先日、スカイプを立ち上げると、

登録してある中国語の先生の欄に

今日は○○さんの誕生日です」と

表示されました。


あ、そうなんだ~。(*^_^*)

じゃあ今度の授業にはプレゼントを

持っていこうっかな~と、思った私。



前日辞書で調べてちょっと練習して、

「○○老師、生日快楽~」\(^o^)/

と、日本のお菓子を差し出して言うと、


私の誕生日は、まだですよ」というお返事。

(・_・)エッ....?



「スカイプにはIDカードの誕生日を

 登録してるんですけど、本当の誕生日は

 今年は3月頃です」


「今年」は?「頃」って!?(*_*;)


先生は自分のスマホを出して何かを

確認して、「今年は3月○日ですね」


なんだかよくわからないのですが…。

(=◇=;)



中国では旧正月を祝うのは当然知って

いましたが、誕生日も旧暦なのだそうです。


え、じゃあ毎年誕生日が違うの?!

覚えられないんじゃないですか??

書類には生年月日を毎年どうやって書くの?


と、いろいろ疑問が。(・・?



どうやらIDカードや正式な書類は新暦

記載していて、毎年変わるわけではないそう。


また中国で発行されるカレンダーは

新暦を数字で書いて、すぐその下に

旧暦を漢字で書いてあるので大丈夫。


新暦と旧暦の日付の対応は毎年違うため、

スマホの変換ソフトもあるよう。

へ~。(~Q~)



でも普段の暮らしやビジネスで使って

いるのは、日本と同じ新暦。

いろいろとややこしくないかのかなーと

思うのですが、(-。-;)


最近は新暦で誕生日を祝う人も増えている

と答える先生は、少し残念そうな表情に

見えました。( ´△`)


どうやら時代や地域によってもいろいろ

違うようですね。(先生は30代)



明治時代に、さっさと(?)新暦に変えてしまった

日本人にはピンと来ないのですが、


古くからの慣習を守るというのは、

(特に誕生日ということもあり)

自分の家族や民族の歴史や誇りなど

背景がいろいろあるのかも~、と思いました。



この二つの誕生日を利用して、

ちゃっかり(?)誕生日プレゼントを2回

もらう若い女の子もいるとかいないとか。


んま、その辺は景気のいいところでは

ありがちなお話ですな。(`∀´)




そうそう、先生に差し出したお菓子は、

その場で一緒にいただきました。(笑)


授業中にお菓子を食べたりお茶を飲んだり

しちゃうのも、中国っぽくてよいですね~。

(*^v^*)


-------------------------------------

※追記

中国の旧暦・新暦について追加記事を書きました。

こちら↓もどうぞ。(^~^)

中国のカレンダー(旧暦と新暦の話)


AD

コメント(2)