~その後

テーマ:

先週の木曜日に わんわん が退院してきました。


ウッドデッキの上は、居心地が悪いのか・・・


犬は、以前いた場所に戻りたいのか・・・


その日は、ごそごそとして落ち着かなかったのです。


それに犬の顔のまわりにカラーとかいうのをつけている為に


犬の視界が、狭くなっています。


これは、手術をした時からつけているので


犬にしてみればかなりうっとおしいのだと思う。


でも傷口をなめてしまって治りが遅くなると困るので


お医者さんの


「もうつけなくていいですよ。」


と言う指示がでるまでは、付けておかないといけないのです。


昨夜は最悪でした。 ドクロ


犬は、夕方の7時頃からそわそわと落ち着きがなくて


ワン  ワン  ワン わんわん


と吠え出したのです。


夜の11時頃になってもまだ吠えています。パンチ!


わんわん わんわん わんわん


私は、その間に何度も犬の所へ行ってみました。


犬は、すごく興奮していて


一向に吠えるのをやめないのです。しょぼん


私が、見ていると犬のほうも私を見ていて


その時は、吠えるのをやめたのですが、


また少したつと吠え出す・・・


それを何度も繰り返していて


とうとう午後11時ごろになりました。


ずっとこんな調子で吠えているから


近所の人たちに迷惑をかけているのは、わかっていました。


私は、犬が、吠えるのをやめさせるために


犬を連れて夜の散歩をしてみました。あし


でも家の周りを散歩してきてもまだ泣き止まないのです。


困ったな!


すると 電話 が鳴りました。


隣の人からです。あせる


「犬が、ずっと吠えていて迷惑をしている


どうにかしてほしい!」 パンチ!パンチ!パンチ!


というのです。


私は、もう充分承知していました。


隣の人には、丁寧に謝ってから


また犬のところに行きました。


私は、犬の顔を見ると自然に涙が、


ボロボロ・・・・とこぼれました。しょぼん


そして犬が、眠りにつくまで


私は、ずっと犬のみはりをしていました。


犬と一緒に徹夜をしてもかまわない。


とそんな気持ちで犬とにらめっこです。


でもどうしてなの?


せっかく手術をして犬の命を助けたのに・・・


どうしてこんなに私を苦しめるの?


とそして私は、自分を責めました。


あの時、次女の言ったとおり犬の手術をしないで


そのままにしていたら・・・


ということが、ふっと頭をよぎりました。


いえいえこんなことを考えてはいけないのを


よくわかっています。


折角助けた命だからちゃんと寿命までまっとうしてほしい・・・


そんな気持ちでいっぱいなのに・・・


昨夜は、眠れなくて犬に振り回された夜でした。


犬を飼うということは、


つくづく大変だということを思い知らされました。




AD

~退院~

テーマ:

我が家の犬が、入院してから今日で5日目です。


昨日お医者様から 電話 をいただいていたので


今日は、退院できる事になりました。


昨日、面会に行った時にお医者様から


「土の上で飼うのは、傷がまだ完全に治っていないし


雨が、降ったりすると傷口が、広がってしまうので


かわいた場所に犬を置いて飼ってほしい」


と言われていました。


困ったな!


今まで外で飼っていた犬なのでどうしたらいいのだろう!


と考え込んでしまいました。


といって家の中に入れるのは、嫌だし・・・


どうしたらいいのかな?


とそこでやっと考えた結果・・・


我が家のリビングの続きにウッドデッキを作っているので


そこに犬の居場所を急遽作る事にしました。


でも犬小屋が、新しいのをほしいと言ったら


夜遅い時間だったのにお嫁さんが、


ホームセンターへ連れて行ってくれました。


そして色々と見てまわってやっといい商品に出合えたので


それを買って帰りました。(これも出費です)


それは、組み立てないといけないので


息子が仕事から帰ってきて組み立ててもらいました。


ああ~よかった!


これでやっと犬を迎える準備が出来ました。


今朝、私一人で迎えに行くのは、心細かったので


お嫁さんとりくちゃんと一緒に病院まで


ついて行ってもらいました。


病院に着くとうちの犬は、 


元気    元気  元気クラッカークラッカークラッカー


とても元気に吠えまくっていました。わんわん


よかった!こんなに元気になれたのも


お医者様のお陰です。


「でもまだうんちが、出ていないのです」


と先生は、申し訳なさそうに言われました。


先生は、犬のうんちがでるまで・・・と


1時間も散歩をしてくださったそうです。


私は、その言葉を聞いただけでもう充分でした。


「先生色々とお世話になりました。


ありがとうございました。」 


とそう挨拶をしてから帰りは、歩く事にしました。


犬の散歩をしながら帰ることにしました。


久々の散歩に犬も喜んでいました。わんわん


そして帰る途中・・・・


犬が、 うんち をしたのです。


やった~


やっと待望の うんち がでたのでホッとしました。虹


犬も安心したのか、それからはいそいそと


自分の家へ向かって歩き出しました。


我が家の門の近くに来ると


犬は、急いで門をくぐって自分の住んでいた


小屋の方へ行こうとしました。


「でもそこは、違うのよ!


今度住むところは、ウッドデッキの上だよ。」


とそう言っても・・・


犬は、自分が住んでいた犬小屋の方へ行こうとします。あし


私は、何とかウッドデッキに連れてきましたが、


犬は、きょとんとしています。


これで雨にもぬれないで傷を癒してくれて


早くまた元通りの生活ができたらいいなと思います。


お金は、たくさんかかりましたが、

 (最初に説明を受けたとおり15万円です)


犬の為には、これで良かったんだと思いました。


子供達にも随分と心配をかけました。


今日の天気は、晴れ です。


とてもすがすがしい気持ちでいっぱいです。






犬の事

テーマ:

最近犬の散歩  わんわんは朝お嫁さんが行ってくれるので


とても有難いです。


お陰さまで私の膝も随分とよくなりました。


これもお嫁さんのお陰です。


そんな訳で私は、夕方の散歩だけをしています。


今まで犬に対して色んな感情があったのが


なくなって気持ちがとても楽になりました。


そうすると夕方の散歩が、私にとっては、


とても楽しみなものとなりました。


でもその犬の様子が、最近 変なんです。


今までは、犬を散歩に連れ出すとすぐに


近くの草むらで排便 わんわんうんち をしていたのですが、


最近では、排便をする格好をするのですが、


いっこうに出ないのです。しょぼん


そして何度も何度もちょっと歩くとそれを繰り返すのです。


でも便は、出てこないのです。


今朝の散歩の様子をお嫁さんが、話してくれました。


「何度も便をしようとするのですが、出ないのです。


そして同じ場所でそれを繰り返すので


その様子を見ていたおじさんに叱られました


便を持って帰れ!と言われても出ていないので


持ち帰りようがなかったのです。」しょぼん


私も今までに何度も犬の便のことでは叱られました。


便を埋めるためにスコップを持ち歩いているのですが、


それでは、ダメなようです。


便を持ち帰るように言われてしまいます。うんち


でもこの近辺は、田舎なので草むらがいっぱい


あるのでそこへした場合は、埋めてしまいます。


お嫁さんは、たまたま運が悪くて


そのおじさんに叱られたようです。


なんともお嫁さんに対しては、申し訳ないです。


せっかく犬の散歩に行ってくれているのに


怒られてしまってかわいそうでした。しょぼん


犬も便を出そうと何度も立ち止まっては


いるのですが、中々でなかったようです。


食べ物が、悪いのかな?


それとも私と夕方歩く時に距離を短くしたせいなのかな?


と色々原因を考えたりしましたが、


よくわかりません。


夕方の散歩は、近くの高校に咲いている  桜 を見ながら


ゆっくりと1時間30分かけて歩きました。


でも犬の便秘は、解消されなかったのです。


明日は、でるといいな!


犬の事が心配です。





留守番

テーマ:


先日の土、日は、家族で一泊二日の旅に出かけた。


うちには、犬を飼っているのでひとり?いや一匹でおいていくのは心配だった。


外でつないで飼っているので散歩をさせてやらなくてはならないので


そのままにしておくのは、かわいそうです。


毎日毎日私が、日課のなかでやっているので他の人に頼んだことはない。

でも今回は、人に頼むしかない!

と思って色々とさがしてみた。

そうしたら犬の散歩を仕事にしている人に出会った。

すぐにその方のところへ電話をしてみた。

するととても感じのいい人で散歩をさせてもらうように頼む事にした。

犬に慣れるために前もってなんどか我が家へ来てくれた。

最初、うちの犬は警戒して

「 ワンワン !」

と吠えていたが、すぐになれたのか吠えなくなった。

うんうん!この人なら安心かな?

そんな訳で心配をしながら後ろ髪をひかれる思いで出かけた。

旅先でも犬のことが心配になって仕方がない。

ちゃんと散歩させてくれるのかな?

もし綱がはずれて人に迷惑をかけたりしていないかな?

ちゃんとえさを食べているのかな?

とかいろいろ犬のことが、気になって仕方がなかった。

そして一泊二日の旅を終えて帰ってきて

一番に犬の所へ行った。

あ~元気でいる!

散歩をさせてくれた人から暖かい手紙がおいてあった。

そこには、愛情あふれんばかりの言葉がいっぱいあった。

早速その方のところにお礼の電話をした。

その人は、留守中の犬のことについて報告してくれた。

「おかえりなさい~ぼくのことは、心配しないでいいから~ちゃんと留守番していたよ。」

と我が家の犬が、言っているようだった。

よかった!

今度もし留守にする時には、またこの人にたのもう!

犬が、いても安心して出かけられるのは、いい事です。


心配なこと

テーマ:


我が家には、犬を飼っていて世話はほとんど毎日私がしている。


朝と晩の散歩~ 犬小屋の掃除~えさやり・・・


生き物だから毎日世話をしなければならない。


時々苦痛になるときもある。


でも散歩をさせないとかわいそうだと思って必ず散歩はする。


私が、どんなに遠くに行ってきて遅く帰って来たときでも必ず散歩はする。


でも私と夫と旅行に出かけて泊まって来るときには、


犬の散歩を息子に頼んで出かける。


そういうときは、息子が散歩をしてくれるので安心して出かける事ができる。


でも今週末、家族みんなででかけるので


家にはだれも留守番がいない。こういうとき


犬の散歩が、一番気になる。


外につないだままだとかわいそうだし・・・


以前どうしても家族みんなで出かける用事があって出かけたときに


動物病院にうちの犬を預けたことがあった。


そのときは、2日間あずけた。


かかりつけの動物病院だから安心はしていた。


でもうちの犬を迎えに行ったとき、


なぜか犬が、げっそり痩せていた。そしてえさをむさぼるように食べた。


たった二日間だけなのに犬のかわりように驚いた。


そこでは、おりに入れたまま散歩もさせない為にえさをあまりやらない


とのことだった。なんだか預けるのがかわいそうになった。


近所の人もそこへ犬を預けた事があった。


同じように迎えに行った時には、やせていて元気がなかったとのこと!


だから今回は、そこへどうしても預けたくないと思った。


そこで先日友達から


「家を留守にする時、犬の散歩をしてくれる人がいるみたいよ」

と教えてもらった。


私は、早速その方のところへ電話をした。


するととても気持ちよく 返事がきた。


「いいですよ~わかりました。」

と言って下さいました。


犬は、住み慣れた我が家にいて 家族の誰も留守だけど


散歩だけしてもらえればこんなにいいことはない。


安心は安心だけど初めて頼むので心配な部分もある。


どうか何事もおこらないで無事に留守番をしていてね。

と我が家の犬に言いたい!



犬のしつけ

テーマ:


昨日 テレビで


「 お困り ご近所」

というのを やっていた。


毎週 地域で困っている いろんな困り事を 解決してくれる番組です。


昨日は「犬のしつけ」をやっていたので


興味深く見た。


我が家の犬は、子犬のときに拾ってきて育てている。


しつけなんてしないまま 飼っているので 困ることは いっぱいある。


犬を拾ってきた次女が、しつけをしてくれるとよかったのですが、


面倒を全然みないままに 出て行ってしまったので


結局私が、面倒をみている。


散歩をさせていて一番困るのは、他の犬と喧嘩をすることです。


我が家の犬は、おすなので同じおすの犬に会うとかかっていくのです。


その解決方法としては、


どんどん散歩に連れ出して他の犬にあわせることだと言っていた。


全然ほえない犬の輪の中にいれてもらえば


自然におとなしくなって馴染んでくるとも言っていた。


でも実際受け入れてくれる犬なんていないし


それを実行するには 私ひとりでは恐くてできない!


それに散歩の途中におすの犬に出会ったら


そこで止まっておすわりをさせてからえさをやる。


そして頭をなでてやるとも言っていた。


これも私ひとりでは実行するには難しいなとも思った。


しつけを するには


犬も人間も 小さいうちにしておけば よかったのだが


大きくなってからは 難しいと思った。