First Chance to See...

エコ生活、まずは最初の一歩から。

NEW !
テーマ:
 今年2月にちくま文庫から出た『息子と恋人』の新訳、表紙のターナーにつられて読んでみた。

『息子と恋人』

 D・H・ロレンスはたいして好きじゃないが、フォード・マドックス・フォードが見出した作家という意味では関心がある、というのは、前に別のブログ記事 で書いた。あの時も、純粋にロレンスの小説に興味を持ったからじゃなくて、私の贔屓のイギリス人俳優ロジャー・アラムが朗読するという情報を聞き付けたからだったっけ。

 前回の「菊の香り」は短編、今回は文庫本1冊とは言え、約700ページの大長編である。「恋多きシングルマザーの一代記」かと思いかねないタイトルだが、実の息子たちと、現れては去っていく恋人たちの間で揺れる女性の話ではない。訳者あとがきによると原題Sons and Loversをどう解釈するか、学者たちの間でも意見は分かれているらしいが、もっとも一般的であり、かつ私も同意する解釈は、「息子にして恋人」、つまり自分の息子をまるで恋人のように愛する母の物語である。

 ただし。

 約700ページもの長編小説のうち、主に母親の目線で語られるのは前半部分だけであって、後半はこの小説の真の主人公である次男ポールの目線で語られる。だから、「母にして恋人」なんですな。でも、「母にして恋人」と思っていても、さすがに母と息子の間にセックスだけは持ち込めない。で、ポールは、お固くて真面目な近所の田舎娘ミリエル(ある意味理想の結婚相手だが性的満足は得られない)と、年上の人妻クララ(結婚は不可能だが性的満足は間違いなく得られる)との間で揺れ動く。それでも、母親がポールの心を占める割合が大きすぎ、二人の女性と肉体関係を持ちながらも、「出世してお金を得たら都会に家を買って母と暮らす」とか何とか言い出す始末。

 いろいろ頭が痛い。

 が、母でもないし息子でもない独身女性の私にとって全く理解不能だったかというと、意外とそうでもなかった。むしろ、男子の母となった友人知人たちから、「夫なんかどうでもいい、でも息子のためなら何でもしてあげる(娘はせいぜいその補佐)」みたいな、ぶっちゃけた本音を耳にすることがあまりに多いからだ(こんな本音は、独身とは言えいい歳になったからこそ聞ける)。おまけに、昨今、愛する息子の大学の入学式卒業式は言わずもがな、就職説明会にまで押し寄せる母親たちの姿を見れば、この小説で描かれる程度の母と息子の関係なんてごくありがちなものに思えてくるではないか。

 勿論、実際の小説には、イギリスの階級意識の問題とか地方都市の近代化の問題とか、いろいろ分析できそうなネタがあちこちに転がっている。とは思うけど、私はそこまでロレンスに愛着はないので、後は他の人におまかせ。

追伸/ラストで息子と娘が母親を看取るシーン、ああいうことをするのって違法だよねえ? 自宅介護をしていてああいう心理に陥るのは理解できるけど、実際にああいうことまでやる息子は本当にヘタレだと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ウィーンを代表するチョコレート・ケーキと言えば、ザッハー・トルテ。私は先のウィーン旅行で、

ザッハー・キューブ

カフェ・ザッハーのザッハー・キューブと、

ミニ・ザッハー・トルヒェン

 デメルのミニ・ザッハー・トルヒェンを食べたが、ウィーンにはもう一つ、有名なカフェの有名なチョコレート・ケーキがある。それが、カフェ・インペリアルのインペリアル・トルテ。

 カフェ・インペリアルにも行ったものの、その時はおなかがいっぱいでお茶だけ飲むのが精一杯だった。後ろ髪をひかれながらカフェを後にしたが、ウィーン国際空港ターミナル3の搭乗口そばの免税店でインペリアル・トルテの木箱を見つけて狂喜し、最高気温35℃の成田でチョコレートがドロドロに溶けるリスクを承知で買う。

 ……幸い、家に着いて確認してみたら、木箱からチョコレートが染み出る悲劇は起こってなかった。ほっ。

インペリアル・トルテの木箱



 で、今日、友人がうちに遊びに来てくれたので、ウィーン旅行の名残りの木箱を開けることに。

インペリアル・トルテの木箱の中

 中に入っているのは、「オリジナル」と「モーツァルト・エディション」の2種類。オレンジ風味(?)も入った3種類セットのもあったけど、悩んだ末に2個セットにした——もっと言えば、ウィーン国際空港の免税店では木箱に入ってないただの箱入りも1個単位で買うことができて、木箱入りよりずっと安い。安いんだけど、木箱の魅力に負けた(苦笑)。

 箱の中は、
 
インペリアル・トルテ

 ハプスブルクの紋章付き♡ ちなみにモーツァルト・エディションだと、モーツァルトの横顔だった。

 味のほうは、うん、私はザッハー・トルテよりこっちのほうが好みかも。チョコレートとスポンジが何層にも重なっていて、かなり複雑な風味がある。何より、ザッハー・トルテだとチョコレートが濃すぎて生クリームなしだとつらいが、これなら生クリームなしでも余裕でいけるのも嬉しい。

インペリアル・トルテの切り口

(写真を撮るのを忘れて食べ散らかしてしまったため、断面の写真はヤフーで画像検索して見つけたものを借用)

 友人が帰った後でネット検索してみたら、私が買ったケーキの正式名称はインペリアル・トルテ・ミニヨンだった。切り分けて食べる正式なサイズのインペリアル・トルテの、ミニチュア版という意味か。カフェ・ザッハーのザッハー・キューブといい、デメルのミニ・ザッハー・トルヒェンといい、カフェ・インペリアルのインペリアル・トルテ・ミニヨンといい、それぞれ微妙に異なるネーミングでミニサイズのチョコレートケーキを売り出しているところも楽しいね。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
 J・G・バラードの原作小説 をきっちり読んで予習して、1975年に書かれたこの小説を約40年後の今どう映画化するのか見せてもらおうと思ったら——「2016年ヴァージョンにアップデート」というより、むしろ「もし1975年当時に映画化されてたらこんな感じ」の再現だった。

映画『ハイ・ライズ』

 インターネットも携帯電話もない世界でなければ成立しない話だから、と、言ってしまえばそれまでかもしれないが、多少拍子抜けしたのも事実。2016年に1970年代のフェイクを作る手間はかなりのものだとも思うけど、今それをやる意味がどこにあるのかな?

 とは言え、主演のトム・ヒドルストンを観ていて退屈することはない。服を着ても脱いでもペンキをかぶっても格好いいので、お話なんかどうでもいいや、という気分になった(すまん)。格好良さではジェレミー・アイアンズも負けてないはずだが、いかんせん彼が演じるロイヤルが最高権力者として格好良く振る舞っていられる時間が短くてねえ。ちっ。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。