2005-12-25 16:54:25

当り障りの無いYesは危険

テーマ:男と女

ほんとうのこと話してよ うまく行かないその理由を
間違いはいつ? 悪いのは誰? 足をとられて転んでるだけ
機嫌を取っているだけじゃほんとうの恋は出来ない


穏やかな日々の中で飲み込み過ぎた言葉で息が詰まる
言わない 言えない ほんとうはどっち? 当り障りの無いYesは危険
当り障りの無いYesは危険
(篠原美也子「DOWN」/アルバム「河よりも長くゆるやかに」収録より)



本当のことを教えて欲しい、と切実に思うことがある。

どうしてうまくいかないの? 何故?
何が悪いのだろう? 私が悪いの? あなたが間違ってるの?
そう、尋ねたくてどうしようもない時がある。
でも、実際はどうすることも出来ずに、
彼の言葉の前に曖昧な笑顔を作って、頷くだけだ。
……でも、それは、とても危険なこと、なのかもしれない。




篠原美也子, 西本明, 中山弘, 上杉洋史
河よりも長くゆるやかに

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-12-03 23:02:53

愛と憎しみとは同質の感情

テーマ:

つまり愛と憎しみとは同質の感情であって、
ただその表現が裏表になっているのだ。
別の言い方をすれば憎しみは、
相手に対する関心を前提としているだけ
まだ救われているのである。
関心のない相手には憎しみも愛も持ちようがない。
憎しみは醜い関心の形ではあるが、
少なくともそれが突然愛に変る可能性だけは持っている。
(曽野綾子「誰のために愛するか すべてを賭けて生きる才覚」角川文庫より)



この文章を読んで、少しほっとした。
自分が憎しみの塊の様になっていて、
自分でも苦しい時が有る。
誰かを憎んでいること自体が苦しいし、
憎しみの感情を持っている自分に罪悪感を感じる。
だけど、この文章を読んで、
ああ、愛されないから、憎むんだな、と思った。
どうでもいい相手を、憎んだりはしない。
少なくとも私の場合は、
愛して欲しい相手に愛されないから、
本当は愛している筈のその相手を憎むのだ。
私は被害妄想的で殆どの人間に嫌われている、
と思いこんでいるような部分があるから、
私が憎しみの塊になってしまうのは当然なのだけれど、
もし私にそれが出来るのなら、
憎しみを愛に変えることが出来るのなら、
変えていきたいな、と思った。
だって、その方が自分も相手も楽になるのは、
分かり切っていることなのだから。
多分、愛されない、という淋しさと切なさに、
耐える強さだけが有れば、愛することが出来るのだ。
そういう強さを、身に付けていきたい。


曾野 綾子
誰のために愛するか―すべてを賭けて生きる才覚
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。