ベンチ定着、万年Bチームだったサッカー少年がたった30日でレギュラーに定着しチームに不可欠な存在になる”母親にしかできない秘術”

サッカーをする息子にとって、親が大きな影響力を持っていることを知っていますか?実は、息子さんが試合で活躍するには親の行動と密接に関わっています。言葉のかけ方ひとつで"自立心"考える力"を芽生えさせ、息子の階段を登らせ、レギュラーを獲得を目指しましょう。


テーマ:
息子さんのパフォーマンスを
最大限に引き出すために
 
毎日の習慣で
やっておくべきことがあります。
 
どうも、ユウトです。
 
今日はこの「やるべき習慣」
についてお話します。


この習慣は、毎日行うことで

試合や練習で
最大限のプレーが
発揮できるようになります。


言い換えると、
この習慣を行わないと

息子さんは本来のプレーが
発揮できないということになります。


毎日必死に練習をして
身に付けた技術が
発揮できない


これは非常にもったいない
ことですよね。


瞬発的な動きが多い
「サッカー」では特に、

この習慣を行うことで
効果が期待できます。


そして

この習慣の最大のメリット
それは

怪我を最大限に予防する

ということです。


私のチームで実際に
あったことなのですが、

全体で
紅白戦していたときに

チームメイトが

ヘディンクからボールを奪おうとし、、
無理な競り合いから負けてしまい、
肩から地面に打ち付けてしまったのです。

しばらくの間、
うずくまってたその選手は
なかなか立ち上がらなかったのです

そして、
ようやく立ち上がった
かと思えば

自分で立てない、
動かせない状態

仲間に支えられ、
コーチの車で、病院へ行きましたが

脱臼の怪我で
一ヶ月はダッシュができない、
腕を振ることができない
競り合いは到底不可能。


そんな事態になってしまったのです。



一ヶ月もみんなと同じ練習が
できなかったのは本当に
辛かったでしょう。
 
サッカーをしている限り、
怪我のリスクを100%
避けるなんてことはできません。
 
 
あなたの息子さんにも、
いつそんな事態が
襲い掛かるかわかりません。


明日かもしれませんし、
今日かもしれません。



しかし、
そのリスクを
最低限に減らすことは
できるのです。


だからこそ、
この習慣は絶対に
やっておいて欲しいのです。


また、この習慣は

「疲労回復の効果」

も、もたらすので

毎日練習を
している子には特に
やっておいて欲しいことなのです。
 
 
「前置きが長い!
さっさといいから
 教えてくれ!」

と、聞こえて来そうなので
そろそろ、習慣について
お話します。


ここまで言えば、
もうなんとなく分かっている人も
いるかもしれませんね。

その習慣とは、

「お風呂上りのストレッチ」

をすることです。

長友選手も体感トレーニングだけでなく、
ストレッチは重要と語っていますよね。



ストレッチは、練習の前後に
やるとは思いますが、

お風呂あがりにも、この習慣は
しっかりやっておいて欲しいのです。

お風呂上りにやる理由っていうのは
体が温まっている状態で
やるのがベストだからです。



筋肉は、体温が上がっているときに
よく伸びるようになっているので、
お風呂上りにやればより効果的なのです。


気をつけることは、
反動を使って伸ばす
のではなく、

ゆーくり、じーっくりと
息を吐きながら伸ばし続けること


です。
 
 
で、具体的に
どの柔軟をすればよいのか。


■ステップ1 
まずは基本中の基本。
ももの「裏側」を伸ばす


ストレッチでは、カラダのどの部分を伸ばしているかを意識するのが重要です。カラダを「裏側」「表側」「外側」「内側」という4つの部分に分け、それぞれをじっくり伸ばしていきましょう。まずは「裏側」。ももの裏側を意識して伸ばす方法です。つま先は上に向け、背中が丸まらないようにゆっくりつま先を触れる位置まで、カラダを前に倒していきます。一気にカラダを倒すと筋肉を痛めてしまうこともあるので、ゆっくりじんわりとつま先を触れる位置までカラダを倒しましょう。つま先を触った状態で約10秒前後キープします。



■ステップ2 
立った状態からももの
「裏側」を伸ばす

 
今度は立った状態で、片脚を一歩前に出し、背中を伸ばしながらカラダを傾けていきます。この時、後ろ脚のつま先が外側を向いてしまうのは悪い例(左図)です。両脚のつま先はきちんと前方へ向くよう注意しましょう。後ろ脚のひざを床についてもも裏を伸ばすのも効果的です(右図)。脚の「裏側」の筋肉を伸ばすため、いくつかの体勢で挑戦してみましょう。
 
 
 
■ステップ3 
ももの「表側」を伸ばす
 
今度はももの「表側」を伸ばすストレッチ法。片脚を折り曲げゆっくりと上体を寝かせていきます。徐々にカラダを寝かせていく時に、ももの表側が伸びていくのが分かるはずです。完全に上体が寝た状態で約10秒キープします。応用として、まっすぐに伸ばした脚も折り曲げ(真ん中の図)、肩を床に付けた姿勢にも挑戦。ももの表側に加え、もものやや外側の筋肉が伸びているのを感じるはずです。片ひざをついてももの表側を伸ばす(右図)方法もあります。いろいろな体勢に挑戦してみてください。
 
 
 
■ステップ4 
足の「内側」を伸ばす


つま先を外側に開いた状態で立ってから、徐々に腰を落としていきます。背中が丸まらないように腰を落としていき、最後は図のようにしゃがんだような姿勢をキープ。これで足の「内側」の筋肉を伸ばすことが出来ます。足の振り幅を拡げるのに有効な内側の筋肉を柔らかくしてきましょう。



■ステップ5 
足の「内側」を広範囲に伸ばす


ひじから手首までの部分を床につけ、ひざで体を支えながら、股からひざまでの筋肉の「内側」を意識して伸ばしていきます。グイグイとゆっくり体重をかけていくことで、脚の「裏側」と「内側」のストレッチとなります。ステップ1からここまでのメニューをじっくり行えば、脚の様々な筋肉に負荷がかかり、バランスよくストレッチ効果を得られるでしょう。



■ステップ6 
「しらかばのポーズ」で
正しい姿勢を覚える
 
カラダが正しい姿勢を覚えると、より効率的な走りやキックが可能となります。サッカー日本代表も採り入れている「しらかばのポーズ」は正しい姿勢の基本。まずはかかとを90度に開き(1)、直立姿勢をとります。この時、お尻の穴をキュッと締めるような意識を持ちます。今度は、ももからお尻にかけてサランラップを巻くような意識を持ちながら、両足が地面に垂直となるようキープします。そして、両手を頭上にあげ(2)、そこに鉄棒があるような気持ちでつかんでみましょう。姿勢はそのままに、ゆっくり腕をおろしていきながら(3)お腹の前を腕が通った後は、自然とお腹がへこんだ状態になっています(4)。この時、骨盤が前後に傾いていないことを確認します。そして、耳の穴、肩、腰、ひざ、くるぶしがカラダの外側で一直線になっていることを意識してみましょう。これが「しらかばのポーズ」です。この状態から歩き出すと(5)スムーズで効率的な動きが可能となります。常にこのポーズをとることが出来れば、サッカーにも有利な動きが実現できるでしょう。
 
 
 
無理せず、続けることが重要
 

小学生年代でストレッチを
習慣化することはとても重要です。
 
ワンセットでも継続することが重要なので、
お風呂上がりにでも毎日、
挑戦してみてください。
 
筋肉はストレッチを続けることで
必ず柔らかくなっていくものです。
 
小学生年代では何もしなくても
筋肉が柔らかい子が多いですが、
年を重ねていくことによって
段々と筋肉が硬くなっていきます。
 
ストレッチを習慣化しておけば、
常に柔らかい筋肉を保つことができ、
 
サッカーをするうえで
損することはありません。
 
 
無理をせず、じっくりと。
毎日のストレッチに挑戦してみましょう。


まず、今日から3日間を目標に
息子さんにこれを行うように
進めてあげてください。



3日間できれば、

1週間、1ヶ月と、

目標を先延ばしにして


このストレッチが
「習慣」になればベストです。



徐々に実践する
項目も増やしてください。

息子さんが大怪我する前に
習慣にしておきたいですね。

では、今日はこの辺で終わります。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
 
 

そして、

サッカー少年の息子さんを持つ

あなたへ最後に、、、↓

 

『今だけ。

 メルマガ発行してます!』

 

1日5分アナタの行動を変えるだけで、
 あなたの息子さんのサッカーへの
 取り組みが激変する方法を公開します✅

 

20名限定で109ページのPDF

メゾットをまとめましたので、
親御さんはお早めにダウンロードください。

 

あなたが親としてするべき
14パターンの行動を
109ページ
に渡って解説しています。


入手はこのページの一番下でできます。

 

また、このブログでは
紹介しきれなかった内容を
メルマガ登録者限定で好評配信中です。

 

アナタが、
息子さんのことで悩んでいるのであれば、
必ず登録してください。

息子さんの悩みは僕がすべて解決します。
 

 

現在17名の方が
もうすでに登録され、
特典をゲットされています。
 

お早めにどうぞ↓

 

ほんならまた!
明日のブログ、無料メルマガで
お会いしましょう♪
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ユウト@U12少年サッカーコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。