大友涼介です。

このブログは自分のスクラップブック、資料置き場のつもりでやってます。書き起こし及びリンク等が必ずしも同意賛意とは限りません。twitterアカウントは @otomoryousuke です。


テーマ:
【社説】「豊洲市場問題 石原氏は責任を回避するな」2017/03/04(読売新聞) : 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20170303-OYT1T50102.html?from=tw

==================

【豊洲問題 石原元知事会見詳報(1)~(6)(完)】2017/03/03(産経新聞)
http://amba.to/2mQcdrU

==================

<引用開始→

 部下や専門家にすべてを任せ、追認するだけだったという。都政の最高責任を担っていたとは、思えない。

 築地市場の豊洲への移転問題で、石原慎太郎・元東京都知事が記者会見し、自らの関与などについて説明した。この問題に関して、公の場で見解を語ったのは、初めてだ。

 土壌汚染が判明していた東京ガスの工場跡地を、なぜ移転先に選んだのか。用地取得の売買交渉をどのように進めたのか。この二つが、焦点になった。

 石原氏は「最高責任者として、移転を裁可した責任はある」と認めた。その一方で、「個人の意思や意向ではなく、議会も含めて都政全体で決めたことだ」とも述べ、最終判断を下した責任を回避するような発言が目立った。

 移転先の選定についても、知事就任時に「既定の路線だと説明を受けた」と強調した。豊洲移転が具体化したのが、石原氏が初当選した1999年から2001年にかけてだったことを考えれば、にわかには、うなずけない。

 土壌汚染は、その頃から判明していた。08年には環境基準の4万3000倍にあたるベンゼンが検出された。節目節目で移転を再検討する機会はあったはずだ。

 石原氏は「私には専門的な知見がない。専門家や部下を信用せざるを得ない」と釈明した。

 豊洲移転を正式表明した10年秋の記者会見では、「首都を預かる知事として決断した」「日本の先端技術で土壌汚染を克服できる」と言明している。この時の自信に満ちた発言は、何だったのか。

 小池百合子知事から不透明さを指摘された用地売買交渉についての疑問も、解消されていない。

 土壌汚染対策費の約860億円のうち、東京ガスの負担は78億円だった。それ以上の負担を負わない「瑕疵かし担保責任の免責」が協定書に盛り込まれた。

 石原氏が、副知事だった浜渦武生氏らに交渉を任せ、報告を受けていなかったのは信じがたい。

 都議会百条委員会は20日に石原氏の証人喚問を行う。元知事としての責任ある証言を求めたい。

 石原氏は「豊洲は安全だ、と専門家は言っている」と、早期の移転を主張し、判断を保留する小池氏を繰り返し攻撃した。

 小池氏も、夏の都議選を意識して石原氏を追及し、都議会がそれに追随している面は否めまい。

 百条委を対決の場に終わらせてはならない。市場移転問題の決着に資する検証が求められる。

←引用終了>
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大友涼介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。