私は、ハワイに対してのイメージを


常夏の島で気候は温暖で一年中過ごしやすい所・・・


ここは、まさしく楽園・・・と


こんなふうに思っていました。


ハワイに着いた時にまず目に付いたのが、


ハイビスカスの花とやしの木です。


いたる所に咲き乱れていて


心が、癒されました。ニコニコ


こんな風景は、ハワイ独特のものです。


こんなすばらしい光景は、今までに


見たことがないほどでした。


それは、それはすばらしいものでした。クラッカー


そして・・・最初に連れて行かれた場所は、


日本人観光客ばかりでした。


お店の店員さんは、流暢な日本語を


話す人ばかりです。ニコニコ


「日本語が、上手ですね」


と話しかけると


「はい日本には、○○年住んでいました」


という人もいました。


今思えば日本人観光客の為にいかに


色んな努力をしていたのかという


ことを感じました。


もしかしたら・・・ここは日本?


日本のハワイ市?


というくらい・・・そんな錯覚さえしました。


飛行機に7時間も乗ってはるばる


ハワイまで来たというのに・・・飛行機


それぐらい日本人観光客が、多かったのです。


違う所といえば・・・お金が円では、なくてドルを使うという事。


最初は、ドルの使い方がわからなくて


紙幣しか使っていなかったのですが、


コインの種類と値段を書いた紙を


お店の人がくれたのでその紙を見ながら


コインの使い方も徐々に慣れてきました。


そしてハワイでの生活?


も少しずつ慣れてきた頃


現地のガイドさんと出会いました。


その方の話によると・・・


ハワイの人たちの生活は、


決して楽な生活では、ないという事。ガーン


ハワイの人たちは、みんな働き者だということ。


一生懸命働いてももらえるお給料は、


そんなに多くは、もらえないということ。


そして殆どの家庭が、夫婦共働きだという事。


私は、ガイドさんからこんな話を聞いて


どこも同じなんだな!ガーン


と思いました。


日本人だってみんながみんな裕福では、ないです。


お金持ちもいればそうでない人もいっぱいいます。


いえいえ・・・裕福な人は、ほんのごく一部なんです。


みんなそれぞれが、せいいっぱい頑張って働いて


お金を貯めてやっとハワイに来ているんですよ。


とガイドさんに言いたかったのです。


我が家も決して裕福では、ないのに・・・


今回のハワイ旅行には、大金をはたきました。¥


次女の結婚式とはいえ・・・


こんなに大金をはたいてまでも


みんなで行く必要があったのかな?


と今更になって自問自答しております。


でもすんでしまったことを後悔してもはじまらないのです。


それはそれで楽しい思い出が出来たので


よし!としましょう。


そしてガイドさんは、話を続けました。


ハワイには、ホームレスの人が、確か?


5000人いると言っていた。

(人数が、違っていたらごめんなさい)


そのうち子供の数は、1200人とも言っていた。


これは、今ハワイにとって深刻な問題です。


と言っていました。


あんなに過ごしやすくて楽園だと思っていたのに


こういう隠れた問題が、潜んでいたなんて


全然知らなかったのです。ショック!


ハワイのガイドさんから


こんな深刻な話を聞かされて・・・


私は、しんみりと考え込んでしまいました。


何処の国の人達も一生懸命働いて


その生活を支えているのです。


私は、今回始めての海外旅行に


行く事が出来ましたが、夫への不満はさておいて・・・


子供や孫達と大勢で行く事が出来て


ほんとに嬉しかったし有難い事だと思いました。


夫への感謝の気持ちも込めています。


今この幸せをかみしめながら


今後の生活にも何かいい意味で


生かせたらいいなと思っています。


ハワイのたびを終えて・・・


思ったことです。合格





AD

ハワイ旅行・・・その6

テーマ:

ハワイ時間の7月16日は、


私達(夫と私、長男一家、長女一家)が、


日本に帰る日でした。


次女夫婦は、新婚旅行も兼ねているので


まだあと2泊しました。


私達の楽しかったハワイの旅もあっという間に


終わりを告げようとしていました。


いざ帰るとなると寂しいものです。しょぼん


そしてまたいつの日にか・・・


ハワイに来れたらいいな~と思いながら


私達一行は、ホノルル空港へ向かいました。バス


ここでは、充分に時間があったので


みんなそれぞれが、思い思いに過ごしました。


飛行機が、すぐ近くに見えたので


私は、孫達と一緒に記念撮影をしました。カメラ


夫はというと・・・


実は、たばこがないと生きていけないくらいの


喫煙かです。 タバコ


今回の旅も何処へ行ってもたばこ、たばこ・・・です。


姿が、見えないなと思ったら


たばこを吸いに行っていたのです。タバコ


私達は、空港で順調に手続きを終えたので


あとは、飛行機に乗るだけという時に


夫は、たばこを吸いたいと言って


長女夫婦を誘っていました。


でも空港内では、たばこが、吸える場所はありません。禁煙


夫は、空港の外で吸うように言われたみたいで・・・


長女夫婦と一緒に空港の外で


たばこを吸ってくるから~


と言って三人で行ってしまいました。


でも・・・私達は、待てども待てども


夫と長女夫婦が、帰ってきません。ガーン


まだかな・・・まだかな?


と待っていましたが、全然姿が見えません。


私達は、もう待てないと思って


飛行機に乗るゲートの近くまで行きました。


すると


「まもなく飛行機の扉を閉めますので


○○さんと○○さんと・・・・さんは、お急ぎ下さい」あし


と言っているでは、ありませんか?


夫と長女夫婦の名前を呼んでいるのです。


私は、急に不安になってしまい


またまた夫に対して腹が、たちました。プンプン


すると向こうから長女の夫が走ってきているのです。


「はやく、はやく・・急いで」


と言うと・・・


「パスポートとチケットがないと空港内に入れないのです


お父さんの分を下さい」


長女の婿さんが、言うのです。


婿さんは、夫の分を取りに来てくれたのです。


長女夫婦は、ちゃんと自分達のパスポートと


チケットを持って出ていたので


すぐに空港内に入って来れたようなんですが、


夫は、それを持って出なかったので


入ってこれなかったようです。


パスポートとチケットは、大事な物だから


常に私のバックの中に一緒に入れていたのです。


そして急いでそれを長女の婿さんに渡すと


婿さんは、もうダッシュで夫を迎えに


行ってくれました。あし


そして何とか間に合う事が出来たのです。


ふう~   ガーン


こんな訳で夫には、最後の最後まで


腹立たしいことばかりでした。パンチ!


飛行機を乗り遅れたら大変です。


そして何とか間に合って無事に飛行機に


乗れることが出来ました。


hebereke一家のハワイ旅行は、


こうして幕を閉じました。


おわり~


ハワイ旅行・・・その5

テーマ:

ハワイに着いてから4日目(7月16日)は、


次女夫婦と船に乗って釣りを楽しむ事にしました。船


釣りの予約は、前日に次女夫婦が、していてくれたので


当日は、次女の泊っているホテルに行って


そこから迎えの車に乗って港まで行きました。


そこには、いっぱいの船が並んでいました。


船には、確か・・・・さしみと書いてあったような気します。


次女の話だと・・・


釣れた魚は、すぐに料理をしてその場で食べられるよ~


と言っていたので私は、すごく楽しみにしていました。


船に乗ると乗務員の方が、すぐに


みんなにお昼ごはんのカレーを配っていました。


船の上でいただいたカレーがおいしかったこと!チョキ


ところが、次女夫婦は、すぐに船に酔ったようで


椅子の上に座っていてもぐったりとしていました。


すると一緒に乗っていた日本人のグループの人が、


酔い止めの薬を次女夫婦に渡してくれました。


「近くを見ないで遠くを見るようにして・・・」


と教えてくれました。


その薬を飲んでからは、次女夫婦も何とか


大丈夫のようでした。


私は、周りの景色を見て楽しんでいました。


そして自分に酔っていました。


どういうことかというと・・・


夢にまで見たハワイに来ている・・・


昨日は、無事に次女の結婚式も終えて・・・


子供や孫たちとも一緒に来られて・・・


見える景色といえば青い空、マリンブルーの海・・・


なんて素敵なんでしょう!クラッカー


遠くに見えるのは、ダイヤモンドヘッド・・・


そしてパラグライダーをしている人たちがいる・・・


近くには、ヨットが、行き来している・・・


そんな光景を見ていると・・・


あ~ここは、まさしくハワイだ!


と思うと・・・何ともいえない


幸せな気分に酔っていました。ニコニコ


そして次女夫婦には、


「最高の贅沢をさせてもらってありがとう」アップ


とも言いました。


ハワイの海で釣りをしている自分がいる。


こんな贅沢は、今までにしたことがないというぐらいの


贅沢を味わっていました。


夫はといえばのん気に釣竿をたらしています。


けれどいっこうに釣れる様子はありません。ガーン


次女は、魚を一匹釣りました。


でもこれは、大きさが、基準に達していないみたいで


乗組員の人は、その魚を海に放していました。


私は、そんな気分に浸りながらのんびりと


海を眺めていると一緒に乗っている人達が


がやがやと騒ぎ始めました。


英語でしゃべっているので何を言っているのか


よくわからなかったのですが、


「ドルフィン」 


という単語だけは、わかりました。


すると夫は、いるかがいると言うのです。


見るとすぐ近くには、いるかが、泳いでいるのが見えました。


「うわぁ~ほんとだいるかが泳いでいる。」


一緒に乗っていた人たちも一斉にそちらの方を


見ています。


これもまた感激です。音譜


そんな風景を見ていると私のとなりにいた


子供さんが、なにやら魚を釣り上げました。


魚の名前は、わからなかったのですが、


大きかったのです。うお座


結局時間になってもこの子供さんの


釣った魚が、一匹だけだったので


魚を料理して食べると言うのは、出来なかったのですが、


私は、とてもいい体験をさせてもらいました。


それで・・・無事に港まで着くと


次女夫婦とも別れて私と夫は、一旦ホテルに戻りました。


私達は、ぐったりと疲れていたせいもあって


ベッドで寝込んでしまいました。ぐぅぐぅ


そして目がさめてみると外は、もう暗かったのです。


次の日は、もう帰る日だったので


私は、明日のバスの乗り場である


ホテルを確認しておきたかったのです。


そして寝ている夫を起こしました。


そして私が、色々と夫に話しかけたのですが、


ここでまたまた夫は、知らん顔です。ショック!


一言も口を聞かないのです。


私は怒りが爆発しました。


「何とか言ったらどうなの!」


「うるさいな!だったら行けばいいんだろ」パンチ!


何でも自分の思うようにしないと気がすまないのだから」


と夫は、こんな事を言ったのです。


私としては、別に夫に指図するつもりはなかったのです。


ただ・・・夫の考えを聞きたかっただけなんです。


それなのに・・・何も言わずに黙っているのが


許せなかったのです。パンチ!


そして


「いいよ~じゃあ私一人でホテルのある場所を


確かめてくるから・・・」


とそう言ったのです。


ハワイに来てからもう4日目ともなると


この近辺が、詳しくなっていたので


別に夫と一緒でもなくても・・・


ひとりで行けるから・・・とそう思っていました。


こんな調子でまた夫への怒りが


爆発してしまいました。メラメラ


そして明日は、いよいよ日本へ帰る日です。


そこでまた夫への怒り・・・です。


つづく~



ハワイ旅行・・・その4

テーマ:

ハワイに着いてから三日目(7月15日)は、


いよいよ待ちに待った次女の結婚式です。ベル


私達(夫と私、長男一家、長女一家)の泊っているホテルから

 (朝食、夕食抜きの低料金のホテルです)


次女夫婦の泊まっているホテルに行く為に

 (新婚旅行も兼ねている為豪華なホテルです)


その日の朝は、頑張ってみんな早起きしました。


次女は、ホテルでウエディングドレスを着てから


教会へと向かいました。


あの胴体のながーーーーい車である


リムジンが、迎えに来ました。

(次女夫婦が乗る車です)


私達親族は、マイクロバスに乗って


その後に着いて行きました。


運転手兼バスガイドさんのようで


教会まで行く道中に色んな話をしてくれました。


この方は、流暢な日本語で話して下さいました。


♪~この木なんの木・気になる木~


名前もしらない~木ですが・・・  ♪


という歌を知っていますか?


この木が、もうすぐ見えてきますよ。


木の名前は、「モンキーポット」と言います。


または、別名で「アメリカンねむの木」とも言います。


と教えて下さいました。


私達は、ガイドさんの話を聞きながら


あーホントだ!テレビで見た時のあの木とおんなじだ!


とか興奮しながら見ました。目



へえ~ここにあったんだ!


とかそれぞれが、口々に感激していました。クラッカー


そして窓の外を見ていると素敵な木が、


あちらこちらに見えてきます。


その木には、色とりどりの花をつけています。


「シャワーツリーという名前ですよ。」


その木には、黄色い花やオレンジの花が、


咲いていてとても見事に咲き誇っているのです。


黄色い花は、ゴールデンシャワーです。


オレンジの花は、レインボーシャワーです。


と教えて下さいました。


ハワイは、雨季と乾季があって


今は、乾季の時期なんです。


この花は、今の時期しか見られないんですよ。


とも教えて下さいました。


なんて・・・ラッキーなの!クラッカー


こんな素敵な木を見たのは、初めてでした。


私達には、聞きなれない花の名前なので


何度も丁寧にその花の名前を教えてくれたのです。ニコニコ


車は、どんどん郊外に向かって走っています。


45分間のドライブを楽しんだ後に


真珠湾が、見えてきました。


そしていよいよ次女が、結婚式をあげる教会に着きました。


Ko Olina Chapel  


という教会です。


その場所は、海が見える教会で


とても素敵なところにありました。


部屋の中に入ると挙式の前に


ビデオを見せられました。


花嫁の父である夫は、


次女とバージンロードを一緒に歩く役目があります。あし


そして誓約書にローマ字でサインをすることです。


花嫁の母である私の役目は、


キャンドルに火をともす役目です。


キャンドルには、ろうそくが、3本あって


右側の火を新郎の母親がつけるのです。


そして左側の火を新婦の母である私がつけるのです。


そして真ん中にあるひときわ大きいキャンドルには、


新郎新婦が、一緒に火をともしたのです。


海外ならではの演出に感動しました。合格


このことは、前日に次女から言われていたので


失敗のないようにとくれぐれも


注意をうけていたのです。ガーン


そして当日式が、始まりました。


バージンロードを夫と次女が、腕を組んで入場です。


夫は、長女の時もバージンロードを歩いているので


今回で2回目です。


このしあわせもの~


娘が、いてもなかなか2回もは・・・


歩けないぞ~


と私は、心のなかで思いました。


そしてバージンロードを歩いてきて


新郎とバトンタッチをしようという時に


夫は、次女のベールをめくって


「○○(次女の名前)・・幸せになるんだよ!」


と言ったのです。


長女の時には、こんな事は言わなかったのにね・・・


これも海外ならではの演出なんですね。


式が始まると同時に私は、すでに涙ぐんでいたのですが、


このシーンを見てからもどうしようもなく


ジーンときてしまってダメでした。


涙・涙・涙・・・でした。しょぼん


なんともいえない感動につつまれたまま


始まった海外での挙式です。


長男と長女も教会での結婚式をあげましたが、


3人が、それぞれの伴侶を得てこうして


結婚式をあげたという思いが、重なってきて


言いようのない感動を味わっていました。


神父さんは、日本語で丁寧に一字一句


読み上げてくださって二人に優しく微笑んでいるようでした。


そして・・・挙式は、感動のうちに幕を閉じました。


それからは、教会の外に出てみんなで


記念写真を撮りました。カメラ


教会の外は、すぐ海が見えるので


海辺では、海水浴を楽しんでいる人々が


いっぱいいました。


私は、そんな場所にいた自分が、


まるで夢の中にでもいるような


錯覚を受けました。


このことをずっと忘れないでいよう!


この思い出を大切にしよう!


とそう思いました。


次女夫婦は、この結婚式をあげるために


一年前から計画していて実行できた事は、


本人達が、一番うれしかったと思いますが、


私達親族にとっても生涯忘れる事の出来ない


いい思い出となりました。


長男も長女も何年か前に結婚式を


挙げたのですが、次女の結婚式を見て


自分達もまた新たに頑張ろうという!


気持ちになってくれたらいいなと思いました。


そして無事に式を終えた私達に


次女夫婦は、お祝いの席を用意してくれていました。


ここで出されたお料理が、またおいしかったこと!


私が、頼んだ飲み物は、ハワイならではの


ココナッツとオレンジとかあと忘れたけど


色んな果物が、ミックスされたジュースを飲んだのですが、


これがまたすごくおいしかったです。ワイン


みんなで楽しくお料理を頂いた後は、お開きとなって


また帰りのバスに乗り込もうとしたのですが、


長女夫婦は、どうしても・・・


リムジンに乗ってみたいという希望があって


帰りは、次女夫婦と長女夫婦4人で


リムジンに乗って出発です。


れんくんとかいちゃんは、私達と同じバスに乗って帰りました。


こんな感動につつまれた結婚式を


次女夫婦が、挙げられて・・・


この挙式にかかわってくださった


みなさまに感謝、感謝の気持ちでいっぱいです。


ありがとうございました。音譜


そして次の日は、次女夫婦と一緒に


船に乗ってつりを楽しんだのです。


つづく~







ハワイ旅行・・・その3

テーマ:

ハワイに着いてから二日目(7月14日)も


子供達や孫達とは、別行動です。


前日の疲れもあったせいでその日の朝・・・


起きた時刻は、午前10時ごろでした。


夫には、何を話しても


「・・・・・」   なので


一日の行動は、すべて私の思うままです。


旅行会社のカードで乗れるトロリーバスに乗って


さあ~出発です。


今日一日は、買い物三昧とおいしい物の食べ歩き~


私の組んだ日程に夫は、ただ付き添うだけです。


こんな夫・・・つまらないでしょう。しょぼん


ほんとうは、夫婦で楽しく会話をしながら


ハワイを満喫したかったのですが・・・


ハワイに着いて最初に連れて行かれた場所で



買い物をしました。


ハワイについてまず目に付いたこととは、


現地の人が、アロハシャツを着ているということです。


このアロハシャツが、ここの風土と気候に


ぴったりとマッチしているのです。


私達もハワイ二日目ということで・・・


どうしてもアロハシャツが、ほしくなりました。

(夫には結婚式で着る為に買う必要があったのです)


いっぱい色んなアロハシャツが、あって


迷いましたが、お店の店員さんは、


日本語が、上手なので日本にいるのと


錯覚しそうなくらいごく自然に買い物が出来ました。


そして一枚買うと次から次から買うようにと薦めてくるのです。


そして買った物は、夫のアロハシャツと


私のアロハシャツ(女物があるのです)


そして帽子です。帽子


私は、どうしてもハワイで素敵な帽子がほしかったのです。


常夏の島なので素敵な帽子が、あると思っていたので


わざわざ日本からは、帽子は持っていかなかったのです。


そして思ったとおりの素敵な帽子がありました。


そして私達は、買ったものをすぐに身に着けました。


アロハシャツを着て帽子をかぶって・・・


気分は、もう最高です~クラッカー


着ているものでこんなに気分が変わるんですね。音譜


そしてお昼は、ランチバイキングを食べました。


ここがまた・・・日本人の為にあるような場所で


並んでいる食べ物は、日本のレストランにあるような


物ばかりでした。


風通しのいい素敵な場所でランチをいただいて


最高の幸せを感じました。


しゃべらない夫と二人でも・・・


楽しいひとときを過ごせたのですから


不思議です。あせる


午後からは、また違うショッピングセンターに行って


そこで買い物三昧でした。


そして夕方の5時ごろだったでしょうか・・・


一日すっかり疲れ果てた私達は、


ホテルに帰ってゆっくりしようと思って


トロリーバスを待っていました。


が・・・そんな時に


次女から   携帯 が入りました。


「お母さん!明日の結婚式には


ムームーを着るよね。」


「ううん、ワンピースを日本から持ってきたので


それを着ようと思うのだけど・・・」


「えー 話が違うじゃないの!パンチ!


ワンピースに決めたのだったらどうして教えてくれないの」


「○○ちゃん(新郎くんの名前)のお母さんは、


こちらに来てすぐにムームーを買ったんだよ!」パンチ!


「あら~そうだったの。悪かったね。私もムームーを


買おうと思ったのだけどワンピースでもいいかなと


思って・・・」 


「だったらそう言ってくれればいいのに・・・


全然教えてくれなかったでしょう!」 パンチ!


次女とは、こんな会話を交わしました。


とにかく電話でずっと怒っているのです。


私としては、結婚式に着る服を迷っていたので


事前に次女から新郎のお母さんと同じ服装に


する為に意見を聞いていました。


そして迷った末にハワイでの結婚式だから


やはりムームーにするよ・・・


と次女には、そう報告していたのです。


そんなことをすっかり忘れてしまっていた私は、


次女と新郎くんのお母さんに悪いと思ったので


「じゃあ今からすぐにムームーを買いに行くから


心配しないで・・・」


と次女に言いました。


その時刻が、午後6時ごろだったのですが、


まだ外は、充分に明るかったので


最初にアロハシャツと帽子を買った店に戻りました。


そこのお店のほうが、私に似合いそうなのが


あったからです。


そしてその店に着くとまた次女から 携帯 です。


「あのね、どんなのを選ぶのか心配なので


○○ちゃん(長女とお嫁さん)にも一緒に選んでもらって!」


と言われたのですが、なにしろみんな別行動だし


この場所まで来てほしいなんて言えません。しょぼん


とにかく時間があまりなくて私は、あせっていました。あせる


次女は、注文がうるさいのです。


結婚式に着る服装が、変だと嫌だなと思ったのでしょう。


次女は、とにかく変なムームーだけは、


買わないでほしいと何度も私に言ったのです。ガーン


結婚式に着るムームーをさがしていると言うと


お店の人は、一生懸命探してくれました。


そして私にも似合う素敵なムームーを


選んでくれたのです。


でも私は、あれこれみせてもらったせいで


どれにしたらいいのか迷っていました。


そして次女に 携帯をして聞いてみました。


でも電話では、うまく伝えられなくて・・・


迷っているとお店の人は、


商売上手ですね。


夫にも私とおそろいの柄のアロハシャツを


薦めてくれるのです。


「結婚式に着るムームーなら旦那様と


お揃いにするようにと薦めているのですよ。」


とそう言われて・・・私は、


そうだ!


これなら次女に文句を言わせない!


という確信がもてました。合格


そんな訳で大汗をかきながら


必死の思いでさがしたムームーです。


私達夫婦は、このおそろいの柄のを着て


明日の結婚式にのぞんだのです。


つづく~



ハワイ旅行・・・その2

テーマ:

ハワイに着いた日は、7月13日の午前9時ごろでした。


飛行機の中では、ほとんで眠る事ができなかったので


誰もが、眠たそうな顔をしていました。


みんな疲れが、ピークに達していました。


でもホノルル空港に着くと


旅行者の用意してくれたバスに乗ってバス


アロハタワーという場所に行きました。


そこでまず一番にしたことは、


ハワイで使える携帯電話を借りる事にしました。


このことは、ハワイに行く前から


次女に


「ハワイで使える携帯を借りるので


支払いは、カードでできるから必ずカードを


持って行ってね。」


と言われていました。


このことは、長男にも長女にも夫にも伝えていました。


そして


私達夫婦に  携帯


長男夫婦に  携帯


長女夫婦に  携帯


次女夫婦に  携帯


借りるようにしていました。


まず借りる為には、契約書に必要事項を


記入しなければいけません。メモ


次女は、早速その用紙に記入していました。


次に夫が、記入しました。


私は、当然長男も長女もその用紙に


記入するものだと思っていました。


そして何を思ったのか知らないけど・・・


夫が、


「これは、3台分借りれるのか?」


と私に聞くのです。


「ひとりずつ借りるのだからお父さんの


分だけ記入すればいいんじゃない」


と言うと夫は、


「長男と長女の分も一緒でいいよ」


とか言うのです。


すると次女が、


「それは、いいけどカードでの支払いが


3台分の支払いになるよ。」


と言うのです。


「それは、おかしいのではないの?」


ちゃんと長男と長女には、自分達で契約するべきでは?」


と言うと夫は、急に不機嫌な態度になりました。プンプン


そしてしぶしぶ・・・というか


疲れきっていた長女が、契約をし始めたのです。


そして長男も契約をし始めたのです。


私は、夫の行動にあきれるやら


腹が立つやらです。 パンチ!



次女は、ちゃんと自分で申し込んでいるのに・・・


長男と長女の分だけ何故?


私達が支払わないといけないの・・・


と思ったのです。


どこまで長男と長女を甘やかせばいいの?パンチ!


と夫には、言ってみたけど


夫は、


「払ってやればいいじゃないか!」むかっ


の一点張りです。



ハワイに着いたばかりでこんな喧嘩を


するつもりなんてなかったのに・・・しょぼん


その場は、一気に気まずい雰囲気になりました。あせる


でもちゃんと長男と長女もそれぞれで


契約をしました。(当たり前です)ガーン


まあ~ひともんちゃくありましたが


一件落着です。


そして・・・次女は、


「ここからは、みんなそれぞれ別行動をしよう」


と言うのです。


長男と長女は、小さい子供を連れているので


一旦ホテルに行ってゆっくりしたいと言って


ホテルに行きました。


次女夫婦は、行きたい場所があるみたいで


ふたりでさっさと行ってしまいました。あし


さあ~残された夫と私は、


何処へ行ったらいいのか困りました。叫び


さっきの携帯電話のことでまだ


夫とは、気まずいままです。


でもせっかくハワイに来たのだから


楽しまないと損です。クラッカー


そう思った私は、旅行会社からもらった


案内にクーポンが4枚ついているのを見ると


それには、


船で2時間クルーズ・・・というのがありました。


時刻は、まだお昼頃だったのでたっぷりあります。


早速船の乗り場を聞いてみたら


今からすぐにでるので急げば乗れる


と教えてくれたのです。


あっ!ここは全部日本語が通じたので


なんなく船に乗ることが出来ました。船


そして船に乗るとすぐに出航です。


ハワイについてすぐに夫とは、喧嘩をしたけど


今は、こうして夫と船の旅を楽しんでいるのです。


夫は、子供達と一緒に行動をしたかったようですが、


それぞれが、別々の家庭を築いているのだから


私達夫婦が、何処かの家庭に入ろうなんて


思っては、いけないのよ!


と夫には、言ってみたものの・・・


夫には、この言葉の意味が


まだわからないでいました。


のちにまたまた夫と喧嘩をすることになります。


つづく~




ハワイ旅行・・・その1

テーマ:

7月13日の金曜日は、


hebereke一家が、全員揃って


ハワイに旅立つ日でした。飛行機


この日は、台風が沖縄にやってきていると


天気予報では、言っていたせいもあって


朝からどんよりとした曇り空でした。


私は、気持ちが高ぶっていたせいもあって


早く早くと息子を急がせて


成田に向かいました。車


飛行機に乗る時刻は、夜の8時55分だというのに


私と夫と息子夫婦とりくちゃんは、


早々と成田に着いた時刻は、午後の2時でした。時計


成田では、いっぱい時間があったので


私達は、そこで昼食をとったり見学をしたりと


のんびりと過ごしました。


飛行機の発着を目の当たりにして飛行機


いよいよ・・・これに乗るんだな!


ということを実感しました。


午後の6時になると・・・


長女一家4人と次女夫婦が、やって来ました。


全員集合です。


総勢11人での賑やかな旅の始まりです。音譜


荷物のチェックを受けたり


出国の手続きをしたりと


とにかく飛行機に乗るまでには、


色んなことをクリアーしなければ


なかなか乗れません。


海外旅行をするのは、大変だと思いました。あせる


そして午後の8時を過ぎてから


やっと飛行機に乗ることが出来ました。


飛行機の中は、狭くて3人がけの椅子でした。


この中で7時間近く過ごして寝なければ


ならないのかと思うとちょっと苦痛だなと思いました。


でも機内食が、2回でるとのことで


気を取り直して クラッカー


飛行機での旅を満喫しようと思いました。


定刻になると飛行機は、


いよいよ離陸の準備を始めています。


私は、気分が最高潮でした。 アップ


家族みんなでハワイに行けるんだという


最高の幸せに浸っていました。


そして飛行機が、安定してくると


第一回目の食事が運ばれてきました。ナイフとフォーク


そうそう・・・これが夢だったの!


機内食は、どんなのがでるのかが


今回の旅行の楽しみのひとつでした。


和食を頼んだのですが、


これがおいしかったです!


夫は、お酒を注文していました。


「お父さん、飛行機の中でお酒が


飲めて幸せだね」


「・・・・・・」


夫婦で交わす言葉がないまま・・・


こんなやりとりが、のちのちに


夫と喧嘩をすることになります。しょぼん


私だけが、盛り上がって舞い上がっていました。アップ


そしてお腹もいっぱいになったので


眠くなってきました。ぐぅぐぅ


孫達3人は、狭い空間でなんとか


くつろいでいるようです。


ニコニコニコニコニコニコ


7時間という時間は、長いですが、


ハワイに着くまでには、辛抱です。


そしてうとうとしたかなと思ったとき


ふと・・・窓の外を見ると


明るい光が差し込んできました。晴れ


場内アナウンスでは、


「順調に飛行を続けてまいりました・・・


まもなくホノルル空港に着陸いたします。」


(確か?こんなような内容だったと思います。)


やったあ~


いよいよ待ちに待ったハワイに到着です。


空港に着くと日本時間では、


午前4時ごろなんですが、


ハワイでは、7月13日の朝9時ごろだったのです。


本当は、眠っている時刻なのにぐぅぐぅ


ハワイでの時刻にあわせるために


動かなければいけません。


私達一向は、疲れた体で空港での


手続きをすませました。


空港では、係員の人が、


「子供・子供を連れた人は、こっち~」


と私達家族を見て呼んでいます。


息子や娘は、小さい子供達を


連れての旅行ですから


その係員のいる方へと進みました。


小さい子供連れの人を待たさない。


という配慮があったのです。


なんて親切な国・・・


という感動を受けました。


そしてやっとの思いで


ハワイに入国できました。


そしていよいよハワイでの旅が始まりました。


ところが・・・


ハワイについたとたん


怒りが、爆発しました。


つづく・・・・



ただいま~

テーマ:

ただいま~


hebereke一家は、昨日の夜遅くに


ハワイの旅から帰ってきました。


今は、時差ぼけとかいうのを・・・


実感しております。


通常の生活に戻るまでには、


まだ少し時間がかかりそうです。


怒りあり・・・プンプン


笑いあり・・・ニコニコ


涙あり・・・ しょぼん


のとても楽しい旅行でした。


疲れがとれてきたら少しずつ


更新したいと思います。