『ライフ』

テーマ:

普通の人は、自分の半生を描いた小説が世に出ることも、

ましてや映画化されることはないと思います。

 

でも、この野犬(ブログ主)には、

そんなことがありました。

でも意外にもスクリーン・ロールに自分の名前を見ても別にたいして感動もしませんでした。

若かったから、もっといろいろなことがあるだろうと思っていたからかもしれません。

 

 

映画の中で、野犬の役を演じてくれたのが真田弘之さん。

日本映画ですが、ほぼ全編英語でした。

 

で、先日、その真田さんが出ているハリウッド作品を観ました。

 

 

『ライフ』っていう映画→オフィシャルサイト

 

まあ、ぼつぼつ面白い作品でした。

あーなって、こうなって、こうなるんだろうなって筋が見えすぎる点がマイナス要素です。

 

だけど、真田さんの存在感ありましたね。

英語もうまくなった、あ、失礼。

野犬なんて、もう英語わすれそうです、だから日々勉強をしていますよ。

でも話す機会がないと、あとから身に着けた言葉はどんどん離れていきますね。

その点真田さんは、英語がある環境に長いから上達していくのでしょう。

 

真田さんと、野犬は誕生日が同じ、

歳はちょっと違うけど同世代です。

映画を観ていて、自分のことも含めて、

なんか歳取っちゃたんだなって感じてしまいました。

 

 

 

AD

書斎『こだま』

テーマ:

以前に、仕事に行くのに次第に家を出る時間が早くなっていることを記事にしました。

過去記事

 

あまった時間で名駅周辺を散歩していると書いています。

でも、例のアキレス腱炎になってからは散策もできずにいました。

 

結果早い時刻の新幹線に乗ってしまったり、

でも、仕事場にあまり早く到着してもね。お給料増えないしね。

 

それで最近利用しているのが、

『こだま』

各駅停車なので、目的地にはいつも使っていた『ひかり』とほぼ同時刻に到着します。

 

長いこと新幹線に乗っていて何がいいのかって、

まず、ゆっくりとコーヒーを飲みながらラップトップを開いて、

世界の動きを確認しつつ(笑)

ビジネスメールを確認したり(滅多に来ていないけど)

明日のブログ記事を書いたり(せっかちだから)

あるいは原稿を書いたり(一応文筆業もしているから)

あとは語学とか医学の勉強もたまにしています。

 

野犬(ブログ主)は、

お仕事モードの時は背広にネクタイ姿なので、

他人の目にはバリバリのビジネスマンに見えることでしょう(笑)

 

『こだま』は空いているし、

以前みたいに使い古し車両じゃなくてN700のアドバンスで、

まあ、快適な朝の書斎になっています。

 

一つ面倒なのは、

こだまには車内販売がないこと、

アツアツの新幹線コーヒーが買えません。

なので乗車前に買わないといけない点ですね。

AD

『小夜子』

テーマ:

月に2回ぐらいのペースでお仕事をさせていただいている岐阜の病院。

ご飯が美味しくないです。

 

基本的に当直医のご飯って、

患者さんと同じおかずです。

ただ量が増してあります。

 

なので、薄味です。

 

そこで対策として、

小夜子のキムチを持って行っています。

東海地区の人はわかると思いますが、

小夜子という人が作ってくれたわけではなくて、

お漬物の会社です。

 

野犬(ブログ主)は、

スーパーでいろいろ売っているキムチの中で、

 

 

小夜子のウマかキムチが一番だと思います。

コンブだとか魚介が豊富に使われています。

 

ほんと『うま味成分』って偉大です。

AD