June 24, 2009

低音へのあこがれ。

Theme: つれづれ
すっかりごぶさたしてしまいまして…すーみーまーせーーん!<(_ _)>

沖縄でのんびり…してたわけでもなく、行ける余裕もなく(T_T)、
イギリスから一時帰国した友人と会って、異国の空気をほんの少し
感じていたところです。相変わらずのんびりしてます (^_^;)


さて、最近はアカペラをやっていて、ベースパートを担当しているため、
低い声でボンボン歌っています (笑)。
私の声の高さや声質からすると、明らかにベースではなく、テノール
(男性を4パートに分けた場合は上から2番目のセカンドテノールくらい)の
はずなのですが、縁あって一番低いパートであるベースをやっています。

今も少しはありますが、特に以前は低音の声にとてつもないあこがれを
持っていた時期がありました。私がアカペラにのめりこむきっかけになった
TAKE6 を聞くたびに、「おーっ!こんなふうに歌いたいっ!こんな声を
出したいっ!!」と思ったものです。ベースの Alvin Chea の真似をして、
脳内イメージとはかけ離れた自分の歌声に、よくげんなりしていました(笑)。
TAKE6に関しては、ベースだけではなくトップパートの Claude V. McKnight III や
Mark Kibble などみなさんが個性的で、よく真似てはあまりの違いに
がっかりしたものです(笑)。

TAKE6のお話はまたの機会にして…実は私、テレビよりラジオが好きでして、
よく聴くのですが(最近は少しごぶさた気味ですが…)パーソナリティーの
男性が低音を響かせながら話しているのを聞くと、たまらなく興奮し、
当然のごとく真似をするわけです。バカですねー。


そんなわけで、できもしないベースに対するあこがれというのが
あるわけですが、これが実際にやってみると難しくて。
初めてやったのが、10年ほど前。4人組のアカペラグループで
人手不足によりやむなく担当したのですが、まあこれが難しい。

まず、低くて声が出ない(笑)。
なのでプロフェッショナルなマイクテクニックを駆使して(笑)なんとか
するのですが、それでも、出ない声を出すってのはなかなか大変です。
先日リハーサルで、出ない声を一所懸命出そうとしてがんばったら、
「森進一みたい」(息がすごく多いという意味で)と笑われてしまいました。
ま、笑うよねー。

それから音程や音量の調節が難しいので声が安定しづらいのです。
通常なら自分が出している音(声)を認識して諸々をコントロール
するのですが、これがなかなか思い通りにいかないのです。
以前、自分の頭の中で鳴っている音と、実際に外に出ている音(他人に
聞こえている音)は別物だというお話をしたことがありますが、まさにこれが
顕著に出るのが、私にとっては低音部。体調によっても大きく左右されますが、
自分が思っているよりも外に出ている音程が高かったり低かったりすることが
あります。アカペラにとっては致命的なんですけど(^_^;)。
そのことを理解して、慣れて、修正するのにかなり時間がかかりました。
今でもその部分に関しては自分にとっての課題ですねー。

そしてなんといっても、ベースパートはグルーヴの土台を担うパート。
つまり楽器で言えば、ベースとドラムの両方を担当しているのが、
アカペラでのベースパートなのです。だからこそベースはかっこよくて
あこがれるのですが、それだけに難しい。自分がちょっと違うグルーヴで
歌うことで、曲全体の雰囲気を変えてしまえるほどのカギを握っています。
音符の置くタイミングを少しずらしたり、歌い方ひとつ取っても、「ボンー」
と歌うのか「ボーン」と歌うのかだけでも、曲の雰囲気がガラッと変わって
しまうんです。


そんなわけでこのところベースのあれこれについて考えをめぐらせている
ところです。私のベースがみなさんの耳に届く機会は果たしてあるのでしょうか。
そんな機会ができたら、お知らせします♪


さ、せっかくですから、あなたも音楽を聴くときにベースに意識を集中して
聴いてみてくださいな。特にアカペラだったらなおよし!(笑)
何かおもしろい発見があるかもしれませんよー。



へんぽっけ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。