『アースフルライフ』〜 アートでピースフルで地球いっぱいの人生 〜 Where Letting The World be Happier

「自然の研究者」キマがお送りする、創造的で、ピースフルで、自然の摂理に沿った生き方の提案!
子育て、ライフスタイル、ビジネス、心とカラダ、アート、スピリチュアリティ、デザイン、教育、エコロジー、健康などの多岐にわたるジャンルを「アースフル」で一突き!!!


テーマ:
最近は、ほとんどの記事をFacebookにて投稿しています。
https://www.facebook.com/wukifne


性格的にパッとおもいついたときに書きたい。
しかし、アメブロだとささっと書き込めない、ということで、長らく止まっていましたが、Facebookならできるということで、そちらに移行しています。

僕がライフミッションとして考えている『子育て(厳密には「人育て」と考えている)』がメインの記事で、他にもいろいろと書いています。

一般的な「いまこんなことをしています。」的な記事は苦手なので、書いてません。
ちょっと文章が長いものが多いですが。。。^^;

ともだち申請もウェルカムですのでお気軽に★

AD
いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、勤め人である友人と話していて、
いわゆる「経営者」と「勤め人」のマインドの違い、というのをわかりやすい言葉で掴んだのでシェアします。


多くの人は、
『労働=有益』
と思っていると思うが、
これは間違っています。


労働というのは
「結果」
ビジネスの場合はそれが「お金」ですが、
これが入ってきたときにはじめて、
「価値」が決まります。


たとえば3年かけたプロジェクトで営業利益で100万円しか入ってこなかったら、
その3年間の労働の価値は100万円です。
時給換算すると週休5日で1日9時間労働だとして
「100万÷(約260日x3年x9)」で142円。
その人の3年間の労働価値は本当は「時給142円」です。
機会損失を考えると、マイナスかもしれません。



また、たとえばクライアントからの依頼で半年かけたプロジェクトがポシャり。
クライアントがキャンセル料を払わず倒産したとします。
この時、どんなに担当者が一生懸命がんばっていたとしても、
彼らは会社には「損害」を与えたことになります。
その期間にもらったお給料も全部返して、そのプロジェクトにかかったコストも全部会社に返済してはじめて「0」。
機会損失を考えると、もっとですね。


「クライアントが逃げたせいだ。私たちは一生懸命働いた」と思うでしょうが、会社的にはクライアントを逃した彼らが悪い、ということになります。
この「損害」を見たら、それは分かりますよね。
この損害が『事実』であり『リアル』なのです。


ビジネスにおいて、
「労働の価値」が生まれるのは、
このクライアントから『お金を受け取ったその瞬間』

です。
それがなければ「労働は無価値」であり、
むしろ上記の例のように、「あなたの労働はむしろ損害」であるかもしれない。



だから、あなたが、会社において自分の労働を「有益」にするために、
あなたは
「これだけのお金を手に入れました」
「これだけの(でるはずの)損害を削減しました」

と言えるようにしなければいけません。


もちろんそれが間接的であるのは構いません。
社内のモチベーションを上げた、とか、
営業をしやすくした、とか。
データを解析しやすいシステムをつくった、とか。



「労働は有益だ」という観念はもう捨てましょう。
どう考えても間違っています。

倫理的には「働くことは有益」かもしれません。
でもそれなら、
倫理的な報酬をもらうべき(=よくがんばったねと褒められる。とか)であって、
「お金」に換算してはいけませんね。

それはそれ、
これはこれで、
分けて考えましょう。

「金銭的な報酬」
「労働」に対して支払われるものではなく
「利益という結果」に対して支払われるもの
だと考えを改めましょう。



ビジネスにおいては、
むしろ働かなくても『お金という結果を出している人』が「価値がある」
のです。
むしろあまり働かないでたくさん利益を上げている人の方が優秀、ということです。



逆に言えば、
どんなことでも
「結果的に価値を生む」ことさえできれば、
あなたの「今」がどんなものであっても「すべてに意味があった」
ことになります。


「今」は問題ではない。
重要なのは「未来」
、ということです。


『終わりよければ全て善し』、、、深いですね。

AD
いいね!(57)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもも小学生になると、

「私は頭がいい」
とか
「私は頭が悪い」
とか、

なんか昔からよく聞いたような言葉を

いまだに耳にするが、

これは悪しき習慣。




僕は、

自分の子どもには、

「頭がいい/悪い」なんかどうでもよくて、

「 自分のやりたいことを実現できるか/

 どんなときでも幸せでいられる力、

 が大事だよ。」



と教えてる。




頭(知能)が高くても

必ずしも人生が良い結果にたどり着かないことは

もはやリサーチで分かっていることだ。

じゃあ「何」をできるようにすればいいか?

それを子どもに教えるのが

親の役割であり、

社会が議論すべきことだと思います。



いい加減「要素論」というか、

「これをもっていたらなになにができるようになるはず」みたいな

そういう発想はやめたいですね。
AD
いいね!(100)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。