飛蝗兄貴のホビー地獄

HOBBY JIGOKU






マイホビーをiPhone画質でゆるーく紹介しているブログ。
フィギュア劇場も稀によくやります。


テーマ:
「ガイバーッ!!」
photo:53

鬼神の骸に、滾る魂!今日は待望のfigma ガイバーⅠをレビュー。


訓練されたガイバーファンは待たされることに慣れているとはいえ、延期アンド延期ですっかり待ちくたびれたfigmaガイバー…なんとか年内に発売してくれました(笑)


ではではBFC-MAX版ガイバーⅠ(以下BFC)と比較もしつつご紹介していきます。




本体
photo:01

photo:02

BFCで培われたプロポーションとディテールの再現度は流石マックスファクトリー。figma版は姿勢の窮屈さがなくなり素立ちも綺麗に決まるようになっています。


photo:03

photo:04

photo:05

顔がサンプルと違うじゃないですかー!
多少歪みがあるのはまあいいんですが、煽りで見ると目が繋がってしまっている…クリアパーツの発色はとても綺麗になったんですがここは非常に残念。


photo:06

顔の下から伸びる骨みたいなアレがfigmaでは別パーツ化。軟質素材なので首の可動の妨げにもなりません。


photo:07

photo:08

胸部装甲は展開可能、メガスマッシャーのレンズはサンプルでは黄色のクリアパーツでしたが製品版ではシルバーに。


photo:09

photo:10

photo:11

photo:12

塗装の上にスミ入れとウェザリング(?)的な処理がされていますが、ムラが多くパーツによっては汚く見えるので個体差が出るところ。




photo:13

上半身は胸のあたりからグイッと前屈できます。
腕の可動域はBFCとそれほど変わりありませんが肩パーツがポロリするストレスがなくなり格段に遊びやすくなりました。


photo:14

下半身の可動は大幅強化されており、膝立ちなんかは超自然に決まったり↓


photo:15

こんなにも足が開く!
見た目に反して驚異的な可動域を秘めています。




付属品
photo:16

手首一式。

今回出番はありませんが一応持ち手なんかも付いてます。


photo:17

伸長状態の「高周波ソード」が2対付属。


photo:18

「ユニット・G」もfigmaサイズに合わせて新造されています。


photo:19

BFCにはなかった付属品、「差し替え胸部パーツ」。


photo:20

これによって主にプレッシャーカノンのポージングがより自然に決まります。


あとはいつものfigma台座と予備のジョイントがひとつ付属。




photo:21

更に、グッスマオンラインで予約すると特典として「di:stage」と「エフェクト背景シート」が付いてくる。※予約は終了しています。


photo:22

平面だけど立体的に見えて面白い、ガイバーのディスプレイにはもってこいです。




photo:52

BFC版とfigma版を並べる。

塗装やメガスマのレンズが美しいBFC版、プロポーションと可動のfigma版、どちらも一長一短といった感じ。




アクション
photo:23

その力は暑さ500ミリのコンクリート隔壁を一撃でぶち抜き


photo:24

自らに数倍する体軀を誇る獣化兵を…


photo:25

たやすくひねりつぶす!!


photo:26

これが "ガイバー"!!

"ユニットG"による人類の殖装形態
ガイバーだ!!


photo:27

我々が知るいかなる生体熱線砲よりはるかにコンパクトで高効率の赤外線レーザー

"ヘッド・ビーム"


photo:28

肘部突起が伸長 高周波数で振動し あらゆる物を切り裂く

"高周波ソード"


photo:29

腰部 重力制御球により生み出される極微のワームホールを衝撃波に換え敵に叩き込む

"プレッシャーカノン"


photo:30

口部金属球が放射する振動波により物体固有の共鳴周波数をチューニングし目標を粉砕する

"ソニック・バスター"


photo:31

そして最も恐るべきは その胸部装甲の下に隠された最大・最強の武器…


photo:32

"メガスマッシャー"!!


photo:33

この ゆうに100メガワットを超える"超"高出力の粒子ビームの前には
地上のいかなる物質も分解・消失を余儀なくされると思われる



コミック6巻のバルカスレポート風に…

これ、現在は閉鎖されてしまわれた某玩具紹介サイト様がBFCで再現されていたのがすごく好きだったので自分でもやってみました。


photo:34

「ガイバ──────ッ!!」ボゴォン

この時のためにインパクトエフェクトを複数買いしていたッ!


photo:35

ガイバーといえばこの角度。


photo:36

ハイキック、というかもう踵落としすら可能な可動域。


photo:37




photo:38




photo:39




photo:40




photo:41




photo:42




photo:43




photo:54

アプトム「げえッ!?胸部装甲がひとりでに!!」

ノーハンドメガスマッシャー。


photo:45

父さんを死なせたことも、瑞紀達を巻き込んだことも、しっかり胸に刻みつけて…俺はこの運命を戦い抜いてみせる!!


photo:46

パワーを絞りピンポイントで、撃つ!!


photo:47

「ギガンティック!!来いッ!!」


「カブラール・ハーン!!今こそお前に見せてやる」


photo:48

「俺たちが速水さんから受け継いだものを!!」


photo:49

ということでBFC-MAXのギガンティックと並べればちょうど劇中のサイズ差くらいになります。


photo:50

以上、figma ガイバーⅠでした。
BFC-MAXの血を受け継いだ造形とはるかに進化した可動を引っさげて帰ってきた現代のガイバーフィギュア!
最大の難点である顔を含め、思うところは少なくありませんが、動かす内にこんなにもガシガシ動くガイバーのフィギュアで遊べることがもう嬉しくて嬉しくて大きな問題ではなくなってしまいました…
最早2014年に思い残すものなし!!


このfigmaガイバーⅠ、ファンはもちろんですがガイバーを知らないという方も、興味を持ったなら是非手に取っていただきたい。
そして願わくば、これが『強殖装甲ガイバー』の原作やOVAに触れるひとつのキッカケとならんことを…!


そんなこんなでおわり。


















figmaガイバーのシリーズ展開待ってるぜ!
photo:51

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

飛蝗兄貴さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。