言わぬが花

テーマ:

ここのところ毎日暑くて暑くて


お盆の疲れもでてきていたので


何をする気にもなれず


ブログを書く気にもなれないでいました。


お盆の間に色々考えることがあって


私は、姑だと言うことを


実感したのかもしれません。


私は、まだ嫁の立場だから


お嫁さんの気持ちがよくわかるだけに


言わないでいいことは、


極力言わないできました。


それでお互いがいい関係を築いてこれたと


思っているから・・・


できればこれからも言わないですむ事は


そうしようと思っています。


でもお盆に娘達がやってきたときに


自分の子供という安心からか?


娘とキッチンに立ったときに


普段私が、気になっていることを


娘に聞いてみたのです。


台所でやる仕事のあれこれの


やり方を聞いてみたのです。


すると娘は、私と同じ考えでした。


「私もお母さんと同じようにやっているよ。」


と言うのです。


「でもそれをお嫁さんに言っては、駄目よ!」


と娘に言われました。


みんなそれぞれが、自分のやり方でやっているのだから


もしそれを注意でもされたら


いい気持ちがしないから・・・


と娘は、言うのです。


そうですね。虹


私ももし姑から自分のやり方を押し付けられて


注意でもされたら嫌な気分になるし


反感して同じようには、しないと思うのです。


ほっといてほしい・・・


私は、私のやり方でやるのだから


となってしまうと思う。


娘は、二児の母親になってから


実にたくましくなっていた。


台所仕事もてきぱきとこなしている。


まだ嫁に行く前には、何にもしなかったのに


結婚して子供を産んで育てているし


しっかりと母親をやっています。


私と対等に話ができると言うのが、


嬉しかったのです。


暫くは、こんな他愛もない会話なんて


出来なかったのですから、変な親子でした。


でもこうして


娘と話ができたと言うのが嬉しかったですね。


私は、お嫁さんと同居しているので


私のやり方を押し付ける気はないし


お嫁さんのやりやすいように家事をこなして


くれればいいと思っています。


「言わぬが花」


うちの姑ももう少し相手に対して


こういう考えがあったのならば


私ももう少し姑に歩み寄れたのかもしれませんね。







AD

お盆には、我が家に子供達が勢ぞろいしました。


といっても今ではみんな結婚しているので


総勢で11人になります。


なんといっても食事の時が大変でしたね。


いつもは、お嫁さんに何でも相談しているのに


娘二人が来ているとなると


自然に娘に話しかけている私でした。


娘に頼みやすい・・・からなんでしょうか?


娘も気がついたことは、


自分から進んでやっていたし


自分の実家という安心感もあったのでしょう。


娘が、我が家にやって来る日に


ちょっと考えることがあったので


私の心は、尋常ではなかったと思います。


娘の気持ちを思うと


どうしても娘のかたをもちたかったのだと思います。


そしてこのお盆をどう乗り切ろうかと


私は、そればかりを考えていました。


そう思うと嫁にいった娘のほうが


何故かよく見えてきて


いつも一緒に暮らしている


お嫁さんのことをしばし忘れていました。


お嫁さんも気がついたことは


率先してやってくれたのです。


でもたまに来る娘のほうが愛しく感じてしまうのは


どうしてなんでしょうかね?


そんな時自分は、姑だということを


実感してしまいます。


お嫁さんに頼むことよりも


娘に頼みやすい・・・


お嫁さんをきづかっているようでも


実は、娘といる時の方が楽しい・・・


と感じてしまうのは、何故なんでしょうね。


この先同居していても


こんな風にまた思ってしまうのだろうか?


息子夫婦に感謝しているのに


文句のひとつも言いたくなるときもあるのです。


でもそれを言ってしまっては、


何もかもがおしまいになるので


それは、言わないでおこう!



強制送還

テーマ:

14日間という日にちは、私にとって


とても長く感じられました。


親なのだから大事にしてあげたい!


親切にしてあげたい!


というそういう感情が今回もわかなかったのです。あせる


姑が我が家に来てからというもの


私のいらいらが募るばかりでついに


大声を張り上げてしまいました。


「そんなに人のすることをじっ~と見ないで!」むかっ


「・・・・・見てないよ」


という姑の言葉・・・


私のすることなすことをいちいち見られていて


それがたまらなく嫌だった!


私の言った言葉に腹を立てた姑は、それからは


「家に帰る」


と言うようになった。


どうして私が腹をたてているのかわかるよしも無しです。


丁度先週の金曜日に息子夫婦が、義妹宅の近くに


行く事になっていたので


ついでに姑もそれに便乗して帰ると言い出した。


金曜日の晩には、単身の夫が帰って来たので


みんなで 「最後の晩餐」 をしました。


その夕食が終わると


姑と息子夫婦とりくちゃんが出かけていきました。


姑も一緒に帰ってくれてホッと一安心です。


やっと長い苦痛から開放された気分でいっぱいでした。虹


姑は、うちに来たときに必ずと言っていいほど


お金をばら撒きます。


それもかわいい孫である息子に渡します。


馬鹿な息子は、ほいほいとそれを受け取ります。


私は、姑からお金を貰うほどいやな事はありません。


息子にあげたあとに必ず私に向かって


「○○ちゃんにいくらいくらあげたの」


と言うからです。


そんなに恩をきせるのならくれなくて結構です。爆弾


以前うちに来たときに私の出した食事の事で


姑から文句を言われたので私は、意地でもお金を


受け取りたくありません。


そのときは、・・・・円もだしたのにこんな食事しかださない!


というような事を言われたからです。


お金をだせば相手は、喜ぶ!


と思っている姑からは、お金はもらいたくありません。


親を喜ばせるのにお金ではなくて


心から親孝行しているのを実感したいのに


姑に対してそれが出来ないのが心苦しいです。


お金で人の心は、買えないのです。


そんな姑は、お金を息子に渡しながら


「8月にも来るから迎えに来て」


と言っていました。


そんな先の先を考えている姑です。


8月なんてこなければいいのに・・・・


気持ちよく姑を迎えられる日は、あるのかな?



人の話を聞かない姑

テーマ:

夫と姑は、昨日の朝早くに○○へ出かけていって


夜遅く帰ってきました。


でも姑は、きれいに布団のシーツまではがしていって


自分の荷物も全部持っていったので


帰りは、そのまま義妹宅(同居しているので)へ帰るものと思っていたのです。


それで義妹へ 携帯 をしてみたら


「まだまだ片づけが終わらないから駄目だよ!」


と言って断られた。


○○という場所は、帰る途中に義妹宅があるので


そちらへ帰ったほうが自然だと思うのに


義妹に断られてしまったのです。


それに折角夫と私で姑の部屋を片付けたというのに


その部屋にまた荷物をおいてしまったと言う。


ガ~ン。。。。。。。


どういうことなの!


まだまだ片付かないし・・・婆ちゃんが帰ってくると


余計に片付かないから困る・・・と言うのです。


なあんだ~姑は、自宅へ帰るつもりで出かけていったのに


そんな訳で向こうで受け入れてもらえないので


またこちらへ帰って来たというわけです。


今朝もいつもの朝と変わりなく姑は、朝早く起きてきた。


お嫁さんは、昨日の夜から熱を出していて今朝は起きられなかったのです。


あんなに遠くへ出かけたのにもかかわらず


姑の元気のよさには、びっくりしてしまいます。あせる


夫は、昨日さすがにつかれたようで


今日赴任先へ戻るのにゆっくりと起きてお昼前に


やっと向こうへ戻っていった。


私は、りくちゃんの相手をしながら犬の散歩のことも気になっていたので


夫にりくちゃんを頼んで しっぽフリフリ の散歩に出かけました。


そして帰ってきたら


姑が、洗濯機を回しているのです。


「何をしているの?」


「自分の服を洗濯しようと思うの」


「みんなのと一緒にすればいいので脱いだ服をいれといてくれれば


いいから・・・」


「・・・・・」


そんな会話を姑としましたが、


姑には、洗濯を一緒にするから自分のだけを


洗わないで!と言っています。


でも私の言う事は、いつも聞かないです。爆弾爆弾爆弾


自分の少しばかりの服を洗うために全自動の洗濯機を回します。


毎度毎度姑がうちに来るとこの洗濯のことで喧嘩をします。


いや、私が勝手に腹をたてているだけかもしれません。むかっ


相手の姑は、言われても知らん顔ですから・・・


義妹宅でも洗濯のことでいつも喧嘩をしていると言うのです。


姑は、どうして?


自分だけの少しの物を洗うのかしら?


不思議で仕方がないです。


昔から姑の性格だから言っても聞かないのはわかっています。


でも他人どおしが、お互い仲良く暮らすのには、


ルールというものがあるのです。


そのルールに外れたことをすると


義親子関係がなりたたないのです。


まして今うちは、親子四世代が同居しているので


一人の勝手なことをする人がいる為に


ストレスをかかえてしまいます。


げんにお嫁さんが熱をだしてしまいました。しょぼん


お嫁さんもりくちゃんのことで姑にかなりのストレスを


かかえていたようです。


私も精神的にかなりまいってしまって


息苦しくなっています。


こんなわがままで頑固な姑にだけは


なりたくないです。




やきもち・・・かな?

テーマ:

先週の金曜日に夫が帰って来たときから


姑は、息子にぴったりとくっついていた。


そう!そんなに息子の事がかわいいのね!


夫は、そんな母親がうっとおしくて離れているというのに・・・


姑は、夫に頼みごとをしていたようです。


「ねえ~3日には○○へ連れて行って~」


「・・・・」


見ていると夫が姑の夫と勘違いするほどに姑は、夫の事を頼りにしています。


別にね!親子だからいいんですけどね。


○○は、姑の生まれ故郷である。


このところ姑は、用事を作っては、せっせと○○へ出かけている。


夫は、姑に用事を頼まれると嫌と言えなくて


今日わざわざ休みをとって二人で出かけています。


朝5時に出るというので私は、知らん顔をして寝ていました。ぐぅぐぅ


行きたければ勝手に二人で行けば!


なかばやけっぱちです。


あっ!これは、夫に対してのやきもちではありません。あせる


そしてゆっくりと起きて コーヒー と 食パンを食べていた時の事です。


隣の部屋は、姑がいつも寝ていた部屋です。


パンを食べながらふと隣の部屋を見ると


姑の布団が、きちんとたたまれていたのです。


そしてその上には、シーツがはがされていたのです。


これは、何を意味するのかと言うと


「布団を干してシーツを洗濯してくれ」


ということなんです。爆弾


姑は、口で言わないで私の神経を逆なでするような事を


いつもしてしまいます。


シーツを洗濯してほしければ口で言えばいいのにむかっ


姑は、肝心なことは言わないでいつもこんなことをします。


お嫁さんに聞いたら


「どうしてこんなことをするのでしょうね?」


とびっくりしていた。


まったくいつもこんな嫌味なことをするのです。


今日は、天気も悪くてシーツを洗うどころでは、ないのです。


朝から嫌なことがあると一日中嫌な気分になってしまいます。むっ


姑は、先週の


金曜日に夫が帰ってきてから息子を占領しています。


息子にぴったりくっついて離れません。


姑は、結婚して間もなく自分の夫と死に別れているので


息子が、きっと夫代わりなんでしょう。


そんなに息子がかわいければあんたに息子をあげるから!


と言いたいです。


息子は、姑の良いところしか見ていないので


私が姑を避けているのをよく思っていません。


だったら息子であるあんたが一日中姑とくっついていてごらん?


姑が朝から晩までどんな事を言って


どんな事をしているのかよ~くわかるから・・・


姑は、ずるいんです。爆弾


息子には、自分のいい部分しか見せていないのですから。


姑が長生きをしている間は、


ずっとこんな葛藤が続くのかと思うとやりきれないです。






みんなでお出かけ~

テーマ:

今日は、朝から 晴れ でとても暑い日でした。


いつもどおり しっぽフリフリ の散歩をすませてから


我が家に戻ってくると家の中が騒々しいのです。


なんだろうと思って中に入ると姑が テレビ を見ていました。


なんとそのボリュームが 22 でした。


いつもだとボリュームは、11で見ていますから


かなり大きい音でした。


音が大きいと余計に暑く感じてしまって


つい怒鳴ってしまいました。


「婆ちゃん!補聴器はつけてないの?」


「・・・・・・」


私が、大きな声で聞いたものだから


姑は、しぶしぶ補聴器  耳をつけてきました。


以前補聴器を24万円もして買った!


と自慢していたのに・・・


つけていないと意味がないじゃないの!


あああああああ~また姑に対してイライラしてしまいました。


こんな自分をどうすれば抑えられるの?


自分でも情けないくらいに姑に対して敵意をもってしまいます。


気分を入れ替えてみんなで買い物にでも


行ってみようかしら?


そう思ったら早速お嫁さんに頼んでみました。


お嫁さんは、気持ちよく OK してくれました。


うちからは、少し遠いショッピングセンターへ行く事にしました。車


姑と私とお嫁さんとりくちゃんとで出かける事にしました。


姑は、足が悪いのですが出かける事は大好きなんです。


お嫁さん達とは、行動を別にして


私は姑と一緒に歩く事にしました。


姑は、足が悪いので私につかまって歩いています。


私は、自分の洋服と靴が見たいのでそこへ行きました。


姑は、私のそばにぴったりとくっついて


「いいのがあったら買ってあげるから~」


と言うのです。


私は、嬉しくなって自分がほしいのを探しました。


でもなかなか気に入ったのが見つかりません。


姑は、色々見つけては、私にあいそうなのを選んでくれるのですが、


なにしろ83歳の姑が選ぶものは、好みが違うのです。


そばにいてあれこれ言われるとゆっくりみられないので


姑を一旦椅子に座らせておいて


私は、ゆっくりと洋服を選んでいました。


それから靴売り場には、姑と一緒に行きました。


今まで家にいて姑の事がうっとおしくて仕方がなかったのに


今は、こうして一緒に買い物に来てほしい物を


選んでいるのかと思うとなんだか不思議な感じがしました。


外へ出るということは、気分をかえることができて


気持ちがすがすがしく感じてしまったのです。


姑が、なんだか愛しくなってきて


元気なうちにいろんな親孝行をしてあげよう。


と言う気持ちになってきたのです。


自分の親は、早くに亡くなってしまったけど


まだこうして親孝行する親がいるというのは


いいもんです。


お昼ごはんは、りくちゃんとお嫁さんと一緒に食べました。


みんなでお買い物もたまには、いいですね。


お嫁さんに連れて行ってもらって感謝です。


姑があと何日我が家にいるのかわかりませんが、


うちにいる間は、なるべく我慢・・・・


いや親孝行をしなければ・・・


と思いました。





四世代の同居

テーマ:

姑が我が家に来てからまだ5日目だというのに


私の体調が段々悪くなっています。


毎度のことですが、息苦しくなってくるのです。


姑が、ひとりでしゃべりはじめると


もうたまらなくそれが嫌で嫌で~


うるさく感じてしまうのです。


姑のしゃべる言葉と言うのが、この地方独特のなまりがあって


それを以前から聞いているとはいえ耳障りなのです。


私は、違う県出身なのでこの土地の言葉はしゃべれないのです。


ひ孫のりくちゃんが遊んでいる様子を実況中継するものだから・・・


それを聞いていても少し黙ってみてろ!


と思ってしまいます。


こんな時微笑ましい光景だと思って


私もおおらかになればいいのでしょうけどそんな気持ちになれません。あせる


姑は、誰かを捕まえてはしゃっべっていないといけないタイプです。


私とお嫁さんは、普段は必要な時以外はあまりしゃべりません。


でもそれでお互いがいい距離を保っていて


助け合いたい時には、助け合うという感じで


今までやって来ました。


姑が、我が家にやって来てから家の中が乱れ始めています。


それは、私が姑に対していやだと言う事をはっきり伝えてるからです。


私の行動をお嫁さんも見ているわけですから


将来お嫁さんに同じようなことをされても仕方ありません。


姑が我が家にいる間は、せいいいっぱいもてなそう。


親孝行をしよう。


そんなふうに思っていても心は裏腹でなかなかうまく実行できません。


駄目な私です。


姑、私、お嫁さん・・・みんなそれぞれ血のつながりはありません。


でも女の人は、こうして家庭を守っていって


血のつながりのない人たちとの生活が苦痛でも


続けないといけないのかもしれませんね。



姑に優しくなれない~

テーマ:

姑は、今朝お嫁さんに頼み込んで買い物に連れて行ってもらっていた。


私は、みんないなくなった我が家で家事を終わらせて


のんびりとパソコンに向かっていた。


そして時計を見るともうお昼になっていた。


急いでお昼ご飯の支度をしようとキッチンに下りていった。


すると出かけていた姑とお嫁さんとりくちゃんが、帰って来た。


姑は、私に


「お米と卵と小麦粉と食パンを買ってきたよ」


と言ってそれを一個ずつ私に手渡した。


あ~あまたいつもの品物だ!


姑が買い物に行って来て必ず買うものといえば


米と小麦粉と卵である。


これらは、私も主婦としてきらさないように


充分用意しているのだ。


それにパンは、朝焼きたてが食べられるように焼いているのです。


どうせ買ってきてくれるのなら


普段食べられない高級品のほうがいいのですが、


姑は、こういう安い品物しか買ってこないのです。


でも姑は、自分が世話になっているから・・・


とでも思うのか?


いつもこれらを買ってくる。


私は、お昼ご飯にやきそばを作ってだしました。


暑いし食欲はないので少なめだけど盛りつけて食卓に出した。


それをみんなで黙々と食べた。


食べ終わった後、なにか物足りなくて


姑が買ってきた食パンを切ってそれをテーブルにだした。


するとそれを一口食べた姑は、


「これは、おいしいパンだね。」


と言ってさもおいしそうに食べた。


自分が買ってきたものは、こうしておいしいと言うのです。


私は、ムカッ~~ときて


おいしいのは、当たり前でしょう!むかっ


お金をだして買ってきたのだから・・・爆弾


それがまずかったらお金を出した意味がないじゃないの!


姑が、我が家に来てから朝、昼、晩 と何度も食事をだしていても


「おいしい」


と言って食べた物は、何もないのです。あせるあせるあせる


自分が買ってきた食パンを食べてから


初めて「おいしい」 と言ったのです。


これでは、お嫁さんと私が交代とはいえ


一生懸命作っている食事は、なんなんでしょうね。しょぼん


真心こめて作った料理をおいしいと言って


食べてもらいたいと思っているのに・・・


姑は、絶対言わないのです。むかっ



なんだか腑に落ちないのです。


姑は、今に始まったことではないのです。


我が家へ来てもいつもこんな感じで


自分が買ってきたものしか「おいしい」とか言わないのです。


それをわかっていながら、


毎日何を作って出そうか?


と考えている私は、バカ・・・みたいですね。


姑もただ空腹を満たす為だけに食べているとしか思えません。


我が家に来てから本当に世話になっていると思えば


お世辞でも


「おいしい」


と言って食べてくれたらどんなにか


作る方も嬉しいのですけどね。


こんなことにこだわる私は、姑に対して優しくなれないままです。しょぼん



姑との生活

テーマ:

先週の土曜日に姑を迎えに行った時に帰りが遅くなったので


帰る途中のくるくる寿司によることにした。


姑とは、何回もくるくる寿司に行って嫌な思いをしているので


一緒に行くのは嫌だったのだけど


夜遅く帰ってからご飯の支度をするのも


おっくうだったので仕方なく食べて帰ることにしました。


今回は大丈夫かな?


と思っていたらやっぱりやられてしまいました。爆弾


ボックス席に着くなり姑は、流れている寿司をすばやく取った。


そしてそれを自分が食べるのではなくて


私と夫の前へ差し出した。


ああ~いつものパターンだ!


「いらないよ。自分でとったのだったら自分で食べたら?」むかっ


と言ったら姑は、しぶしぶそれを食べた。


いつもこんな感じで姑は、人の世話をやいて


勝手に皿を取って私の前に置くのです。


私が食べたいのは、自分で取るから・・・


といつも言っているのに人の話を聞いていないのです。あせる


今までに何度もこういうことをされてもう気分が悪いです。むかっ


また今回もかと思ったら自分で好きなすしを食べていても


姑と一緒では、全然おいしくなかったのです。爆弾


それから姑は、かんぴょうまきを2皿もとって


「これを○○(私の息子の名前)におみやげに持って帰ろう」


と言っているのです。


「息子は、食べないから余計な事はするな」


と夫は、言っていますが、姑はしらんかおです。


なんであんたが私の息子のことを気にするの?


おかしいでしょう?


いつもいつも姑は、こうして余計なことばかりするのです。爆弾爆弾爆弾


自分がいつでも仕切らないと気がすまない姑です。


はあ~こんな姑とたかが一週間


されど一週間の同居生活が続くのかと思うと嫌になります。


今まで姑には、何度とな「くいやな事はしないでちょうだい!」


と言っているのに全然聞いていないくて


自分勝手なことをするのです。


たとえばトイレの電気を消し忘れていたり


トイレで用を足して流していなかったりと


こういう場合は歳をとったから許せる行動なんです。


そうでなくて昔からしている私に対しての監視?


姑は、椅子に座って私のする行動をじっと見てるのです。


そんなに人のすることを凝視しないで?


と言いたいのです。


それからひ孫のりくちゃんが、遊んでいる様子を


いちいちリポートするのです。


少しだまってろ!


姑がしゃべりすぎるので実の娘との同居もうまくいかないのではないの?


そういうことが周りのみんなをどんなに


傷つけているのか姑は、知る由もないのです。


それがよくわかっていたなら


実の娘との同居生活は、


かなり快適なものになっているはずです。





姑が・・・来る

テーマ:

夫の妹が家を新築していてこのたび完成したので


引越しの準備で忙しいと連絡が入りました。


「手伝いに行くよ」


と言うと


「頼むから一週間だけでも婆ちゃん(私からすると姑)を預かってほしい」


と言われました。あせる


荷物を整理しているそばからごちゃごちゃ言われてどうしょうもない!


と言う。やはり姑の口うるさいのは以前と変わらないのです。


さかのぼる事3年前に義妹は、実の親(姑)と同居する為に


引越しをした時に親子で喧嘩ばかりしていた。


姑は、荷物を持ちすぎていてそれを捨てないというのです。


あの時もみんなで言い聞かせてやっと落ち着いたと思ったのに・・・


あれから3年の月日が流れて


もっと姑の荷物が増えていた。


そういえば部屋も荷物が整理されないままだったな!むかっ


新築した新しい家には、収納がいっぱいあるのだから


そこへしまえば十分なはずなのに


部屋中に入りきらない荷物を並べている。


そして驚いたのが、和ダンスをもっていってたのです。


その中には、着ない着物がいっぱいあって


義妹の着物とあわせるといっぱいやまほどあった。


その和ダンスは、姑の部屋には入らないので


義妹夫婦の寝室に運んでいた。


その部屋は、6畳の和室です。


和ダンスをおくとすごい圧迫感があって部屋が狭いのです。


義妹の旦那は、


「着物がいっぱいあっても着たところをかつて見たことないんですよ」


と教えてくれた。


私は、唖然として


「○○さん達の部屋だから好きなように使ったらいいのに」


と言ってみたけど義妹の旦那は笑っているだけでした。


せっかく新築の家なのに使わない物を持っていって


どうするのでしょうね。


「一旦全部こちらに運んでからいらない物を捨てるのよ」


と義妹は、言うけれど絶対捨てられない・・・て


今まで3年間借家に住んでいても引っ越したままだったもの!


まっ!親子して物が捨てられないからどうしょうもないです。


せっかくの新築の家が泣いているような気がします。


私の住む家では、ないので余計なことは言わないでおこう。


そういうわけで昨日から姑と一週間の同居が始まったのです。


さてさてどうなることやら・・・