復縁屋・別れさせ屋 無料相談20年のACgroup 三島社長ブログ

復縁屋 別れさせ屋ACグループ 無料相談アドバイス・助言集の三島ブログ 方法や料金、成功確率、口コミ評判、復縁屋の仕組み解説します 元彼氏彼女、夫妻(夫婦関係)との失恋浮気 既婚者の彼氏と奥さん不倫略奪愛 エーシーグループ成功の鍵・伝家の宝刀


テーマ:

リストカット 失恋リストカット 別れリストカット リストカット


恋愛の悩み(浮気・別れ)から、自傷行為



恋愛・夫婦の悩みを抱えたまま過ごしている方の中には、心のどこかに誰かに愛されたい、自分を見て欲しいという理由もありながら、リストカットという自傷行為をされる方が少なくありません。そのリストカットに関して、下記を参考にしてください。

リストカットとは

自分の手で故意に行われ、死に至ることがなく、社会的に認められない、身体を害する行為を自傷といいます。この自傷という言葉は範囲が広く、爪噛みやピアスなどよく見られるものから始まって、より重大なものまで様々です。死に至ることがない、というのはたまたまそうだっただけで、自殺企図がある場合も含みますし、自傷を繰り返すことで実際に死んでしまう場合もあります。その自傷の中で特に自分の手首を刃物で傷つけるものは「リストカット」と呼ばれます。リストカットは1970年代ごろより増え始め、現在では高校生、中学生にも広まっています。

リストカットが起こる場合

リストカットはほとんどの場合、リストカットだけで起こることはありません。例えば過食や拒食、非行、万引き、アルコールや薬物の乱用、リストカット以外の自傷や自殺企図などを伴っています。そしてご本人は多くの場合、抑うつ気分、厭世観、希望のなさを感じています。時には周囲の人や社会に対して失望や怒りをもっていることもあります。また、リストカットは精神的な病気と共に生じることもあれば、そうでないこともあります。よく見られる精神的な病気として、PTSD、境界性人格障害、摂食障害、解離性障害などがあります(これらについてはまた別のところで取り上げる予定です)。

リストカットの背景

なぜリストカットをするのかは人によって全く異なり、場合によっては正反対の理由で行う方もいます。例えば、現実感を取り戻そうとして行う方もいれば、逆に現実から離れるために行う方もいます。あるいは他の人に自分の辛さをわかってほしいために行う方もいれば、逆に自分だけの秘密を持つために行う方もいます。死にたいと思って行う方もいれば、生きるために行う方もいます。他にも意識をトランス状態に変化させるためだったり、疎外感や空虚感から抜け出るためだったり、自分がバラバラになっている感じをつなぎとめるためだったり、コントロールできないような感情を抑えるためだったりします。また、外傷体験を受けている方は、その外傷を「自分が悪いからだ」と感じて自分を責めるためだったり、その外傷的な場面を自分で能動的に繰り返すことで乗り越えようとする努力の表れだったりします。

リストカットへのカウンセリング

こうした様々な背景を持つリストカットですが、一つの共通する特徴があります。それは「他の方法では自己表現をすることが難しい」ということです。そのため、カウンセリングの中でリストカット以外の方法で自己表現ができるようにしていきます。

具体的には自分の感情を言葉にできるようにします。感情を言葉にすることができないためにリストカットという行動によって処理していると考えることができます。しかし実際にはリストカットをする方の感じている感情というものはとても激しいもので、言葉では表現しきれないような場合もあります。

そこで言葉以外の、イメージによって感情を表現する場合もあります。イメージとは、芸術作品だったり、夢だったりします。そうしたイメージの中に自分の言葉にならない感情がこめられていることを発見し、自分のこころの中に収めていくのです。そうすることで、リストカットという行動をせずにすむようになっていきます。

リストカットの持つ意味


リストカットに限らず、様々な自傷行為は、昔は祭りなどで社会に認められる形で行われてきました。例えば成人式や宗教的な儀式などです。そこでは自傷行為は様々な象徴的な意味を担い、それによってその人の存在そのものが社会的に変わったものとみなされ、その人自身も以前とは違ったこころの状態になっていたと考えられています。しかし現代ではそうした祭りは失われてしまいました。ユング心理学的に考えると、そのために人々は自分でそうした祭りを作らなくてはならず、その一つとしてリストカットが利用されたと考えることもできます。しかしながら現代ではそうした努力に関わらず、リストカットがその人の存在を変えることはありません。自傷行為の持つ象徴的な意味がもはや失われてしまったからなのです。そのため昔だったら社会が自傷行為に持たせていた象徴的な意味を、カウンセリングの中で夢や芸術に現れる個性的な表現の中に見出していくことが大切になります。それによってリストカットに頼らずにこころの状態を変えていくのです。

■リストカットする側に多い例

・失恋や離婚による寂しさから、相手に自分の存在を分かってもらうためにリストカットをしてしまう

・失恋や離婚の苦しみに耐えられず、リストカットをしてしまう

リストカットされる側に多い相談例

・相手が自殺をほのめかしたり、自傷行為をするので、別れたいのに、別れられない

・出来る限り、相手を傷つけずに別れたい

上記のような相談、悩みをお持ちのお客様は、どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

復縁・別れさせ屋ミシマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「自傷行為 リストカット」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。