千羽鶴はなんのため

テーマ:

早速、病の彼に千羽鶴を折る会みたいなのが結成されて参加してくれとメールがきた。
正直僕はうんざりだ。よく病に千羽鶴というのが定番だけれど、それがなんだ。



昔はもっと人間関係も親密で鶴を折ることはそれこそ念のように祈りを込ることだっただろう。ところが今は希薄な人間関係が多い。今回のようにネットで知り合い、実際互いにどれだけ知っている?

また現代人はいろいろなことを詰め込んでとても忙しいだろう。そんな関係で、そんな忙しさで鶴にどんな念を込めて折る?出来上がったものはただのオブジェだ。色んな人とで作り上げること、それはイベントならば楽しいし興味深いことだ。でも自己満足じゃないだろうか。祈りになるだろうか。


もちろん発案者が本気なのもわかるし参加者が真剣に心配しているのもわかる。ネットでの繋がりだってたしかに繋がっているし、親密じゃないなんていえないかもしれない。

いやどんな出会いでも同じだ。なんでも人と知り合うということは同じだとも思う。もちろん知っている人が不幸であるのはとても悲しくつらいことだ。でも今回の件では僕はどうも違和感があるんだ。千羽鶴はいかにも安易で他人事だから思い付くことのように感じる。人の生き死にがまるで単なるイベント事のようであまりに希釈されているように感じる。
なんせ”暇”な時に折ればいいのだ。


僕は以前付き合っていた人を病で亡くした。彼女は日本人ではなく北欧の人だった。

彼女の入院中にも千羽鶴(千羽はなかったが)が送られた。僕はその時のことをはっきりと覚えている。飾られた色とりどりの鶴を彼女はきれい!と興奮していた。なんせ初めて見るものだったから、とても喜んでいた。だけど千羽鶴の意味を知ったとき彼女の顔は複雑だった。自分の現実を否応なしに思い出してしまうし、あまり知らないししゃべったことも無いような人までそれを作っていること、自分の病がこの国では一つのイベントになったと思ったようだ。
だけどそれを片付けることもできず彼女が日本を離れるまでそれは枕元にあった(彼女は自分の国の隣の国の病院でなくなった)


その千羽鶴には何がこめられていたのだろう。折った人間の何人が今も彼女を覚えているだろう。

千羽鶴とはたぶん、それこそ必死に手を尽くして、それでも叶わないことに最後の祈りとしてやはり必死に折るものではないか。それがいきなり千羽鶴を折ろうっていうのはどうしても違う気がする。そうしてきっと「僕は何羽折った」「わたしは何羽よ」という折ることに意義を感じるイベントの要素を持ってしまうのじゃないか。


もちろん善意であることはわかっている。でも善意だからこそ寒々しい。






AD

春一番が吹いた日に

テーマ:

今夜奇跡がおこって

全ての懸念は一切綺麗に消え去って

光に包まれた玉のような男の子が生まれた


今夜奇跡がおこって

黒い砲弾からは芽がでて

緑は伸びて戦車を幾重にも包んだ


今夜奇跡がおこって

誰もが温もりに満ち溢れた世界を知り

悲しみにくれた唇にも微笑が戻った


今夜奇跡がおこって

起き上がれなかったものがううんと背伸びをして

明け方には彼女が暖かく僕を起こしてくれる


AD

運命

テーマ:

「いいせっくす~」って感じで連載する予定で、他のももう書いてあるんですけど、あるネット上の友人が深刻な病に冒されている事を発表して衝撃でそんな気分じゃなくなってしまっています。先に延ばします。


ネットで知り合った女性がいて、とても素敵な方でけっこう気に入ってたのです。その人がいる飲み会に誘われて(もちろんその他にも大勢)、その時が始めてのリアルご対面だったのですがこれがまた写真よりかわいくて。「実際会いたかったです」なんて言われもう嬉しくてですね。

でもその飲み会はサプライズがあって、僕もやはりネットで知っている男性と彼女が結婚するというので急遽決まった、二人を突然お祝いするっていう飲み会だったのですね(僕も知らなかった)。驚きながらも喜ぶ二人をみて、残念に思いながらも(おい)幸せを願ったのです。本当に。

それからもお付き合いは続き(彼女とも彼とも)、新年早々にはまたご一緒に飲む場がありました。お二人には赤ちゃんができ、後半年で誕生ということで幸せそうでした。


お二人はそれぞれブログやSNSなどをやっていて、でもこのごろその更新が二人ともなくて気には掛かっていました。彼の体調がちょっと悪いと言うのも聞いていましたし、妊娠しているとなにかと大変かなとは思っていました。


それが昨日彼のブログを読んだところ、胃のガンであると。手術はできないので抗がん剤で治療していくと。そして彼女のブログではその苦しみの中、赤ちゃんが男の子であるということがわかったとありました。

僕は言葉もなく何度も読み直していました。


どうあろうと僕になにか出来るわけもなく、言えたり慰めたり出来るわけもないのですが。

ただ僕が漠然と考えていること、男女のこともそうですが、全ては運命のもとに動いているわけです。こんなことは不謹慎だし、このブログのようなことと一緒にするなとも言われそうですが、抗えぬものがあるがこそ正直に生き正直に記さなければと思いました。


すこし方向を変えて、男女の間や運命について考えて書いていこうかとおもいます。


といっても考えはまとまらず、しばらくは見守るだけのこのような記事になるやもしれません。




AD

遠方よりレディ

テーマ:

昨夜は遠方より来たるかわいこちゃん(死語)を迎えました。

ええ以前逃した魚 です。

今度はきちんとエスコートするのだと息巻いてるわりにはノープランです。デートコースはいきあたりばったり、出たとこ勝負です。いつもの事です。ああエスコート役失格。

だって好みとかわからないんたもの。いや事前に調べておきましょうねby アコム


つうことで渋谷で待ち合わせです。今日の渋谷は寒いです。 つうか雪降ってます。なんだよ、おとといはあんなにあったかかったのに。いやここはやさしく暖めてあげよう。うふ。


まずはウインドーショッピング・・・は寒いので早々に切り上げWhO’S WHOへ、アジアンなレストランです。いやノープランっていっても3つぐらい食事の場所は考えてたのよ。「焼肉」でしょ、「フレンチ」でしょ、あと「ラーメン一蘭」ね。

で、WHO'S WHOではコースにしたんですが、食いでがありました。かなりハラにきましたよ。いやここで食いすぎると後のプランが・・・なんてノープランなんですけどね。

そんで楽しい会話を交わしながらの楽しいひととき。たまに沈黙が訪れるのはあきらかに警戒がありますな、彼女。なぜなぜ?僕は非常に無害なのに。いかんいかんここで警戒されては、エスコート役としては・・・強行突破しないと。なんつて。


デザートも詰め込み、外へ出ると相変わらず寒い。店員さんが使い捨てカイロをくれましたがありえないくらい寒いんです。

どこへいく?とか聞きながら誘導します。僕はエスコート役ですから、暖めてあげないと。

ということにして夜の渋谷に消えていくのでした。でへ。どこへいったかは内緒。なんつって思わせぶり。


今回のエスコートは完璧でしょ?え?自己満足?そんなぁ。

NO LADY NO LIFEですからね。



バトンをもらったぞ

テーマ:

今回は『〇〇と私バトン』 。まっつさんより。

〇〇の部分はバトンをくれた人が決めてくれるようで、『愛すべき女性達と私』



1.パソコンまたは本棚に入っている『愛すべき女性達と私』

   うーん「愛する女性達」はパソコンや本棚には眠ってないんだよ!

   現場に行かねば!
   ああ、写真があるな。

   でも家のパソコンや本棚には入れてませんや((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

  


2.今 妄想している『愛すべき女性達と私』

   妄想ですかぁ。そうっすねぇ、あれだあれ、もうすぐ遠方より来たる方が

   おるんですが、

   その方とのあんなことこんなこと。


3.最初に出会った『愛すべき女性達と私』

   最初に恋をしたのは中1の頃で初体験は中2だったけど(聞いてない?)、

   一番最初に愛したって思えるのは19の頃かな。

   ずっと昔に書いた大阪の彼女。恋と愛は違うなぁ。


4.特別に思い入れのある『愛すべき女性達と私』

   「愛すべき女性達」はおおげさや取ってつけじゃなくて

   ホントにみんな思い入れがあります。

   思い入れありまくりです。「愛すべき女性達」が

   僕を作り上げていることは間違いないです。

   女性達が僕の存在証明だと思っています。

   彼女達を愛するからこそ僕はこれからも生きるのです。
 
   



以上!
なんだかわかんなくなりやしたね。バトンは苦手かも。つうかなんだこのバトン。




そうそう、ちょっと見つけたこのブログ。最初はうへぇと思ったんですけどこれがなかなか最初っから読んじゃったよ一挙に。

ああ、愛なのか愛。僕にはまねできませんけど妙な感動。感動なのか?

ええ絶対まねできませんけど感動です。よい子はまねしないでね。いや彼は否定しませんさ。

http://ameblo.jp/harukarin-a/



Between a man and a woman2

テーマ:

男と女の間には越えられない壁、もしくは川があるって書いたけど越えられるかもしれない。どっちだよって話だけど、それは所有ということだ。人はとても強い所有欲を持っていて、手に入れるとほっとする。自分のものにしてしまえば全てわかって安心のような気がする。典型が結婚か。

でもご存知の通り、対人に関してはそうはいかない。特に男女間にはきっぱりと重ならない部分があるのだ。
例えば仕事上の関係者ならその仕事においては壁を取り除いて一つになれるかもしれない(もちろんわかった上で足を引っ張り合うってこともあるが)。団体戦の球技なんかも一つになることがあるだろう。それは明確な共通の目標があるからだ。

ところが結婚にしても恋愛にしてもその求めるものが男女では実は違ったりする。目標が違うのだ。
幸せになろうねっていう幸せの定義も違うだろう。見つめあいながら違うことを考えているのだ。

つまり誰かを所有するのは無理だってこと。お互いの考えを全て買い占めることはできない。

だけどそれはそんなに悲観することじゃない。いいんだ気づかなきゃ。お互いともが自分の幸福と同じものを相手も求めていると信じてれば。信じていれば壁などない。

でもね気付くことがあるんだな、相手が自分と違うと。相手の見てるものが自分と違うと。それを気付かないふりして、もしくは許容して、もしくは歩み寄っていくのが健全な愛だ。違いは一つじゃない無限だ。それを次々解決してくから愛は永遠なんだよ。
相手と自分が違うのに気付かないままもどうかと思う。ある意味幸せかもしれんけどそれは盲目だ、盲目的な愛。それこそそれは相手じゃなく自分しか見てないんだな。

なぜ男女の求めるものが違うかっていうと、まずね男って目の前しか見ていない。どっちかっていうと瞬間の生き物。あまり先をあまり想像できないのだ。男の生活の中にはキャンセルしたりされたり予定変更や修正が当たり前だから、あまり先のことを考えてもしかたない。時間単位の生活だからね。
女性はそれにくらべて単位が長い。将来を見る。たとえば妊娠なんて10月10日だもんね。気が長い。「私がオバサンになっても・・・・」なんて先まで見てる。

だから女性は男性が実はなぁんも考えてないってのに時より愕然とする。たとえば彼も結婚を考えてると思ってたら「全然」だったり、将来幸せになろうねって誓い合ったのに具体的なことはこれっぽっちもなかったりと騙されたと感じるときも。
だけど騙したつもりはないのかも。いや、そういう悪い男もいるだろうけど、単純に今の快楽や愛情、やすらぎが幸せでその先は考えてないっていう。でね、案外結婚とか将来設計っていうのは男の場合相手のことを想い、相手の喜ぶことをしようと(それを愛とよぼう!)する結果思いつく愛情表現なのね。女性の思い描いてるものに同調しているという感じ。だからって憤慨しないでよ、それだけ真剣に思っているんだからさ。


なんて結婚に対して幻滅しそうなことを書いたかな。違うよ違うよ、僕は結婚っていいものだと言ってるよ。「結婚は墓場だ」なんて渋い顔してる人もいるけど、それは相手も自分と同じであるべきだと思っているからだ。相手が自分と同じ価値観の幸福じゃないと気がすまない人だ。しかしそれじゃオナニー。
そうじゃなくって相手の価値観を受け入れて自分と違っても憎まなければ結婚はすばらしいと思う。愛は簡単に憎になるからね。相手を愛してこそのセックス。セックス最高。


結婚は所有じゃない。結婚は壁を越えることじゃない。近づいて壁を薄くする努力はするけど無理に越えない。相手は相手で尊重し、その上で同じ事を考えてると感じられれば素敵だよ。僕は「ワタシがおばさんになっても・・・」っていう女性、すごく好きだな。そんな先のことを僕は考えたことなくても。


え?うち?うちは幸せですよ。奥さんもきっとそうです←これが思い込み。
憎まれないように気をつけよっと。





続くよ。


Between a man and a woman

テーマ:

今宵はこのブログのタイトルから。

Between a man and a womanってのはケイト・ブッシュの曲。


男と女の間にはなにがあるんだろうね。同性の間にはないであろう、「不可解」という河がある。どんだけ側にいて判ろうとしても絶対に越えられない根本的な違いがあると思う。

わかったつもりになる。でもそれは本当に理解したのではなくって自分の考えに当てはめているだけ。わかったような勘違い。誰だって自分の価値観に縛られていて男と女では到底相見えない部分があると思うんだ。


男女の性の差は確実にあって、それは役割の違いでもある。なんて書くと世の性差別反対運動家やフェミニストの方々に怒られてしまいそうだけど、もちろん男女間の法的差別や、性差による仕事やキャリアにおける不利益、そういうのは平等がよろしい。

僕が言いたいのはもちろんそんなことではなくて、もう違うものは違うという事実の部分。ほらでっぱってたりひっこんでたりとか、子供を生むことが出来るか否かとか、そういうこと。それと、社会的な現状の(先ほどのフェミニストさんたちがビンカンに反応するところ)、経済的とか伝統的とかによる差。そういう土台に立ってお互いがお互いの世界から見つめ合っているのだから、完全なる理解は無い。


でさ、何を言ってるかというと、それはそれでよいと。違いがなければ、差がなければ互いは互いをこんなにも求めないし魅かれ合わない。そのいつまでたっても理解できない相手だからこそ一生追い続けるのだ。

理解しようと努力する気持ち、それが愛なのではないか。完全に理解するということは相手を自己の中に取り込んでしまったということで、そうすれば何の感動も喜びもなくなってしまう!(悲しみも苦しみもなくなるかもでもそれも寂しいよね)


だから男と女は知り続けなければならない。そして近づくのだ。絶対に越えられない壁を必死に薄くするんだ。

ほらこんな製品もでているしね。



つうか、男と女が違ってよかった。違うかたちでよかった。違う役割でよかった。女性がいてよかった。もっともっと知りたいと思っているよ。


ということで男と女の間のはなしはこれから。。





やさしくなんかない

テーマ:
やさしいと言われると戸惑う。まして誰にでもやさしいと言われるとブンブンとかぶりを振る。誰にでもやさしいなんて訳ないじゃないですか。

僕は案外「誰にでもやさしい」と言われがちだ。いやいやいや、やらしいんだけどね。僕がやさしいのは僕にやさしくしてほしいからだ。見返りを期待している。それは便宜を計って貰いたいだけじゃなく(もちろん計っては貰いたい)、それはヤリたいだけじゃなく(もちろん出来ればヤリたい)、もっと単純に好かれたいのだ。いや嫌われたくなくてっていうのが正しいか。
あ~あ、やらしいでしょ。

嫌われたくないから、あわよくば好かれたくてやさしくするのだよ。
だから誰にでもやさしいなんて事はない。誰にでも好かれたくないもん。つうか僕は好き嫌いが激しいほうだ。そして興味のないひとにはとことん興味が無い。ぴくりとも。

やめて欲しい、やさしいなんて言葉で括られると困る。特に誰にでもやさしいなんて言われたら落ち込む。
大体女の子は距離を置き、うまくかわすためにそう言うんだ。知ってるゾ。
ああ、なら「やさしいと思うのならヤラせろ」と言ってやるか。ベッドじゃもっとやさしいぞ。

だ~か~らヤリたいばっかじゃないんだってぇ。

つまり僕がやさしかったとすればそれはやらしー下心いっぱいさ。君に微笑んでほしいんだよ。

新婚さんいらっしゃぁい

テーマ:

もうどうにもこうにもサボリがちなwakaです。困り者です。


今日はつい2週間前に結婚なさった夫婦と飲みに行きました。新婚ほやほやです。その夫婦と僕の3人というなんとも中途半端な人数です。

そんで飲んでるとまぁよく言うわの下ネタぶり。うそぉん、新婦はこんなキャラだったっけ?


「彼は鉄骨だ」だの「タッチがすごく繊細」だの、あぁあぁ当てられてますな。のろけですな。しっかし鉄骨かぁ。確か彼は僕より上のはず・・鉄骨かぁ。

繊細さは自信あるんだけどなぁ僕も。あ、いや、新婦さんを貸してくれなんて言ってませんよ。ホントの繊細なタッチはこうじゃぁなんて、そんな新郎を貶めるようなことはしませんて。それよりホラこないだパーティに来てた新婦の友達!あの娘を紹介してください。そしたらお兄様お姉様ってお呼びするのにぃ。ちゃんと紹介するときは「wakaは鉄骨だ」「wakaのタッチは繊細だ」って言っておいてくださいよ。

いやいやいや、あんまり期待させすぎてがっくりさせてもいけないか。うんにゃがんばりますって。



まぁそれは置いといて、毎日やってるんですって。まじっすか。いまどき新婚っていったってねぇ。さんざやってきたでしょうにねぇ。ラブラブなんですね。

もちろんぼ、ぼ、僕だって毎日がんばりますよ。でも男って複雑でさ、相手が変われば毎日でもおっけーなんだけどさ、そうじゃないとダメだったりしない?するはず。新婚パワーはすごいのぉ。やっぱり女性は、特に新婦は毎日でもしたいもの?相手変わらなくてもぜんぜんおっけい?


なんて当てられっぱなしの夜じゃった。

永遠に君を~

テーマ:

近々また遠方よりいかした女性が再来するるわけで、迎撃です。えぇ懲りない男です。えぇえぇ素敵な夜をあなたにです。

おいしいご飯を食べてですね、雰囲気のパーフェクトなバーで君の瞳に乾杯して、それからすんばらしい夜景のホテルで窓の下を二人で見下ろしちゃう。ほら忘れられない夜が・・すみません妄想気味です。


僕は永遠を誓えないんですが、奥さんにもじつはそう言っています。先はわからないから生きてみるんで、わかっちゃったらつまんないし、わかってる事をやってもしょうがない。だから永遠を誓えないんです。十字架の前でなんてとてもとても。守れそうな約束をしてそれを守るのです。

ええハイロウズの千年メダル。

甲本ヒロトはずるい男です。確信的にずるいです。でも僕はこんなふうな包み隠さぬずるさが好きです。ずるいんです男は、人は。それをずるくないような顔で生きるのは息苦しい。生まれたからには自分を生きたい。そんで自分の好きに生きるのに、全てを約束するほうが悪意だと思うのだ。

僕は誰かのことまで守れるのでしょうか。いや守れるのは背のたけの約束です。守れそうな約束だけしよう。

だから僕のために僕は誰かを必死に守り僕のために誰かを真剣に愛するのです。永遠は誓えなくても一生懸命ではあるのです。


と、なんだか散漫で意味不明になりましたがようは愛すべき女達を愛すってことで、それがはたからは不実だろうが僕にとっては真実だから仕方ないんだぜってことです。

わかりづらいのはまやかしだからです。ある意味精神論。


つまりてぐすね引いて待ってるってことです。落とし穴くらい掘っておこうかしら。