先日イオンでヤクルトを買おうとしたら
こんなものが!∑(-x-;) 

ヤクルトカロリーオフ
青ラベルのヤクルト。(右側)

「益力多」のロゴの隣に「低糖」の文字が。


おお、とうとう中国(深セン)にもヘルシー

ブームの波が来たのか!?(*^-^)b

華南人は甘いものが大好きなようで、
いたるところにに甜品(tian2pin3、甘味)

カフェがあり、食事をしながら甘いお茶や

ジュースを飲んでいる人が多いのです…。


衣食住が足りてくると、次はやっぱり

健康・趣味(教養)・娯楽(旅行)などに

向かうんでしょうかねー!?( ̄ー ̄)



中国で頑張る日系食品をご紹介~(その1)

でヤクルトを紹介してから、早や5か月。

ヤバい、日系食品の品揃えも変わっちゃう

かもしれない…。(^o^;)


ようやくの第4段は調味料編です。


一部写真は結構前に撮ったものもあり、

パッケージや値段などが変わっていたら、

ゴメンナサイ。<(_ _)>


------------------------------------

私が深センに来てすぐの頃、バーガーキングで

チキンセットに野菜スティックを頼んだら、

キューピーのマヨネーズが付いてきました。

バーガーキングのサラダ
↑右下の青いパッケージ

日本でキューピーのマヨと言えば赤色キャップ

なのに、青色!?(*_*;)


おなじみのキューピーちゃんのキャラクターの

上には「丘比 沙拉 酱(醤)」。


丘比 (Qiu1bi3)」は「チウビー」。

音で漢字をあてたのだろうけど…!?(^o^;)

沙拉 (sha1la1)」でサラダ。

酱(醤) (jiang4)」は味噌のような調味料ですが、

「沙拉酱(醤)」でドレッシング


※「沙拉汁 (zhi1)」とすることもあるよう。

 「汁 (zhi1)」は、液状のものを指すので、

 「橘子汁 (jyu2zi zhi1)」でオレンジジュース



それはいいけど、 「沙拉 酱(醤)」の下には

香甜味 (xiang1tian2 wei4)」=甘ウマ味!?


案の定、かなり甘いマヨネーズでした…。(-д-;)



↓スーパーでは、こんな感じで売られてます。

赤いパッケージが「オリジナル」。
キューピーマヨネーズ

↑青いのが「香甜味」、緑のは「千島醤」で、

「サウザンアイランド」です。σ(^◇^;)


同じくキューピーのドレッシングは、日本の

パッケージとそっくり。↓
キューピードレッシング
ここに映っているのは、(左上から)焙煎ゴマ味、

シーザーサラダ味、日本風味、ピーナッツ味、

アメリカ甘辛味、生姜風味、イタリア風味の7種。

(左側には瓶入りのマヨネーズも)


当たり前ですが、日本にある「中華味」はない

です。f(^_^;)

※醤油ベースでゴマや唐辛子が入っている。

 日本人がイメージする中国風ってことですね。


私はシーザードレとゴマドレを時々買いますが、

やっぱり日本のものより「甘ーい!」。( ´△`)



まだまだ自宅で生野菜を食べることが

少ないのか、ドレッシングはこのキューピーの

現地生産と、海外からの輸入品しか

見たことがありません。


ハーフオイルやノンオイルなどのヘルシー

ドレッシングが出てくるのは、まだまだ

先のことかな…。(~.~)-3

(日本からの輸入品などではあります)



キューピーはこの他にも瓶詰のジャムや、

レトルトでミートソースなどのパスタソースも

出してます。


でもやっぱりジャムもすっごく甘くて、低糖の

商品はありません。あまり置いていません。


※訂正

后海のイオンにはキューピーの低糖(清甜)

ジャムが置いてありました。m(_ _)m

購物公園と科学館のイオンにはなかった…、

と思う…。


「甘過ぎずおいしい~」に慣れた日本人には、

中国の白砂糖たっぷりの調味料やお菓子は、

ちょっとキビシイです…。(-。-;)



------------------------------------

日本人には絶対欠かせない調味料、

それは(日本)醤油!!!!\(^o^)/

いままでは日本製やシンガポール製(?)

などの輸入品でしたが、昨年キッコーマン

中国生産品の販売を始めました。


「日本と同じ品質の物が安く手に入る」と

いった広告が、日本人向けのフリーペーパーに

載ってました。(*^o^*)


↓こちらの仕様に合わせてか、500mlの瓶入り

食卓用(お試し用?)の150ml小瓶もあります。

キッコーマン醤油150ml瓶
黒いラベルとオレンジのラベルの2種類あります。

(↑オレンジの500ml瓶は売り切れ中)


黒ラベルは「纯酿造(純醸造) (chun2 niang4zao4)」、

オレンジラベルは「鲜醇(鮮醇) (xian1chun2)」。


イオンで新発売キャンペーンをやっていた
時は、オレンジラベルをイチオシ

どう違うのかなー、とラベルを見てみたら、

やっぱり白砂糖が入ってました…。(-_-;)


どんだけ甘いの好きなの!?中国人…。
(=◇=;)


------------------------------------
味噌もありますよ。「竹笙(たけぶえ)」。

フリガナふってないと読めない…。(x_x;)


「笙」は日本語では「ショウ」。

雅楽で使われる竹の笛のこと。(*'o'*)

どういう由縁があるんだろう~!?


でも日本の会社名っぽいものがない…、

と思ったら、裏側に小さく

山東欣和神州一食品有限公司」とありました。


信州味噌2種


ホントに、あの「♪神州一~おみおつけ~」

メーカーかなぁ!?(`ε´)

(※中国に住むと何でもパクリと疑うようになる


ホントでした。σ(^◇^;)


神州一味噌の「宮坂醸造株式会社 」の

事業所一覧には、山東省青島市の

商貿会社しか載ってないけど、


Wiki(莱陽市) にもJETROの資料にも

「山東欣和神州一食品」の名前があるから

大丈夫でしょ~。(^~^)


「み子ちゃん」のキャラクターは使わない

(使えない?)のかなぁ…!?


種類は「赤味噌」、「白味噌」に加え、

「調味白味噌(だし入り)」の3種。


上の写真は、「白」と「だし入り」。

値段が「白」は18元、「だし入り」が31元

(オーレはイオンより、ちょっと高い)

ずいぶん差があるのは何故でしょ?(・・?



そしてもうひとつのツッコミは、裏側に書いて

ある味噌汁の作り方。(3種類共通

(※中国語と日本語で書かれています)


1.鍋に600mlを入れ、煮立たせる。

2.お好みのを入れ、再び煮立たせる。

3.本品60gを溶き入れ、煮立つ寸前に

 火を止め、温かいうちにお召し上がりください。


ダシが入っとらんやんけ~。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


「赤味噌」か「白味噌」を買って、裏面を見て

味噌汁を作ると、「なんちゃって日本食」が

できあがります…。┐(´д`)┌


------------------------------------

日本と似たパッケージの日清のサラダ油。↓
日清オイル1L
油1Lで20~30元は、日本よりちょっと高い

かなー。もっとも物価高&円安でなんでも

高いけど…。(; ̄_ ̄)=3

(右側はひまわり油の健康オイルなので、

 かなりお高いもの)


日本と全然違うのは、↓
日清オイル5L

量!!!!!Σ(;・∀・)

5リットル入りペットボトル

(写真がわかりにくいですが、棚の高さは

 同じなので、ボトルがむちゃくちゃ太い!)


写真、見切れてますが、上部にプラスチックの

取っ手が付いてます。(ぶら下げて持ち帰る)


実は、中国のスーパーの油売場に行くと、

このサイズの方が普通

ウォルマートの油売場
しかも種類も量もハンパない。↑

これを両手に下げて買っていく人も見ます。


どんだけ油使うの!?中国人…。(-。-;)



これだけ見ていると、まだまだ深センには

ヘルシーブームは来ないかな…。┐(´д`)┌


中国駐在員は、循環器疾患が多いとか。

(つまり糖や脂で血管詰まる系ですね)

皆様、どうぞお気を付けください。(TωT)/~~~





------------------------------------
関連過去記事:

中国で頑張る日系食品をご紹介~(その1) ※チルド商品

中国で頑張る日系食品をご紹介~(その2) ※玉子

中国で頑張る日系食品をご紹介~(その3) ※冷凍食品



まだ、続く…かな…。(^_^;)




↓ポチッと応援よろしくお願いしま~す。(→o←)ゞ


人気の中国&深センブログもこちらから↑

AD

コメント(6)