2009年03月30日(月)

大事な人を大事にしなかった

テーマ:後悔 離婚 失恋 別れ 浮気

無料のメール相談 無料の電話相談  大事な人 大事にしなかった後悔



大事な人を、もっと大事にしていれば・・後悔・・


自分にとって大事な人ほど、その大切さに気付かなかったりするものです。


「別れてから、あの人の大切さが分かった・・」


とよく耳にするのは、まさしくそのパターンではないでしょうか。


長い時間一緒にいればいるほど、知らず知らずのうちに相手に依存してしまうのは


仕方のないことなのでしょう。これは女性に限らず、男性も同じです。


別れてから思うのは、


●一番大事な人なのに、いつも仕事上の付き合いを優先してばかりだった


●一番大事な人なのに、いつもさびしい思いばかりさせていた


●一番大事な人なのに、喧嘩してばかりだった


●一番大事な人なのに、子供のことばかり気にかけてた


●一番大事な人なのに、気持ち(精神状態)を分かってあげてなかった


●一番大事な人なのに、全て後回しになっていた


などなど、振り返れば振り返るほど、自分がとってきた行動を悔やむことになるのです。


まさか、別れ話なんかしてこないだろう・・


みんなそう思っていたはずです。むしろ、そんなことすら考えず、安心しきっていた方や、


相手から別れることなんてない、と強気でいた方も多いのではないでしょうか。ですが、現実に、


「もう終わりにしよう・・」


と言われたとき、「えっ!?冗談だよね・・」という感情とともに、


「どうしてっ?何が悪かったの?全部直すから・・」


という下手(したて)に出た言葉を発しているのが実情です。


殆どのケースにおいて、相手は昨日・今日に別れを決意したわけではありません。


少しずつ不満を抱え、少しずつ溜め込んでいたわけです。


従って、別れ話をされている真っ最中に、言い訳やこれからの改善点を並べたところで、


時すでに遅し。


ということになるわけです。


これまでの付き合いの中で、いろいろと悔やまれるところがあるのであれば、


先ずは相手の立場になり、別れを半分認めることです。


半分(表向き)認めつつも、関係の修復を狙うわけです。


むやみやたらに別れを引き止めるのは得策ではありません。


引き止め方によっては、相手の気持ちを完全に冷ましてしまう要因にもなりかねませんから。



これからは、大事な人を失ったことによる、大きな未練感情や後悔を原動力に、


これ以上、後悔をしないためにも、あなたができる全てのことにチャレンジしていきましょう。


いや、そうするしか道はないと思います。







AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。