元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 


【起業されている方へもう一つのプラス収入のご提案】

家にたとえると、柱が十分にあるとバランスが取れるように、今の収入にプラスできるものがあれば結婚、育児、介護の時、または自分をバージョンアップできます。

もう一つのプラス収入は、事業の説明はこちら をご覧ください。

【35歳以上の責任ある位置にいらっしゃるあなたへ】


「あなたはできる!」と断言できる根拠は「右脳トレ」で自分の力を体感してから、コーチが始まるからです。


・もう道は開きかけています、自分のことは見えないので客観的視点があれば鬼に金棒です。
・たとえ失敗してもいいじゃないですか、人の痛みに寄り添える深みのある女性になれます。
モチベーションアップに特化した13のコーチ内容はこちらからご覧になれます。
http://ex-crew.jp/



テーマ:
こんにちは、キャッシュを生み出す応援をしていますエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。
 
【十回いいたいところを九回は我慢】
 
黒柳徹子さんのおかあさんは、チョッちゃんと呼ばれていました。
NHKの朝ドラで「チョッちゃんは行くわよ」のドラマになったくらいの方です。
 
現在、テレビ朝日のお昼のドラマ「トットちゃん」を毎日TVER (民放の無料テレビ、スマホでもみることができます)で 見るようになってから、学ぶことばかりです。
 
そこで、本を購入しようとしたら、プレミアム価格になっていて高価だったので、図書館で4冊も借りて
読みました。
戦時中、乳飲み子を含めて子供3人連れて青森に疎開されています。
食べるものを確保するためのアイディアがいっぱい出されて、農協に勤めて余ったものを海辺の地区にもっていって魚と交換しました。
それは、徹子さんができものができて、たんぱく質が必要だったからだそうです。
 
そのうち、海のものと山のものを交換する行商もして、なんと空襲で焼けた家を建て直すまで
お金を貯めました。
ご主人は5年間シベリアに抑留されていて生死もわからない、そんなときでもアイディアを出し続けます。
いっぱいいっぱい実行できることばかりでしたが、今回は、20才の息子に対して私自身が今日からでも実行できることを抜粋しました。
 
また、もしかしたら、起業されている方には、少ない人材で人を喜んで動いてもらうヒントにもなるといいなぁと思っています。

・・・・・・・・・・
本「チョッちゃんのここまで来た道」 黒柳 朝さんより
 
私は小言は、10回いいたいところを9回は我慢しました。
その代わり、その1回をどういえば子供が分かってくれるか、私がどうしても気にかかる子供の悪いくせや行動を直したりやめさせたりできるだろうかと、それこそ真剣に考えました。
(中略)
 
私が子供に望むことは、やっぱり友達との付き合いの中で、うちの子供にあったかい心がない、
それが一番いやなのです。
 
(中略)
お母さんが勇気という大きな木になって、子供たちが愛の花を咲かせ、身を実らせてくれれば・・・・。
健康で楽しい家庭を築いてくれれば、どこの学校を出たとか、職業が何でなければいけないとか、
そういうことは問題じゃないと思うのです。
 
私の子育ては、力足らずで本当に最低だったと思っています。
でも、心の優しい子たちに育ってくれましたし、少なくとも欠点だらけのパパや私に比べれば、
ずっと立派だと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
「10回いいたいところを9回は我慢する」のは、本当に伝えたいことが伝わるようにの
工夫だったのですね。
 
71才でご主人を亡くされたときには、貯金もなくどうしようかなぁと思われたそうです。
そんなときに、書き溜めていたエッセイを本にすることができて、
「チョッちゃんが行くわよ」がベストセラーになります。
47才で5番目のお子さんを出産されて、ずっと子育てが続いていたし、
ご主人は自分だけを見てほしいと外出もできない日々だったそうです。
 
それが、71才になって自由になったといままでやりたかったことをほとんどなさって、
95才で亡くなっていかれます。
眠るように・・・。
 
黒柳徹子さんのお母さんだから、なんでも手に入っていた人生だったと勘違いしていましたが、
アイディアをいっぱい出しながら果敢に前に進んでいき、お金を稼ぎ、
恩を受けた方にはその数十倍も恩返ししながら天寿を全うされた人生は、学ぶことだらけでした。
 
他に、
「トットちゃんと私」
「花があったからいつも倖せだった」
「チョッちゃんはもうじき100才」
の本からも参考にさせていただきました。
 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キャッシュを生み出す事業の提案をしているエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。
 
美肌の効果、抜群のTriple D 水溶性ケイ素
 
【こんな使い方をしていますシリーズ】
 
私は、朝食は手作りヨーグルトか豆乳バナナジュースです。
 
今朝のスタートは、お手製ヨーグルトに、ハチミツを入れて、その上に水溶性ケイ素Triple Dをピューっと入れます。
体が軽くなるので、わくわくしながらいただきます!
 
この手作りヨーグルトの作り方は簡単!
 

無調整豆乳でも調整豆乳でもOK
私の鍋は1.5リットル入ります。
  (重たい豆乳を西友ネットさんは運んでくださるので助かっています)
 
沸騰させます (なんでも殺菌の役割とか)
 
60~50度になったら火を止めます。
そして、市販のヨーグルト 入れます(銘柄はなんでもOK)
 
 
 
さぁ、これから発酵です。
湯たんぽの上に、鍋を乗せて、新聞紙でくるみます。
 
  (湯たんぽは2~3000円でネットで売っています。)
 
ひざ掛けでくるみます。
 
 
友人からいただいた綿袋で覆います(なくてもOK)
 
翌朝には、あったかいヨーグルト完成!
簡単でしょ。
 
 
水溶性ケイ素Triple Dが活性酸素を取り除く実験や油が一瞬に乳化していく実験の動画はこちらのHPから
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう一つの収入の事業を提案するエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。
 
【ダカラコソデキルコトを最後につけてみる】
 
最近、脳の仕組みをまた勉強していると、言葉ってドンドン行動レベルを変えていくんだなぁと思うことばかり。
例えば、私って太っているなぁ・・・・
と、洋服を着るときとか、ウィンドウに映った自分をみたときとか・・・、思うわけです。
 
そして、脳はますます「太っている状態をキープしなきゃいけないぞ」と思うわけです。
 
 
ところが、「ダカラコソデキルコト」を語尾につけてみると、大きく変わります。
 
「私って太っているなぁ、ダカラコソデキルコトは何だろう」と口に出すと、そのできることを探し始めます。
この時点でわくわくし始めませんか?
できることって何だろう。
そうか、これから太っている人からの相談には、「寄り添うことができるか、なんたって気持ちがわかるものね」
となってなんだか次へGO! できそうですね。

先日、お仕事のことで悩んでいる人がいました。
仕事ができない人をどう育てたらいいのかわからないと言うのです。
 
私、そのときに思いました。
「この方は、仕事がバリバリできるから、できない人の気持ちがわからないんだ」
 
「やった! その点私は何度もトイレで泣いたことがあるから、その人の気持ちがわかるし、どうアプローチしてできるように導くかは合点お任せ!」
などと思ったわけです。
 
話が飛びすぎてしまいました。
もう一つの例を・・・・
 
 
スマホやパソコンをお持ちのかたは、「TVer」で検索してみてください。
無料で放映したものを1週間楽しめるサービスです。
そこに、テレビ東京のカンブリア宮殿で今週は、ファミリーマートの社長さんが出演されています。
1年前に就任されて、大、大改革をされています。
それができた理由は、実は社長に就任される前に、3週間ファミリーマートで研修を受けていらしたからです。
 
そのときに、わからないことや無駄なことが多くて、就任後、すぐに改革に入られます。
例えば、マニュアルは1000ページほどのものを、今日入ったパートの人でもできるように100ページにしました。
これも、この社長が、「現場は難しいなぁ」で終わらずに
「現場は難しいなぁ、ダカラコソデキルコトは何だろう」
とアンテナを立てられた結果です。
 
売り上げは増加!
社長は大人気です。
「ダカラコソデキルコト」をくっつけると楽しいですね。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

40代以上の女性をキャッシュを生み出すことで応援するエグゼクティブクルー株式会社の代表 熊谷留美子です。

 

備忘録

 

バイト中の20才の息子

「最近、お客様が間違ったりしたときに、ごめんなさいと言わないのは、自分自身ができていないからだなぁ」

 

とのたもうた!

 

うれしい!

抱きしめたい!

 

もう、このことがわかれば鬼に金棒!

人生が楽しくなる!

 

20才のときの私は、こんな発想になったことがなかったので、感心のしきり。

 

今晩はあったかいスイトンを食べてもらいました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、キャッシュを生むことで女性の起業家を応援するエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。
 
日経新聞の全面広告
Wacoalさん、かっこいい!
 
起業する女性が多い時代。
個人事業主のようなものでなくて、もっと可能性があるのよ・・・というメッセージに聞こえました。
 
現在、91才のWacoalの大先輩、下田満智子さん。
1955年、仕事場は西陽の射し込む畳部屋だったそうです。
 
「何もないところから始めて、リスクを取って、成功させる」
 
ズシズシと心に響く言葉ばかり。
 
今は、ネットがあり時間の短縮は大幅にでき、
政府も女性を応援している、
女性の役割はどれだけ大きいかは、もう仕事のできる男性は認めている、
 
エイ! ヤッ! としなくてもできる時代。
 
91才の大先輩からのメッセージは、応援歌でした。
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、キャッシュを生む事業を提案し、40代以上の女性がさらに素敵にしていく
エグゼクティブクルー株式会社の代表 熊谷留美子です。
 
野球のドラフト会議があり、それに先立ち、サッカー選手の三浦知良氏が
「自分はどこでもやる」で成長してきた・・・と、素敵なメッセージを日経新聞に寄稿されていましたので
ご紹介します。
 
女性の起業家の方々にも、もちろん、私にも「そうだ!」とうなづくメッセージ。

「これまで下した選択はすべて正解でした。」
 
 

 

 

起業していると、これでいいのかなぁとか、悩んだり、今まさに真っ最中だったり
という方もいらっしゃるかもしれません。

私も、失敗しなければわからないこと・・・だらけでした。

今もその後処理をしながらも、自分がここだけでは譲れないというミッションに沿って
新しいアイディアを形にしつつあります。

「これまで下した選択はすべて正解」

力強い言葉ですね。
後押しの言葉ですね。

サッカーを通して体得されてきたからこその言葉のように思いました。

 

今日の日記に、切り抜きを貼って、何かのおりに見直していきます。

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キャッシュを生む事業の提案をし、40代以上の女性をさらに素敵にしていくエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。

 

びっくり

生理はトイレでするもの・・・、何ですって。

びっくりで、早く知っていればブルーがピンクに変わったのに・・の思いあります。

 

我が家の育児は裸育児で1時間に1回トイレでシーシーしていたら、布おむつは、1才6か月で外れました。 夜もせず、どんなに楽だったか・・、子供はいつも自由でサラサラで楽しかったと思います。

 

おむつはしなければならない

ナプキンはつけるもの・・・、そんな概念をなるほど! と変えてくださる講座です。

遠方からでも聞きにいかれるときっとピンクになる時間が待っているかも!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、
 
キャッシュを生む事業の提案をし、40代以上の女性をさらに素敵にしていくエグゼクティブクルー株式会社の代表の熊谷留美子です。

私、スマホのアプリの「ヤフーニュース」を削除いたしました。
楽天イーグルスの試合の後の記事のコメントも読んでしまうくらいの私でしたが、これも止めました。

ついつい、見てしまう私だったのですが、あることに気づいたのです。
 
そう、ネガティブ報道が多すぎる!
読んだあと、元気になっていない!
それでアプリそのものを削除したのです。
ヤフーの宮坂社長は大好きなのですが、ニュースが今の私にはどうも・・・、なんです。
 
 
やめてすっきり!
と、言っても2,3日はみてしまいましたが・・・。
要は、「楽しく過ごすには?」とアンテナを立てたら、
楽しくなるものは残し、そうでないものは、ごめんなさい、さようなら!
 
 
あれれ?
恋と同じ?
女性は、別れ際があっさりで、バッサリ!
次へGO!だ!
(これは私見です・・・)
 
 
さて、それでも、ちょこっと記事を読むのはやめられない私。
見つけました、ほんわりと、そして元気になる記事のアプリ。
それは、「ほぼ日刊イトイ新聞」です。
コピーライターの糸井重里さんが発行しているアプリの新聞です。
これがなんと広告が入っていないのです。
記事に集中できます。
これがすごい!
 
 
そして、いろんなジャンルの記事が毎日アップされていて、ほっこりしてしまうのです。
ちなみに糸井さん、最近上場されたのですが、なんで? と思っていたら、理由が明確でした。
「自分が死んでも、残せるように・・・」でした。
頭が下がります。
 
 
私は、この「ほぼ日(にち)」の手帳を使っていますが、実に重宝しています。
ちょうど来年の手帳を買ったのですが、それは、こんな記事があったからです。
「ほぼ日手帳の使い方」がいっぱい載っていたからです。
例えば、育児の日々の様子を書いたり、学校の先生が生徒とシェアしあえるように使ったり、実にいろんな工夫が載っていました。
また、ほぼ日手帳をこんな風に使っていますという集まりがあったりして、ユーザーがヘビーユーザーへ変わっていくプロセスなども記事にありました。
内容は実際にみていただくにして、このような1日を楽しむ工夫をどんどん取り入れていきたいと思っています。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、キャッシュを生む提案をし、40代以上の女性をさらに素敵にしていく事業をしています
熊谷留美子です。
 
2018年のビジョンノートを作成しました。
やはり作っているとわくわくしてきます。
 
その一部
 
 

 

もう一つの収入の提案をしています。

そうすることで、例えばサロンの経営をされていたらお家賃分になったりできます。

そのことで、おこさんがいらっしゃる方なら、お子さんの経験をさせてあげられるチャンスが増えます。

 

私自身がとても実際にやってみて楽しかったことです。

 

 

そこで私が高いアンテナを立てていると、そこにビビビときた方とお会いできます。

そのかたは、私が本当に応援したい人なのです。

楽しみです。

私がやりたいこと、詳しくはこちらに書いています。

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キャッシュを生む事業の提案をし、
40代以上の女性をさらに素敵にしていくエグゼクティブクルー株式会社の熊谷留美子です。
 
【空間をつくる】
 
実家の鹿児島の92才の母と2週間ゆっくりと過ごすことができて、その間に本を10冊くらい読みました。
その中で、響いたことは
武田双雲氏の
 
「プロの書道家は、初めに空間を考えてそれから書く」
 
でした。
人生にも空間が必要だと。
 
 
確かに今回、母と過ごした日々は、毎日温泉。
温泉の帰りに、コンビニによって母の大好きなアイスクリームを食べる。
ちなみに、「パピコ」か、「しろくま」です。
チワワのミミと戯れる。
 
 
 
母がお昼寝をしている間に、私も寝ころがって取り寄せた本をなんとなく読む。
すると、実に穏やかに1日がスタートをして、穏やかに終わる。
 
母がミミに怒る姿をみて、
「そんなに怒ることもしない方が楽しいなぁ」
と、ついつい我が息子の顔が浮かんできて、反省。
 
 
息子にも主人にも電話をしなくても、食事をつくったりしている模様。
「土鍋でのお米の炊き方がイマイチだったので、これからは少々水を増やすね」
と報告あり。
そうそう、なにも1から10アレコレ言わなくても、人間工夫するんだなぁと改めて思う。
 
母がなんでも美味しいというので、またまた「次は何をつくろうかなぁ」と自然に思う。
つくらなければならない・・・、なんてない。
 
・ブドウ狩り
・母の実家への数年ぶりにドライブ
・毎日の温泉(台風のときも)(前回までは2日に1回)
・山の見学
・写真館でお葬式用のの写真撮影
 
92才の母はそんなに出かけたくないというタイプでしたが、
おそらくなのですが、私に「空間ができた」から、その空気が楽しいものを醸し出しているのかなぁ。
 
だから、母も楽しんでいく。
そんな感じ。
 
私もアイディアがいっぱいでて、ノートに書き込む。
それを形にすぐにしてくれる人が待っている。
これも素晴らしいこと。
 
ちなみに、不在中に主人が炊飯ジャーを購入。
(我が家は土鍋で炊いています)
えっ~と思いましたが、帰ってから炊いてみたら、なんと美味しいこと。
15年ぶりのジャーでしたが、実に進化していたんですね。
これも、空間作りの一つになりそう。
 
凡人の私は、武田氏もされているように、「意識して空間をつくる」と初めは意識してみようと思いました。
仙台に帰ってから、実に穏やかに過ごしている・・・、そう実験は続いています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)