元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 


【起業されている方へもう一つの収入5万円アップのご提案】

家にたとえると、柱が十分にあるとバランスが取れるように、今の収入にプラスできるものがあれば結婚、育児、介護の時、または自分をバージョンアップできます。


もう一つの5万円プラス収入は、事業の説明はこちら   をご覧ください。


【35歳以上の責任ある位置にいらっしゃるあなたへ】


「あなたはできる!」と断言できる根拠は「右脳トレ」を体感してコーチが始まるからです。


・あなたがなさりたいことを整理して応援するのが仕事です。
・もう道は開きかけています、自分のことは見えないので客観的視点があれば鬼に金棒です。
・たとえ失敗してもいいじゃないですか、人の痛みに寄り添える深みのある女性になれます。
・人離れやお金がなくなったり、心痛める経験の中であなたに寄り添うことができます。

モチベーションアップに特化した13のコーチ内容はこちらからご覧になれます。
http://ex-crew.jp/

 

テーマ:

人生を豊かにする「月5万円のプラス収入」のご提案

 

あと月5万円プラス収入があったら・・・?

女性起業家の皆さまは、様々な費用がかかりますね。

・お稽古事やセミナーに参加する費用と交通費

・メンターの指導を受けるための費用と交通費

・その間のお子さんのベビーシッター費用

等・・・

 
ご経験をお持ちのあなただからこそできる事業のご提案です。

 

現在の事業にプラス5万円以上の定期的な収入が入ってきたら、

あなたのクライアント様が安定し喜ばれ、そのことであなたも潤う仕組みです。

 

※一般的なネットワークビジネスとは異なるシステムです。

(詳しくは「よくある質問」を参照ください)

 

月5万円のプラス収入を生み出す商材は・・・  

 

私は水溶性ケイ素の卸し業をしています。

 

40代以上の女性が、いくつになっても「素敵!」と言われたい、

その希望を叶える、今話題の水溶性ケイ素。

 

私自身も年齢を重ねてくると、今までと違う身体の変化もでてきました。

 

そんなとき、

水溶性ケイ素を臨床研究されている生物医学博士の富田康夫先生から、

「美容だけでなく、未病としてもいい水溶性ケイ素なので、世の中に広めるお手伝いをお願いしたい」

と言われました。

この商品がどのように作られたものか、お医者様たちが臨床している理由や、その効果等を

ヒアリングしました。

また、私自身、実際に使用してみて、その結果に満足し、皆さまにご提供しております。

安心して勧められる美容商材、健康商材です。

 

商品は、こちらのHPからご覧になれます。

水溶性ケイ素の詳細はこちらから

水溶性ケイ素の実験動画はこちらから

 

そして、

「この水溶性ケイ素を気に入って使って下さった方の中で、販売する権利もプラスしたらどんなにいいかしら?」

と思ったことが、

この「月5万円のプラス収入」をご提案するに至るきっかけとなりました。

●このプラス商品は「代理店」契約によって取り扱えるようになります。    
 「代理店」にご興味をお持ちいただいたら、書面にて卸し価格などをご案内いたします。   
●代理店になるための費用は一切、かかりません。    
 ネットワークビジネスではないので、ご自身の好きなように販売方法をアレンジしていただいても結構です。    
●また、OEM(あなたのブランドで販売される製品を製造すること)もできます。    
 加盟店の費用も一切かかりません。    
 ロット数も少ないです。  

 

わたしが「月5万円のプラス収入」を提案するわけ  

 

私は20年間、国際線の客室乗務員として、お給料を頂く雇われの身でした。

もし、「会社を辞めたら収入はゼロになるなぁ」と、ある時ふと思いました。

そこで、結婚と同時に、会社に内緒でネットワークビジネスの副業を始めました。

 

私は37歳でやっと結婚できたので、必死に妊活をしました。

病気がちだった体をまずは元気に整えて、40才で妊娠、出産。

1年間の育休後、副業収入が入り続けていたので、安心して辞めることができました。 

 

私の夢は、

「子どもにたくさんの経験をさせて、自分で考えて行動できるような人間に育てる」

ということでした。

私は、客室乗務員として勤務中、  

夏休みにホームステイする子供たちに「どこに行くの?」と尋ねても、ほとんどのお子さんが、答えられなかったのです。  

なぜなら、本人が望んだのではなくて、親が希望したホームステイだったから。  

また、家族と一緒に海外旅行している子供に「飲み物は何を飲むの?」ときくと、  

子供が答えずに親が答えていました。  

 

このような経験から、   

「子育てするときには、自分で考えて行動できるように育ててみよう」  

と思い、それを実行しました。  

甘やかすのではなくて、一人で豊かに生き貫いてほしいと願って・・・。  

   

そして、自身のネットワークビジネスで売り上げたお金のみで、主人からお小遣いをもらうことなく、

息子をおんぶして海外や国内を旅行して、いっぱい見聞きすることができました。  

電車がくるときに危ない経験もさせて、どこに並んだらいいかも訓練しました。  

飛行機に乗るときには、機種によって非常口や酸素マスクの位置が違うので、「さぁ、火事です、あなたはどこの非常口を使うの?」など、シミュレーションさせました。  

切符をなくしたときに、どの人に言えば決定権があり、対応してくれるかも訓練しました。  

おかげで、彼は8歳からは、全国一人でどこへでも旅行できるようになりました。   

今でも1ヶ月に1回は取材と称して旅行に出かけますし、全国からお友達が我が家に泊まりに来ています。  

 

息子は、自分で考えて行動できるようになり、さらには人とのふれ合いも学び、

私が夢に描いた「自分で考えて行動できるような人間」に育ちつつあります。

 

おそらく皆さまにも夢があると思います。

「お金を生み出して夢を叶える」、そのお手伝いができたらなぁと願っています。

 

自分と同じように夢を叶えるという経験を、一人でも多くの方にして欲しい。

また、ネットワークビジネスのデメリットをなくしたシステムを確立したい。

そんな思いで、今回「プラス5万円の収入」のご提案をしています。

 

「プラス5万円の収入」の仕組み  

「お金を生み出すという考え方」について。

 

木でいうと、幹があるので枝葉ができます。

幹は「お金の考え方」で、枝葉が「収入」になります。

 

幹がなければ枝葉もつきません。

まずは幹の部分から育てる必要があります。

 

以前、起業している方々の集まりがあり、こんな質問が出されました。  

「今の収入を5万円アップするために、あなただったらどうしますか?」  

ほとんどの人は、5000円の商品を作って10個販売・・・と答えました。  

私は、  

「10万円の商品を作り販売した方に50%支払い5万円の利益を得ます」  

と答えました。  

  

その回答を聞いたある方から、後ほどフェイスブックにメッセージがきました。  

 

「私もまったく同じ考えです、このような考えの方が少ないです、ぜひお友達になってください」  

 

その方は、2つの会社を立ち上げて、従業員も多数雇っている女性起業家でした。  

 

つまり、一人でやらないのです。

人の力を借りるのです。

人というレバレッジ(てこの原理)を使います。

 

これが幹の作り方です。

この幹を作れば、あとは自然と枝葉が生えてきます。

 

こんな方におススメです  

40代以上の起業されている方か、その準備をされている女性。

40代以上のお客様がいらっしゃる起業されている女性。

 

十分人生でいろんな経験を積まれて、失敗もして、またそこから謙虚に学ぶ年齢だからです。

そして、だんだんと美や健康になんとか対策を考えようと思い始める年齢だからです。

 

ご説明・お問合せについて  

ご興味をお持ちの方は、お問合せフォームからご連絡下さい。

「月5万円のプラス収入の考え方と方法」をスカイプ又はお電話にてお話させていただきます。(所要時間約1時間、無料)

 

きっとたくさん質問もでてくると思いますので、一つ一つお答えしていきます。

そのやり取りの中で、「これは月5万円のプラスになるなぁ」と感じられたら、もう一つのお仕事として始めて頂ければと思います。

 

40代以上の方は、これから年金はあてにならないと知っていますが、その対策をしている方は少ないです。

「生み出されるお金の考え方」は、楽しくワクワクしてきます。

お金に対する気持ちを変えることができます。

 

よくあるご質問  

クエッションネットワークビジネス(以下NW)とどこが違うのでしょうか?

矢印特定負担がないことと、オートシップがないこと、さらに卸しの金額を決定できることが最大の特徴になります。

 

矢印特定負担とは?

NWでは、自分が紹介した人が商品を購入した場合、「自分も購入しなければ」コミッションが入りません。  

ところが、このビジネスは、自分が紹介した人が商品を購入された場合、「自分が購入してもしなくても」、その差額が利益になります。

 

矢印オートシップとは?

オートシップというのは、毎月使っても使わなくても商品が契約した会社から送られてきます。 NWではこのように行われているケースが多いです。 

ところが、私がご提案する「月5万円のプラス収入」では、使いたいときに購入します。

そのため、在庫を持つ必要がありません。

 

美容商材の卸し金額も、自分で決めることができるようにしました。

1回に卸す1本からです。

もちろんノルマもありません。

 

また、やってみたいけれど出費を抑えたい方には、「委託販売」の方法もあります。

1本置いて、売れたら1本補充する方法です。

 

最後に・・・  

 

よくリスク、リスクと言います。

一人で起業されている女性は、リスクを小さくしがちです。

怖いですものね、わかります。

 

怖い理由はおそらく

 

「リスク=お金がでていく」

 

というイメージがあるかもしれませんね。

私もそう感じていました。

 

ただ、今の私は、「リスクとは、行動しないこと」

だと考えています。

 

女性の勘は素晴らしいものがあります。

5万円のプラス収入のこの記事を読まれて、ピンと来られた方は一度ご連絡をください。

まずは、お話して、それから判断されてみるのもいいかもしれませんね。

 

「月5万円のプラス収入」についての  

お問い合わせはこちらから  

 

参考HP

水溶性ケイ素の詳細はこちらから

水溶性ケイ素の実験動画はこちらから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性応援企業エグゼクティブクルー株式会社の熊谷留美子です。

念願のテレビ朝日の番組「徹子の部屋」に出演させていただきました。
2016年4月に出版した本がかなりの販売部数になり話題になったこともあり、出演のオファーをいただいたのでした。





思ったことは叶うを実際に「感じる」ことができる「太陽の振り子」を体験された方々からの「こんなことが叶いました」のメッセージがたくさん載っている本です。

また、実際に夢が叶うまでのプロセス

◆太陽の振り子で夢が叶うことを体感したあとに実際に行動することを植物にたとえてお話しました。

1)願望の種に水をやること
2)太陽を与え
3)雑草も生えてきたら抜き取り
4)成長していく

ように、「行動する大切さ」をお話しましたところ、黒柳徹子さんはご自身に置き換えながら、かなり頷いて聴いていただきました。

黒柳徹子さん
「ところで、一番初めに、この太陽の振り子を使って叶ったものはなんだったのですか?」


「実は結婚だったのです」

黒柳徹子さん
「えー、じゃあ私もやってみようかしら・・・」

二人で大笑いです。





あぁ、とっても楽しかったです。

惜しかったのが・・・、一つ。
この写真は、テレビ朝日の本社の受付近くにあって写真を撮ったのですが・・・

日付!

そう、2014年8月22日になっている・・・・。
2016年8月22日にしておけばよかった・・・・。






パリコレのモデル、アンミカさんが2014年8月に「徹子の部屋」に出演されたときに、教えてくださったのです。
アンミカさんも、この番組に出たくて、出たくて・・・、一般の人と同じように並んで・・・・。

イメージ写真を撮ったので、「叶った」のでした。


そう、私も2年後にお招きいただけるように、たくさんの行列のなかに、真剣に並んで、イメージ写真をとっていただきました。

テレビ朝日のスタッフのみなさま、すてきな場を提供してくださってありがとうございます。

まるで、すでに「徹子の部屋」にいるかの様でした。
ご親切に3枚も撮ってくださって、私の夢を応援してくださってありがとうございます。

そう、私の夢は、「徹子の部屋」に出演するのが第一の夢ではなくて・・・
思ったことは叶うんです! を具体的に実践できることをお伝えしたかったのです。
また、このことを伝えてくださる方がたを募集して、笑顔の日本、世界にしたいのです。


ワクワクする時間でした。

イメージする方法をもっと具体的にされてみたい・・とご希望の方は、
HP をご覧ください。
動画でご紹介しています。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、 女性応援企業エグゼクティブクルー株式会社の熊谷留美子です。

私はいわゆるセミナーおたくでした。

「セミナーおたく」だったことを認めるのが辛かった時代もあった私です。
その私が、「断捨離」で○○○万円ほどかけてセミナーに参加して、とったノートを全部捨てました。

ところが、なにも不自由がなかった・・・というオチまで。

そして、私自身もセミナーの主催者として気づいたこと。

ノートを懸命にとっても、ついぞ見ない・・・という結論。
いやいや、これは私のことです。


そこで、ツボとコツ

講師の話を聞きながら、「これは!」と思うところをメモするのではなくて・・・ムムム?
「これはすぐに実践できそう」をメモする習慣がどうやらいい感じ。

なぜならば、「行動する」ことしか結果が出ないからです。

1個でも行動できそう・・・と思ったら、それをメモって、その後具体的に行動していくことが、長年のセミナーおたくの私からの体験です。


はい、ノートは見ない・・・と思った方が良さそうです。
それよりも、講師をみながら、いっぱいイメージした方が・・・・、十分成功への道が近い・・ような気がします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性の起業家を応援する熊谷留美子です。

投資について、本を読み返していて、深い愛情にあふれた心に気づかされました。
ご存じ、金持ち父さんと貧乏父さんの著者、ロバート・キヨサキ氏のシリーズものです。

「金持ち父さんの投資ガイド入門編」




2002年ですから、14年ぶりに読み返したことになります。

たくさん、線が引かれていましたが、今回、新しくハッとしたところがありました。
P135です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は実の父をとても愛していたが、お金、富、豊かさといった話になると、私たちはどうしても意思の疎通をはかることが出来なかった。

とうとう最後に私は「父には父の人生を歩ませよう。 そして僕は僕の人生を生きることに専念しよう」と
心に決めた。

もし、父さんがお金について知りたいと思ったら、僕に聞いてくれればいい。

ただ、父さんが助けを求めていないのに、僕から助け舟を出すのはやめよう。

父が私にお金について聞くことは決してなかった。

お金の面で父を助けようと試みる代わりに、私は父の良いところだけをみてひたすら愛し、私には弱点と思えるところには立ち入らないことにした。

結局のところ、愛と尊敬の方がお金よりはるかに大切なのだから。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、ついついやりがちです。

「こちらを選んだ方がいいのに・・・」

本当にそうです。

結局、相手は意地をはって避けるばかりなのに・・・。

最後のところ、


結局のところ、愛と尊敬の方がお金よりはるかに大切なのだから。


これに尽きるわけです。

ロバート・キヨサキ氏は、初めての本は、たしか本当のお父さん(貧乏父さん)が亡くなって
5年たってから出版されたと記録しています。

深い愛と尊敬・・・、

ビジネスにも、子育てにも、夫婦にも、 すべて通じることでした。

投資の勉強をすることで、深い気づきを得られました。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性起業家を応援する熊谷留美子です。

プロの写真家の方のスカイプセミナーを受けました。
起業されている方々に参考になることがいっぱいありましたので、私自身の復習の意味でもご紹介いたします。

セミナーに参加された方々は、一人で起業されている方々です。
ネットショップで販売されている方々もいらして、写真の撮り方のポイントを教えてくださいました。

・ついついスマホで商品を撮ってしまうが、カメラで撮った方がいい
・自然光を活かすようにする、そのためには午前中
・撮った写真はドロップボックスに保存


・WIFIつきカメラがあるのでスマホに飛ばしてFBに投稿するといい
そのカメラはこちら

などでした。

私からの質問は、HPの写真についていたしました。

HPのターゲットは40代以上の女性

アドバイスは

【 整合性がない 】  でした。

・下に敷く布はボトルの色の一色 薄いブルーがいい
・水晶が元になっているケイ素なので、水晶を脇に置くといい
・女性の写真を加える


でした。

HPで使っている写真はスイトピーが置かれていますが、これは私のセンス。




女性向けにいいなぁとアイディアを出したのですが・・・・、

これでは整合性がなく、見た人は欲しい! とも思わないとのこと・・・。

なぁるほど・・・。

整合性か・・・・。
確かにバラバラ、知らないことだらけ。


惜しみなく教えてくださったのは、

上田涼子さん
ブログにもいっぱい「ツボとコツ」が書かれています。



ご覧になるだけでも、写真への思いが違ってきそうです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、女性起業家をキャッシュの面で応援する熊谷留美子です。

 


以前、稲盛 和夫JAL会長からお便りをいただいたことがあります。
今回は、個人的なお礼のお便りで、ご自宅の住所も書いてありました。


ハイジのブログ


私がJALの再建案を思い切ってお送りして、それに対してサインが入ったお返事を先日いただきました。



再建案の最後に、仙台で「ふきのとう」がでてきたら、鹿児島で作った手作り味噌と和えてお送りしますと書いていたのです。
普通は、そんなプライベートなことは書かないでしょうが、同じ鹿児島出身ということもあり、毎年実家に帰り手作りする麦味噌をお送りしたかったのです。




マスコミで垣間みる稲盛会長のお顔は、78歳にしてなお、国と力をなくしたJALの狭間でご苦労をされているように感じたのです。


私は、ふきのとうを土手で摘みながら、泣いてしまいました。
郷里のお母様も作られたかもしれない鹿児島の麦味噌の味を、ちょっとお味噌汁にしたら心が和まれたらいいなぁ・・・。

料亭では召し上がったかもしれないが、土手に生えているアクいっぱいの「ふきのとう」を麦味噌で和えて、湯豆腐の上にのせて召し上がっていただきたら、少しはほっとしていただけるかなぁ・・・。



ちょうど、実家の母が鹿児島では有名な200円くらいの黒砂糖の「げたんは」を送ってくれていました。
この「げたんは」を口にしていただけたら、志を立てて郷里をでて京都にいかれたときの気持ちを懐かしく思っていただけるかなぁ・・・。



そんな気持ちでお送りしました。
そうしたら、今日お便りをいただいたのです。

「お心にかけていただきますこと、ありがたく感謝致して居ります」と直筆でしたためてありました。



この麦味噌と一緒に、私はミクシィで「JAL大好き!」のコミュニティの紹介もして、JALのファンがどれだけ応援してくださっているかをプリントしました。
JALの会社にいては見えにくい応援している日記を羅列してお送りしました。

こうして、礼儀もわきまえない私の手紙に対しても、心を通わせていただけたこと

感謝いたしました。


私にかけているのは、謙虚な気持ちです。
こうして、トップといわれ、また週4日の予定が毎日のように出社してくださっている多忙を極める稲盛会長の直筆のお便りのその心遣いが、今の私に教えていただけたことはたくさんありました。
「明日にしよう・・」の私に、こうして「太陽の暖かさ」で教えてくださったのです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、女性起業家をキャッシュの面で応援する熊谷留美子です。

  

アメリカで留学されていたアンジェラ・アキさんが、先日そろそろ音楽を再開しようかなぁとのメッセージがありました。


約5年ほど前アンジェラ・アキさんがテレビでのインタビュー番組にでていらっしゃいました。

NHK「こころの遺伝子」という番組で、私は後半を見ました。


日本人の父、アメリカ人の母で15歳まで日本。 
自分って何だろう・・・、
そんなときに、ピアノが弾けたおかげで自分をどうにか保っていたそうです。



大学を卒業後、昼間は会社、夜はライブハウスで歌っていたときに自分は何をしたいんだろうと思ったそうです。

そのときの上司が「Take a chance on you(自分に賭けてみなさい)」と助言してくださったのです。
さらに、“三角形の目標設定”(ピラミッド型に二本の横棒を引いた図に短期・中期・長期的な目標を書き出してみること)を勧めた。アンジェラさんはボブさんの言葉を受けて自身の夢を改めて見つめ、自分に賭ける覚悟を決めたのです。



26歳になったアンジェラさんは11年ぶりに日本へ帰国します。
椎名林檎さんの日本武道館コンサートに感動し、“いつか自分もここに立ちたい”と決意を新たにします。

そのときに、夢を紙に書きました。



それがこれです。


ハイジのブログ


いつ
どこで、
何を歌う

全部書いてありました。

まだ、歌手になっていないときです。



テレビでもこの紙を何度も見せていました。
「ねぇ、みんなも紙に書いて眼がとどくところに貼ろう!」

って、カメラ目線で話してくれました。



夢なんて・・・。
そういう人が多いし、夢を持っている人をそんな~、って言う人もいます。

でも、こうして、武道館でのコンサートを林檎さんの3年後にやってしまいます。
しかも、単独弾き語りライブで14,000人の方々を涙させました。


もちろん、努力もされています。
売り込みに行ったときに、15歳までしか日本にいなかったので、15歳で日本語が

止まっていると指摘されたのです。
そういうときには、週2冊の本を鉛筆を持って読み、単語帳に書き写して勉強をしました。
でも・・・、夢のためなら・・・と頑張ったそうです。


なんと、次の夢はグラミー賞をとることだそうです。
そのための準備をしているとのこと!


もし、アンジェラ・アキさんのことをもっと知りたいかたのために、私の大好きな手紙をプレゼントします。

http://www.youtube.com/watch?v=Mph1oYYJz4c&feature=related

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、女性起業家を経済の面で応援する熊谷留美子です。



息子が中1の時の頃です。

その日は朝からおもしろいことがあったんです。
なので、どうしてもアイディアが欲しくて布団に寝たままで本を
読んでいました。



そうしたら、私を足でいっぱい蹴るんです。
犯人は、中1のユウキ!

何か気に食わないことがあって、学校に行かないというので
そのことで蹴りはじめたのです。



私は、真剣に本を読んでいたのですが、
ふと、この状況をどうやって楽しもう! にシフトしたのです。
はっきり言って、痛いのです。
170cmを超えているので、かなりの馬力です。



でも・・、楽しもうと思ったのです。
ふとアイディアが湧いてきました。

それは、「ハイジだって、蹴りたいことがあったでしょ、だから
蹴りつづけさせてみたら?」
でした。

そこで、ずっと蹴ったもらっていたのですが、
また、アイディアが浮かびました。



そうだ!
私は子育てであまり苦労はしてこなかったから、今度はこのことを
ネタにして、子育て○○しました!

って、いつか役にたてる講演会もできるかもしれないから
今の気持ちを何かに書き留めておこう・・・でした。



そうしたら、アレ? ユウキは辞めていました。
つまんないので、もっと仕掛けてみたのですが乗ってきませんでした。



結局、3時間目から学校へ行ったのです。

今ある状況が次々と悪いことがおき始めたら、その流れにのってみる・・・
コーチの言うとおりを実行して続けています。


勇気がいるのですが、実はエネルギーがいりません。

その分、エネルギーは、本を6冊読むことにまわしてありがたかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、女性起業家をキャッシュの面で応援する熊谷留美子です。

 

藤田 田さんの「ユダヤの商法」の本はすごい! 

なぜすごいと思ったのか・・・。



作者の藤田 田さんは、日本マクドナルドの創立者です。


彼の出身高校の90周年の記念事業に何をするかという理事会でのことが書いてありました。



みんなは、図書館を贈ろうという中で、藤田さんは自動車の練習場を贈ろうと提案するのですが(この本は1972年に出され、そのずいぶん前の時代の話です)賛成票は藤田さんただ1票。


今度は、その10年後の100周年の記念事業のときに理事会での話。
「あのとき、自動車の練習場を作っておけばよかった」との案がでたとき、藤田さんは、こう答えたのです。
「世の中は常に先手先手をしていかないといけないのに、車がこんなに増えた時に練習場なんておかしい!」と言って、次の案を出されたのです。


「全校生徒1200人を7,8月の2ヶ月かけて世界一周させる。 OBが2万人いて一人15,000円の寄付で3億集まるから、OK。   1200人の高校生が世界を見たということになると、大きな財産になります。 30過ぎて海外に出たってだめですわ」


私がそこにいたら拍手喝采でしたが、この案もあえなく賛成票は藤田さんただ1票のみ。


右脳トレーニングで潜在意識を活用し成功を引き寄せるわくわくブログ@熊谷ハイジ




我が家の日曜日。
ペットボトルに水道水を入れて出かけたユウキ。
電車少年なので、片道2時間半歩いて26日廃車になる電車103系を見に出かけました。
お金は1円もないので、途中の図書館で水を補給し、また2時間半歩いて帰ってきました。


「おかあさん、歩くって本当に気持ちがいいね。 
 おとうさんが散歩が好きな理由がわかったよ。  
 夕陽は、本当にきれいだったんだ!」


私はこんな少年少女たちに、世界をいっぱい見せてあげるのが夢です。


藤田さんが書かれた儲ける方法の中で、本当に感動することばかりでしたし、

その中でもこの「お金の使い方」は、最高の財産になるなぁと感じたのでした。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、女性起業家を経済の面で応援する熊谷留美子です。

こんなお誕生日プレゼントを私も送ることができる人になりたい。




手作りしていただいたものを送ってくださったティッシュ入れ。
私のニックネームのハイジ・・・。

そして、鹿児島出身の私に、昔懐かしいボンタンアメ。
涙が出てきちゃう。





毎年ながら、切手にも配慮。

大好きなレンゲソウ。
寝転んでいるハイジ・・・、私にもゆったり過ごしてねのメッセージ。
そして、この白鳥の5円切手。
もう発行されていません。
優雅に過ごすように・・との願いのメッセージ。


文章や言葉にしなくても、メッセージいっぱいの小道具がちりばめられて
温かくなりました。

今年もありがとう、真ちゃん。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)