First Chance to See...

エコ生活、まずは最初の一歩から。


テーマ:

 『マシュー・ボーンの眠れる森の美女』は、前に一度、映画館で映像作品として観たことがある。振付といい演出といいおもしろいアイディアが満載で、これは是非とも生の舞台で観てみたいと思っていただけに、今回の来日公演決定の報に狂喜した。

 

 

 結論から言うと、映像より生の舞台のほうが圧倒的に素晴らしかった——って、そんなの当たり前か(笑)。当たり前なんだけど、メインのダンスに焦点を合わせざるを得ない映像ではどうしてもカットされてしまう、舞台の隅っこで展開している小芝居の類がすごくおもしろいんだもの。特に第2幕、1911年の誕生パーティのシーンでは、召使いの動きをつい目で追ってしまい、肝心のダンスは相当見逃したと思う。

 

 

 話はズレるけど、このシーンで庭に置かれていた巨大な天使像はものすごく気になった。どうしようもなく『ドクター・フー』のweeping angelを思い出すけど、さすがにそれは狙ってないよねえ……?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 第4話でヴィクトリアとアルバートがようやく出会ったと思ったらあっという間に婚約成立、そして今回の第5話では早くも挙式とは。ツンからデレへの展開が早い。

 

 第5話では、アルバートは生真面目すぎてこれまで一度も女性と事に及んだことがないらしく、遊び人の兄が気を効かせて(?)アルバートを娼館に連れて行く、というエピソードが出てくる。でも、アルバートはお相手の女性には事の作法を説明してもらって紙にメモするにとどまり、あくまでヴィクトリアへの貞操を守り抜く。

 

 この話がどこまで史実に即しているのかは知らないけれど、第5話の冒頭、二人きりになった途端にヴィクトリアにキスする辺りの手際の良さ一つ取っても、とてもじゃないがトム・ヒューズのアルバートはそんなにウブでお固い人には見えない。ツンデレのツンで女性をさんざんヤキモキさせた後に突然のデレで女性を完全に虜にする、手慣れた女誑しにしか見えないのは私だけ? 

 

 「そこそこいい歳なのにひたすら真面目でお固い童貞、出自は悪くないものの財力も地位も女王とは比べものにならず、それだけに男としてのプライドというかメンツもあってますます態度がぎこちなくなるが、ともあれヴィクトリアのことはどうやら本気で好きらしい」——10年くらい前のベネディクト・カンバーバッチならこういう男性をものすごい説得力で演じてくれたんじゃなかろうかとつい余計な想像をしながら観てしまったが、そんなことまで考えたのはさすがに私だけですね、はい、反省します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 第4話の冒頭、やっとヴィクトリアはアルバートは出会う。子供の頃に会ったことがあるから厳密には「再会」だが、子供の頃のイケてなかった従兄弟の面影はどこへやら、久しぶりに会ったアルバートはヴィクトリアも思わず見とれるレベルの、たいしたハンサムだった。

 

 

 そりゃそうだ。だって中の人はトム・ヒューズだもの。

 

 それでも素直になれないヴィクトリアは、お付きの女官に質問する。あなたは彼を見てどう思った? すると女官は、"It's not for me to say, Ma'am."と断りを入れた上で、ちょっと照れたような笑顔で断言した。"Then yes, the Prince is very handsome."

 

 私も激しく同意!!!

 

 が、しかし。とびきりハンサムなアルバートは生真面目というか女性慣れしていないというか、ヴィクトリアに対してたびたび「喧嘩売ってる?」としか思えない発言をする。アルバート本人としては、ヴィクトリアからの求婚待ちという己の立場に馴染めない——根はジェントルマンなのに相手に媚びたくない気持ちが働くせいなのか、私の見たところ、ヴィクトリアとアルバートのやり取りは、ツンデレを通り越してマウンティング合戦の様相を呈していた。

 

 あるいは、この見てくれだもの、究極の不器用を装った究極の女誑し、といったほうが正しい?

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。