共同通信による小沢氏の一問一答 2012/02/04(東京新聞)

いつも読んでいただいてありがとうございますm(_ _)m
↓参加してみることにしました。


↑クリックお願いしますm(_ _)m


<引用開始→

民主党の小沢一郎元代表に対するインタビュー詳報は次の通り。
 
【政権公約】
 
―民主党マニフェスト(政権公約)が実現していない。何が問題か。
 

「旧体制のシステムに手を付けられないままになっている。政治主導が全く実現できていない。どんな社会をつくるかという青写真と、官僚を説得できる見識や意思が政治家にないと駄目だ。政権の地位に甘んじてしまったのかもしれない」
 
「マニフェストに掲げたのは、国の統治機構の大転換をはじめとする革命的な改革だ。本気で取り組めば、大変な波風が立つ。猛烈な抵抗があるが、やり抜かなければならない。民主党議員の多くは、マニフェストが何を意味するかを深刻に考えずに主張したのかもしれない。それをやり抜く使命感と責任感が必要だ」
 

―官僚の抵抗か。
 

「官僚がけしからんと言っているわけではない。官僚には官僚の役割がある。時の政権の理念と政策にスタッフとして協力しなければならない」
 

【消費税増税】
 

―消費税増税についてどう考えるか。
 

「論議そのものは否定しない。ただ、国家の統治機構の転換をはじめとする大改革を断行して公正な仕組みをつくることなしに、増税だけするというのはおかしい」
 
「国民の反対は、マスコミの世論調査よりはるかに大きい。社会保障と税の一体改革というが、社会保障の方はどこかに行って増税の話ばかりしている。野党の主張は、その点では正しい」
 

―欧州のような金融危機を防ぐため消費税率を引き上げて財政再建すべきだとの主張もあるが。
 

「一般的な経済政策として、現在のような不況時に増税などあり得ない。デフレ脱却が日本経済の長年の課題だ。いま消費税増税したら、経済も財政もますます悪くなる」
 
「補助金の一括交付金化、特別会計、独立行政法人の抜本改革などを行えば、かなりの財源ができるのは間違いない」
 

―中長期的には消費税をどうすべきか。

 
「上げるべきだと思う。日本は住民税など直接税の比率が高すぎる。直接税を下げて、国民の手元に自由に使えるお金を残すべきだ。間接税の消費税なら、国民に選択の余地がある」
 

―野田佳彦首相の目指す消費税増税関連法案にどう対応するのか。
 

「(閣議決定には)反対する。党執行部に『無理やり法案を通すとなったら反対だ』と昨年のうちに伝えた。(国会の採決でも)反対は反対だ。最初から反対と言っており、何かの拍子に賛成になったらおかしい。筋道が違う。経済政策としてもおかしい。大改革を何もしないで増税するのは、国民を愚弄する背信行為だ」
 

【首相の政権運営】
 

―首相は増税法案をめぐり衆院解散・総選挙の可能性に言及している。
 

「このまましゃにむに消費税増税で突っ込んで、うまく行かなかったら解散、と本人が思っても国民は了承しない。『ふざけるな。(あるべき指導者は)あんたではない』という話になる。民主党議員が全員討ち死にし、国家は大混乱に陥る。国民が許さないことは政治家にできない」
 

―野党が野田内閣不信任決議案を提出した場合、同調するか。

 
「その場になってみないと分からない。ひたすら消費税を上げる政治姿勢には反対だと言っている」
 

―衆院選の見通しは。
 

「これで首相が代われば政権交代後、4人目となる。ほどほどのところで選挙をしろということになるのではないか。先のことは分からないが、波高し、常在戦場だ」


―次期衆院選で民主、自民両党とも過半数に達せず、政界流動化につながるとの見方がある。
 

「このままだとそうなるだろう。だから野田首相が気付いてくれることを期待している」
 

―民主党が改革を実行できない場合、離党する考えはあるか。
 

「今の時点では、野田首相にもう一度原点を思い起こしてもらいたい。思い出す風情がない場合にどうするかだが、歌を忘れたカナリアは私たちではない。離党は今のところ考えていない。普通の理屈から言うと、歌を忘れた人たちの方が離党するものだ」
 

【衆院選改革】

 
―与野党で議論されている衆院選挙制度改革について、どう考えるか。
 

「議員定数削減で身を切ること自体は大事だが、もっと根本的なところにメスを入れるのがわれわれの主張だった。定数削減で議員の給料分が浮いても、世の中、何も変わらない」
 
「公明党などが主張する小選挙区比例代表連用制を導入すると、どの政党も過半数を取れなくなる。小党分立のようになり、政治を運営できなくなる。日本の政治の現状と、議会制民主主義を定着させるという大目標を考えれば、当分は現行制度がいい」
 

【地域政党】
 

―地域主権改革をどう実現するか。
 

「明治以来の中央集権を覆す話だから簡単にはできないが、われわれが主張した以上、難しくてもやらないといけない。輸出依存の経済構造は他国の事情に左右され、非常にもろい。内需主導の経済・社会を実現するには、地域主権を確立して地方を活性化するしかない。各地域の伝統に根差しながら、地域社会の創意工夫を生かす」
 

―橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」などの地域政党や新党勢力と連携する考えは。
 

「橋下氏は旧体制を壊し、新しい仕組みをつくろうとしている。その点は私の主張と全く同じだ。問題はこの国をどうするかだ。(石原慎太郎東京都知事らの)新党であれ何であれ、この国をどうするかというものがないといけない」
 

【政権の諸課題】
 

―東京電力福島第1原発事故に対する政府の取り組みをどう思うか。
 

「野田首相は事故の収束を宣言したが、何も収束していない。核爆発が起きないようにしているだけだ。非常に危険な状況を放置している。東電に第一義的な責任があるのは間違いないが、政府が前面に出て政治の責任でやらないといけない。何十兆円でも出して、放射性物質を封じ込めないと駄目だ」
 

―環太平洋連携協定(TPP)については。
 

「日米間で話を付けられれば、大騒ぎする必要はない。ただ、日米首脳会談の内容が双方の発表で食い違ったりすると、米国の思い通りにやられてしまうのではないかと国民が心配する。米国の思惑は見え見えだ。話を付ける能力が政府にあればいいが、政治家は役人に丸投げし、役人は先送りするから、米国に付け込まれる」
 

【今後の政治活動】
 

―自身が被告となった政治資金規正法違反事件の公判については。
 

「今、私がとやかく言うことではない」

 
―4月の判決後、先頭に立って改革に取り組む決意は。


 「何とか改革のレールは敷きたい。ただ、必ずしも私が前面に立つ必要はない。それはどちらでもいい。何でもやるが、自分がトップに立ったり、何かポジションを得ないといけないということはない」
(共同)

←引用終了>

いつも読んでいただいてありがとうございますm(_ _)m
↓参加してみることにしました。


↑クリックお願いしますm(_ _)m
AD