元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 


テーマ:

こんにちは、女性の起業家を経済で応援する熊谷留美子です。

 

【(起業家の)あなたの夢はなんですか? と聞かれたら・・・。】

実は私、よく「夢はなんですか?」と聞かれることが多いです。
そして、以前は、得意げにいろいろとしゃべっていましたね。

あぁ、恥ずかしい!

恥ずかしい理由は、相手が聞きたいのは、「自分は夢は持てないので、どうやったら持てるのか?」が真意がほとんどなのに、これ見よがしに未来アルバムなどを見せてしまって・・・、ごめんなさい。

10人中9人は

「熊谷さんだからできたのです」

「私にはできない」

「熊谷さんは運がよかったのです」

と言われるのがオチでした。


起業されていると、キット私と同じように聞かれることもあるかと思います。
そのときに、その聞いてきた人の気持ちに寄り添うことが一番になります。

今の私だったら・・・、
「そうなの、実は私も夢なんて持てなくってさぁ、人の事を妬んだりもしたんだ。

夢を毎日紙にかくといいと聞いてもさぁ、毎日書き続けられなくって、だから叶わないだって、勝手に決めたリさぁ。」


すると、聞いてきた人は、
「それで、それで、そのときどうしたの?」
って同じ目線の私に心をいっぱい開いてくれます。


私自身も実際、行ったり来たりの繰り返しだったわけで、その夢への山を登り始めたころのことを恥を忍んでお話するようにしています。

なぜ、今回、このように【(起業家の)あなたの夢はなんですか? と聞かれたら・・・。】を書いたかと言いますと・・・、

起業しているあなたは、周りの人から「素敵!」「羨ましい!」と実は思われています。

はい、本当です。

聞きたい人の本当の意図は、「寄り添って、ひきあげてもらえたらうれしい」なのです。
陥りやすいのは、「私は起業しているの、ちょっとはあなたよりも上よ」です。

これが見えてくると、さ~っと、人は離れていきます。

私が経験者だからよくよくわかります。
つまり鼻高々になっている・・わけです。
謙虚にと思っても、自分のことを得意げに話すわけですから、さ~っとひかれます。

逆に一緒に山を登って差し上げると、あなたのファンが一人、増えます。

いろいろ、実験してみてくださいね。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

元CA魅力発掘とキャッシュを生み出す女性起業家を応援さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります