明けましておめでとうございます。\(^o^)/


最近ますます更新頻度が減っているのに、

私のブログを読んでくださる奇特な

読者の皆様、飽きずに(呆れずに)

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>


今年こそ日中関係にあまり緊張がなく、

穏やかに過ごせますように…。(; ̄_ ̄)=3

(在中日本人の心の叫び)


-------------------------------------

新年のあいさつをしたのにも関わらず、

昨年のクリスマスの話です。(→o←)ゞ


まあ、深センでの3回目のクリスマスに

作ったディナーの記録として。


※一応洋食を作らないとダンナさまが

少し寂しそうなので…。

(男性の方がロマンチックだよねぇ~)

((w´ω`w))


関連過去記事:

飲んだくれクリスマスディナーと果物人参 (2014-12-28)

「おうちクリスマスディナー@中国深セン」をUPしました。


★2015年12月25日の献立

クリスマスディナー2015
△オリーブ・プチトマト・クリームチーズのピンチョス

△パプリカとセロリのマリネ

○ジャガイモのガーリック炒め(ウィンナー添え)

■サーモンムニエル・アンチョビクリーム

 (ブロッコリー・スナップエンドウ添え)

◎ポンデゲージョ(チーズ味/カレー味)

◎トマトリゾット(玉ネギ・ベーコン・ニンニク)

-------------------------------------


今年は直前に香港に行けなかったので、

ちょっと地味目です。(^_^;ゞ

深センで洋食の材料はあまり売ってない、

 &売っていてもバカ高い


もっと前に香港でゲットしたスパークリング

ワインに合わせて、サーモンをメインにしました。


スパークリングはカリフォルニアのもの。

カリフォルニアの泡は2回目なんだけど、

2本とも甘かった。そういうものなのかな!?


サーモンはイケアのものを使用。

イケアで買うと輪切りじゃないのよ~。ヽ(・∀・)ノ


ピンチョス、といいつつ、単に楊枝に刺しただけ。

お手抜き前菜。(`◇´)ゞ


パプリカ・セロリは深センで年中手に入る

ものなので、マリネは手軽に作れて良いですね。


ジャガイモは千切りにして水にさらさずに、

フライパンで焼くときに押し付けるように

作るのですが、(ガレットってやつかな)


こちらのジャガイモはホクホクしないので、

(デンプン質が少ない)ジャガイモ同士が

くっつかずに、単なる炒め物になってしまった。

(´д`lll)


すりおろしたニンニクとバター・塩・胡椒で

味付け。茹でたウィンナーと粒マスタードを

添えて。ビールに合います。( ̄∀ ̄)

(ほとんど写真に写ってないけど、

 10元で買ったドイツビールも飲んだ)


ほんとうはパスタが好きなのだけど、

作っておいておけないので今年もリゾット

お米は1合なのだけど、玉ネギやベーコン、

トマトの水煮を入れたら倍増。(@_@;)


写真に映っているのは半量。

だいたい4人前くらいできちゃいました。

当然、翌日の夕飯もトマトリゾット…。(^_^;)


今回お初で作ったのが、ポンデゲージョ

以前、テレビのお料理コーナーで

やっていて作りたかったんですよー。


日テレ・PON!

「今すぐマネシピ ポンデケージョ」

http://www.ntv.co.jp/pon/contents/2015/04/20/

こっち↓の方が写真入りでわかりやすいです。( ̄▽ ̄;)

おさらいキッチン「ポンデゲージョ」



本来はタピオカ粉(キャッサバ粉)を

使うらしいんですが、もっとポピュラーな

白玉粉でもOKとのこと。


私の粉のこね方が悪かったのか、

トースターの加減のせいか

ちょっと硬めにできちゃいました。

(焼きたては、もちもちふかふか~(///∇//))


それでも深センにはほとんどない、

もちもち食感のパンが簡単にできるのは、

かなり嬉しいかも~。((w´ω`w))



今年も無事に年末を迎えることができました。

良かった、よかった~。( ̄▽ ̄)=3


ついでにクリスマス・イブはといえば。


★2015年12月24日の献立

クリスマスイブディナー2015
●牛肉とピーマンのオイスター炒め

 (タケノコ・ショウガ・ニンニク)

△里芋とコンニャクの味噌煮(果物人参)

△ホウレン草のナムル(白ゴマ)

▼油揚げ・シメジ・スナップエンドウの味噌汁

◎白米

-------------------------------------


クリスマスイブなのに、がっつり和食です~。

ま、平日ですからねー。(^o^;)


でも中国の「イブ」感、出してみましたよ!?

写真の左上にあるもの。コレ↓

イブ林檎のケース
チップ&デイルのイラストがかわいくて

買ってみました。


箱の上の文字は

圣诞(聖誕)快乐(快楽) (sheng4dan4 kuai4le4)」

=「クリスマスおめでとう」


ハートの小窓から見えますが、中身は↓
イブ林檎とケース
リンゴ。


箱の側面の英語は「Love Christmas」

「キリストのミサを愛する」のはOKなのか?

(^_^;)


中国語は

圣诞(聖誕)平安夜(sheng4dan4 ping2an1ye4)」

「平安夜」で「(クリスマス)イブ」だそう。


クリスマスにリンゴって、西洋の習慣に

あったっけ??(・・?


イブの当日のイオンに行ったら、たくさんの

リンゴが並べられ、店員さんは大声で

リンゴを売り込んでました。


特設リンゴ売場のポップには、↓
イブ林檎のポップ
「我想有个人,在12月24日

平安夜的时候,送我一个

大大的红苹果」


「……、12月24日の

 クリスマスイブの時に、私に一個の

 とても大きな赤いリンゴを贈って


最初の一文が、中国語初心者には難しい…。(~_~;)

「私はイイ人が欲しい」!?

「私は(誰かが)懐かしい」??意訳して、

「私のことを思うなら」かな!?


日本のバレンタインデーみたいに、

好きな人にリンゴを贈るのかなぁ。(~Q~)


ネットで調べてみたら。↓

リンゴ大学「海外レポート★中国ではイブにりんごを食べる★」

(2009年12月23日)

http://www.ringodaigaku.com/blog/2009/12/post-11.html


イブ=「平安夜(ping2an1ye4)」に食べる

果物=「水果(shui3guo3)」だから、

平安果(ping2an1 guo3)」=ピンアングゥオ、


略して「平果(ping2 guo3)」=ピングゥオ。

リンゴは「苹果(ping2guo3)」=ピングゥオ。


って、ダジャレかい~。Σ\( ̄ー ̄;)


平穏無事を祈って、クリスマスイブに

リンゴを食べる中国独特の慣習がある、

というのは別にいいのだけど。



2009年~2011年くらいの情報を読むと、

若者が友達同士でリンゴを贈り合ったり、

自分で買って食べたり、家族みんなで

リンゴを食べているようなのですが、


イオンのリンゴ売り場はハートマークで

あふれ、若い男女の絵柄がついていて、

明らかに恋人同士やカップルに向けて

売っているようなんですよねー。(・・;)


そんな記事も見つけました。↓

中国児童教育援助協会

「平安夜(クリスマスイブ)快楽!」

(2015.12.24)


中国の男性って大変だなぁ~。(-。-;)

一年に何回、女性に贈り物するんだろ…。


なんだか、バブルの勢いで(?)クリスマス

イブが恋人たちのイベントになってしまった

日本の商業ベースの間違った慣習を、


今、中国都市部で再現しているようで、

ちょっと複雑な気持ちです…。ε=(。・д・。)



-------------------------------------

しかも中国の商魂、日本の比じゃないよ。

(-"-;)


生育中のリンゴにシールを貼って、

文字や絵を白く描いたものは、1個

20~30元。(約360~540円)

↑おお、今調べたらすごく元が下がってる!


リンゴに文字がなくても、イブ用の箱に

やラッピングをすると、いつものリンゴ

(約5元)が10~20元。(*_*;)


10元のリンゴを買おうか悩んでいたら、

かわいいチップ&デイルの空箱を発見!


手に取ったら、店員のオバチャンが

1元(約18円)の値札を貼ってくれました。


あ、やっぱり有料よねぇ。f(^_^;)

(日本は、ラッピング無料サービスって

 多いけど)


んで、いつものリンゴ(約5元)を入れて、

イブの夜の食卓に並べたワケです。


おほほ。値段より中身よ~。(ノ´▽`)ノ

箱はとっておいて、来年また使用する予定。

(`∀´)






にほんブログ村に参加しています。

中国でがんばる家ごはん仲間の記事はこちら↓

にほんブログ村 トラコミュ 中国で自炊・家ごはんへ
中国で自炊・家ごはん



人気の中国&深センブログもこちらから↓


AD