ぼろぼろな私

テーマ:

仕事を始めてから今日で丁度3年になりました。


夫が、定年になってもまだ家のローンが、残っているので


やむなく仕事に出ることに決めました。


できれば私だってずっと専業主婦でいたかった。


でもローンを全部返し終わるのは、あと5年は、かかります。


夫の大切な年金からローンを払うとあといくらも残らない。


夫婦で何かをして楽しむためには、私が、働かないとお金は、ない。


だから一生懸命働くのです。


先日は、仕事中に具合が、悪くなった。


吐き気と下痢という症状で胃腸の風邪になってしまった。


でも仕事を途中で休むわけにいかないので


そのまま定時まで仕事を続けた。


今までにもなんども仕事中に倒れそうになったり


具合が、悪くなったりもした。


でもローンを返し終わるまでには、仕事はやめられません。


このまま頑張って続けるしかありません。


自分にむちをうつ今日この頃です。

AD

招かれざる客

テーマ:

昨年末の暮れのことです。


私は、毎日仕事に明け暮れていました。


同居している息子一家は、大晦日から嫁さんの実家へ行くと聞いていたし


長女は、年末年始は、仕事が入っているようなので


我が家には、来ないみたいだし・・・


次女は、この1月に出産を控えているので我が家には、来ない予定でした。


このお正月は、子供達は、誰もいなくて夫と二人でのんびりと過ごせるはず?でした。


ところが、大晦日の前日に夫から


「お袋を連れてくるけどいい?」


とか言われてしまいました。しょぼん


お袋・・・つまり私にとっては、姑にあたる人です。


姑は、実の娘と暮らしています。


夫の妹の旦那様は、昨年の6月に癌でなくなってしまいました。


お正月は、喪中なので姑を我が家に送り込んできたのです。爆弾


いいも悪いも義妹が、そう決めたのだから仕方ありません。


私の意見なんて言える立場ではありません。


家を建ててからというもの姑は、もう何度も我が家で


お正月を過ごしています。


でも今回は、私達夫婦と姑との3人での年越しです。


嫌で嫌で仕方ありませんが、姑が長生きをしている以上は、


この生活は、延々と続くわけです。むっ


スーパーでの仕事は、年末は、特に忙しくて・・・・


朝8時~夕方6時頃まで仕事でした。


姑が、昨年の5月に我が家に来たときには、


「麺類・・・が食べられなくなった!」


と言うのです。


それをまた今回も強調して言うものだから・・・


麺類は、作っても姑には、出せません。パンチ!


でも・・・我が家では、大晦日は、年越しそばを食べると決めているのです。


でも姑は、そばを食べないというので別にご飯を用意しました。


ほんと・・・面倒くさいです。爆弾


ほんとなら夫と二人でのんびりと正月を過ごすはずだったのに


とんでもありません。


どうしてそんなに我侭が、言えるのでしょうか?


今までは、一緒に出かけた時には、


ラーメンやうどんやそばばかり食べていたのに


ここへきてどうして食べられなくなったのかは、不思議で仕方ありません。


それに姑は、他にも好き嫌いが、多いのです。メラメラ


焼き魚の  ぶりは、絶対に食べません。


それに  さんまも食べません。


食卓に出してもそれには、手をつけなくて残したまんまです。


我が家での姑の生活は、朝早く起きて座敷に座っています。


朝ごはんの支度が、出来てから姑に食べさせると少したってから


姑は、ベッドに入って寝てしまいます。


それが、お昼頃まで寝ています。ぐぅぐぅ


昼ごはんを作って声をかけるとそれをさっさと食べてから


またベッドに入ります。


そして夕方の5時ごろになると姑は、起きてきてテレビをみています。


晩御飯を6時ごろ食べるとその後は、少しの時間だけテレビを見て


7時ごろには、もうベッドに入って寝ています。


つまりは・・・食べて・・・寝る・・食べて・・・寝る・・・の生活です。


体のどこかが、悪いわけではないのですが、


とにかくよく寝ます。いえ・・・寝るばかりの生活です。ぐぅぐぅ


まるで生まれたばかりの赤ちゃんとおんなじです。


いえね・・・姑は、おむつをしているのであかちゃんと同じなんですが、汗


違うところといえば口が、達者だということです。


口うるさくいうのは、今までとなんらかわりありません。


寝てばかりいるのに食べるのは、きちんと食べるのです。


これがあと何年続くのでしょうね。しょぼん





空しくなってきます

テーマ:

8月に入ってから私の生活は、急に忙しくなってきました。


というのも・・・


朝起きてから →犬の散歩 →お弁当つくりと朝ごはんの支度 →食器洗い


洗濯を干す →お風呂の掃除 → 出勤の用意をしてから →


自転車で通勤 →仕事 →自転車で自宅へ帰る →


犬の散歩 →晩御飯の支度 →後片付け ・・・・


そして次の日の朝ご飯の下ごしらえ・・・


とこんな具合で日々が忙しいです。


今まで夫が、単身赴任をしていたときには、


毎日が、暇!だったのが嘘のようです。


今は、夫もアルバイトに行っているので


私の送迎が出来ない時には、私は、自転車で通勤するしかないのです。


そしてお盆の間は、 朝8時に出勤して 午後6時頃まで


仕事でした。それを4日間続けました。


こんな日常の生活にもう疲れました。


こんなに忙しいのは、今の間だけなんですが・・・ガーン


56歳の私としては、 よく頑張っているな!


と自分で自分を誉めたい気分です。




でも・・・いったい何のためにこんなに頑張っているんだろう?


と思うと空しくなってきます。


毎日何もしないでいてもそれもつまらないだろうし・・・


かといってこのまま仕事を続けていくのもしんどいし・・・


ではいったいどうすればいいの?


と思ってしまいます。


人間を辞めたい!


生きていくということは、とても大変なことなんです。


この年齢まで生きてきた私にとって


今更こんな事を言うのは、変かもしれませんが、


これからの老後をどう生きていったらいいのか


わからないです。


今は、ただただ眠りたい・・・です。



近況報告

テーマ:

「働けど働けどなおわが暮らし


楽にならざり・・じっと手を見る」しょぼん


有名な方の句を拝借しました。

(名前は、誰だか忘れました)


今の私の生活は、こんな感じです。


ローンは、少しずつは、減ってはきているものの


まだまだ残高は、多いのでショボン しょぼん です。


それに税金ばかり納めているようです。


夫の定年後の生活は、さらにきびしくなっております。 むっ


仕事を始めてから一年半が、過ぎました。


ひたすら仕事に精を出してきましたが、


疲れた~というのが、本音かな!

(歳のせいにしたくないのですが)  汗


今年ももう半分終わりましたが、半年の間に


色んなことが、ありました。


一月から夫が、アルバイトに行くことになりました。


定年になってから丸一年遊んでいてあきたのか・・・


自分から仕事をしたいと言って花やさんにアルバイトに行っています。


ありがたいことだと思います。クラッカー


4月には、内孫のりくちゃんが、幼稚園に通い始めました。


りくちゃんが、生まれてからずっと成長をみてきたのですが、


成長の早さに驚いています。


この7月でもう5歳になります。


りくちゃんは、幼稚園での生活が、楽しいらしくて


朝9時には、ママに送ってもらっていくのですが。


その時刻が、来るまで待てないらしく


「早く幼稚園に行こうよ~」  車


といってママをせかしています。


6月には、祖父母参観日が、あって


私と夫と二人で幼稚園に行ってきました。


参観日なんてもう何年ぶりだろう?


まさか・・・孫の参観日に参加できるなんて


夢にも思わなかったので・・・


りくちゃんの幼稚園での様子を見たときには、


感動してしまい嬉し涙が、でてしまいました。ニコニコ



そして5月には、姑が、我が家へやってきました。


姑は、いつもと変わらず元気そのもので


色んな嫌がらせをやって行きました。


でも認知しょうが、進んだのかどうか・・・


寝ることが、多かったしお風呂にも殆ど入らなかったのです。


夫は、そんな姑が来ていても自分は、釣りに何度も出かけました。ガックリ


結局姑の面倒を見たのは、私とお嫁さんです。


この部分は、どうしても納得がいかなかったのです。


姑が、義妹宅へ帰る時には、


もう二度と我が家へきてほしくないと思いましたね。爆弾



そして梅雨も明けた今は、暑い日々が、続いております。


今年は、私の母親が亡くなってから13回忌の法要を行います。


早いものです。


7月25日~27日まで実家に帰ってきます。新幹線


そして両親が、眠るお墓にお参りしてきます。


それが、終わると仕事が忙しくなります。


お盆商戦・・の始まりです。


仕事を始めてから二度目のお盆商戦を迎えます。


頑張るぞ!




昨年のゴールデンウイークは、息子夫婦達と


ショッピングモールへ出かけました。


が・・・しかし途中で息子が一人で勝手に怒り出してしまい


最悪のお出かけとなりました。しょぼん

(そんな息子です)


それも自分のほうから連れて行ってくれたのに


勝手に怒ってしまってさっさと家につれて帰ってきてくれました。


私は、せっかく遠出したのだから夕飯は、外食したいなと


思っていたのにそれが、水の泡となってしまいまいました。


そんなことが、昨日のことのように思い出されます。


ですから今年は、別に息子一家と出かけたくないと


おもっていたのです。


すると息子一家は、2日~6日まで


さっさと嫁さんの実家へ行ってしまいました。パー


きっとあちらの家族と仲良く過ごしているんでしょうね。


そんな嫌味のひとつも言いたくなります。爆弾


いえいえ折角ですからゆっくりと骨休めをしてきてください汗


とそんな気持ちで息子一家を送り出しました。


そんな訳で私は、ゴールデンウイーク中は、仕事をしました。


夫は、昨年の暮れに花やさんにアルバイトに行きだしてから


今年の1月からも来てほしいと社長さんに頼まれたので


月、水、金とアルバイトに行っております。黄色い花


ですから夫が、バイトに行かない日だけは、


私の仕事の送迎が、出来るのですが、


夫が、仕事でいない日は、私は、自力で仕事に


行かないといけないのです。

(車に乗れないので辛いです)


自転車  自転車をこいでしっかりと仕事に行きました。


朝早く起きて夫と私のお弁当を作って家事を手早くすませて


自転車で通勤です。


まだまだ自分の力でやれるんです。


やろうと思えば気持ちも軽くなってきます。


世の中は、ゴールデンウイークの真っ盛りですが、


そんなことは、私達夫婦にには、関係のないことです。


今を生きる!


今すべき事を夫婦でするだけです。


5日のこどもの日は、私達二人とも休みだったので


買い物に出かけて夜には、回転寿司でお寿司を


食べて来ました。お茶


そんなささやかな  幸せ!  が今は嬉しいです。


夫も今は、アルバイトをしてくれて


ローンの手助けをしてくれています。


ありがたいことです。


働くばかりではなくて今度もまた姑を誘って


温泉にでも行って来ようかなとおもっています。



吹っ切れました

テーマ:

先日から夫は、ちょっとしたことで腹をたてていて


ずうっと口を聞かない日々が、続いていました。プンプン


それに仕事では、主任が、私に対して


まるで  いじめ?  とでもとれるような


仕打ちをしてきたのです。ドクロ


この二つのことが、頭からはなれなくて


毎日私は、辛い日々を過ごしていました。


家に居ても辛いし・・・


仕事場で主任に会うのも辛いし・・・


もう  死にたい!


とそんなことばかり考えて過ごしていました。しょぼん


仕事でレジを打っている間だけが、


唯一穏やかな時間だったのかもしれません。ドクロ


そして今日は、外孫の通う保育園で運動会が


行われるはずでした。


でも朝から天気が、悪くて雨だったのです。雨


娘から連絡があって・・・


「今日は、中止になったよ」


とのことでした。


でも折角早起きをしたのでこのまま


家の中でもんもんと過ごすのは、嫌だったのです。しょぼん


そして・・・勇気をだして夫に言いました。

     (機嫌が、悪いから・・・)


「今から埼玉の越谷に出来たイオンレイクタウンへ行かない?」


「行きたくない!」プンプン


と夫のいつもの返事です。


「また・・始まった。いつもそんな答えばかりで・・・


自分の釣りの用事だと遠くても何処までも行くくせに!」


と私は、半ばおこったようにきつく言いました。メラメラ


すると夫は、しぶしぶ・・・じゃあ行ってみよう!


と言ったのです。

(素直じゃない夫です)


夫と遠出するのには、電車がいいので


それで行くつもりでした。


でも息子が、車で連れて行ってくれるというので


息子一家と夫と一緒に


埼玉県の越谷レイクタウンへ行ってきました。


先日開店したばかりの新しい店でした。


いろんなイオンの店に行った事がありますが、


ここは、一日でも見きれないくらい広かったのです。クラッカー


私は、以前から財布がほしかったのですが、


とても気にいった財布が、買えたのです。


そんな訳で私の心は、少し落ち着きました。

(単純な私です)


明日からまた仕事を頑張ってやろう!


とそんな気持ちになれました。



毎日蒸し暑いですね!


仕事場にクーラーは、きいているとはいえ・・・


汗ダラダラで仕事頑張っています。汗汗


先日職場の懇親会  ビール があって出席してきました。


仕事をはじめてからもう半年たつのですが、


同じ部門で働く人達とは、顔なじみなんですが


他の部門の人達とは、あまり接触がなかったのです。


働く時間帯も違うし知らない人も大勢いました。


でも同じテーブルについた人は、私とほぼ同年齢?


かなと思う人だったのです。


年齢が、近いせいもあって色んな話しで盛り上がりました。


そしてお料理もおいしかったです。


こういう会食にでるのは、何年かぶりだったので


懐かしかったし夜に外へでられるという開放感も


あって更に楽しかったです。クラッカー


働いているからこそこういう経験も出来るのですね。


そして料理も食べておなかいっぱいになった頃に


ビンゴゲームが、始まりました。


今までにも何度かやった事があるので


ぜひとも商品をゲットして帰ろう~


と思っていました。


「リーチになったら立ってください!


そしてビンゴになったら


ドン    と大きな声で叫んでください!」


と幹事の人が言っています。


でもね・・・こういっちゃなんですが


ひとり・・・うるさい!人がいたんです。


女の人で年齢は、 30歳過ぎの人でしょうか?


同じ部門の人では、なかったので


名前も顔も全然知らなかったのです。


私は友達と顔を見合わせました。ガーン


その女の人は、司会者の話しなど無視で


自分中心にビンゴゲームを進めているのです。


そして  大きな声で常に叫んでいるのです。


いえね・・・こういう場合は、無礼講でいいのですが、


あまりにも他の人たちを無視したやり方だったので


ちょっと頭にきました。


みんな唖然としていましたからね・・・シラー


みんなで楽しむビンゴゲームだったはずなのに


その人のせいで違った方向に進んでしまいました。


でも私は、しっかりと数字を聞いていて


ちゃんと   ビンゴ  になりました。


そして スイカ  をゲットいたしました。ニコニコ


同じテーブルにいた人達も商品券とビールをゲットしました。


その騒いでいた人は、最後の最後にやっと


商品券が、あたったようです。


何年かぶりにこういう懇親会に出席したのですが、


お開きとなった時刻は、   午後10時でした。時計


その日は、夫は、飲まないでいてくれて


私の終わる時間を家で待っていてくれました。


そして連絡 携帯 するとすぐに迎えに来てくれました。


仕事をしているとこういう付き合いにもでないといけないけど


普段話が出来ない人とも打ち解ける事ができて


よかったと思います。


これからは、お盆商戦があって忙しい毎日が


続くと思いますが、更に頑張りたいと思います。音譜


今日夫は出かけていていません。車


夫は、シルバー人材に登録していたのですが、


「警備業務技能講習会」


とやらが、あってそれに出かけています。


そんな訳で今日一日は、ひとりで


ゆっくりと出来そうです。クラッカー





話は、さかのぼりますが先週の木曜日の事です。


普段どおり仕事を終えて帰ろうとした時に


何だかのどの調子が変?だったのです。


何かの菌がのどの奥にいきなり入ったのを感じたのです。


やばい!  ガーン


そして・・・つばを飲み込んだ瞬間に 


のどが痛い!と感じたのです。


仕事でいつも読み上げ登録をしているので


声は常に出している状態だから


のどを酷使しているのは、間違いないのです!


それからは、夜になってどんどん・・・・


のどの奥のほうが、痛くなってきたのです。


しょぼんしょぼんしょぼん


その日は、うがいをして置き薬を飲んで早めに床につきました。


でも夜中にのどが痛くてからからに乾いてしまって


全然眠れなかったのです。


タンは、からんでくるし・・・


夜中に何度もうがいをしました。


そして眠れないまま朝を迎えてしまったのです。


でも次の日の朝(仕事は、運良くお休みの日でした)


起きようとしても全然起きられないのです。


のどは、更に痛くなっていてからからに渇いてしまって・・・


私は、何か悪い病気なの?


と思って不安になってしまいました。


(たけしの家庭の医学・・・という番組が脳裏をかすめました)


このままほおっておくと大変な事になりますよ!


というめい台詞が、聞こえてきそうでした。耳


そして・・・時間だけは、どんどん過ぎていくのです。時計


その日は、仕事がお休みだということもあって


気分的には、楽でしたが・・・


果たして治るのかな?という不安が付きまとっていました。


でものどは、更に痛くなってくるし治るどころか


更に痛みを増してきたのです。メラメラ


そして夫に頼んで耳鼻科に連れて行ってもらいました。


この時の私は、起きていてもふらふらの状態だったので


とにかくうちから近くの耳鼻科に連れて行ってもらいました。


でもこの耳鼻科の診察は、ひどすぎます。爆弾


一時間近く待たされてやっと診察を受けられたのですが、


口をアーンとあけさせたとかと思ったら


はい・・・終了です。


何を聞くでもなし・・・何の病気かを言うでもなし・・・


とにかく5秒くらいで診察は、終了です。むかっ


そしてのどに吸入をしてくれたのですが、


気分は、更に悪くても家に帰るしかありません。しょぼん


とりあえず薬をもらったのでそれでよくなればと思っていました。


その日の夜ものどは、痛くて全然眠れなかったのです。


そして頭は痛いし・・・タンは、でるしどうしようもなく辛かったのです。


でも次の日は、仕事だったのでどうしても治したかったのです。


気合で治ればいいのですがそうではなかったのです。


次の日は、土曜日でした。


仕事の日だったのでどうしても出勤しなければという


気持ちでいっぱいだったのです。

(休みたくない)


薬を飲むために少しでも朝ごはんを食べようとして


テーブルについたのですが、めまいがしておきていられなかったのです。


(私が、具合が悪くなってからも嫁さんがご飯の支度を

してくれるのでとても有難かったです)



この調子では、とても仕事にでられそうにありません。


自分で電話を出来ないくらいにふらふらとしていました。


そして夫から会社に電話をしてもらいました。電話

 (仕事を休ませてほしいという内容です)


できれば会社を休みたくなかったのですが、


仕方ありませんね。その日も一日寝込んでしまいました。


のどが痛くてこんなに寝込んでしまったのは初めてでした。


そして次の日は、日曜日なので仕事は更に忙しい日だったのです。


気合!で何とか出勤しました。


でも次の日(月曜日には、またダウンです)


これでは、治る見込みがないので少し遠い耳鼻科に


行く事にしました。


ここの耳鼻科は、ずっと以前鼻の病気でかかったことがありました。


電子カルテというのを使っていて


患者の記録とかを全部パソコンに記入しているのです。


看護婦さんも親切でちゃんと話をきいてくれたり


お医者さんもちゃんと診察をしてくれるのです。


そしてのどの奥のほうまでちゃんと診てくれました。


そして丁寧に話も聞いてくれました。


そして漢方もだしてくれたのです。


最初からここの耳鼻科にくればよかったのですが、


家から遠いのでなるべくなら近くの病院で


治ればと思っていたのですが、ダメでしたね。


そんな訳で少しずつですが、回復しております。


歳を重ねるという事を自覚した次第です。


元気で仕事が、出来るという事が


一番有難いですね!








生活費

テーマ:

夫が、定年になってからは、


収入・・・というのは年金だけです。


夫の年金と基礎年金とをあわせると


充分ではないのですが、


夫婦ふたりでつつましく暮らせるくらいはあります。


でも家のローンが、まだまだ残っているので


年金の中から毎月支払っている状態です。


夫は、単身赴任のときから隠し口座をもっていて


そこから勝手にお金をおろして使っていたのです。爆弾


だから給料明細を一切私に見せなかったのです。


今更それを追求しても始まらないですからね・・・


この事態を知った時には、カッとなりましたけどね・・・むかっ


そのお陰で夫の単身赴任が、無事に終わったのかもしれません。


そして定年になってからは、その隠し口座から


ローンの引き落としをしています。


この口座に年金が入るようにしています。

(夫が勝手に決めた事です)


年金の入る月は、偶数月です。

      (2、4、6・・・)


そして基礎年金は、私が持っている口座に振り込まれます。


でもこれは、ほんの微々たるもので


たとえ振り込まれたとしてももろもろの引き落としがあって

     (生命保険料、県民共済、ガソリン代)


手元に残るのは、ほんの少しの金額です。


ですからこれは、おろせないに等しいのです。


ですから生活費は、夫が管理する通帳からだけなのです。


毎月1日になると夫に生活費をくれるように言います。


先日の事です。


「今月の生活費を10万円ちょうだい」

(このうち3万円は、夫の小遣いだから生活費は、7万円です)


「まだ年金は、入金されていないからダメだ!」


「でも毎月1日にもらってきたし・・・今までの残高もあるでしょう」


「おろすばかりでは、たまらないからおろしたくない!


おまえの働いたのを生活費にすればいい!」


「そんなのとっくにしているわよ」メラメラ


「・・・・・・」


夫とこんな会話をかわしました。


私は、涙がこぼれて仕方がありませんでした。しょぼん


今までは、夫の管理している通帳には、


充分すぎるくらいの残高がありました。

(ローンの引き落としに困らないように入金していたのです)


でも私が、今年の1月から働きだした時から


夫は、勝手にその口座から引き落として


自分の遊びに使っていたのです。メラメラ

(ギャンブルです!)


夫は、通帳に記入をしないものだから


銀行から記入していたメモというのか


出し入れの詳細が、送られてきていたのです。メモ


私は、その詳細を見たときには愕然としました。しょぼん


いつ、いくらおろしているのかを知ったからです。


でもその時には、夫に問いただす事はしなかったのです。


今回夫からしらをきられたので


この事を初めて夫に追求しました。


夫は一瞬びっくりしていましたが、


結局とぼけて話をうやむやにしてしまいました。


「毎月2万円、3万円もお金を勝手におろして


いったい何に使ったの?」 パンチ!


「・・・・・」


夫は、答えられません。


自分が、お金をおろしてしまって


残高が、残り少なくなっていたので


生活費さえもおろせないほど少なくなっていたのです。


私が、働いたお金なんてしれています。


でも今は、重要な収入源ですからね・・・


基本的には、夫の年金で生活して


どうしても足りない分を私の働いたぶんから出したいのです。


私の働いたお給料は、旅行に行ったり外食に行ったりと


楽しい事に使いたいのです。


でも現実は、きびしくてそんな奇麗事を言ってられません。


私の働いたわずかなお給料が、


今では生活費になっているのです。


家を建てたことが、改めて大変だということを


思い知らされた現実です!