今日は、やっと今まったり中。

AM6:00頃から出発してちょっと遠出のビーチコーンミグに行ってきました。

高速道路は使わず下道をひたすら走行。

途中の産直で30分休憩&弁当購入して11:30頃の海岸着でした。

 

本当は三連休だった先週に予定していましたが、悪天候で一週間延期していました。

今日に伸ばして大正解の快晴。海も青いです波

 

そして、出ましたジャミジャミゾーン。打ち上げ貝大集合。

ツルピカのものは希少ですけど、探す楽しみ大です。

 

おお、でっかいヒオウギガイ。

綺麗とは言い難いので持ち帰りませんが、インパクトありますね。

 

流木の下でヤクシマダカラ発見!!

とまあ、3時間程、砂浜・岩場を歩き回って良い汗かきました。

 

今日の収穫物。同行のR氏が拾ったものも含まれますけどね。

欲を言えば、ツルピカのものやこれまで拾っていないものをゲットしたかったのですが、それは叶わず。満足度70%でした。

 

帰り道、足湯で疲れを癒やし...R氏は足だけじゃなくスマホまで癒やすという...

ちょっとしたアクシデントに見舞われましたが、まあ良い一日でありました(^_^)v

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD

感情移入

テーマ:

武雄市の宇宙科学館“ゆめぎんが”にて。

 

カスミちゃん、やつと逢えたねラブラブ

などと、ささやき合っているような仲良しのカスミサンショウウオさん。

 

勝手にラブラブな様を想像してしまいます。

 

ところがです。遠くからその様子を見ているこっちの画像を見てしまうと...

なんともやるせない感情が沸いて来る。

 

カスミちゃん、そりゃないぜショボーン

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD

前回の番外編では神社所在地をまとめましたが、今回は無謀にも狛犬分類を試みました。

無謀=よく考えずに行うこと。結果も考えずに乱暴に物事を行うこと。

 

まったく無謀だとは思いつつも、ネットの情報と彼方の個人的鑑賞眼をたよりにこれまで出会ってきた狛犬を分類してみました。

 

なので、仕分けの間違いやそもそも◯◯型という呼び方も勝手につけてみたものまであり、当然ながら学術的な意味や価値もありません。

 

ただまあ、ネット上の狛犬鑑賞の先達の情報はとてもありがたく参考にさせていただきました。やっているうちに一般的に仕分けされている◯◯型と個人的振り分けた◯◯型の混在になってしまいましたが、狛犬その1~400まで分類したのが下の表。

数字は阿吽別々にカウントしています。つまり一対あるものは2とカウント。

結果は無謀の言葉通り、仕分けできない“その他”が約4割を占めましたショボーン

 

そんな中でも割りと分類し易かった佐賀県内で制作されたであろう狛犬さん達はこんな感じ。

 

【肥前狛犬 155体】

佐賀県内の狛犬の素という存在であり、その可愛らしさに癒されてばかりです。

 

【砥川型岩狛 76体】

佐賀県小城市牛津町の砥川地区に存在した石工集団の作で岩に前足をかけた元気な若い印象の狛犬さん達。佐賀市・小城市近郊で最も多く見かけます。

 

【恐竜型岩狛 14体】

恐竜型という呼び方は、普段から参考にさせていただいている狛犬天国様の記述から拝借しています。その力強さ、迫力はまさに芸術作品。

 

【みやき型 30体】

個人的には肥前狛犬の素朴な愛らしさの次にこのみやき型のお笑い系狛犬の好感度が大であります。

 

【塩田型 68体】

塩田型は老成した狛犬って感じでなのと、状態の良いものを見ると尾や髭に細かい毛並みが残っていてなかなか見応えがあります。

 

【唐津型 22体】

やや怒った表情で首をかしげて睨みをきかせているのが唐津型。顔や胸のあたりが特徴的にで他の狛犬とは区別し易いかな。

 

ちなみに佐賀県の狛犬分類についてはコチラで詳しく解説されています。

 

さてと、下の表が苦労してまとめたここまでの分類。

トータル1,346体。

個人的にはいつの間にかこんな数字まで...と驚きますが、ネット上で参考にさせてもらったりする先輩方のレベルを考えると、まだまだですニコニコ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD

うわっ!!

テーマ:

2.14のいただきものです。

なんだか、良いものらしいのですが、アレにしてはラブラブかざりがなくて質素ですね。

この紙包はなんぞ?

もしや、小判小判小判山吹色の菓子小判小判小判だったりするのか?

 

“お主も悪よのうニヤニヤ

キラキラ光る重たいお菓子をもらって言ってみたい言葉だ。

 

恐る恐る紙包みを開けますと...。

 

 

うわっ!!ガーン

とかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげとかげ

かべちょろチョコレート? 滅茶苦茶良くできとるやん∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

うぬぬぅ、お返しどうしてくれよう...。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイドプールにて

2018.1.28BCにて。

 

貝拾いの合間にタイドプール(潮溜まり)を時々観察しています。

 

イソギンチャク発見。

なんて楽しみがありますよ。

 

そんな中、ちょっとわかりにくい画像ですが細長くて青いお魚を見つけました。

タイドプールに取り残された魚にしては割りと大きくて気になります。

手を近づけると石の上に跳ね上がるようにして逃げていました。

そっちに逃げちゃうと打ち上がっちゃうんだけどww

 

あんまり美しい体色だし、良く見たいのでちょっと失礼。

青い模様がキラキラして美しい。

 

体がこんなに細長いのは...なんだろう...キビナゴ?

 

いや、違う。

 

思いついた名前はキビナゴでしたが、たまに食べるあれより随分大きいし体の模様も全然違います。

 

帰ってから調べたら良く耳にする名前のカタクチイワシかな。

判断の決めては目が頭部の前方に寄っていて、口は逆に後方に下がるという特徴。

こちらのサイトさんを参考にさせていただきました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村