東京新聞:56歳男性 「キツネは大丈夫?~ふくしま作業員日誌」2016/02/06(東京新聞)東日本大震災(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/fukushima_diary/list/CK2016020602000201.html

<引用開始→

ここのところ毎日、午後三時すぎになると、福島第一の駐車場に赤毛のキツネが来る。

作業員たちがパンやソーセージ、おにぎりなどを地面に置くと、パクッとくわえて二、三歩後ろに下がって食べる。すっかり慣れちゃって、今では車の前で伏せて待っている。

昨夏から、免震重要棟の前や5、6号機に行く途中の坂とかで、見かけるようになった。犬かと思ったけど、犬より顔は長いし、明らかに尻尾が太い。

初めは近づくと逃げて寄ってこなかった。弁当の残りやパンを投げると、くわえて逃げた。離れた場所でほぼ同時に姿を見かけるので、みんなで「最低二匹はいる」って話してた。

昨年十二月ごろから、駐車場によく来るようになった。まず白っぽい毛のキツネが来るようになって、赤毛のも来るように。白毛を見なくなったと思ったら、ニュースで2号機にキツネがいたって映像が出てて、あいつだと思った。中は毎時一〇シーベルトとかめちゃくちゃ線量が高いけど、大丈夫なのか。みんな心配している。

それにしても、キツネが原子炉建屋に入れたということは、建屋に穴が開いているということ。中は高線量だというけど、穴が開いてて大丈夫なのだろうか。白毛は外に出られたのかな。また、元気な姿を見せてくれるといいな。 (聞き手・片山夏子)

==================

※「ふくしま作業員日誌(片山夏子記者)」(東京新聞朝刊)より書き起こし。
「ふくしま作業員日誌(片山夏子記者)」
http://t.co/rPhzdH8Q


原発報道-東京新聞はこう伝えた


¥1,890
Amazon紹介より→「果敢なるジャーナリズム精神」で菊池寛賞を受賞の東京新聞の原発報道が一冊に! 「東京新聞の原発記事が読みたい! 」という全国からの声に応えました。 「スクープと調査報道」、「折々の報道と連載 『レベル7』『福島作業員日誌(片山夏子記者)』」の2部で構成。




==================

←引用終了>

終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~

新品価格
¥1,944から
(2016/2/8 03:49時点)



福島第一原発事故 7つの謎 (講談社現代新書)

新品価格
¥907から
(2016/2/8 03:48時点)



市民が明らかにした福島原発事故の真実: 東電と国は何を隠ぺいしたか (彩流社ブックレット)

新品価格
¥1,080から
(2016/2/8 03:48時点)


AD