事
・過度の飲酒







あなたは、脱肛の治療について、次のように思っていませんか?

※脱肛は、手術をしなければ治らない。
※脱肛は、塗り薬や座薬を使わないと治らない。
※脱肛は、自分で治療することは難しい



もしそうなら、あなたの脱肛の常識は間違っています。


手術や薬など一切使わず、
短期間で脱肛を治療する方法があるんです。




そして、この方法のすごいところは、
1日たった1分、「あるトレーニング」をするだけなのです。






痔で悩んでいる方は、下記サイトをご覧になってください。
参考になると思います。
1日1分で痔から解放される!【痔獄からの解放】