姑の存在・・・つづき

テーマ:

さて・・・二日目に泊ったホテルでは、


朝夕の食事が、バイキングならいいなと期待を


していたのですが、違っていました。しょぼん


でも夕食にでたのは、それはそれは  


豪華!    なお料理でした。


まずは、おさしみの舟盛りが、でてきました。クラッカー


それについている大漁旗には、うちの苗字がのってあったのです。


これには、感激しました。クラッカー


そして箸の袋にも我が家の苗字が書いてありました。


予約もしないで今日急に泊る事になったのに


こういう心遣いが、できるなんてすばしいと思いました。


今までに色んなホテルに泊りましたが、


こういうのは、初めてだったので夫も私も感激したし


嬉しかったです。ここのホテルに決めてよかったと思いました。


でもね・・・ここでもやはり姑は、知らん顔です。ガーン


そしてお料理は、きんきの煮つけと煮物とてんぷらと


他にも食べきれないほどいっぱいのお料理がでてきました。


私も夫も 「おいしいね、おいしいね!」ニコニコ


と言いながら食べましたが、


姑は、


「たこが、硬くて噛み切れないよ」むかっ


「イカの塩辛は、嫌いなんだよ」むかっ


と文句ばかりは、言うのに


絶対に  「おいしい」  


と言う言葉は、言わなかったのです。爆弾


そして嫌いなもの以外は、全部食べ終えたのに


知らん顔なんです。メラメラ


いえね・・・旅行に連れてきたこちらとしては、


姑の喜ぶ顔が、見たかったわけです。


でもぜ~んぜんなかったわけですから


がっかり!  です。ガックリ


どうして素直においしかったよと言えないのでしょうね?


そして食べ終えるとすぐにベッドに入って寝てしまった


姑です。


時刻は、まだ7時30分でしたから・・・


もう私達は、あっけにとられてしまいました。メラメラ


夫は、そんな姑に対して何も言わないですよ。


旅行に来た時ぐらいは、ゆっくりと夜を過ごしたいと思っても


姑の


「早く電気を消して寝ろ!」むかっ


と言う言葉には、かちんときました。爆弾


どこまでも自分が、親であるということを主張したいみたいです。


どうして人にあわせるということをしないのでしょうね。


旅行に連れてきてもらえたという感動は、


どうやら姑には、なかったようです。


残念ですね!ガックリガックリガックリ


折角の親孝行のつもりで連れて行った二泊三日の旅も


こんなふうな形で無残にも姑にぶち壊されてしまいました。


夫が、二泊もしたくないと言った理由が、よくわかりました。


そして次の日の朝早くにホテルを出発した私達は、


あまりにも早く義妹宅へ着いたのです。


ホテルで朝ごはんをしっかりと食べた為に


お昼ごはんは、まだ食べたくなかったのです。


それぐらい早い時刻に義妹宅へ着いたのです。

(それとも夫の心理としては、姑を早く義妹宅へ

 連れて行きたかったのかもしれませんね)



家に着くなり姑は、すぐにキッチンへ向かいました。


そして勝浦の朝市で買ってきた  おもちを焼き始めました。


義妹は、私達が、お昼ご飯を食べてこなかった事を知ると


すぐに準備を始めてくれました。


でもキッチンでは、姑が、おもちを焼いているのです。ショック!


旅行では、亀さん歩きしか出来なかったのに


キッチンの中では、さっささっさと歩いているのです。


この違いは、いったい何なのでしょうね。メラメラ


姑の元気さには、あきれてものがいえません。


ここですぐに義妹が、怒り出しました。


「旅行から帰ってきたばかりなんだから


婆ちゃんは、じっと座って待ってて!」 メラメラ 


と言っています。


たわいもないことからこういう喧嘩が、毎日繰り返されているのです。


どうして姑は、自分からさっささっさと動いてしまうのでしょうね。


いかにもお昼ご飯を食べてこなかったと言うことを


強調したかったのでしょうね。むかっ


こんな訳で姑を連れての二泊三日の旅は、


終わりましたが、姑が、長生きをしている間は、


まだ親孝行は、終わらないのだと思います。


義妹宅では、姑と義妹の喧嘩が、耐えない日々が


続いていると思います。


さてさて私は、これからも仕事に励む事にします。



~おわり~





AD

姑の存在・・・つづき

テーマ:

一泊目のホテルは、観光案内で紹介してもらったのですが、


至れり尽くせりのいいホテルでした。


お料理もおいしかったし・・・仲居さんのおもてなしもよかったし・・・


お風呂もよかったし・・・おかみさんも部屋に挨拶にきてくれたりと


もう満足満足のホテルでした。


クラッカークラッカークラッカー


それにちょっと贅沢?かなと思ったのですが、


夫も私も全身のマッサージを受けたのです


お陰さまで心も体も癒されました。合格


やっぱり  温泉 は、いいな!と思いながら


ホテルの玄関を一歩出た時のことです。


姑が、言った一言に私は、


ガ~ン!    とうちのめされました。


姑は、私にこういいました。


「いくら・・・とられたの?」 ¥



えっ!  今なんて言ったの?


と聞き返したくらいの衝撃でした。叫び


折角のいい気分でホテルを出たのに


ホテルをでるなり姑にこんな事を言われてしまって・・・あせる


腹が立つやら・・・もう何て答えたらいいのか


わかりませんでした。しょぼん


でもね・・・親孝行の旅で姑を連れてきたので


ここは、大人の私としては、こう答えました。


「ばあちゃんは、お金のことは、心配しなくていいからね・・・


明日も立派な!ホテルに泊るので楽しみにしていてね」


「・・・・」


姑は、無言でした。パンチ!


(ホントならば「いい所に連れてきてもらって有難うね!

 それにお金まで払ってもらってどうも有難う!

 長生きをしてよかった~」 とこんなふうに言ってくれるものと

 思っていたからね・・・全然違う言葉を言われてがっかりです)


私ならばもし息子夫婦に連れてきてもらっていたら

こんなふうに言おうと思います。


姑の心無い言葉にもうがっくり  ガックリ  です。

こんなふうだから実の娘ともうまくいかないはずです。




朝から姑にこんな事を言われて気分は、最高潮に悪かったのですが、


次の目的地(勝浦の朝市) に着きました。


あらかじめネットで情報を得ていたので


勝浦には、朝早く着きました。


そして駐車場に車を置いてから朝市を見物する事にしました。


でも姑の歩く早さといったら かめカメ   の速さなんです。


赤ちゃんのよちよち歩きと一緒なんです。


朝市の会場は、すぐそこにあるのですが、


姑の足だと遠くて遠くて・・・なかなかたどり着けないのです。


何しろ姑は、私の腕をつかんで歩くものだから


私は、自由に歩けないのです。


そして時間をかけてゆっくりゆっくりと歩いていって


やっと朝市の場所にたどり着きました。カメ


姑も夫も買い物は、大好きなんです。


二人とも目が輝いています。目


海苔を売っているお店・・・


おもちを売っているお店・・・


ピーナッツとかわらびもちとかあと色んな物を売っていました。


そして野菜を売っているお店もありました。


野菜は、別にここで買わなくてもいいので


そこは、無理に見なかったのです。


すると姑は、私に向かって野菜を売っている店が


あるよと言うのです。


(あんたが料理をするわけじゃないので


野菜は、買わなくてもいいよ!)・・・心の声ですガーン


姑が、勝手に野菜を買ってくるので義妹と喧嘩ばかりしているのに


またここで野菜を買っていったとしたら喧嘩のタネが、


できるだけだよ・・・


そう思ったので私は、姑のいっていることを無視しました。


でもあれほど私の腕をつかんで歩いていた姑は、


私から離れてさっさと野菜を売っているところへ


歩いていっているのです。


今までのよちよち歩きは、何だったの?ガックリ


姑の悪い癖が、でました。


自分の好きなものなら何処へでも歩いて行くということです。


そして・・夫も姑も手には、いっぱいの荷物を持っていました。


それぞれが、好きなものを買って


満足・・・満足の朝市でした。



さて・・・次の目的地は、勝浦の海中公園でした。


ここでは、海の中の魚が、泳いでいるところが、見えるのです。


でもここの場所は、海の中にあるためにそこへ行くまでには、


かなりの距離が、あります。


そこまで行くのには、姑の為に車椅子を借りました。


車椅子を押すのは、夫の役目にしました。


だって当然でしょう!


自分の母親の面倒くらいちゃんと見てください。


旅に来てから姑は、私に頼りっぱなしですからね・・・


おいしい物を食べさせるのは、息子にやって


面倒を見させるのは、私のほうでですからね・・・


いやになっちゃうじゃないですか!むかっ


車椅子でそこの場所までは、行けたのですが、


海の中の階段を歩くのは、自分の足で歩くしかないのです。


階段が、96段ありました。


姑は、その階段をゆっくりゆっくりと歩いて降りました。


カメカメカメ


そして96段おりたところで魚が、泳いでいるのが見えました。


きれいでした! そして感激しました。


魚の名前は、忘れましたが、色んな魚が泳いでいました。


私達は、しばしその光景に見とれていました。


平日だったということもあって観光客が、少なかったので


よく観察できたのもよかったです。


さて魚を見終わったら今度は、96段の階段を上ってアップ


いかないといけません。


姑は、頑張りましたよ!


一段一段踏みしめるようにゆっくりゆっくりと


上りきりました。カメ


いやぁ~ん・・・姑はこんなに元気なんですよ!


誰が、寝たきりの姑を想像していたんでしょうね。ガックリ


まだまだ生きる気・・まんまんですよ。  トホホ・・・・



そんなこんなで無事に二箇所の観光を終えても


時刻は、まだお昼前でした。時計


朝早くホテルを出発したお陰です。


私の計画では、ここの勝浦にもう一泊する予定でした。


でもあとの観光する場所が、思いつかないのです。


何処に連れて行っても喜ばないし感激しない


姑を連れて行く場所なんてもうないのです。


やはりそこは、孫たちと出かけるたびとは、違うなと感じました。


夫は、「次は、何処へ行くんだ?」


といっていますが、さて私もどうしたものやらと


考え込んでしまいました。


そしてとりあえず昼食をとってからそれから


次の行く先を決める事にしました。


千葉に来る時には、東京方面を通って来たので


帰りは、犬吠崎のほうを通ってから茨城に抜ける道を


考えていました。


夫の考えとしては、無理に今日もう一泊しなくても


今から茨城に充分帰れる時間だというのです。


無理に泊らなくてもいいと言うのです。


それも一理あります。


(喜ばない姑を連れて無理にもう一泊することなんてないよ・・)


と悪魔のささやきが、聞こえてきました。耳


私もそうしたほうが、いいのかな?とも思いました。


でも折角二泊三日の旅の予定を立ててきたのに


一泊しかしないで義妹宅に姑を送り届けてごらんなさい。


義妹の 怒り!むかっ  が聞こえてきそうです。


そしてとりあえず車は、犬吠崎に向かって走り始めました。車


車の右手には、九十九里浜が、延々と見えています。


夏にここへきたならばきっと賑やかなんでしょうね。


そんなことを思いながらドライブを楽しみました。


2月の寒い時期だから人の姿は、閑散としていました。


そして犬吠崎に着いた時刻は、午後3時ごろだったでしょうか?


聞いてもいないのに姑は、とにかく今何時何分だよ・・・


と何度も口走るのです。


それが、うっとおしくて仕方がなかったです。


ゆっくりとのんびりとする旅なのに・・・


そんなに時間ばかり言われても


嫌で仕方ありませんでした。


犬吠崎に着いたとたん夫は、言うのです。


またまた・・・


「ここから茨城までは、2~3時間もあれば帰れるぞ!」 


夫は、もう帰りたくて仕方のないようです。


(自分の親なのに自分が、親孝行しなくてどうすんのよ!!)

心の声です。


でもね姑のことは、さておいて


私は、自分の為にもう一泊どうしてもしたかったのです。


そしてまたその日とまるホテル探しが、始まったのです。


とりあえずホテルに飛び込みで入って聞くのは、


私の役目です。ガーン


「今日こちらに泊めていただけますか?


予算は、○○円ぐらいなんですけど・・」


するとホテルの方は、すぐに


「はい大丈夫です。泊れますよ」


と言ってくれたのです。クラッカー


そして一泊二食の値段を言われました。


やはり今の時期だとすいててよかった!


と思いました。


夫にこのことを言うと夫は、仕方なしに  OK しました。


犬吠崎に泊る事が決まるとなると


気持ちも少し軽くなっておみやげをみたり


灯台を見学したりとしました。


これでよかったんだと思いました。音譜


最初の予定どおりに二泊三日の旅でよかったんだと


自分に言い聞かせました。


夫も仕方なく納得したようで次の日の朝早く


ホテルを出て帰る事で意見が一致しました。


めでたしめでたし・・・です。


そしてまたしてもここのホテルでも


姑と一緒に  温泉 三昧でした。


つづく





姑の存在・・・つづき

テーマ:

さて・・・守谷サービスエリアを出た私達は、首都高をぬけて


千葉へと入りました。車


その日は、平日だったこともあり道路はすいていました。


ですから早い時間に目的地(鴨川シーワールド)へ着きました。


でも泊るホテルを予約していなかったので着くとすぐに


ホテルさがしをしました。


以前も義妹を誘って旅行に行こうとしたのですが、


義妹は、いつも直前になって 「行かない!」 ガーン と言い出すので


今回もきっとそうだろうな!と思ってわざとホテルを予約しなかったのです。


車を走らせていると鴨川シーワールドの近くに


大きなホテル  ホテル がありました。


そこで 「今晩泊めてもらえますか?」 と聞いたのですが、


あまりにも高い金額  叫び を言われてしまったので


そこを後にして次のホテルをさがしました。


私達夫婦と姑が、二泊するとなると予算の都合上


あまり高いホテルには、泊れなかったのです。しょぼん


そして駅のそばの観光案内でホテルを紹介してもらいました。


値段が、手ごろだったのでそこに決めました。


ホテルが、決まってからさあ~観光をしようと思ったのですが、


時刻が、遅かったので鴨川シーワールドでは、もうショーが


終わったとのことでした。しょぼん


そこでは、記念写真だけとってカメラ


早々とホテルに行く事にしました。


その日に急に泊まることになったのに


ホテルでは、ちゃんと晩御飯の用意をしてくれたのです。


それも部屋にお料理を運んでくれると言うので


姑にとっては、この上ない喜ばしいことだったと思うのです。


(ホテルによっては、食事をする所まで歩いていかないと


いけない所もありますからね・・・)


ホテルに着くとまずは、ゆっくりとお茶  お茶 を頂いてから


姑と一緒に温泉に  温泉 入りました。


今までに姑と一緒にお風呂に入ることは、何度もありました。ガーン


その都度姑は、勝手に私の背中を流すのです。


それも力を込めてせいいっぱいに洗ってくれます。


でもね・・・これも思い出としてのこしておきたいので


私もね・・・姑の背中を流しました。にひひ


他の人からみたらなんと微笑ましい光景に移っていたでしょうね。


こんなふうに姑といつも仲良くできたらいいな・・・なんて!


思いながら姑の背中を流してあげました。


姑は、温泉に入れてとても嬉しそうでした。


お風呂までに行ったりきたりする間


私の腕をつかんで歩いていましたけどね・・・


決して私にお礼の言葉なんてありませんでした。パンチ!


(期待したらいけないのはよくわかっています)


そして部屋に戻るなり私の夫である息子に


「早く風呂にはいってきな!」


と命令口調に言っているのです。親が子供に向かって言っているのです。


いえね・・・子供といっても定年をすぎた61歳の息子にですよ!


こんなふうに言わなくても夫は、自分で  温泉入りに行くのにね・・・


姑のこんなところが、嫌なんです。


姑はいつも自分が、子供を仕切っていないと気がすまないのです。


老いては子に従え・・・で子供の言う事に従ってくれたら


いいんですけどね・・・そんなことは決してしない姑です。


夫もお風呂に入ってきて一段落した後に


夕食が、部屋に運ばれてきました。


仲居さんが、丁寧にお料理の説明をしてくれました。


あわびの上にキャビアがのっていてそれを踊り焼きしています。


感激!   です。


それに他にも豪華なお料理が、ずらりと並んでいます。


でも姑は、自分は好き嫌いが多くて食べる物がない!


と言っているのです。


そして嫌いなものを夫にあげているのです。


夫も自分のお料理を食べるのにせいいっぱいで


姑の分までは、食べられないと言っているのに


姑は、しつこく食べるように言っているのです。


姑と接しているといつも食べ物のことで頭にきてしまいます。


せめて旅行に来たときぐらいは、おとなしく出来ないのかしら?


と思ったけどやはり無理でしたね。


姑は、いつもどおりわがままを通しています。


ああ~やっぱり嫌だ!メラメラ


と思いました。


あと一泊しなければいけないかと思うと


更に苦痛でした。


つづく







~姑の存在~

テーマ:

義妹と一緒に暮らしている姑は、昨年には、家の中や外で


何度も倒れたと聞いていました。


そのたびに寝込んでいたので


てっきり寝たきり状態?かなと思っていました。


そんな折義妹から自分と姑をどこか旅行に連れて行って!


といわれていました。


夫は、絶対に計画なんて立てないし


そんなのは、  無理!  と思っていました。ドクロ


でも私は、昨年めいっぱい働いて休むことをしなかったので


自分へのご褒美の為にどこか 温泉  温泉 に行きたかったのです。


そして義妹と姑を誘って旅行に行く計画を


私が、たてました。


2月4~6日を旅行に行く日に決めました。車


その2~3日前に義妹に電話をしてみたら


「頭が痛いので行かれないのでばあちゃんだけ連れて行ってもらえる?」


と義妹は言うのです。


でも当日までには、義妹も具合が、よくなっていけるだろうと思っていました。


そして旅行に行く日に義妹宅に迎えに行くと


やっぱり義妹は、「行かない!」と言い出したのです。


義妹は、姑へのストレスが、たまっていて


旅行には、行きたいけど少しでも姑と離れていたいので


今回は、姑だけを連れて行ってほしいと念を押したのです。しょぼん


そんな訳で私と夫と姑の3人で行く旅になったのです。ガーン


行く先は、千葉の房総半島です。


その日は、寒いけど晴れていたので旅行するには、


気持ちのいい日でした。


常磐高速を通って首都高速を通って千葉へ行くことにしました。車


途中 守谷のサービスエリアで休憩をしました。


そこでお昼ご飯を食べる事にしました。ラーメン


姑は、「何も食べる物が、ない!」


と言いながらもカレーライスを注文しました。


でも殆ど食べないで残しました。メラメラ


そして私達も食べ終わって車に戻ろうとした時です。


姑は、


「昨日食べた牛丼が、おいしかった!」


「昨日食べたおにぎりが、おいしかった!」


と言い出したのです。


いかにもカレーライスは、おいしくなかったと言いたいのです。


でもそれを食べると言って注文したのは、姑なんですメラメラ


でも私達(私と夫)は、これから始まる旅の第一歩として


まずは、サービスエリアでゆっくりと休憩と昼食をとってから


車を走らせるつもりでした。


でも姑のそんな心無い言葉に私は、がっかりしました。


しょぼんしょぼんしょぼん


お金は、私がだしたのに姑にそんなことを言われて


がっかりするやら腹がたつやらです。爆弾


姑がいつもこんなものの言い方をするのは、


わかっては、いましたが、もう少し違う言葉で


言ってもらえていたら旅も楽しいものに


なっていたのかもしれません。パンチ!


姑はそんな私の気持ちなんてわかる好もありません。


これから始まる二泊三日の旅が、ゆううつで仕方ありませんでした。しょぼん





   つづく



健康センター

テーマ:


私が、健康センターに対するイメージは


お風呂が広くてきれいで、大広間があって、食事がおいしい!

それからマッサージとかあってゆったり過ごせるところ!

そんなイメージをもっていました。


でも今回行ったところは、


全然そんなイメージをこわされました。


まず受付に行くとそこは、人、人、人の波・・・


すぐそばには、大広間があるのですが狭い空間に人がいっぱいいる。


みんな家族連れで賑わっている。


私達は、それに圧倒されてゆっくり過ごす事を忘れていた。

しばらく回りの様子を見ていた。


みんなここに来るのは、慣れているような人ばかりだった。


りくちゃんを一緒に連れてきているので、今夜ここでゆっくり休めるのかな?


と思った。


とりあえずお風呂に入ってみた。


そこは、広くていろんなお風呂があってまあまあ楽しめた。


お風呂からあがってみるとますます人が増えてきて


小さいりくちゃんを連れての泊まりは、失敗したかな?

と思った。


ここで夕飯を食べた後に 11時にならないと個室には、入れないとの事。


りくちゃんと私達は、大広間で時間をつぶすことにした。


広間の舞台では、演劇の方達が、踊りを踊り始めた。


大きな音の音楽に圧倒された。


りくちゃんもその様子に圧倒されながらもなんとか10時頃までは、起きていた。


その日は、土曜日ということもあって小さい子供の家族連れが多かった。


いつもだととっくに寝ている時間なのにここでは、


遅くまでみんなそれぞれに愉しんでいた。


りくちゃんにとっては、初めてのお泊りの旅行なのに


こういう形で泊まる事になってしまい


かわいそうなことをしてしまいました。


まあそんな訳で一夜をなんとか無事過ごしてそこをあとにしました。


健康センターで泊まる事は、小さい子供つれでは無理!


りくちゃんには、かわいそうなことをしてしまったので


今度どこかへ泊まりに行く時には、


ちゃんとしたホテルに泊まりたいと思いました。

買い物ツアー

テーマ:


先日家族で行った場所は、埼玉県にある


  ステラタウン  という大型ショッピングモールです。


以前近所の友達に連れて行ってもらってから


是非もう一度行きたいと思い今回息子夫婦とりくちゃんと夫と一緒に


行く事ができました。


我が家から高速を使って車で2時間くらいのところです。


車を運転するのは、息子です。


向こうについて買い物をしてそれからまた帰ってくるのは、つかれるし


りくちゃんを連れていくので何処かに一泊したいと言うので


いい所はないかといろいろ考えました。


近所の友達が、


「 健康センターがあるからそこに泊まってきたら?」

と教えてくれました。


でも泊まるとなったらりくちゃんも一緒なので個室とかあるのかしら?


と思って早速そこに電話をしてみました。


すると個室があるとのことです。


息子夫婦にそのことを伝えてそこに決定しました。


私がどうしてももう一度ステラタウンに行きたかった理由は、


以前友達に連れて行ってもらったときに


アニバーサリカップというのを買ってきたのですが、


そのカップは、誕生日が、コーヒーカップに印刷されていて


家族みんなのを買って来たのですが、


そのときにお嫁さんの誕生日だけが売り切れていたので


是非今回それがほしくて買いに行きたかったのです。


そのお店を必死で探してお嫁さんの誕生日のカップがあったのでほっとしました。


来てよかった!やっと買えてよかった!そう思いました。


丁度今月が、お嫁さんの誕生日なのでいいプレゼントが買えてよかったです。


息子夫婦と、私達は別行動でお互いに好きなところを見て回りました。


待ち合わせの時間はあっという間にきました。


楽しかった!大きな店は、いろんなお店がいっぱい集まっているし


みて歩くだけでも楽しいところです。


また機会があれば是非行ってみたい所です。


それから次の目的地・・・


健康センターへ出発~


   つづく