はい、皆大好き(?)メイソウの話題です。

(`◇´)ゞ


メイソウ金光華広場店

2014年春ごろ、深センにもオープンした

生活(オシャレ)雑貨店のメイソウは、

(もともとは広州発祥。名創優品、MINISOとも。)


「日本品質」をうたう割には、ヘンテコな

日本語を記載したり、ロゴやコンセプトが

有名店のパクリっぽかったり、本社とされる

日本の住所が実在しなかったり…。(*_*;)


日本でも報道されて、在中日本人や、

一部中国ウォッチャー(?)の人たちの

間でかなり盛り上がりました。



その頃のメイソウの商品は、すべて10元で

どうみても安かろう・悪かろうのもの。

(しかも怪しい説明の化粧品や洗剤などが中心)


確かに既存の中国製品に比べ、オシャレな

デザインや色遣いのものですが、

日本人が買うほどのものではなかったかと。



が、中国の若者にはそれがウケたようで、

メイソウは中国でどんどん店舗を増やし、

2014年夏ごろには日本に進出。(@_@;)


関連過去記事:

メイソウが迷走をやめた!?でもロゴはパクリのまま


日本では200円~500円程度の商品

扱っているようで、変な日本語表記もなく、

単なる安めの生活雑貨店のよう。



日本進出に前後してか、中国のメイソウでも

ヘンテコ日本語はかなり少なくなり

20元・30元の商品が増え始め、中には

50~60元(約900~1080円)するものも。

Σ(;・∀・) 高っか~。


スマホの外付けバッテリーなど、そこそこ

使えるものも出てきたということで、

日本人でも購入する人が増えてきました。


※安全性に関しては、個々人で十分
 注意しましょうね~。(=◇=;)


中国の電気製品が危険な話。↓

過去記事:

深センの暖房器具(外資系スーパーのマーケティング)



適度なデザイン性や機能と適度な価格

飛びついたのは、中国人も在中日本人も

同じということかな。 ( ̄ー ̄)


それだけ、今まで中国にはこのラインナップが

無かったということですね。

(オシャレで機能の良いものは外国製で高い。

 国産のものは値段に関係なくモノが悪い。)



店舗には、ライセンスを取ったんだか取って

ないんだかビミョーに似てないドラえもんや

ベイマックスなどのぬいぐるみやグッズ

あるのだけど、


日本にも著作権とかコピー品に対する

意識が低い時期があったし、

中国でも時間と共に改善されるのかなー、

と思ってます…。(´・ω・`)



私が引っかかるのは、ビジネス的に

成功しているなら、別に日本を騙らなくて

いいんじゃない?ってとこ。


明らかに嘘っぽい「日本人創設者」とか、

(最近は北欧のデザイナーが増えたよう(笑))

「銀座本社」とか言わないで、堂々と

中国が誇れる会社を名乗ればいいのにねー。

( ̄▽ ̄)=3


と、暖かい目で(?)見守っていたのに、

メイソウ、やってくれました。 Σ(゚Д゚≡゚Д゚)



なぜか、メイソウ大好きの「Nスタ」。(笑)

私が見ただけでも、ここ2年で3回目の登場。


★★報道の内容は、私がうろ覚えで書いているので、

すべてが正確ではないことをご了承ください★★


※写真はTBS「Nスタ」より引用。
中国偽ブランド雑貨内部告発
日本人社員が内部告発!

「日本の店舗で偽ブランド雑貨を販売」


中国人上司に、許可のないブランド品や

キャラクター商品を撤去して欲しいと訴えるも、

聞き入れられない

「会社に服従しろ」と言われ、辞めることも

覚悟して内部告発をしたそう。



報道では「X社」としていますが、

「中国を中心に世界に1000店舗以上あると

いう雑貨店、ロゴがユニクロにも無印良品に

似ていると話題になった」とボカシ映像で説明。


※写真はTBS「Nスタ」より引用。
中国偽ブランド雑貨X社
在中日本人や、「メイソウ」ネタ好きの人には

すぐにわかるよね~。(^o^;)



※写真はTBS「Nスタ」より引用。
中国偽ブランド雑貨違法性
ハロッズと書かれたリボンをつけたテディベア、

ココ・シャネルの名前と住所の書かれたカバン、

海外・日本ブランドのキャラクターそっくりの

グッズなど。


うーん、オバチャンには元ブランドが

わからないものもあるよ…。(-д-;)



弁護士さんの解説では、商標権や著作権の

侵害、不正競争防止法違反などの可能性

あるそう。(~Q~)


これって民事訴訟だから、相手が訴えない

限り犯罪にはならないのかな?

(だから「X社」と言って会社名を出さない!?)


日本品質のメイソウの商品は、ほぼすべて

「メイドインチャイナ」(笑)で中国からの

輸入品だと思うのだけど、


個人は、海外でニセモノとわかっている

ブランド品を買って日本に持ち込むと

即、犯罪だけど、法人はいろいろ違うのかな。

(税関でバレなかっただけ?) (・・?


-------------------------------------

ところで今回勉強になったのは、

偽ブランドと思われたものの内、

問題がないものもあったということ。∑(-x-;)


ネックピローに、ミニーちゃんを連想させる

リボンと水玉模様をつけた商品は、

「権利を侵害するほど、そっくりとは言えない」


完成度が低いとセーフらしい。(笑)


そしてアメリカ映画のアニメキャラクターを

使ったアイマスクは、

「中国で許可を取った並行輸入品」


これは素人では判断できませんね。

中国だったら「正規品」を証明するシール

とかも偽造しちゃうからねぇ…。(-.-;)


-------------------------------------

それは、さておき。(`・ω・´)ゞ


Nスタ取材班は、メイソウ、いやX社の

日本人男性社長と中国人女性幹部に

インタビューを申し込むも、先延ばしにされ。


中国人幹部に突撃取材すると、

最初は「スミマセン、用事があるので」と

早歩きでやり過ごそうとするも、


取材班がしつこく追っかけて質問しまくると

「あなたたちが言ってるのは嘘よ!」

「何も侵害していない、これ以上やるなら

 通報します!」と逆ギレ。\(*`∧´)/


出た!ダメな中国人の十八番。

痛いところを突かれると

(自分の状況がマズくなったら)怒る

☆○=(`◇´*)o



中国では許されるけど(まだ大目に見られるけど)、

今の日本じゃパクリは糾弾の対象

(去年もいろいろありましたね…)(x_x;)


前回の日本出店時のインタビューでは、

中国人の(本当の)創設者(※)が

「批判を受け、改める所は改める」と

言ってたのになー。┐( ̄ヘ ̄)┌


グローバル企業がそれじゃダメでしょ。

都合のいい時だけ「もう先進国だ」とゴリ押し

したり、「まだ途上国だから」と言い訳を

したりする、どこかの国の政府みたい。

残念。(`ε´)


日本では、こういう会社に勤めないように、

こういう商品を買わないように、って

するしかないですね。(*´Д`)=з

(購入層である若い女性に期待~)




-------------------------------------

※今回、メイソウの公式HP を見てみたら、

「ブランド」のトップページに、創設者として

日本人デザイナー共に、中国人若手企業家の

名前が載っていました。以前はなかった気がする。

すでにこの人、中国では成功者として有名のよう。

香港進出時のイベントや広州交易会とかに、

日本人デザイナーと共に登場してるらしい。

(一方的なプレスリリースだから嘘もあるかも)

つーか、この日本人、まだ堂々と表に出てるんだ。

そっちの方がビックリかもね。

あと、アメリカとかイタリアにも出店した

(する予定?)らしい。

お願いだから「日本品質」や「本店銀座」を

外してほしい。

漢字が読めないからいい…のか!?(;一_一)


中国のパクリの話はこちらでも。↓(*゚ー゚)ゞ


過去記事:

中国人はバーゲンがお好き。でもブランドは…???







にほんブログ村に参加しています。o(^-^)o
中国・深センの人気のブログもこちらから。↓

にほんブログ村 トラコミュ 中国 / 中華人民共和国へ
中国 / 中華人民共和国

AD

コメント(4)