瀬戸内ネバーダイ。

テーマ:

1376466258198.jpg

瀬戸内海にぽつりと浮かぶ小さな島。

波音だけが瀬戸の静寂を包む海岸。

その男は、白い砂浜には似合わないダークスーツ姿で歩きながら、


夏の陽射しを浴びる海を見つめていた。


「こんなに美しい島があったなんて知らなかった。」

ポツリと、しかしちゃんと届くように、こぼした。

歩く先に佇む、ひとりの女性に向けて。



「今は人の手がかなり加わってるけどね。」

赤いワンピースを着た、その女は少しだけ大きな声で答えた。



男はその言葉には応えず続ける。

「美しい島には、必ず美しい女性が育つ。世界の法則だ。」



女は前髪を直しながら、男に目線をやる。

「観光で来たにしては格好が些か暑そうね。何かのビジネスかしら?」



男は答えない。

ただ、女に向かって歩を進める。


「でもこんな小さな島に、何のご用かしら。」

男は答えない。

彼はスーツの内側に手をやり、そっとワルサーPPKを抜く。

構えはしない。右手は下げたまま歩き、そして立ち止まった。


男と女は少しの間、見つめあう。

女は表情を変えずに小さな声で言った。

「あなた、誰?」


男はようやく口を開いた。


「ボンド。

  ジェームズ・ボンド。」














「いや思いっきり日本人だし。」

「いやこれはあの、違っ」



「ジェームズ・ボンドは来ない」
松岡圭祐著(角川書店)2014.4.2刊 




さて、上記に書いたものはオレのフィクションであり、

これからご紹介する小説とは一切関係ありません(笑)。

本日は、プロが描くステキな1冊をみなさんへおすすめしたい。

みなさんは、「直島(なおしま)」という島はもちろんご存じだろう。

去年もこのブログに書いた、「瀬戸内国際芸術祭」のメイン舞台である。

岡山県玉野市の先、ベネッセがアートの島に仕立て上げた、あの島である。




直島が「007」の舞台!?

「映画化や!ロケ誘致や!」

思いつきも甚だしいこの一言が、ベネッセどころか、北海道、大阪、

やがてハリウッド、世界的企業も巻き込む大騒動になっていく。

直島生まれの峰尾遥香(17)は、

その非現実的ともいえる「夢」に想いを馳せた。


果たして、ジェームズ・ボンドは来るのか―。



この話は、実際に直島で起こった「実話」である。

2001年に「007」の小説作家が直島を訪れることから物語は動き出す。

ひとりの女子高生の目線で描かれた、青春と汗と笑いと涙。

小説化したのは、「万能鑑定士Q」でおなじみの松岡圭祐氏。

多少フィクションを織り交ぜつつ、でも、我が玉野市宇野と香川県直島の関係や、

方言なども実にリアルだ。

しかーし!

いくらアート化したとしても、直島と絶対つながらない「007」。

直島の半分以上は、アートされてない素朴な島。

オレの親父はまだ毎日直島で働いているが、007とか笑止。

「ダブルオーセブン」じゃなく、「ゼロゼロセブン」って呼んどる時点で、終わっとる。

でも!

夢みたっていいじゃない!

じいちゃんもばあちゃんも、少女も青年も!

夢みたっていいじゃない!

やってみんと分からんこともあるんじゃで!




そして!

やっぱりオレは、こういう女の子(峰尾遥香)が好きだなあ!

瀬戸内海はええなあ!



瀬戸内ネバーダイ。




そうだ、直島行こう。


 


                             
Facebook連動
「ハローナウシカ」岡山編。
再開!








AD