2009年04月16日(木)

何も、やる気がしない・・

テーマ:情緒不安定 パニック障害

五月病、実は、四月病?



・新しい年度がスタートしたものの、恋愛も仕事もうまくいかない・・


・春を迎え新入社員や新入生も期待と希望を抱いて入職・入学したものの、

 ゴールデンウィークを明けてから急にやる気がなくなってしまった・・


・恋愛や夫婦の悩みを引きずっており、情緒不安定だ・・


などなど、不安を抱えたり悩んだりする、いわゆる“五月病” がそろそろ懸念される時期です。


五月病に対する防護策を予防医学者であり、弊社のサポートを業務も行っている


「医学博士 川上智史」先生に話を聞いてみました。



Q:五月病とはどんな病気ですか?


A: 五月病と言う医学用語は、実際にはありませんが、


五月になって突然、脱力感を得てしまうことで、抑うつ状態になったり


無気力になってしまったりするものを総称して五月病と言います。


原因は多義に渡りますが、新社会人であれば、


まだ学生気分が抜けずに、さらに四月に新入社員として入ってもなかなかその環境になじめず、


入職してから一ヶ月間のストレスが一気に放出されてしまい、


自律神経のバランスが崩れてしまうことで不安や抑うつ状態に陥ってしまうものと言われています。


そこにゴールデンウィークが挟まれることでこれまでのストレスの解放感から


もう会社に行きたくないなどの気分になってしまいます。



Q:では具体的にどのような症状が出てくるのか?


A:最初は精神的なものとして不安や焦燥感など、


身体症状としては胃痛や吐き気など消化器系の症状が認められることが非常に多いです。


実はこれらは徐々に体が蝕まれていくことで、実際には最初は自覚していないのですが、


ある一定レベルまで到達するとそれら症状を呈してしまいます。


コップに水を徐々に入れていくと最終的には水があふれ出しますよね?


まさしくそのあふれ出した瞬間が、自覚してしまう瞬間となるのです。


五月病とはいいますが、四月から徐々に蓄積されていくものですので、


言い換えると「四月から徐々に始まる病」とも言えます。


早い段階で、ある程度自律神経のコントロールをすることが重要となってきます。



Q:では、具体的な対応策にはどのようなものがあるのか?


A:一番は、仕事や生活に対して楽しみを見つけ、


なるべくストレスを溜めないようにするのが一番かと思われます。


ですが、実際には「こんなはずじゃなかった」とか


「自分のやりたいことはこんなことじゃない」などという方も多いでしょう。


入職したばかりだから・・


新しい年度が始まったばかりだから・・など、


頑張らなければいけないことだらけの時期かもしれません。


そのような時はせめて家にいるときくらいはリラックスするようにしてください。


例えば、家では自分の好きなことに没頭する、アロマなどでヒーリングをする、


その他、自律訓練法などの自己催眠と言った方法もあります。


いくつか模索して自分自身に合ったものを見つけてみてください。



ということでした。


五月病は目に見えないものだけに厄介ではありますが、


知らず知らずのうちに溜まっているストレス・悩みを発散させることが大切なようです。


ストレス解消の一つの手段として、我々に電話やメールで相談することが挙げられますので、


お気軽に今の胸のうちをお聞かせ下さい。




AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。