千羽鶴はなんのため

テーマ:

早速、病の彼に千羽鶴を折る会みたいなのが結成されて参加してくれとメールがきた。
正直僕はうんざりだ。よく病に千羽鶴というのが定番だけれど、それがなんだ。



昔はもっと人間関係も親密で鶴を折ることはそれこそ念のように祈りを込ることだっただろう。ところが今は希薄な人間関係が多い。今回のようにネットで知り合い、実際互いにどれだけ知っている?

また現代人はいろいろなことを詰め込んでとても忙しいだろう。そんな関係で、そんな忙しさで鶴にどんな念を込めて折る?出来上がったものはただのオブジェだ。色んな人とで作り上げること、それはイベントならば楽しいし興味深いことだ。でも自己満足じゃないだろうか。祈りになるだろうか。


もちろん発案者が本気なのもわかるし参加者が真剣に心配しているのもわかる。ネットでの繋がりだってたしかに繋がっているし、親密じゃないなんていえないかもしれない。

いやどんな出会いでも同じだ。なんでも人と知り合うということは同じだとも思う。もちろん知っている人が不幸であるのはとても悲しくつらいことだ。でも今回の件では僕はどうも違和感があるんだ。千羽鶴はいかにも安易で他人事だから思い付くことのように感じる。人の生き死にがまるで単なるイベント事のようであまりに希釈されているように感じる。
なんせ”暇”な時に折ればいいのだ。


僕は以前付き合っていた人を病で亡くした。彼女は日本人ではなく北欧の人だった。

彼女の入院中にも千羽鶴(千羽はなかったが)が送られた。僕はその時のことをはっきりと覚えている。飾られた色とりどりの鶴を彼女はきれい!と興奮していた。なんせ初めて見るものだったから、とても喜んでいた。だけど千羽鶴の意味を知ったとき彼女の顔は複雑だった。自分の現実を否応なしに思い出してしまうし、あまり知らないししゃべったことも無いような人までそれを作っていること、自分の病がこの国では一つのイベントになったと思ったようだ。
だけどそれを片付けることもできず彼女が日本を離れるまでそれは枕元にあった(彼女は自分の国の隣の国の病院でなくなった)


その千羽鶴には何がこめられていたのだろう。折った人間の何人が今も彼女を覚えているだろう。

千羽鶴とはたぶん、それこそ必死に手を尽くして、それでも叶わないことに最後の祈りとしてやはり必死に折るものではないか。それがいきなり千羽鶴を折ろうっていうのはどうしても違う気がする。そうしてきっと「僕は何羽折った」「わたしは何羽よ」という折ることに意義を感じるイベントの要素を持ってしまうのじゃないか。


もちろん善意であることはわかっている。でも善意だからこそ寒々しい。






AD

春一番が吹いた日に

テーマ:

今夜奇跡がおこって

全ての懸念は一切綺麗に消え去って

光に包まれた玉のような男の子が生まれた


今夜奇跡がおこって

黒い砲弾からは芽がでて

緑は伸びて戦車を幾重にも包んだ


今夜奇跡がおこって

誰もが温もりに満ち溢れた世界を知り

悲しみにくれた唇にも微笑が戻った


今夜奇跡がおこって

起き上がれなかったものがううんと背伸びをして

明け方には彼女が暖かく僕を起こしてくれる


AD

運命

テーマ:

「いいせっくす~」って感じで連載する予定で、他のももう書いてあるんですけど、あるネット上の友人が深刻な病に冒されている事を発表して衝撃でそんな気分じゃなくなってしまっています。先に延ばします。


ネットで知り合った女性がいて、とても素敵な方でけっこう気に入ってたのです。その人がいる飲み会に誘われて(もちろんその他にも大勢)、その時が始めてのリアルご対面だったのですがこれがまた写真よりかわいくて。「実際会いたかったです」なんて言われもう嬉しくてですね。

でもその飲み会はサプライズがあって、僕もやはりネットで知っている男性と彼女が結婚するというので急遽決まった、二人を突然お祝いするっていう飲み会だったのですね(僕も知らなかった)。驚きながらも喜ぶ二人をみて、残念に思いながらも(おい)幸せを願ったのです。本当に。

それからもお付き合いは続き(彼女とも彼とも)、新年早々にはまたご一緒に飲む場がありました。お二人には赤ちゃんができ、後半年で誕生ということで幸せそうでした。


お二人はそれぞれブログやSNSなどをやっていて、でもこのごろその更新が二人ともなくて気には掛かっていました。彼の体調がちょっと悪いと言うのも聞いていましたし、妊娠しているとなにかと大変かなとは思っていました。


それが昨日彼のブログを読んだところ、胃のガンであると。手術はできないので抗がん剤で治療していくと。そして彼女のブログではその苦しみの中、赤ちゃんが男の子であるということがわかったとありました。

僕は言葉もなく何度も読み直していました。


どうあろうと僕になにか出来るわけもなく、言えたり慰めたり出来るわけもないのですが。

ただ僕が漠然と考えていること、男女のこともそうですが、全ては運命のもとに動いているわけです。こんなことは不謹慎だし、このブログのようなことと一緒にするなとも言われそうですが、抗えぬものがあるがこそ正直に生き正直に記さなければと思いました。


すこし方向を変えて、男女の間や運命について考えて書いていこうかとおもいます。


といっても考えはまとまらず、しばらくは見守るだけのこのような記事になるやもしれません。




AD

いい×× 悪い××

テーマ:

書かないですねぇ。いやいかんいかんと反省ならサルでも出来るけれど。。



ということでいいせっくす してますか?ええ、唐突ですがやっぱいいせっくす をたんまりしなきゃいけないよね。ということでこのブログはしばらくいいせっくすの話に終始するでしょう。ほんとか?


せっくす は人間探究の旅です。

まずどんなにお互い話しをしても、なにか構えた壁があったりしてさ、人と人って遠いのよね。でも近づけるのがせっくすだったりします。

せっくすは言葉も越えられるんですね。もちろん言葉は大事です。でもせっくすは言葉より相手を思えるし、言葉よりさらけ出すんですね。肌をふれあうってのはそういうことです。元来個々の人間は散らばる星のように遠い存在。へたしたらすれ違うだけで気付かないくらい。そこをお互いの存在を認めて、お互いを共有して、快感にひたるなんて素敵。そうひたりましょう。せっくす中は構えたってしかたないんです。パンツ脱いじゃうんですから。

んじゃいい せっくす ってどういうの?悪いせっくすって?
ここからはWAKAの独断と偏見、調子のいい意見です。


いいせっくすは相手をみます。そして自分をみます。猿じゃないんだからやればいいってわけじゃない。お互いの存在を確かに感じます。バーチャルじゃだめだめ。
相手をみるっていうのは相手をいたわれるかってこと。ただの性の対象としてだけじゃなくてもっと深い人間関係を築けるか、築きたいか。

つまりもっとその人を知りたいか入り込みたいか。

あんまり深入りしたくない相手ならしないのが無難です。穴があれば入れたいとか何が何でもむしゃぶりつきたいなんてのは、実際つまらない。

人には色んな天秤があるはずです。たとえば金銭面で秤にかけたり優先度でかけたり。
恋愛でもそういう打算はあるでしょう。ちゃんと計るべきです。

一時の激情に流される、それも仕方ないかもしれませんが、いや流されないことです。後悔はどんなときも来るかもしれません。まぁ後悔なんてアホらしいと僕は思うタイプですが。しかし秤にもかけず考えもなしにしたことは、その後悔もひどいものでしょう。

僕はいろいろ計算して思います。「どんな秤にかけも抱きたかったのだからしかたない」


不倫にとって(僕は不倫なんて言葉くそっくらえなんだけど)、奥さん以外のせっくすはリスクだといえるでしょう。それは守りたいものとかの天秤ですね。もちろん、僕だって壊したくないものは壊したくありません。

だけどね、深く知りたくなったり共有したくなるような出会いがあるんだYO!僕の天秤は揺れます。ここで揺れなければ僕は決して先へ行きません。行ったということは、とびきりいい女だったんだからしかたない。


そして僕はいいせっくすがしたい。それはただやるんじゃなく、お互いをさらけ出し一方的じゃなく喜ぶ。僕はとくに女性が感じていくのをみるのが好きです。その前のお付き合いで人柄に惹かれてからのことです。ここまできたら僕はその女性が好きになっているのだから(好きじゃない人には天秤は揺れない。リスクをとりやしない)その人に目いっぱいの夜(昼の場合もあるがw)を与えたい。与えて僕も貰うのです。二人でなしえる。一人じゃないぞ。


いいせっくすは二人で築くのです。それまでの流れやなにかでお互いを知っていく。物理的なことを知り合うというのじゃなく、精神的なこと、存在という面で深く。

逆に悪いせっくすは一人で完結するせっくすです(おなにーはよい。一人で完結しよう)